カテゴリ:『?』なKTOりっくん( 197 )
花の都は別世界


8月15日から二日過ぎて、カトリック専門チャンネルのKTO(カテオと読む)から聖母被昇天の大祝日にパリの司教座聖堂(いわゆるノートルダム・ド・パリ)でささげられたごミサの映像が届きました。流石、流れ石でござあます。

シテ島周辺で聖母行列を行ってからミサに入るので、冒頭、聖堂内はからっぽ。
ビデオでは9分50秒過ぎまで大聖堂前広場での祈祷の様子ですからして、ミサをご覧になりたいのであれば、カーソルを11分頃に合わせると被昇天の聖母の行事にだけお目にかかれるギンギラ銀の聖母子像が聖堂にお入りになるところ。この入祭の聖歌は毎年同じですなあ。でも、感動しちゃう。こんな立派な聖堂も、すばらしい聖歌隊もオルガンも、抹香だってないものね、ココんちあたり。いつか被昇天の日のパリを訪問してみたひ。


ところで、こんにち2017年8月18日。
第一回ワールドユースデイから丸二十年なンですと。
20年前の今日、聖ヨハネ・パウロ二世教皇様がパリにいらっさったのね。

年取るわけだ、自分。



le 18 août 2017, Hélène










[PR]
by ma_cocotte | 2017-08-18 22:46 | 『?』なKTOりっくん | Comments(0)
世界の其処此処彼処で
平和を祈念する日が8月15日と言えましょう。
日本國と大韓民国だけぢゃないんだよ。
ヒトが決めた国境を取っ払ったカトリック教゙会におかれまして8月15日は聖母の被昇天の大祝祭日でありまして、ヒトが決めた国境のうちにあるフランス共和国という国ではこの日が「被昇天(の聖母)」の名前を冠したまま国定祭日になっています。なぜかと言うと、「被昇天の聖母」はフランス共和国の筆頭守護聖人だからです。余談、日本國の筆頭守護聖人は「神の母 マリア」なのでカトリックの典礼暦に合わせるとお祝い日は1月1日でごわす。さてさて、お仏蘭西。昨日8月15日は被昇天の聖母の祭日でしたので、宗教離れが年々進められている世間では商店が普通に開店している一方、其処此処彼処に点在するカトリックの教会聖堂ではそれぞれのスタイルで被昇天の聖母のお祝い事を行っておりました。こりについてはお仏蘭西だけでなく、地球のどこであれ、カトリックの環境では何かしら祝賀行事が行われおります。司祭がいらっしゃるところでは必ずごミサ付き(当たり前だのクラッカー)。ココんちあたりでは10近くある教会聖堂でミサが捧げられ、数か所でピクニック(お昼ご飯)を含めた聖母行列と巡礼が実施されました。ココんちあたりは田舎ですから、8月の半ば、ヴァカンスの最中に滞在先のカトちゃん行事に参加するガイジンも多々あり。地元民だけの楽しみではないのですな。善きことかな~。そういう地元民と観光客が交わって聖母被昇天の大祭日を祝うのは田舎だけでなく花の都パリでも同じで、10年未満前だったと記憶していますが、パリのノートルダム(←カトリックヲールドでは司教座聖堂、カテドラル)では前日から聖母を祝すビッグ・エヴェントになっておりやす。こちら ↓ がパリ大司教区の今年度の被昇天祭公式ポスター。

このポスターの行事案内を頼りに検索したら、こんなYouTubeを見つけました。




Vêpres ですから和訳すると夕祷。ポスターに照らし合わせると昨日15日の午後3時45分から始まった(聖務)日課です。けれども、普通の日に行われる夕祷とは祭壇周りもちょと違いますね。流石、パリ大司教区、お金持ちぃ。水色や青を織り込んだ祭服に抹香をふんだんに焚いているなんておいらの地元ぢゃ「見らンねー」です。しかも、私個人は毎年5月に必ず聖母行列を行うガッコで育ったので、こういう荘厳な、知らないひとには「原理的?」と笑われてしまいそうな雰囲気にノスタルヂィを覚えます。まあ、ルルドやファティマ、その他ほうぼうの聖母にまつわる巡礼地に行けば似たような様子を見聞できはしますけれど、花の都のパリでさ、ギンギラ銀の聖母子像が御輿に乗せられ、果てはセーヌ川を船で周するなんて見物してみたいですよ。我が残りの人生の「夢と希望」の事項に加えよう。

