<< もし本当に食べていたのならば、 「仏蘭西には二度と来てくれるな... >>
・・・姐さん...。(言葉に、できない)
8月26日、まだ、真夏 の夜のニース。
b0070127_16413967.jpg
マドンナ姐さんの登場です。  

Photos ↑↓  par StarAgora

ひさしびりの姐さんを見るために49000もの人がニースに集まったそうです。emoticon-0167-beer.gif
動く姐さんはこちら(↓)で。でも、チョットだけよ。
Madonna a fait son show à Nice
http://videos.tf1.fr/video/news/0,,4056109,00-madonna-enflamme-le-public-nicois-.html

b0070127_16515914.gif かっもーん。щ(゚Д゚)щ

ひゃひゃひゃ、姐さん、格好よすぎ。しぃびれちゃった、しぃびれちゃった、しびれちゃったのよ。
...ですけんども、姐さんはおん歳、五十歳 ごぢっさいemoticon-0166-cake.gif でっせぇええ?

これぞ、驚愕の あんびりばぼー あん あんくわいやぶるぅ の せ・ぱ・ヴれ です。
b0070127_16562950.jpg
この腿、どうよ?

いやま、うっかり ハァハァハァストッキングに穴が開いてなくて良かったね。(-。-) ボソッ

来る9月20日と21日、姐さんが巴里に来臨 あそばされますけれど、超ウルトラど裏飯屋。

le 28 août 2008, Augustin
[PR]
by ma_cocotte | 2008-08-28 17:16 | 『いいね。』 Chouette! | Comments(18)
Commented by tama at 2008-08-29 08:48 x
わてほんまにようゆわんわー笠置シズコ

 乞う、首解説。
Commented by ma_cocotte at 2008-08-29 15:20
★ tama さま、
おお、昭和のかほり。
私は両親も私も関東生まれの関東育ちですが、関西の生活文化に
興味があります。物に興味を持つというのではなくて、なにか心くすぐる
ものがあります。

首ですが、きょう8月29日は仏蘭西の暦や典礼暦でJean-Baptiste の
殉教日なのです。ゆえに、お盆に乗せる前の切り立てのヨハネの首を。
Commented by tama at 2008-08-29 19:10 x
そうでしたね。今日Ktotvみていて、Martyre de St Jean-Baptisteとかいてあつたので、しまつた、ヨハネの首じゃん・・とおもつていたところでした。Ktotvには毎日聖人の日がはいるんですね。新発見でした。でも言葉が聞き取れません。外国語は若いときにものにしておかないと、使い物になりませんね。でも少しでも読めれば、老後の日々は楽しいです。
いま、T先生にフランスからもつてきていただいたEric-Emmanuel Schmittの<Oscar et la dame rose>をコツコツよんでいますが、感動しますね。リセアン用の教科書なので、たくさん、設問があつて、かんがえさせられます。こういう、設問に答えていつて、フランスの生徒さんはあんなむつかしいBACにもいどめるんですね。死が目の前にぶらさがつてきても、読む努力はつづけたいとおもつています。この年まで生かせていただいたことへの感謝の方が死の恐怖よりつよくなりました。これも年をとることの知恵みたいなものかと・・



Commented by ma_cocotte at 2008-08-29 20:24
★ tama さま、
フランスですが毎日の天気予報でその日の聖人の名前が読み上げられます。
街中でもレストランやカフェ、お花屋さんでその日の聖人名を黒板に
書いて掲載していたりします。
フランス司教団HPで紹介されているNomnis という聖人カレンダーHP
をtamaさんにご紹介しますね。こちらです。

http://nominis.cef.fr/

このURLをそのまま「お気に入り」に登録しておくと、クリックすれば自動的に
その日の典礼暦が掲載されます。その日の筆頭聖人から他の聖人や
福者の名前も検索できますし、名前をクリックするとその聖人の略歴に
飛ぶようになっています。便利ですので、ぜひ。
左の Saint Patron をクリックすると職業別の守護聖人検索もできます。
楽しいですよ。

フランスの哲学教育やら幼少時からのロジック思考を養う教育は
この国でガイジンの私には頭が下がります。今になって追いつきたくても
なかなか追いつきません。毎年、BAC の哲学試験の御題もひれ伏しちゃいます。

Commented by ma_cocotte at 2008-08-29 20:27
★ tama さま、以下、今年のBAC の哲学試験の御題です。

L(文)系、係数7
・知覚は鍛えられるか?
・生きているものについての科学的知識は可能か?
・サルトル『道徳論ノート』からの引用について述べよ。

S(理)系、係数3
・芸術はわれわれの現実世界に対する知識を変えるか?
・真理を論証するのに証明以外の方法があるか?
・ショーペンハウアー『意志と表象としての世界』からての引用について述べよ。

