<< 降臨かと思いました。 間に合って、良かった。 >>
炊くか、茹でるか、それが決め手だ。
仏蘭西の六月はヴァカンス開始直前の月でもあり、学年末にもあたるので、この一ヶ月間、納会が行われっぱなしだったりします。夏至の日まで日没は夜10時過ぎでもあり、寒すぎず、暑すぎず、さわやかな風が運んでくる花々の香りを楽しみながらの野外パーティもこの6月だからこそだったりします。

そんなわけで6月に入っての二度目の日曜日のお昼過ぎ、青空パーティにおよばれ。
b0070127_19424178.jpg
出席するなら何かひとつ持ってきてね、という持ち寄りパーティです。

こちらは前菜、主菜にフォロマッヂュ(=チーズ)なテーブル。
b0070127_19491944.jpg


こちらはデセールのテーブルです。
b0070127_3323129.jpg

誰もがテーブルセッティグなど手伝いながら、目は既に「あれだけはずぇったい食べてやる」という目標を定めていたりします。紅白のいちごのティラミス、美味でしたよ。

b0070127_2083596.jpg
ところで、こんな持ち寄りパーティになりますと、お米を使った家庭料理がしばしば登場します。仏蘭西ですが、意外にもお米をよく食べます。たいていがこのようなサラダです。
b0070127_204176.jpg
数種類の刻んだ野菜に、ツナやハム、そこに塩胡椒とオリーブオイルをかけて混ぜるだけ、が基本のサラダです。こちらも、色違いだけど、そうね(↓)。卵が入っています。
b0070127_2093664.jpg
私だったらこのサラダの上にパセリかミントをちらしますが、もしかしたらこれを持ってらしたマダムのお子たちがパセリが苦手なのかもしれません。

いずれのサラダのお米もふっくらモチモチで美味でした。
仏蘭西のスーパーマルシェでお気軽に買えるお米はタイ米、ヴェトナム米、バスマチ米など海外産もあれば、南仏のカマルグ湿原で作られる国内米やスペインのパエリヤ用やらイタリアのリゾット用のお米もあり、日本國よりヴァラエティがあるかもしれません。
このお米というもの、日本びとならば炊きますが、仏蘭西びとは鍋にたっぷりのお水を沸かして、一定時間茹でます。10数分茹でた後、お湯をよく切って、味付けを始めます。茹でるからなのか、お米とお米がパラッと独立しますし、噛んだ時に芯がないように感じたりもします。
それでも、今でも、私はこちらで買えるお米をといで、飯盒炊爨のようにコンロに乗せて炊いて食べています。元々、食にこだわりがないせいか、日本のお米でなくても「美味しい」と思えます。だからこんなところに住み続けられるのかも。
ただーし、仏蘭西でよく見かけるカスタードクリームにお米がまざったデセール(リ・オ・レ Riz au lait)だけは「食べず嫌い」と言うか、食べましたけれど、また食べたいとは思えないままコンニチに至っております。
お米と干し葡萄とカスタードクリームにキャラメリゼ・・・うーーむ。

le 9 juin 2008, Diane
[PR]
by ma_cocotte | 2008-06-09 19:52 | Ça était? | Comments(26)
Commented by xiaoli at 2008-06-09 22:31 x
お米サラダは初めて見たときはびっくりでしたが美味しいですよね。トルコのヨーグルトとお米のスープなんかも日本には無い食べ方だけど今は大好物です!

・・・でもお米とカスタードクリームはやっぱり頂けないんですよねー。同じお米を使ったデザートでもぼたもちは美味しいのに。何がいけないのでしょうかねー。
Commented by hi-vison_1103 at 2008-06-09 22:49
こういう場所が憧れでおます!
いいですね〜。この建物も庭も。
変な質問(・_・)/
蚊はいない?byくろべ〜
Commented at 2008-06-09 22:54
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Leonie at 2008-06-09 23:02 x
う~ん、おいしそうですぅ!
私は「ご飯入りのプリン」は最後まで食べる勇気がありませんでした。
おフランス人神父は某所で黙想会をしたとき、ご飯にマヨネーズかけて食べてました。
皆「しんぷさま、ぎょうぎわるい!」
神父「ご飯は野菜よ!」
上の写真を拝見して納得しました。 笑
Commented by ma_cocotte at 2008-06-10 03:07
★ しゃおりぃさま、
そ、そのトルコのヨーグルトとお米のスープに興味津々です。
おいしそう!他にどんな具が入っているのですか?

