<< 寒い冬には着物がない。 これからどうやって「新」を見つ... >>
キミが、嘘を、ついた。だから、 Mariage annulé pour "non virginité"
日本國だったら報道されるかなー。 されんだろー? (-。-) ボソッ
と思わず思い、つぶやいてしまうニュウスが先週からお仏蘭西共和国内を賑わしております。そのニュウスがどんな内容かと申しますと、今年4月お仏蘭西は北部の大都市リル Lille の裁判所がある夫婦の婚姻そのものを無効と判断したことで、検察が着手したことが公になったことです。で、その婚姻そのものが無効になった理由というのが
un mariage entre deux jeunes musulmans "pour erreur sur les qualités essentielles"
若いイスラム教徒男女の結婚がその抜本的本質において間違いがあったため
です。その抜本的本質が何かってぇと、女性が"non virginité"、つまり『処女ではなかった』ことなのです。
こんな話、日本國でニュウスになりまっか? 012.gif
このニュウス、先週末あたりからテレビのナマ討論番組で連日話題になっていて、かつては慎み深かった道徳の國からやってきた一ガイジンの婦女子(=ミーです)には目線を落としてマッカッカになるようなキーワーズがポンポコ画面から飛び出っ放しでイイ齢ぶっこいてモヂモヂです。
【France 5】 Revue et Corrigé :1 - Tollé après l’annulation d’un mariage
【France 5】 C dans l'air : Virginité : le drap de la discorde

そもそも事件の発端ですが、2006年7月8日、30歳のエンジニアを生業とする男性と女学生が結婚しました。二人ともイスラム教徒(tous deux de confession musulmane とフランス語で表現されているので「信仰箇条を守る級」ですね(爆笑)で、市民婚による婚姻を済ませました。が、新婚初夜、新郎が新婦の非処女を発見(!)し、翌日(!!)、弁護士に婚姻そのものの無効、つまり「離婚」ではなく「結婚そのものがなかったことにすること」に助けを求めたのです。新郎の訴えの理由は「結婚そのものの抜本的本質に間違いがあったこと」と「新婦が僕に嘘をついた」であります。んーでっ、それからそれからで、この今年の4月に裁判所が・・・、検察ぐゎわわわ、と上の文章に戻ります。

さーてさて、あなたなーら、どーするぅ?

ココはお仏蘭西ですから、この手の問題になれば必ず出てくるキーワード、それは
Laïcité  ライシテ
そう、1905年制定の徹底政教分離法です。上の判例だと、市民婚を挙げた両者がイスラームだから婚姻無効に「してあげた」と受け取られてもしょーがないンぢゃあないか?となりますよね。現に検察が噛み付いたんだからさ。でも、「相手が嘘をついた」ならば、重婚罪など婚姻そのものが真っ白けっけにできる過去の判例は「なくもない」と言えます。

日本國では婚姻届なる紙に必要事項を記入し、役所に届ければ「結婚」に値しますが、仏蘭西でいうところの市民婚というのは役所で長上(たいていは市長補佐)の司式で20分程度の「挙式」を行います。マリアンヌの胸像を前にフランスの法律において婚姻にかかわる法が読み上げられ、それに新郎新婦は声に出して宣誓し、最後に長上、新郎新婦、双方の証人が宣誓書にサインをすると、晴れて「共和国国家に認められた正真正銘の夫婦」になるのです。非神論のヒトならば十二分に「教会臭い」ほど神聖さが臭う市民婚の式次第でもあります。この挙式日に至るまでの準備のクソ面倒さとその後の厄介も経験した者にしかわからないかもしれませんが、この婚姻そのものを「真っ白けっけ」にするのは、日本國のように役所に離婚届を提出すれば済むものではないことも事実です。

フランスの民法の第180項に"qualité"(本質)の間違いを理由に「une union ひとつになること、この場合「結婚」を無効にできるとあるそうですが、おフランスで喧々囂々になっているのは「処女であるなし」で結婚無効にはできんが「彼女が嘘をついた」なら婚姻そのものを取り消すことができるという点だったりします。
例えば、2004年度、共和国内で745件の市民婚の無効が認められていますが、その理由に「妻が処女ではなかった」というものはひとつもありませんが、"qualités essentielles du conjoint 配偶者の本質"において例えばID隠蔽・偽造、国籍、過去についての偽証で認められたケースもあります。