話はちょっと難しくなりますが、きょうび、人が決めた国境を取っ払った地球上においては連日、ほうぼうで陰惨なテロ事件が発生しています。だから、世界中で聖母マリアの存在を知っている人たちが聖母にちなんだ祭日に心をひとつにして平和を願って祈ることはとても意味があると思います。聖母を知らないひとなら旧盆でご先祖様に手を合わせて平和を願うでしょう。それくらい、この世の中、なんだか少しずつ平和から遠のいていると想像しても仕方ない現実がパチンコ大当たりのようにチンドンヂャラヂャラですよね・・・。

聖母マリアっておひとはカトリック教¨会だけでなく、正教、プロテスタント諸派、イスラームでも聖典に登場の有名人で、被昇天についてはカトリックだけの解釈になりますが、マリアさまがヂーザっさんのお母さんで、ヂーザっさんはママンからのお話をよく聞き、すぐ実行に移されることは聖書の「カナの結婚」のエピソードでもわかるところです。けど、天国なんて死んでみなけりゃ見えないところですし、この世には「死んだらオシマイ」を信じているひとも数多いるのですからして、誰に祈るとか他人に強いることは喧嘩のもとになりかねない繊細な今日この頃、でも、それぞれ言葉にしなくても平和を祈り、自ら平和を実現できるようにイ動くのは善いことだと私は思っています。


le 16 août 2017, Armel



聖母像や聖体顕示台を御輿に乗せて、それを先頭に聖俗信者が祈ったり唄いながら近隣を周るというのは決して安楽ではなく、私が通っていた学校なんぞ5月の青葉若葉に風薫る季節に聖母行列を行っても、毎年、児童、生徒、学生など誰かしら貧血で倒れたりするのも恒例でした。その学校ではロザリオを唱えながら学園内を一周し、最後にエラい神父様から聖水をもって祝福されてお開きでしたけれど・・・そんなことを年に一回必ず行うのも、学園を運営している修道会がイタリアで創立されたのでイタリアでは大昔っからこの手の行列が行われていたのでしょうね。教¨会用語でロザリオも聖母または聖体行列も信心業やら信心行のひとつでしょうから、決して安楽ではなく、どこか苦痛や不自由が伴うのも仕方ないのかも。なーんて結論づける私は洗脳されているのかもしれません。はっはっは。





[PR]
by ma_cocotte | 2017-08-16 16:11 | 『?』なKTOりっくん | Comments(0)
無理なこぢつけ
こんなことだから電脳内の日本語世界で「これだからおフランスのカトリックって・・・」と批判されたり、バカにされても仕方ないと思いました。
何が?って、ヴァティカンにおわしますフランチエスコ教皇さまとフランスは花の都パリのエリゼ宮殿にお住まい始めた小童!エマニュエル・マクロン大統領の(5つの)共通点です。第一の鍵事項は「イエズス会」だそう。以下の添付記事が原文ですわ。



