<< おっおーっ、ターカラっ 開かずの押入れから、 >>
ヂャウ・ハランバン夫人、フランスを出て、日本に行く前にフランスに戻るの巻
TGVの空港駅で偶然出会ったエストニアからのローマンカラーズさまに 旅まるごとを祝別していただいた ヂャウ・ハランバン夫人は、そこから空港内の目的地に連絡電動豆電車に乗って移動することになりました。その車内に、数時間前の乗換駅から空港駅までヂャウ・ハランバン夫人の隣席にいたマドモワゼルがおりました。ヂャウ・ハランバン夫人が乗換駅でTGVに乗り、着席する前にトランクを棚に乗せようとしてよろけたところにさっと手を差し伸べてくれたのがこのマドモワゼルでもありました。もちろんフランス語で彼女は夫人に温かい声をかけてもくれましたが、彼女の見た目の第一印象がフランスびとというよりアイルランドびとっぽかったことがヂャウ・ハランバン夫人にとっては新鮮でもありました。数時間の隣人ではありましたが、その時の流れの間にこのマドモワゼルがオーストラリアのパスポートを持っていたり、英文の本を読んでいることがわかりました。こうして同じ豆電車で再会したのも何かの縁かもしれません。TGVの中で助けていただいたことのお礼を述べつつ、フランス語も英語も流暢なんですね?とヂャウ・ハランバン夫人はマドモワゼルに話してみました。すると、マドモワゼルがご自分の父上が仏蘭西びとで、母上がオーストラリアびとであること、更に現在父上は仕事でイスラエルに在住し、母上はパースに住み、ご自分はこれからシドニーの大学寮に戻るところなのだと説明してくれたのでした。その説明を一分未満で聞いたにも関わらず、ヂャウ・ハランバン夫人は地球を一周した気分になってしまったのでした。そして、一つ屋根の下で作られた一家族なのにこのようにグローバルな感覚があることも、決して自分の物差しでは計りきれるものではないことを改めて実感したのでありました。

本当に再会できるのかは神のみぞ知ることですが、互いに「オ・ルヴォワァ Au revoir」と挨拶し、シンガポール航空でシドニーに戻るマドモワゼルとヂャウ・ハランバン夫人は別れ、自分が乗る航空会社のカウンターに行き、手続きを済ませました。その時、先程TGVの中でヂャウ・ハランバン夫人が「人間おきあがりこぼし」と化す原因となったトランクを秤に乗せると、どうも規定より数グラムほどオーヴァーしているようで、受付のおねいさんが機内持込はできないことを告げて来ました。そこをなんとかゴリゴリして、ヂャウ・ハランバン夫人はトランクをひっぱりつつ、出国手続きをし、免税店を冷やかし、ながーい動く廊下を過ぎて、機内持込手荷物検査となりました。この検査を済ませれば、搭乗時刻を待つのみになるのです。

と、こ、ろ、が、荷物、あのトランクにクレームがついてしまい、蓋を開けての検査になってしまいました。検査官さんたちが問題と指摘したのはコレ(↓)でした。
b0070127_17283867.jpg
日本風に言うと「栗餡」の缶詰、フランス風に言うと「黒粒粒ヴァニラ入り栗ペースト」の缶詰です。これがヂャウ・ハランバン夫人のトランクに2缶入っていました。未開封の缶詰であっても、中身は液体扱いになるので機内持込は禁止。もしヂャウ・ハランバン夫人がこの場でこの2缶を諦めれば隣の待合に行けますが、もしこの缶詰を諦めたくないならば
はじめの一歩からやり直せ
と、言ってきやがりました。この場合、「はじめの一歩」は航空会社の受付カウンターになります。あそこでこのトランクを預ければ、缶詰も日本に持っていけるよ、とおっしゃるのです。ただし、はじめの一歩に戻るまでにあるいくつかの警察やら関税審査官との交渉は自分ひとりでやれ、と。この機内持込手荷物検査に至るまでの長い道程や、退屈な行列待ちや、面倒臭さを振り返ってしまうと、ええいっ!こんな缶詰諦めてやるっ!とも思いましたが、こういう困難に向かわず楽を安易に選ぶのはそそのかしのようにも思えたし、搭乗時間までかなりの時間的余裕もあったので、ヂャウ・ハランバン夫人ははじめの一歩からやり直すことにしました。思い起こせば、数グラム超過しているという事実に素直に従えば、こんな思いをせずに済んだのです。この事実は天罰か、はたまた世の中がそんなに甘くないことを天が我に教えてくらしゃったのかもしれません。

はじめの一歩に戻るまで警官やらに説明するのは気が重くもありましたが、はじめの一歩まで戻ってトランクを預け、数十分前に既に通ったルートと、同じ関門を潜り抜ける作業を繰り返すことになりました。最後の関門はもちろん手荷物審査でしたが、今度は荷物には問題なく、ヂャウ・ハランバン夫人そのものに びーっ とブザーが鳴ってしまいました。奥から体格の良いサツのおねいさんが現れ、ボデータッチが開始されました。ゲンナリです。確かにヂャウ・ハランバン夫人の旅はローマンカラーの神父さまに祝福されたはずなのに、フランスを出国して日本に行く前にフランスに戻るという不思議体験をすることになってしまいました。