お米とカスタードクリームを合わせて時間を置くと、お米がボソボソというか
変な歯ごたえになるような気がします。もち米なら救われるかもかも。

おはぎ、牡丹餅、食べたいぞ。
Commented by ma_cocotte at 2008-06-10 03:10
★ くろべーさま(笑
蚊、いません。この最初の写真の左に実は大きな池がありますけど。
まだ蚊の季節ではないのかも?
ぜひ5月末から6月にこちらにいらしてくださいね。
6月はご近所さんとの交流パーティなんてソシアリストが普及した
夜もあるし、くろべーさんにはぜひ夏至の夜のフェット・ド・ラ・ムヂークを
ご覧いただきたいです。щ(゚Д゚)щ ヴね、ヴね。

ここのお庭、中世時代の建築物の石が転がってたりします。
苔むして、それがまた良い雰囲気を醸し出してます。
Commented by ma_cocotte at 2008-06-10 03:24
★ 鍵22H54@09062008 さま
おお、茹でて召し上がってらっしゃいますか。
私はスーパーで売っている赤い箱のTaureau ailé Riz Long de
Méditerranée を食べています。美味しいと思いますよ。
そうそう、えげれすのライスプディングがございました。
あれもねー。(爆笑
スコットランドのお菓子の方がお勧めかも。同じ名称でも食べやすい
ですよ。
Commented by ma_cocotte at 2008-06-10 03:46
★ Leonie さま
仏蘭西っぽいマヨはA社ですね。私はQ派なので、こちらのマヨだと
お酢を加えてマゼマゼしたりします。
マヨとご飯をまぜたサラダはお惣菜屋さんで見かけます。スリミと
数種類の野菜を混ぜて、神父さまにぜひ。お米の代わりにフェットチーネ
やペンネを混ぜても喜ばれると思いますよ。
クスクスがあればタブレもよろしいかも。今やお仏蘭西の味ですね。

お米のプリンは、ねぇ、奥さん(ひそひそ)・・・だと思いませんか(笑。
お米を入れなければ美味しいだろうに、とどうしても思ってしまいます。
なんで入れるのでしょう?(どーどー巡り
Commented by JB@ピアノの妖精ホロヴィッツ at 2008-06-10 08:14 x
再び参りました。初質問の際はありがとうございましたm(__)m

こういうライスサラダ、私も好きです。
米が良いアクセントになっていて、
毎日食べてもきっと飽きないと思います(爆)
(特に2つ目の緑のサラダ)

パセリのほか、バジリコを散らしても美味しそうですね。

さて、こちらはもう梅雨入りで、
毎年体調を崩しては、なかなか治らない季節です(><)

やっぱり、緑がさんざめく欧州の6月(謎) って最高ですか?(^^;
Commented by ma_cocotte at 2008-06-10 13:51
★ JB@ピアノの妖精ホロヴィッツ さま、こんにちは
ふと思い出したのが、日本のおいなりさんですね。
味付けが異なりますが、どちらもお酢がきいています。

バジリコを散らすなら、にんにく味のソーセージを小さく切ってこの
サラダに混ぜるとイタリアっぽくなるかもしれません。

私も梅雨になると体調を崩しやすく、この時期に海外旅行をして、
難を逃れるようにしていました。
6月のフランスはいいですよ。薔薇も美しい。
Commented by harubooo at 2008-06-10 22:33
ぎやぁぁ美味しそうすぎる!!
すごい豪華なお料理ばかりですね~!
私も赤と白のどでかいお皿に目が釘付けになりました。
苺のティラミスなのですね!! きゃー食べたいっ。
デザートテーブルの奥の方の 箱入りパイみたいのも気になる。。。
ライスサラダとでもいうのでしょうか? これも美味しそうですね~。
おコメを茹でるとは、 ショートパスタみたいな扱いなのですね。
カスタードと米かぁ、、、どうなんだろう。
Commented by xiaoli at 2008-06-10 22:53 x
えっまこさまがご存知ないなんて!日本ではたいていのトルコ料理屋さんにありますよ。

こんなのです
ttp://www.j-milk.jp/recipes/recipe/8d863s000000p4i5.html

やさしくもさっぱりしていて、私は体調が悪いとこれが食べたくなります。
Commented by ma_cocotte at 2008-06-10 23:38
★ harubooo さま
「ところ変われば価値変わる」で、上の写真のほとんどが手料理です。
お米のサラダ三種とも複数のマダムの手作り。どれも美味でしたよ。

紅白は大当たり!イチゴのティラミスです。これも美味だった!
箱に入ったのはダッグワース?口に入れるとシュワシュワっと感じる
スポンジにマーマレードとチョコチップ、粉砂糖のお菓子でした。
これも美味だった!