なぜ2者の第一の共通点が「イエズス会」なのか。
それは教皇様が着座までイエズス会に奉献した修道司祭であり、小童マクロンが故郷アミアンのイエズス会運営中学・高校に在籍していたからだそう。これ、カトリックについてよく知らないと納得しちゃうのかもしれませんが、ちょいっとしたカトリック通だとこのリンクは「無理なこぢつけ」だったりします。なぜなら、召命あってイエズス会に入会するのと、親やら本人の希望でイエズス会の学校を選ぶのでは次元が違うから。はっきり言って、小童マクロンを中心にしてこの話題にするならば、フランチエスコ教皇さまの中学・高校はアルゼンチンのサレジオ会運営の男子校であって、教皇さまが中高時代に関わった司祭方の多くはサレジオ会員だったのです。イエズス会の司祭が青少年時代の教皇様を導いたのではありません。イエズス会とサレジオ会って今でこそ、ちょびっとは協働していたりもしますが、前世紀終わり、いや、今世紀に入っても「イエズス会はヒダリなら、サレジオ会はミギ」と聖俗信者の笑い話にもなっていました。実際、JR四ツ谷駅の線路上にかかる四谷見附橋から赤坂離宮を眺めつつ、この与太台詞をつぶやくとまさにその通りで、橋のヒダリにイエズス会の管区長館、橋のミギの学習院初等科の裏にサレジオ会の管区長館がござる(ついでに、橋のミギにはパウロ会の管区長館もある)。1980年代初めまでさかのぼってしまうと、この配置に加え、赤坂離宮を眺める我々のヒダリ背後にヴァティカン大使館と(今は潮見に引っ越してしまった)日本司教団のビルヂングがありました。今の雙葉幼稚園の建物のすぐそばね。偶然にしろ、当時のJR四ツ谷駅周辺のカトリック関連施設の配置図はなかなかのムフフな面白さがありました。イエズス会管区長館から上智大学を通り過ぎ、ホテルニューオータニの左手前にはメリノール会の日本管区がありましたっけねぇ。つまり、赤坂離宮のちょいっとヒダリに位置するけれど、イエズス会よりはちょいっとミギ位置ですかね。

まあ、そんな日本国の、それも東京での与太話はほっぽらかしても、元はカトリック国教国だった仏蘭西という国の中で、カトリック系の雑誌が掲げたこの記事の、この無理なこじつけには花の都のどっぷりカトちゃんだけでなく、地方にちらばるカトリックゾンビだって失笑ですわな。この雑誌、どういう編集長と編集スタッフが集ってンだろう。イエズス会運営校の過去にすがっている連中かなあ? 共和国内のイエズス会運営校の現実に目をそむけるな、ですよ。ほとんどつぶれて無くなってますがな(お仏蘭西の場合、大都市圏に数校残っているだけ)。

フランチエスコ教皇様が外遊の前後に必ず、御膝元ロオマのサンタマリアマッヂョーレ教会を訪問し、祈りと沈黙の時間を持つなんて行い(信心業、信心行と言っていいかもしれませんが)はイエズス会というよりサレジオ会が児童、生徒に教え込む習慣とリンクするのも普通のカトちゃんならば簡単に見抜けたりします。イエズス会のガッコ、それもフランスの、マクロンが通った時代のような共学化されて、半私立となったカトリック校では聖像やら聖堂で祈るなんて習慣教えないってヴぁ。そもそも校内に十字架も聖像も置いてあるのかさえ、疑問。それを言っちゃ、フランチエスコ教皇様の青少年時代と年代の差があること、教皇様の初等、中等教育は南米であって、小童マクロンのそれは1968学生革命以降のフランス共和国内だから、フランスのカトリック教育界としては「イタい、イタすぎる」ところを突っついて、比較できないから、こんな無理なこじつけを第一共通項としての記事になるのよね。

こんな記事を読んで納得するひとが増えるからさ、司祭の召命の神秘が色褪せて、果ては司祭も職種のひとつで自分が選ぶもの、自分の理想と違えば還俗してウン十倍の給与を得られる職に就けばいいとかワケわからん潮流がどんどん大河に化けて行ってしまうわけ。これからも還俗する司祭やら、陰でコソコソ悪いことする肩書きカトリック司祭が増殖するンぢゃないかなあ。

まあ、そういう秘跡についての何やら薄っぺらたさに危機を感じ取ってらっさるのが歴代の教皇様ですし、先のベネディクト16世教皇様がカトリックのヒエラルキィの上層に向けてかなりの改善を求められた後、現在のフランチエスコ教皇様がヒエラルキィの底辺にうごめく無数の凡信者にもできる「言動の提案」を毎週、一般謁見やら日曜正午のアンヂェラスで続けられているというのも明らかですね。

あくまでも私見ですが、私はフランチエスコ教皇様が家庭とサレジオ会で信仰生活の基礎を徹底的に教えられ、成人後に心身もってイエズス会で奉献生活することに導かれての今があるってぇのは羊飼いの中のリーダーとして「最善のバランス」だったと思います。まあ、枢機卿会もその成育歴含めてホルヘ・マリオ・ベルゴリオに清き一票を投じたのでせう。ベネディクト16世が選出の時、決選投票で負けたのがベルゴリオでしたからにぃ。でも、先にラッツィンガア、続いてベルゴリオという流れはドンピシャで、これがもし逆だったらと思うと意味もなくゾっとしたりもする。カト的な表現を借りるならば「良心の黄信号」ってやつですか? やっぱ、教会人事にも聖霊がしっかり働いているンだねぇ(今月6月はカトリック教゛会では「聖心月」であり、昨日は移動祝祭日なれど聖霊降臨の主日であり、こんにちのおフランスはその翌日ゆえ国定休日でやんす。)