今週に入って、この事件の第二ラウンドに入ったと思えるのは、現在の共和国法相があのラシダ・ダティ Rachida Dati 女史であることです。アルヂェリア系ママンとモロッコ系パパの家庭でイスラーム的道徳生活の中で成長し、元は検事代理、現在はパリ7区区長であるラシダ・ダティ女史が「法の最長上のひとり」としてどう判断するかざますね。ラシダちゃんが法相であろうとなかろうと、彼女のBGがつっつきどころであり、ラシダちゃんがちびっとでもイスラーム風習に触れたら槍雨豪雨は必須だとガイジンの私でも予想できましたが、ラシダちゃんはそれを既にやってしまいまして、今週に入って前言取り消しというか「このまま婚姻を認めなかったら二人が不幸になるだけだ」と力説イングで「婚姻無効にできるのだ」「私は(弱い)女性を守るのだ」と主張なさってます。が、女性の庇い方が違うだろ?とか、アンタたちの法皇サルコぢのコミュノタリズム主義がこういうことを生み出すのだ!とか野党からあからさまに批判されるラシダちゃんです。(証拠:Dati face aux sifflets des députés socialistes
フィヨン内閣のみんなたち、お察し申し上げるしかありませんけれど、野党の言い分もうなずけなくもありません。3年ほど前にイスラームの男女の間で男性からのプロポーズを断ったことで女性が公衆で火達磨にされてしまった 事件 があったけれど、たまたまクリスチャンの家庭の門前で燃やされたから早期発見→通報→救助できたのであって、コミュノタリズムになっちゃったら一緒に石を投げたり、薪をくべたりしかねなくなりますからね。コミュノタリズムのナニが平和を招くのか、サルももう少し具体的に利点を神聖皇帝として臣民に述べよ、です。

兎にも角にも、もうしばらくはこの「21世紀にあっても非処女が理由で仏蘭西では法的に婚姻無効にできるんだよ」噺でお仏蘭西は上流でも下流でもヒソヒソヒソのギャッハッハが続きそうです。

ココんちの仏蘭西びと♂は「仏蘭西ではイスラームが尊重されても、あっちぢゃイスラームに従わないと殺られちゃうから (-。-) ボソッ」とボヤき、そんなつぶやきを聞いてブルっとしながらも、ガイジンだしイスラームでもないし法律には従うだけの身分の私にはどうでもいいことだったりしますけれど、ただひとつ、言いたいのが、仏蘭西では市民婚を申し込むにあたって健康診断書を役所に提出せねばなりませんので、イスラームさんたちの場合、そういう機会に「処女であるかないかの確認検査」をなさったらいかがなものでしょ?イスラームのお若い婦女子は異教徒の美容整形外科医を訪問し、処女膜再生手術を申し込まれたりしているとのこと。普段は同じ宗教の医師しか信用しないのにねぇ。こんな事件もお仏蘭西におけるイスラーム移民ワールド話のひとつに過ぎませんが、今回もとーっても要領悪いとついうっかり思ってしまうのも、この件に限ったことではございませんでした。はい。
ま、お二人とも残りの人生、それぞれ幸せになってください。
嘘、つくなよ。  まわりが迷惑だから。(-。-) ボソッ

le 4 juin 2008, Clothilde
[PR]
by ma_cocotte | 2008-06-04 17:55 | 『?』な、お!?仏蘭西 | Comments(12)
Commented by あぐねす at 2008-06-04 21:22 x
ma cocotteさま、次はきっとこの話題!と思ってましたわ!

以前、ネット相談で、私はイスラム教だけど、処女じゃないから手術で戻せるのかなんとか、を見かけては、なんで男はいいのかってムカついたり、処女証明書なるものもあって(今では、フランスでは出さなくなったらしいねー)、びっくりしたものです。

でも、このリールの件、結婚の無効って判決、女が嘘ついて騙したから、男の要求をのんで無効(仏蘭西は、エガリテ・ライシテの国だから、そんなことはないはずだけど...)、ou、このまま婚姻関係を続けても長くはないし、お互いのために無効にしたんだか(これはRachida Datiの言い分だったけ、彼女も結婚の無効を認めてもらったから?)、今いち?なんですが...無効を認めなとしたら、どーなるんだろう??mariage arrangéでしょ、男がヤダっていってるんだから(女も)、上手くいかないですよねー?
Commented by ma_cocotte at 2008-06-04 23:52
☆ あぐねすさま、ラシダちゃんですがもうナニを言っても(PSに)挙げ足取られる、
(UMPの中でも)不信感が増す状態に入ってしまったように見えます。
この当事者の婚姻生活って挙式翌日に事実上解消されてしまっている
のではないでしょうか?新郎が翌日には弁護士に相談したと聞きました。
ラシダちゃんはやたら「弱い女性のため」に婚姻無効だと結論付けし始めた
ことでこれまたPSの女性議員たちに「間違ったフェミニズムだ」と怒鳴られ
てもいます。
婚姻無効が認められないと「離婚」扱いになるのかなあ?
男性の方が初婚でいたいのかもしれません。