お米のサラダは茹でて洗ってお米とお米をパラパラサラサラ独立させ、
好きな野菜とドレッシングまたはマヨネーズで混ぜるだけです。
ドレッシングは塩胡椒オリーブオイルだけでも美味ですよ。ぜひぜひ。

カスタードとお米はねぇ、(ひそひそひそ
Commented by ma_cocotte at 2008-06-10 23:40
★ しゃおりぃさま、おお、レシピをありがとうござる。
これは美味しそうだ。
トルコ風のドネケバブにかけるヨーグルトドレッシングを思い出しました。
レッドペッパーと酸味なんて想像するだけで身体に良さそうです。
薬膳料理と呼べそう。
Commented by タヌ子 at 2008-06-12 08:40 x
初めまして。
以前から楽しく拝読しております。
ma_cocotteさんの博識ぶりには感心させられるばかり。
本場のライスサラダはやはりどこか違いますね。
愚ブログのライスサラダの記事にトラバさせていただきましたので、まずは報告まで。
Commented by ma_cocotte at 2008-06-12 16:05
★ タヌ子さま、はじめまして。
TBのお知らせ、おそれいります。
タヌ子さんが作られたお米のサラダの色取りが美しくて、お写真を
拝見しただけで生唾ゴックンになってしまいました。
ソラマメにうっとり。

こちらこそよろしくお願いいたします。
Commented by 桃源児 at 2008-06-12 17:13 x
初めまして、タヌ子さんの所から参りました。
桃源児と申します。
お米をサラダとして食べる、うーん、主食にしている日本人から見ると奇異な気もします。ちょっとカルチャーショック。
でも、美味しそうです。
炊くのではなく、茹でるんですか。なるほど。
Commented by ma_cocotte at 2008-06-12 18:00
★ 桃源児さま、はじめまして。ようこそ。
お米のサラダですが、フランスでも日本人の口には当たりハズレが
あります。芯が残ってボソボソ(水分不足)だったり、洗いや研ぎが
足りないというような残味感とでも申しましょうか。
上のサラダは普通のマダムの手によるものなので、下準備が万全と
思われる味であり、食感でした。どれも美味でした。

洋風ちらし寿司かもしれませんね。

私もこちらで炊飯器がなくても、コンロの火加減調節をしつつ、ご飯を
炊き続けています。炊いたご飯でサラダを作る場合は、冷ましてから
一度水で洗って水切りし、お米の一粒一粒を独立させると良いのかも、
と思ったりもします。
Commented by at 2008-06-12 23:53 x
写真があまりにおいしそうなので、自宅でもライスサラダつくってみました&自ブログに顛末を書きました。ご報告にきて、エントリを再度見て しまった、ツナとかハムとか肉っけのを入れ忘れた、と気づく。

半分まだ残っているので、そちらにはハムを加えてみようかと思います。

なお別エントリにもTBを打っています。小生怠惰につきこちらにてあわせてご報告。
Commented by ma_cocotte at 2008-06-13 03:47
★ 鰤 さま、TBどうもありがとうございます。
いかがでしたか?
鰤さんはタブレサラダはご存知ですか?アラブ料理で愛用される
クスクスという粒状のセモリナ粉パスタを使ったサラダです。
ピーマンやきゅうりのサイコロ切りと塩胡椒オリーヴオイル、仕上げに
ミントやパセリのみじん切りをパーラパラ、彩りで食欲がわきます。
ハムはピンクの色を添えるのでこれまたグーですね。
Commented by at 2008-06-13 05:58 x
ま・ここっとさま
お気遣いありがとうございます。写真をみて、もっと青いものを散らしたほうがよかったのかなと思いました。でも爽やかな味で、これは今後レパートリーに加えていきたいと思います。散らし寿司というのは、いいえて妙ですね。