で、も。
少し遠くからフランチエスコ教皇様を眺める、と。
2013年3月13日に教皇座に着座したのですから、既に4年。
未だルルド巡礼を実行なさらないあたりは、彼って、とても、ヴぇりぃ、イエズス会だわよね。← これってミソであり、鍵w

御後よろしいようで。ちゃらら~ん。


le 5 juin 2017, Boniface



【与太つぶやき】

もし、次期教皇が中米生まれのサレジオ会司祭になったら(わかるひとには具体的に思い浮かべられるそのお顔w)、世間の新聞雑誌はいとも簡単にフランチエスコ教皇もサレジオ会出身だったんだぜ、と記事にするのかしらねぇ? なんかイエズス会については良くも悪くも特別な持ち上げやら偏見が世知辛い世の中にはびこっているように思えてならないのですが・・・と気づけたのも、こんな記事の無理なこぢつけ。
ちなみに、イエズス会に入会すると、フランチエスコ教皇様の世代だと叙階(=司祭になる前)の修練期にイエズス会運営の学校に派遣され、教職や寮の舎監として数年過ごす務めが発生していますよね。だ、か、ら、もし小童マクロンがイエズス会の学校の教員だったら、フランチエスコ教皇様と共通項になるけれどさ、どっちかって言うと小童マクロンよりブリジット夫人の方がそのイエズス会のガッコの教員だったんだから、「教え子に苦労しました」なーんて共通項が教皇様との間にあるのではないかしらね。(ウヰキなので信憑性に欠けますが、ブリジット夫人は少なくともイエズス会運営の学校2校で教職を務めておりました)




[PR]
by ma_cocotte | 2017-06-05 15:44 | 『?』なKTOりっくん | Comments(0)
霊的読書(れいてきどくしょ)
霊的読書を(好んで)続けているひとと、知識と教養で極めるひとが発する文章または言の葉。
読んだ後に脳と心に生まれる感想が大きく違うことにようやく気付き始めた私です。
そりゃ、もちろん、読む側が既に霊的読書を経験しているかどうかにもよるのでしょうけれど。

巧く表現できませんが、「霊と肉」の違いかもしれないな、と、まず。
霊はアノ世の域で、霊魂そのものの善次第だから、性別も成育、学、職などのこの世の歴も、身体の個性も関係ない。
ですが、肉はコノ世なので、性別も年齢も、成育歴、学歴、職歴も絡む。

何かひとつのお題でも、霊の域まで高められると解き放たれるけれど、肉に拘るならば読んだところで、聴いたところでこの世のしがらみの中にある、いる。

最初は肉に絡みながら読み手のハツを掴み、読んでいるうちに霊の域にいざなうような進め方をできるひとはたいしたもんだと思います。

肉の域にとどまるひとが描く世界を好むひとは、上に書いたような霊の域について「うへぇ、気持ち悪い。やめてよ」とシャットアウトに務めるひとですね。結局、肉の世界、性別、年齢、成育歴、学歴、職歴に拘っていることになります。

読後感想を分かち合うのは難しい。
この世で傍観するならば、たいてい肉の世界のひとが霊的読書を積んだひとびとを教養で押さえつけて「おしまい」。
でも、例えばカトリックにおける勝利はこの世においては「目に見える敗北」ですからね。

わかるひとにしかわからないつぶやきでした、まる


le 29 mai 2017, Ursule

[PR]
by ma_cocotte | 2017-05-29 18:15 | 『?』なKTOりっくん | Comments(0)
花の都お巴里16区は、流れ石
同じ共和国でも、超ウルトラスーパーど田舎で、パリのひとびとから「カトリック・ゾンビの棲息地」と失笑されるようなココんちあたりとは根本どころか抜本的に違う。

