<< 天の門が万民に開かれる日に。 仏 の 来 仏 。 ホトケノ... >>
聖母はセーヌを流れる。
お寒ぅございます。
秋風がひゅるりらひゅるりら~なココんちあたりでございます。
b0070127_152182.jpg
おヴァカンスも半月を残すところとなりましたが、来る8月15日はフランスの国定祭日、聖母被昇天の祝祭日 L'Assomption でございます。この日は共和国中のどこの教会の鐘もガンラゴンロと鳴り響かせ、聖母へ捧げるミサがあげられます。フランス共和国の筆頭守護聖人が「被昇天の聖母」だそうで、15日の前日14日には各市町村で、市と市民の繁栄と安全を聖母に祈願するミサがあげられるのも特徴です。

さて、13日から15日まで3日間、花の都はおパリのノートルダムでも被昇天の聖母祭り Fêtes de l'Assomption というお祭りが開催されます。お祭りと言っても縁日もなければ、ぴーひゃららーというお囃子の音が聞けるわけでもありませんが、まず、13日の夜はノートルダム聖堂内でグレゴリオ聖歌のコンサートが午後8時半より開催されます。このコンサートは前夜祭にあたるのかもしれません。

というのも、被昇天の祝祭日の前日にあたる14日ですが、ぬぁんと聖母が日暮れ行くセーヌで川くだりをなさるのです。・・・川上りかもしれないけど。 (-。-) ボソッ
14日の予定はこんな感じ。
▼ 17h45 : Vêpres solennelles 晩課(荘厳)
▼ 18h30 : Messe anticipée de l’Assomption 被昇天の前夜ミサ
         présidée par Monseigneur Renato BOCCARDO,
         Secrétaire général de l’État de la Cité du Vatican,
         avec la participation des Chevaliers du de l’Ordre
         du Saint-Sépulcre de Jérusalem.
         Messe avec avec orgue et cuivres.
えーと、ヴァチカン長官であるレナート・ボッカルド師司式のごミサで、エルサレムの聖墳墓の騎士が出席。ミサはオルガンと金管楽器によるものだそうです。続きまして、
▼ 19h30 : Procession mariale en direction de l’embarcadère du quai Saint-Bernard
ノートルダムから聖ベルナール河岸の船着場までの聖母行列です。
河岸についたら、船に乗る!
▼ 20h00 : Embarquement des pèlerins et de la statue de la Sainte Vierge offerte par Charles X sur les bateaux
Audition par l’ensemble des cuivres.
金管楽器の独奏と共に、国王シャルル10世(1757-1836)が寄贈された聖母像と巡礼者を船に乗せて、
▼ 20h30 : Ve Procession fluviale sur la Seine,
autour des îles Saint-Louis et de la Cité
Méditation du Rosaire & Chants
20時半より第5回セーヌ川上の聖母行列の開始です。サンルイ島とシテ島の周りを行列します。
これ、知るなり素直に参加してみたいですね。まだ第5回目と歴史が浅い行事ですけれど、2005年には5隻の船に3000席、2006年は8隻の船に4000弱の席、昨年は4500席用意されたそうです。ということは年々盛会になっている。そりゃ、なるわな~。
b0070127_3394547.jpg
Photo par ©Godong et CEF

この写真にしても、上のポスターにしても14日の聖母行列の様子ですが、なんてロマンチコ。
普通、聖母行列と言えば、お御輿に村の鎮守の聖母子像を乗せて、その御輿の後ろに人々がロザリオを手繰りながら祈ったり唄ったりして練り歩きますが、
b0070127_2595167.jpg
ド田舎だと ↑ こんな感じ ↑
南仏の旧ココんち町内で行われた聖母行列です。

パリのセーヌ川上の聖母行列でも船上で各自がロザリオを唱えつつ、祈り、唄うそうです。

なんだか14日の夜だけで大満足ですけれど、15日が祝祭日の当日です。
15日のスケジュールを拝見いたしますと、
▼ 8h30 : Messe ミサ
▼ 9h30 : Laudes solennelles de l’Assomption 
被昇天の朝祷(荘厳)
▼ 10h00 : Messe grégorienne グレゴリオ・ミサ
    présidée par Monseigneur Renato BOCCARDO,
    Secrétaire général de l’État de la Cité du Vatican
    Maîtrise Notre-Dame de Paris, Chœur d’adultes,
    direction Sylvain Dieudonné
司式は前日に続きレナート・ボッカルド師。ノートルダム(成人)合唱団。指揮者はシルヴァン・デュウドネ(しゃ、しゃれになんねぇ苗字だな。「神に与えられた」という意味ぢゃ)氏。以下、12時45分のごミサ以外、すべてボッカルド師の司式どす。
▼ 11h30 : Messe solennelle de l’Assomption 被昇天の荘厳ミサ
▼ 12h45 : Messe ミサ
▼ 15h45 : Vêpres solennelles  夕祷(荘厳)
▼ 16h15 : Procession mariale  聖母行列
(à pied) dans les îles de la Cité et Saint-Louis
徒歩による聖母行列でございます。ルートはノートルダム-シテ島-サン・ルイ島。 どへー、短いようで長距離ぢゅわん。
Bon courage et bon continuation!
▼ 18h30 : Messe solennelle  荘厳ミサ
というわけで、8月15日はナンドキに観光でノートルダムを訪れても、抹香臭いぞ。
西から昇ったお日様が東に沈むまでミサ、ミサ、ミサのミッサミサでございます。
18時半からあげられるミサは KTO で生中継されるそうです。日本時間だと16日午前1時半になりますが、よろしかったらステイ・チューン。http://www.ktotv.com/