ES(経済・社会)系、係数4
・苦痛なく欲望することができるか?
・自分について知ることより他人について知ることの方が簡単か?
・アレクシス・ド・トクヴィル『アメリカの民主政治』からの引用について述べよ。


18歳の男女が挑むことになりますが、これが難題と思う私はガイジン
だからなんでしょうね。
Commented by siojake at 2008-08-29 22:04 x
姐さんのお姿は見るたびに惚れ惚れ~。
日々衰え行く我が身との違いは、日常の鍛錬の賜物なのでしょうなぁ。

ちょっと前に読んだ某老舗日本語ペーパーに、熱烈姐さんファンだという仏男性カップルが「女性のあらゆる姿を完璧に体現」みたいな事語ってて、へぇ~っと思いました。
ついでにこないだカンヌに来た元旦那さん、良い感じに渋くなりましたよね。
Commented by ma_cocotte at 2008-08-30 01:39
★ siojake さま、ほんと、惚れ惚れですね。格好良過ぎです。
これからの10年、姐さんはどうなっていくのか。
メスを入れたり、いぢらないでいただきたいです。
Commented by きなこもち at 2008-08-30 10:31 x
ma_cocotte さま、私も聖人カレンダーHPをMY「お気に入り」に登録させていただきます(^^)

しかしBAC の哲学試験、これ日本の高校生ならまちがいなくほぼ全滅でしょうね。(すでに私は設問自体が??です)・・おフランスの教育レヴェルおそるべし。

マドンナ姐さんは若かりし頃(ムチムチおなかポッコリ時代)よりむしろ今のほうが断然カッコイイですね!


Commented by ma_cocotte at 2008-08-30 17:08
★ きなこもちさま、
BACの哲学試験ですが、フランスなので20点満点で採点です。
で、日本国内の小論文でしたらキーワードが10入っていればOKなんて
採点の仕方がありますが、フランス国内の論文形式試験(というか、どの
分野であっても試験のほとんどが論文形式です)の採点法は関われば
関わるほど謎が深まるばかりだったりします。
が、小学生にもなれば、テーゼに基づく討論展開やら論拠説明を繰り返し
経験させているのもフランスですね。例えば数式も答えより、解いて行く
過程を徹底的に説明させます。おもしろいですよ。

マーダンナ姐さん、そうですね。今の方がグっと来ますね。

Nominis は便利です。トップ画面ですと、その日に祝われる全聖人、
福者が掲載されているし、名前をクリックすれば聖人伝を読めますし、
フランス国内でまだ名前のお祝い日の習慣が残っていることでこういう
HPがある。ありがたいこってす。
Commented by at 2008-08-30 18:19 x
おーBACの問題ありがとうございます。今年も興味深い設問が並びますね。これフランスでは新聞などで報道されるのでしょうか。

ま・ここっとさまおっしゃるとおり、どれも難しい、ゆえによい問題だと思います。と哲学科卒でドイツ観念論研究で修士をとったわたくしもおもいます。難しいというのは、どれも哲学的にいまだに議論のあるトピックだからで、それを説得力をもたせつつ(=反論にある程度留意しつつ)自論を展開するには相応の論理と推論の力、そして前提として個々の概念についての一定の知識が必要だろうと思います。そして結論がいまだ争われている問題が並ぶというのは、問いへの答えそのものが正しいかどうかではなく、その背後にある推論の形式の評価をなすということがよく示されているように思います(まあ、BACは毎年そういう問題が並びますね。見事です)
反論を予期してその反駁という形で論を展開するというスコラの形式はフランスに発達・展開したということも思い出されてゆかしうございました。
Commented by ma_cocotte at 2008-08-30 18:28
★ 鰤さま、
BAC の哲学試験は新聞はもちろん、ニュウスでも報道され、試験当日の
夜、著名哲学教員が多数出演しての特番も放映されるのが常です。
いや、彼らの話を聞いたところで、なんら受験生が安堵できる材料は
ないンですけれどね(爆笑。