上のC dans l'air のビデオの後半部分がアルヂェリアでのイスラーム
からキリスト教に改宗した人々の問題も興味深いですよ。
なんつーか、単純にココんちの仏蘭西びと♂が言うように、宗教によっての
不平等というか・・・うーん、泥沼化しそう。いや、既にドロドロかも。
嘘は無効にできても、嘘の内容では無効にできないのが今回のライシテ
ポイントでしょうか。それにしても毎日、喧々囂々番組ばっかりです。
あいかわらず凄いよ、みゅぢゅるまんぬ。
Commented by しぇリ~ at 2008-06-05 02:11 x
なんだかこの事件のおかげで、YSL様がご天昇されたニュースが小さくなってしまったような思いです。通常ならモードの歴史やなにやらで彼の功績を称えるでしょうにね!メッ!

さて、そんなに処女性が大切なら、今後このようなことが起きないように「むじゅるまん限定検査」でも市民婚で義務付けなされやラシダちゃん。(むり?)
先日のむじゅるまんのレポタージュでは、婚約発表と同時に将来の義母を含めた女衆、そして町の権威のあるおばちゃんによって処女確認の儀式が行われ、それが証明されると、使った白いハンカチをみんなで踊りながら回して喜んでいる様子が放映。外で男たちも心配そうに待っていて。。でもね、この若い二人はその後も清き形でいるかどうかは本人同士の問題。待てないということも考えられる。それで初夜で確認できなければ相手がフィアンセであっても汚れていることになるそうですね。
「掟」がありながら、わがままは男の罪、それをゆるしすぎるのも女の罪だと思います。(替え歌)
で話がもどりますが、通常むじゅるまん同士の結婚では上記の確認式はほぼ準備期間に組み込まれているそうです。
Commented by ma_cocotte at 2008-06-05 03:22
☆ しぇリ~さま、先ほど知ったことですが、明日15時35分だったか
France 5 でYSL特集が放映されるそうです。もしかしたら教会前からの
生中継あり?
なーんて、日本のような発想はフランスでは通じないかな?(笑
しぇリ~さまもやはり

  >「むじゅるまん限定検査」でも市民婚で義務付けなされや

と思われますか。私も市民婚準備で大変な思いをしただけに、そう
思います。離婚さえ拒んで「初婚扱い」にしてもらいたいという国への要求。
もしかしたら裏に誰かいるのかも。

婚姻前にこの新郎本人が新婦に診断書提出を頼めば良かったのに。
確認儀式を怠った?
挙式翌日に新郎が弁護士に訴えたそうなので、その後、この二人が
同居を続けているとは(私は)思えないのですが、それにしても腑に
落ちないといいましょうか。
かの宗教は男性からのプロポーズを女性が断ったら、火達磨オッケー
ですんで、女性が許さなければならないのも掟。だから、コミュノタリズム
が実施されたら、コミュノテ・ミュヂュルマンヌの中での常識は私たちに
とって非常識であっても手の施しようがなくなりかねません。
サルコよ、それで良いのか?
Commented by rice_shower at 2008-06-05 09:55 x
発言を躊躇していたのだが、このモスレム新郎(野郎じゃないよ)が分っていないので。(以下R-18)
初めて同士ならいざ知らず、処女の女性なんて面倒くさいだけ。 感激もしないよ、別に。
それよりも、「今までセックスは苦痛でしかなかった、でも今日貴方に抱かれて初めて、その素晴らしさを知ったわ! 神を見たわ!」なんて
言われたら、昇天するほど感激するな、あたしゃ。 で、この女性をひたすらに大事にして、他の男に興味を持つような事が絶対に無いように、精神的にも性的にも尽くしまくるぞ、と決意する。 (...ただ、飽きた後をどうしたものか.....)
Commented by ma_cocotte at 2008-06-05 15:10
☆ rice_shower さま、
新郎さんは新婦さんが処女では「なかった」ことを初夜の場でわかったので
翌日、弁護士さんちの門を叩いたのですぞ。

で、rice_showerさんがおっしゃる

  >他の男に興味を持つような事が絶対に無いように、
  >精神的にも性的にも尽くしまくるぞ、と決意する。

がイスラームにおける「オトコの鑑」なのですよ。家の設計図面にまで
その思想が流れているというのはイスラーム関連本でご覧いただけまする。
「飽きた後」をどうする?という自由は彼らにはありません。コーランの
教えのとおりにその後を過ごさねばなりません。心配する必要も、
考える必要もないのです。
Commented by pk at 2008-06-05 16:06 x
ちゃんと報道もされてるし、話題にもなってるよ。
極一部かも知れないがw