8月15日のパリなんてヴァカンスのさなかなので、かーんさーんとした空気が漂っていたりしますが、このようなお祭りが行われていたとわ。___φ( ̄^ ̄ ) 知りませなんだ。
こちら(↓)、2004年8月15日に行われた聖母行列の様子ですと。
b0070127_3452267.jpg
捨てたもんぢゃないねぇ、フランスのカトリックも・・・4年前だけど。(-。-) ボソッ
Photo par ©NDP et CEF


私はこの15日もド田舎にどっぷり漬けなので、午前中に町中に鳴り響くであろう教会群の鐘の音を風の便りに聞きながら、わが母国日本國の終戦の日を思い起こし、この世の平和と平安を祈りませう。ロシアとグルジアの戦争が一分一秒でも早く終わりますように、と。

le 14 août 2008, Evrard

【追 記】
8月15日、聖母行列後、パリのノートルダムであげられた荘厳ミサのビデオです。
MESSE à NOTRE DAME-Messe de l'Assomption
http://www.ktotv.com/cms/videos/fiche_video.html?idV=00040578&vl=video_nouveautes
本文に登場の聖母像の入場から始まります。抹香ぼっふぼふ。
[PR]
by ma_cocotte | 2008-08-14 03:11 | 『夏』 Rien de spécial | Comments(21)
Commented by しぇリ~ at 2008-08-14 16:59 x
ロシアとグルジアの戦争ですが、ちょうど夏のバカンス時期になぜ?
海外からグルジアにでかけていた人も多かったと思います。
Euronewsで流れていたグルジア観光局のCMは節操勃発とともに打ち切りとなりましたね。
日本には数名グルジア出身の関取もおりますし、聖母の願いで終戦へと向かうことを祈ってます。
Commented by ma_cocotte at 2008-08-14 17:37
★ しぇリ~さま
本当に、今、なぜ?ですよね。
ニュウスで正視できないような現状を見ると、一刻も早く何とかならんか
と祈らずにはいられません。
うちの近所にシュワルナゼ時代の警察官がシュワルナゼ辞任と共に
グルジアにいられなくなって移民して来ている一家がいます。彼は
講道館にも留学しているほどです。
なんというか内政問題、ロシアとの関係(オスチアの南北分離はスターリンが
原因ですよね)、そこに石油利権が絡む・・・戦争以外の形で歩み寄れない
でしょうか。永井隆博士ではありませんが、戦争が産むものは勝敗ではなく
破壊のみだと。私もそう思います。
Commented by ma_cocotte at 2008-08-14 18:51
★ 鰤さま、フランス司教団の聖人名HPで確認しましたら、東西両方の
祝日が掲載されていました。
http://nominis.cef.fr/contenus/prenom/960/Nina.html
東では1月14日、西では12月15日ですね。

グルジア移民ですが、かなり前からフランスにはいます。今回の戦争で
また増えそうです。拙宅がある市はチェチェンやらボスニア、アフガニスタンも
おるでよ状態ですからして。こちらのニュウスでかなり生々しい現状が
連日映し出されており、もう色の変わってしまった死体とか見慣れましたです。

鰤さんは正教徒でらっしゃるの?
聖母のお祝い日に齋というのは正教徒の方が聖母を深く思っている
のでしょうか。なんかカトリックだとミサはあげても正餐の日ですよ。
カトリックは行列しますよー。(私の母校など厳格に残してます。今年は
教皇大使閣下の司式ぢゃったくらいどす。
ただ、上の写真もそうですが、公道で行うには警察にAutolisationを
もらわねばなりません。が、それは教会内のしきたりと同じ延長線上に
ある習慣でもあります。こういう点、やっぱ教会習慣がどっぷり基礎に
ある国だと思いますね。