フランスの学び舎での試験のほとんどが論文になりますが、あの採点は
どー採点されているのかが今もってまったく私にはわかっていません。
兎に角、基礎が抜本的に日本びととはまったく異なるというのは痛感するし、
それを今更、成人した自分が理屈やら力でもって自分の能力として
身に着けようとしても幼少期からの地道な訓練をした中坊にもかなわない
のもこれまた事実だったりしますね。
引用問題は楽そうで、難しいのも常ですが。
この週末、鰤さんのお楽しみになりますでしょうか。(^_^)
Commented by tama at 2008-08-30 21:17 x
NOMINISのご紹介いただき、早速、お気に入りに登録しました。おもしろいですね。今日はSaint Fiacreですね。運転手さんたちの守護の聖人なんですね。これから毎日楽しみにみてゆきます。ポツポツと読んでいくと、フランス語の勉強になりますので、ありがたかつたです。
BAC Piloにはアツプアツプ。カメさんです。
いま司馬遼太郎「空海の風景」をよんでいますが、空海というひとは日本人にはめずらしい論理家であると同時にインドの密語(しゅ)にも通じていたとか、こんな天才がいたんだ、と感心しています。
今日は夫の三回忌を真言宗のお寺でおこないましたので、お経に「しゅ」がでてきて、「こんなこと、しらなかつたな・・」とおもいつつ聞いていました。論理性についての連想をかかせていただきました。

Commented by ma_cocotte at 2008-08-30 22:37
★ tama さま、おもしろいでしょう?
ネット上の新聞HPや天気予報HPでも毎日聖人名が出てくるものもあります。
フランスでのカトリックは生活文化でもあるとこういう面でも発見があったり
しますね。

BAC の哲学試験の御題は毎年恒例、共和国民のお楽しみでもありますね。
このニュウスを聴かないと夏の準備に取り掛かれないと言うか。
ご夫君の三回忌でありましたか。小さなお祈りではありますが、お捧げ
いたします。私もまもなく母の納骨のために帰国しますが、浄土宗での
お寺でのお式です。母の死をきっかけにお経をぢっくり聴くようにもなり
ました。いろいろな気づきがあり、勉強になります。真言宗のお経は
難しそうですね。(私にとってはどのお経も難しいですけれど)
Commented by tama at 2008-08-31 17:22 x
つずり、まちがつてましたね。法要で疲れていたとはいえ・・BAC PHILO.なのに・・すみません。
お母様の納骨のためにご帰国ですか・・。実家は浄土宗。婚家先が真言宗。随分ちがいます。真言宗ではおしゃかさんというのは問題にしないんですね。大日如来が問題になるようでして・・。お祈り感謝します。私もちいさなお祈り、お母様のためにおささげしますね。
サイトによりますとSEKKO先生が来年「空海と恵果」のお芝居の台本をかいておられるようで、来年10月?が楽しみです。空海が長くいた高雄でおこなわれるのでしょう。是非それまでに空海の勉強をすすめておきたいとおもつています。もつとも、唐の2年間に限定されるお芝居のようですが。
Commented by ma_cocotte at 2008-09-01 02:40
★ tama さま、
私は仏教について無知に等しく、母の死がきっかけとなってお経に真剣に
耳を傾けたり、お坊様とお話しする機会にも恵まれました。こうして知る
ことになり、知ることで喜びを得られるのも、母からのプレゼントだと
思います。
深くは存じませんが、浄土宗では輪廻より、この死をもって極楽に行く
というお坊様からのお話でキリスト教とのささやかながらも共通点を
見出したような思いにもなりました。
竹下先生が仏教に関する台本ですか。楽しみですね。どんな舞台に
まとまるのでしょう。
Commented by ma_cocotte at 2008-09-03 18:09
★ tama さま、
聖フィアクルに関することがニュウスで流れました。ご覧くださいませ。

http://videos.tf1.fr/video/news/0,,4019140,00-saint-fiacre-celebre-au-chateau-de-valmer-.html

聖フィアクルが庭師の守護聖人でもあるので、祝日を前に城主が作物の
祝別と奉納を神父さまにお願いしたようです。
ついでにこちらも。先週末に行われた中央山脈の田舎町での聖母行列です。

http://videos.tf1.fr/video/news/0,,4063490,00-le-139e-pelerinage-de-notre-dame-de-monton-.html
Commented by anbai at 2008-09-06 22:02 x
 マドンナ姐さんは決して嫌いでは無いのですが、Madonnaで
画像検索をするときに、聖母よりも彼女の写真が出てくるのには泣かされてます。
 お綺麗だから良いのですが............

 あ、そろそろご帰国ですか。道中のご無事、お祈りしております。
Commented by ma_cocotte at 2008-09-06 22:18
★ anbai さま、
おそらく Ma Donna でスペースを空けて検索するとよろしいかもです。
フランス語では Vierge Marie で画像検索を。

マドンナ姐はたまらんです。デビュウ当時より近年10年が個人的には
好きです。

来週の教皇様ご来仏を存分に楽しんで後、帰国する予定です。
台風が心配だあ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< もし本当に食べていたのならば、 「仏蘭西には二度と来てくれるな... >>