痛いニュース

「処女」とウソついて結婚の女性に、“結婚無効”判決→政界や人権団体から「女性の地位を後退させた」と猛烈な批判
ttp://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1134354.html
Commented by ma_cocotte at 2008-06-05 16:36
☆ pk さま、はじめまして。
ブログurlより西日本新聞のURLをお知らせくださるとうれしかったのですが。
私の文章が拙いことでフランスでの事件の報道を日本が規制していると
取られたと拝察いたします。申し訳ありませんでした。

日本も移民が増えれば近い将来同様の問題も起こるかもしれません。
Commented by rice_shower at 2008-06-05 18:09 x
以前、小室直樹先生の本を読んで、イスラムは(って一括りには出来ないのだろうが)徹底したデータベース宗教なのだな、と認識したのでした。
「四の五の言わず、コーランの通り、法学者によるファトワーの通りに生きよ」と言い切ってもらえれば、信仰者にとっては楽なのかも知れない、
良い悪いは別として、と感じました。
流れで、(今さら)マックス・ウエーバーを読んでみたが(プロ倫)、現代物理学(量子論、相対論)以前の、ニュートンの古典力学的世界観に基づいているから、今に適用しようとすると無理が有るのか、それとも単にアメリカ人に倫理が無いのか。
ウエーバーはその後、道教、仏教、ヒンズー教(←現代物理学と親和性が良い)についても考察していますね。 とても興味深いが、面白いのかなぁ。

「飽きた後」をどうする?→「次のを探す」でないの?
Commented by ma_cocotte at 2008-06-05 20:06
☆ rice_showerさま、ふむ、かのムハンマドさまも5人の妻がおったとか。
イスラームの友人知人は多々おりますが、この教えはうっかりすると
依存症になりますね。二言目には「コーランでは、コーランでは」ですし、
新聞記事なぞ議題に上れば「そういうのを読むから惑わされる。コーラン
だけ読もう」と真顔で語る方々も多々いらっさったりいたします。些細な
ことでもこちらが「あなたはどう思う?」と聞いても「コーランでは~」ですもん。
だったら聞かないでしょ?自分でコーランを読みますわな。

イスラームの全体主義はマルクス主義と似て遠からじなのですよ。
個より団体。
Commented by xiaoli at 2008-06-09 21:40 x
超亀レスでごめんなさい。

日本だったらニュースになるか・・・?いやネットではなっていましたが、日本国内でこんなことがあったら真っ先に「痛いニュース」の槍玉にあがるような気がします。そのカップルに関しては「そんなヴァカ男と別れられてよかったんでないの」と思いますが。

最近フランス在住のイラン人女性が書いたマンガを読んで、彼の地のあまりの処女崇拝っぷりにびっくりしていたところですう。日本人から見るとなんでそこまで・・・みたいな(半分冗談でではあるけど、孫までいる女性が処女膜再生手術をするのしないのって話がでてきたりするんですよー)。

なんかそんなに拘るならそれこそ結婚前になんで検査しないのか、とか。それか光源氏みたいなことを考える人はいないんですかね(それも女の子にはかわいそうだけど・・・)。

>イスラームの全体主義はマルクス主義と似て遠からじなのですよ
ああ~なるほど。お隣のマルクス主義の某国の若いもんもそんな感じですね。でも彼らはそれで「自分はちゃんと自分の頭で考えている。君たちこそマスコミに騙されているのだ」とか言いますけどね。
Commented by ma_cocotte at 2008-06-10 03:03
☆ しゃおりぃさま、
日本は離婚を簡単にできるのでニュウスにもならないかもしれませんね。
いや、婚姻無効だからやはりニュウスになるか?
この件は傍観していて、この婚姻の鉄則を「信じる、信じない」で女性の
意見が二分することに不気味さを憶えるというか。これも信仰箇条の
一部なのでしょうが、生まれながらにして信じているから信じられるのか。
と、ずぶずぶ沼に嵌るような感覚に襲われます。
オトナになって、この信仰箇条やら条件を受け入れられます?

私の知人は光源氏型結婚でしたよ。14歳で叔父との結婚。年齢を
ごまかすことを強制されたのが現在に至るまでトラウマだとおっしゃってた。
(仏蘭西に移住して彼らは離婚したけれど)

  >「自分はちゃんと自分の頭で考えている。
  >君たちこそマスコミに騙されているのだ」

おお、こちらでもよく耳にしますよ。新聞読むな、コーランだけ読めとか。
決まりを守る条件で生涯安泰ということに疑問を持っていませんよね、彼ら
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 寒い冬には着物がない。 これからどうやって「新」を見つ... >>