続きます。
Commented by ma_cocotte at 2008-08-14 18:51
★ 復活前夜祭のろうそく行列だったらエクサンプロヴァンスがいいかも。
クリスマスならばレ・ボー・ド・プロヴァンスですね。本物の羊飼いと
羊と一緒に入祭します。
ろうそくを点す祈祷ならば来月12日の深夜、教皇様と一緒の野外祈祷が
あるらしいです。アンヴァリッドあたりです。
いつか目の当たりにできますように。
Commented by at 2008-08-14 18:59 x
あっしまった。
間違いがあったかもなので確認したうえで書き直そうとおもっていちど消したのですよ。でC&P保全しそこねたので、あまいっかーセーヌを流れていったのだねと思ったのですが、ご覧になっておられましたか。

なおわたくしは正教徒ではございません。いまだ勉強中の身でございます。なのであまりわたくしのいうことに信をおかれませぬようにw

というわけで要点のみ再録
・グルジアとロシアははやく喧嘩をやめましょう。みていてしんどいよ。
・(明日は祭日ですね)今日は別の用件ですが祭日でしたのですよ日本ではやんないけど。
・十字架行列っていいですよね。うっとり。

で齋ですが、こちらが詳しいです。
http://en.wikipedia.org/wiki/Dormition#Dormition_Fast
Commented by ma_cocotte at 2008-08-14 19:32
★ 鰤 さま
聖母子像がセーヌ川の上におでましになるのは今宵でございまふ。
見てみたいなあ。

正教の洗礼までの準備って時間がかかるものですか?
御茶ノ水のニコライ堂には普通の日に入ったことがありますが、やっぱ
私には聖堂の中も、正教の習慣も神秘の世界です。

グルジアvsロシアは本当になんとか・・・だけど、エイメリカが介入しちゃい
ましたので長引きそうですね。力の勝敗はわかりきっていますが、戦争は
勝敗より破壊に私たちが目を向けねばと思います。

で、カトリックですけれど、十字架行列というのはあまり聞きません。
聖母行列か聖体行列です。最近、ローマで教皇さまが聖体行列を
行ったはず。どちらも十字架が伴いますね。
入祭にしてもこういう所作が簡略化されつつあるので、文化として
もったいないと思ってます。カトリックはこういう点、反省すべきだと
思います。
Commented by at 2008-08-14 20:08 x
洗礼までの期間はひとによるようですねえ。長い方は10年くらいかかる方もいるそうですし、短い方はとくに信者になるつもりでなく断続的に通っていて「洗礼受けてみない?」と声がかかってというような話も耳にします。こういうのは一般化になじむ話でもないので、長い短いを論じることにあまり意味はないのじゃないかな。
Commented by ma_cocotte at 2008-08-14 20:41
★ 鰤さま、なるほど。
いいことですよね。
母校のシスターが成人洗礼であればあるほどじっくりと時間をかけて
指導したい、とおっしゃったこと。正教では実践されているのですね。

短い場合はー、うーんうーんですが、その後が両者に問われるのかも
(カトの場合。
拙宅近所には時間をかけてもカトリックのようでカトリックでないカトリック
要理なんて教えているおばちゃんがいるし、時間の長短だけでは意味を
問えませんね。おっしゃるとおりです。
Commented by at 2008-08-15 06:49 x
ある教会友達が「洗礼は自分の意思じゃなく、神様に呼ばれて受けるものだから」といっていました。そのかたは帰正した方ですけども。

さてご報告おくれましたが、コメント欄で流れてしまったことなども含めて拙ブログで言及いたしました。によってTBのご報告。

以前におしえていただいた赤・緑・黄の法則、あの後思い出した折には試しております。が。個人的には黄色でいつも困ってます。日本では黄ピーマンは結構値が張りますし。ま・ここっとさまは何をいれていらっしゃいます?
Commented by きなこもち at 2008-08-15 10:21 x
上のポスターすごくおしゃれですね、(1まいほすい~
抹香臭い閑散としたパリってなんかイメージしにくいです。
うってかわって、お御輿に村の鎮守の聖母子像を乗せた聖母行列のお写真、ひなびた趣きがまるで地元の子供みこしそっくりで親近感わきました。
今回オリンピックはあえて観ていませんが、数々の紛争にはうんざりしつつ心が痛みます。犠牲を払わされるのは常に市井の人々なんですから・・・
 
そうそう、ma_cocotte さまに教えていただだいたconjugaisonの本ですがle robert&nathan のjunior用(黄本)とmicro robertが先日届きました。(赤本は一ヶ月後に届くとか・・
micro robertほんと使いやすいですね、感謝感謝です。



Commented by ma_cocotte at 2008-08-15 16:07
★ 鰤さま、
黄色!
それは卵ですよ。

洗礼についてはそうですね。受洗についてまでの経緯は決して同じ話が
ないのも不思議だと思うし、どなたから伺っても心打つ内容だったりします。
(カトリックにおいては最近必ずしもそうではなくなったけど。シラー)
Commented by ma_cocotte at 2008-08-15 16:16
★ berucci-pete さま、
先ほど午前8時からのFrance 2のニュウスで昨晩のセーヌの様子が
流れました。