でもね、これを繰り返したことで、ヂャウ・ハランバン夫人は偶然にもン十年来の友人の妹に出会い、その後、成田まで彼女と二人、時を忘れるほど楽しい旅を続けることができたのでした。

こうして、栗餡缶詰のせいで不思議体験したにも関わらず、栗餡缶詰のおかげで懐かしい友と再会できたヂャウ・ハランバン夫人でした。・・・変なの。

le 7 octobre 2008, Auguste
[PR]
by ma_cocotte | 2008-10-07 17:28 | 『旅』 Rien de special | Comments(15)
Commented by opera at 2008-10-07 21:40 x
「ええいっ!こんな缶詰諦めてやるっ!」

す、すまんこってす。
Commented by あぐねす at 2008-10-07 21:43 x
うおおー、Clément Faugier の crème de marronsだ!大好物なのですよ、私も時間があったら、ma cocotteさまのように、チェックイン
やり直しますわ。
私は、前回は、缶入り飴でひっかかったけど、許してもらいました。
(実は、缶でひっかかったんじゃなくって、オリーヴのピックが入ってたので、それだと思うけど)
あの、いがぐり坊やがちょっと怖いけど、いい感じですよねー?
名前は、マロノですよー。なぜ知ってるかというと、パリで配っているタダ新聞に載っていたのだ。
1900年以来、容器のデザインはほとんど変わってないんですって。アルミチューブ入りは、1952年に登場。でも、缶の方が使いやすいですよね。

Commented by ma_cocotte at 2008-10-08 09:21
★ opera さま、

もしこちらがこの缶を諦めるにしても、検査官がその後どうするのかが
気になりました。こげなウマかもんをあやつらの胃に落ちるというのも、
ねぇ。

ヴァニラ入り栗餡の世界、楽しんでくださいませ。A tout à l'heure!
Commented by ma_cocotte at 2008-10-08 09:36
★ あぐねすさま、
美味しいですよね、この栗餡。
実は当初の予定はチューブ入りの栗餡だったのに、なぜかド田舎には
缶入りしかありませんでした。
空の旅に慣れていない私は今回はこの缶詰でブッブーでした。当初、
ニュテラを持ち帰りたかったけれど瓶入りなので諦め、缶入り栗餡に
したのに。未開封の缶詰なら大丈夫と思った私が甘かった。

この缶のデザインも色の配分も私好みなのです。あの栗坊もかわゆす。
マロノという名前、なんかスペイン語っぽいですよね。エンマヌエルの
愛称のマニョロと似ているのもアルデッシュ名物だからでしょうか。

そうだ、業務連絡。
あてくし、今度の日曜日11Hの塩田豆腐に参ります。
Commented by rice_shower at 2008-10-08 10:38 x
キリスト教神学者でもある佐藤優は、信仰を持たぬ人に、(彼の信ずるところの)“神”が如何なるものかを説明するときに、「神とは縁(えにし)だ」と表現するのだそうです。 
(今回の貴女の出会いの様な)小さな奇跡を感じた事の無い人は居ないでしょう。 それを神の配剤と感謝するのが信仰、そういうニュアンスかなと解釈しました。

Commented by ma_cocotte at 2008-10-08 11:14
★ rice_shower さま、そうですね。
「えにし」さえも神はご存知なのでしょう。英語だと「神」はAll mighty ですし、
フランス語だとTout puissance、日本語だと全知全能で、こればかりは
日本語の表現が一番わかりやすいかもしれません。
私のような凡人は神なり仏なりその「両」掌の上で包まれたり、転がされたり、
こねくりまわされたりされているのかな、と。神はその掌で転がしている
素材も熟知しているということも忘れてはならないと思うのです。神も
機械でなければ、こねくりまわされている素材も均一ではないでしょう。
ま、「素材が均一でない」と書くと誤解も生じるでしょうなあ。(笑
いずれにせよ、こねくる方は「絶対」にその「存在」ですわな。
Commented by あぐねす at 2008-10-09 21:12 x
ma cocotteさま、

栗は秋の味覚、でもゆでたり皮むいたりするのが面倒なので、何にでも塗れるクレーム・ド・マロンに手がいってしまいます。パンやヨーグルトやクレープとか、太るけど止められません。
おフランスでは、栗の産地は、アルデッシュがトップ、2番がドルドーニュ、3番はコルシカらしいですね。食べ物を国産でまかなえるのは、うらやましいです。

うぉー、塩田にお出ましなのですね、ここでのお知り合い、多いそうですね。入口から見て、左から2列目の真ん中より後ろに座っている中肉中背のマドモワゼルを過ぎた、挙動不審(きっと、ma cocotteさまを探せをしてるから)けたら、私だと思ってくださいねー。
Commented by ma_cocotte at 2008-10-10 08:13
★ あぐねすさま、
私はまだMarron と Chataigne の違いがよくわかっているような、
いないような。私の場合はシャテーニュの方をよく見る感じです。