タブレサラダは存じませんでした。クスクスは好きです。生野菜たっぷりのクスクスというのもおいしそうですね。手元にいまクスクスがないので忘れぬよういただいたレシピを自ブログのほうへメモって置きます^^
Commented by ma_cocotte at 2008-06-13 06:43
★ 鰤さまのブログははてな会員のみがコメントを書き込める設定でせうか。
だいぶ前に聞いた話ですが、中華料理の基本は赤、黄色、緑を一皿に
入れることだそうです。良い例が炒飯でハムの赤、卵の黄色、ピーマンや
グリンピースの緑が満遍なくまぶされていますが、どれかひとつ色を抜いたら
美味しく見えますか?と。確かに「なるほど、膝ポン!」なのです。上の
写真もケチャップ色は何かが足りませんよね。おそらく緑を入れると
ヨダレがダーになるのです。

拙宅ですが、今年に限ってバジリクが育たないのです。苗を二度買って、
二度とも枯れてしまった。なぜだろう????
タブレサラダは熱を取ってから、塩胡椒とお酢またはレモン汁。
トマト、ピーマン、きゅうりが最もアッサリ風味。玉ねぎのみじん切りを
入れると深みが出ますね。お子様がいらっしゃればコーンも。
刻みミントを入れるとマグレブ風です。
Commented by at 2008-06-13 06:53 x
リンクを確認しに参りましたよ。
>鰤端末鉄野菜 (Brittyswake)
おお、ご面倒おかけしたようで申し訳ございませぬ。以前ネットストーキングされたこともあり会員外に閉じたのですが、最近ははてなidをとって書き散らしているようなのでこの際あけちゃおうかなー。しばらく考えさせてくださいませ。
>中華の三色
おおお。さすがは世界の中心を自称するだけありますね。これはよい話を聴いた。あかあおきいろ。あかあおきいろ。うむ。

バジルは輪作障害ということはございませぬか?といいつつ、わたくしそもそもバジルは一度も成功したことがありませぬ。。という人間のいうことですからあてになさらぬように。
Commented by ma_cocotte at 2008-06-13 15:47
★ 鰤さま、お料理の盛り方の色鉄則、ぜひくりかえしてみてください。
ナルホド!ですよ。
例えば例に挙げられた炒飯でいろいろな具パターンで作ってみると
いつのまにかこの感覚が身につくというか。焼き豚と玉ねぎをにんにくと
バターで炒めると洋風炒飯になるけれど、口に入れればおいしいのに
見た目がイマイチ。パセリのみじん切りをふりまくだけで、華やかなお皿に
なります。面白いですよね。せめて二色。

拙宅周辺がカタツムリ繁殖期というゲロゲロ状態でして、バジルも葉を
食い尽くされました。室内に入れましたが、葉が全滅となると難しいですね。
3回目の苗購入となるか。バルサミコ、蜂蜜、オリーヴオイル、マスタード、
塩胡椒で作るドレッシングにサラダをあえてバジルのみじん切り、美味ですよ。
夏のお勧め。

鰤さんのブログをRSS登録いたしました。はてなRSSですが、別HNで
掲載されてしまうので、そういうことで大騒ぎする輩がネット界にいたり
するので現状では書き込みしません。ご迷惑をかけても、そういう輩本人が
謝らないですもんね。私たちはこうして楽しく会話いたしませう。
Commented by ぴよよん at 2008-06-17 15:53 x
話題に追いつけていませんが…
ま・ここっとさん、riz au laitお嫌いですか???
私大好きですよ~。
でもいろいろなのを食した結果、おいしいのとまずいのがあるという結論に達しました。
どういうのがおいしいのか、と言われると説明難しいですが…。
スーパーで買えるものでも結構いけてるのがありましたし、ブラッスリで食べておえっとなったものもありました。
自分でも作ってみたいのですが、さすがに自信ないです。
Commented by ma_cocotte at 2008-06-17 16:22
★ ぴよよんさま、
ぴよよんさまが炊くご飯で作る riz au lait なら美味しそう!
私はどうもあの歯ごたえと口に残る感じが苦手です。
お米の芯でしょうか?洗い具合もあるかもしれません。

もっちりしたお米ならおはぎのような感じで食べられる?
おはぎのご飯にプッチンプリンを乗せてぐちゃぐちゃにすれば良い?(冒険だ
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 降臨かと思いました。 間に合って、良かった。 >>