こちら(↓)、Vendredi 15 を選んでください。6分35秒あたりがそうです。
http://jt.france2.fr/8h/

素朴ですけれど、いいですよね。
フランスで大齋、小齋などは宗教というより生活習慣のまま残っていたり
しますね。今でも金曜日の給食やレストランの日替わりメニュは魚が
主だったりします。公立施設のセルフサーヴィスでも魚が少なくとも
一品あります。
告解についてはフランスより日本の方が重んじられているように見ています。
なんだかなー、かとりっく (T_T)
Commented by ma_cocotte at 2008-08-15 16:24
★ きなこもちさまもぜひニュウスでご覧ください。
http://jt.france2.fr/8h/
けふはセーヌの上ではありませんが地上で聖母行列が行われるとか。
しかもノートルダムやシテ島、サンルイ島はパリの発祥拠点です。
路上に抹香の香りが漂う・・・ううう、直に行列を拝見したいものです。

上の田舎の聖母行列ですが、教会前に着いて、信者が聖堂に入る際、
お御輿の下をくぐらなければならないという行事があるのです。言葉が
ふさわしくないかもしれませんが、下をくぐって聖堂に入ると「縁起が
いい」のだそうです。日本っぽいでしょ?

グルジアについては、きなこもちさんがおっしゃるとおりで、ニュウスでも
手荷物を持ってうろつく市井の人々の様子が流れています。行き場が
ないと言っていますから、いずれ欧州内に難民として来る可能性がありますね。

仏仏辞典ですが、引き始めるとおもしろくて止まらなくなりますよ。
語源はもちろんですが、フランス語として初めて使用された年やその
文章そのものが掲載されていたり、仏和とはまったく違う世界に引き
込まれます。楽しんでくださいまし。
Commented by at 2008-08-15 17:00 x
卵ですか ; ;
それは15日までお預けだなあ。斎ですので卵・乳製品も禁止なのですよ。

まあ15日の楽しみが増えたと思えばいいのか。
Commented by ガブリエラ at 2008-08-15 18:00 x
お久しぶりでございますm(__)m
おフランスでは聖母が行進されるのですね。

>黄色にお困りの方
 っかぼちゃ(冷凍物もありますね)

Commented by Lupin at 2008-08-15 18:49 x
Bonjour, moi la guerre en Georgie me rappelle beaucoup cette chanson française, vous connaissez?

http://jp.youtube.com/watch?v=flJLqRzZneE

Pardon pour ce petit commentaire, je n'ai fait que passé par hasard.. ^o^;
ルパン

Commented by ma_cocotte at 2008-08-15 20:21
★ 鰤 さま、
そうでした、正教は卵もダメでしたね。
まあ、齋ですから、「ひとつ我慢」が黄色い野菜。
この我慢も捧げましょう。なーんて、小テレーズっぽいですね。
Commented by ma_cocotte at 2008-08-15 20:27
★ ガブリエラさま、
聖母行列、聖体行列、各種取り揃えてございますよ。(^_^)
確かルルドですが、毎日午後に聖体行列がありますね。
モンストランス(でしたっけ、聖体顕示台)を先頭にした行列も厳かで
良いもんですよね。

ああ、日本の美味しいかぼちゃを食べたいです。ほっくほく。
Commented by ma_cocotte at 2008-08-15 20:28
★ Lupin さま、はじめまして。
偶然とは言えコメントをいただき、ミシェル・サルドゥの歌も教えていただき、
感謝です。
Commented by at 2008-08-16 09:58 x
みなさまありがとうございます。かぼちゃは夏が旬なのですね! こちらのスーパーでも並んでいて、かぼちゃがあったかーと思いましたですよ。
あとは、とうもろこし・レモンといったところが手を出しやすいでしょうか。リストにすると良いのかなこれ。
昨日は低農薬のレモンを買ってきて薬味代わりに皮を刻んでキュウリのサラダに散らしてみました。香りがさわやかで食が進みました。酸いものを取れて、夏ばてにもいいかも。
Commented by ma_cocotte at 2008-08-16 16:22
★ 鰤さま、そうですよ。
とうもろこし!
現在、拙宅前の草原で群生しております。これが水不足の原因になるそうですが。
かぼちゃは日本のものだと甘みがあるので料理を選ぶかもしれませんね。
レモンの皮の千切りを酢飯に混ぜて、ほぐした焼き塩鮭を加えて、巻き
寿司にしても美味しいです(白胡麻も混ぜるとグー)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 天の門が万民に開かれる日に。 仏 の 来 仏 。 ホトケノ... >>