日曜日の塩田豆腐ですが、私は髪型がベートヴェン風で、身長160cm
くらい、厚化粧ですからすぐわかるかと思いますよん。お目にかかれると
良いですね。
Commented by あぐねす at 2008-10-13 20:48 x
ma cocotteさま、

12日の塩田豆腐は、連休のせいか、いつもより人口密度が低かったけど、天気も良く、気持ちがよかったですね。
残念ながら、お会いできませんでしたが、ma cocotteさんと、同じところでミサに参加してることが、不思議だったけど、うれしかったですわ。

11日のカテドラルは、どこかで見たことある頭だと思ったら、板ブリのドン様でした。式長、お疲れさまー!



Commented by ma_cocotte at 2008-10-13 21:59
★ あぐねすさま、どちらにいらしたのでしょう?
私は祭壇向かって左の最後列にいました。そう、あの黒装束の婆です。

11日もカテドラルにいらしたのですね?
私もおりました。どへっへっへ。
イタブリッジのドンHは素敵すぎ。これぞ、本物の式長でした。無駄な動きが
まったくなく、立ち姿の美しかったこと。・・・・てなわけで、ごミサ後、
ドンHにヘビメタ風指ロザリオを祝別していただきました。超ウルトラ感激。
Commented by あぐねす at 2008-10-14 21:42 x
ma cocotteさま

私は、入口から見て、左2列目(グレー紫のスカートのお知り合いと同じ列、この方のお友だちが同じ列に座ってらっしゃいましたが、私が着いてすぐ、一番前に移動しました)、真ん中よりやや後ろの、赤じゅうたん端にいました。いつもより、人が少なく、じじばばが多かったとはいえ、地味なかっこ(紺のカーディガン+ずぼん、赤いチェックのシュシュ)でした。
聖堂には、閉祭後のオルガン演奏が終わるまでいました。
一番後ろにいらっしゃったんですねー、背中に目があれば..残念でしたわ!

11日は、やはり折りたたみ椅子席だったけど、隣の隣が、若い修道士(こんべんつぁるのふらんしすかーんだ、きっと)で、久々に目の保養をさせてもらったです。 おフランスにお帰りですか、お気をつけて!
Commented by ma_cocotte at 2008-10-14 22:34
★ あぐねすさま、
グレー紫のスカートとわ、A庵女史のことですか?
A庵女史は奉納当番で、奉納後前方に座ってらっしゃいましたよね。
えーん、残念です。

11日は私も折りたたみ席でした。中央すぐ右の列後方です。
コンヴだとグレーか黒装束ですね。私は兎にも角にもイタブリッジの
式長にほれぼれ~でした。所作と立ち姿が美しすぎ。茶バネに白スルプリも
萌えるもんですな(爆笑。
Commented by あぐねす at 2008-10-15 21:45 x
ma cocotteさま、
光沢グレー紫さまは、A庵女史と確信してますわ、
絵を描くお仕事だとおっしゃっていたのが耳に入ったので。きっと一緒にいらっしゃるはずだと思ったのですが、車椅子のマダムと、メガネをかけたグレーニットの方は、全く厚化粧ベートヴェン(爆笑!)じゃなかったし、あれれ?と思ったのです。
是非、次回もまた、塩田豆腐にいらしてくださいねー。

11日、私は、グザヴィエさんが目に入るぐらいの位置だったので、祭壇はよく見えなかったけど、イタブリ式長の後光はまぶしかったです。
久々にヴェールをひっぱりだしたら、虫食いにはなってなかったけど、黄ばんでました。
Commented by ma_cocotte at 2008-10-16 06:44
★ あぐねすさま、そうです、そうです。
スパイラルパーマネントならばA庵女史です。
おそらくあぐねすさんがA庵女史をお見かけした時ですが、私は塩田
豆腐の宝塚階段の下、ヴぁんざいフランチエスコくんのそばにおりました。
これで、もしかしたら「もしや?」とあぐねすさんの中でつながるかもしれませんね。

イタブリッヂ式長、格好よす!でしたね。いやー、醸し出す聖性に感動。
大英帝國国教会風にヘンデル鬘に時代錯誤衣装というのはいかがな
ものであらふ?
Commented by Lucia at 2008-10-25 11:10 x
あぐねす様、12日の11時であれば、「車椅子のマダム」は、何を隠そう、「車椅子の行かず後家(何と、こんな言葉はパソコンが認知しないようで、単語として出てきません)」なる私めでございます。もしかしたら、あぐねす様にもグループ写真に入っていただけたかもしれないのですね~。
またその内、高速道路を突っ走って関東にも参じますから、いつかはお目もじ頂けるでしょう。その時はよろしくお願いいたします。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< おっおーっ、ターカラっ 開かずの押入れから、 >>