何が?って、ご覧のとおり、カトリック教゛会のヲールドのことなンですけれど。
堅信式、 confirmation のミサに中村江里子サマがご出席あそばしたとのこと。
私は Confirmation をいつも「こんふぃるましおん」と発声していたけれど、「こんふぁーましおん」が正しいのですね。メモメモです。
加えて、お写真を拝見する限り、堅信式に必ずいらっしゃるはずの司教さまが見当たらない。いずこへ・・・。せっかくの堅信式ですから司教様のお姿がどこかに映っているとよろしかったですね。

我が地元は5月6日土曜日の夕ミサで堅信式が行われたので、極東島国の田舎者の私は日曜午前ではなく土曜夕方のご慶事に顎がはずれそうになりましたけれど、お仏蘭西だと5月にもなれば午後6時過ぎてもお昼間のように明るいし、土曜夕方であっても主日扱いなンだから「問題なしよ」なのかもしれません。上つ方々がお決めになることなので、末席のこちとら疑問にくすぶってりゃいいのでした、まる

しっかし、パリ16区は違う。


le 23 mai 2017, Didier







[PR]
by ma_cocotte | 2017-05-23 15:30 | 『?』なKTOりっくん | Comments(0)
ああ、うるわし、若葉揺れて、列聖最年少記録、たふたふ破れたり。
パリのエリゼ宮におかれましては主(あるじ)がフランソワ・オランド王から小童エマニュエル・マクロンに代わる儀式が行われております。そんなことどーでもいいけど、それより。

昨日の午後遅く、いつもどおり土曜の夕ミサに参りましたら、様子が違う。外まで聞こえる歌声と共に御輿に乗せられたファティマの聖母像と、それに続く神父様、侍者、世俗さん方が聖堂外環を一周りするという聖母行列が行われ、その後に主日ミサという流れになっておりました。(我が母校の聖母祭の行列をちょっと思い出した)

ひとつ前にエントリーしたとおり、2017年5月13日はポルトガルのファティマに聖母がご出現してからちょうど100年。昨日の午前中にはファティマの聖域にて聖母と6回に渡って交流した三牧童のうちの二人(フランシスコとヤシンタ)がフランシスコ教皇様によって列聖されるというビッグイヴェントもありましたし、今年の5月13日が土曜日ということもあり、聖堂満席の参列者でミサがささげられました。
b0070127_17314197.jpg
偶然というか、天においては必然なのでしょうけれど(あたしは未だ天に行っていないので真贋はわかりません)、昨夕、私が主日ミサにあずかるために寄った教会聖堂にはポルトガルからの移民が多々おり、この教会は毎週土曜夕方に主日ミサをささげているのです。聖母ご出現から丸100年目が土曜日にあたるなんて「ビンゴ!」ではありませんか。昨夕の「ファティマの聖母の祝日」と「主日ミサ」を兼ねたごミサではフランス語とポルトガル語のチャンポン式次第となりました。上の写真もよく見ると仏蘭西語と葡萄牙語が併記されています。

写真に映る入祭の歌は日本国だと黒革のカトリック聖歌集の622番ですが、葡萄牙語の歌唱だったので「アヴェ、アヴェ、アヴェ、マリ~ア♪」の部分だけ一緒に唄うことができました(日本語だったら暗唱してンのになあ)。そして、二時間に及ぶごミサの閉祭の聖歌はカトリック聖歌集の305番「みははマリア」でした。これ、お昼間のファティマでの列聖ミサでも唄われていたけれど、ポルトガルにゆかりある聖歌なのかしらね。この聖歌も日本語だったら完璧、暗譜暗唱できるけれど、ポルトガル語だったのでメロディを鼻歌ってました。てか、あたし、「みははマリア」が大好きなのよ。3拍子だし、最後の盛り上がりがたまらん。演歌歌手ごっこができるw

b0070127_17401306.jpg
で、昨夕の主日ミサ。
こうしてファティマの聖母の祝日を兼ねていたので、100年前の三牧童と同じ年頃の女の子と男の子が当時の装束とそっくりな格好をして、ミサの間ずっと、ファティマの聖母像と一緒に祭壇近くにいました。奉納のお手伝いをかわいらしくしていましたね。

昨日のお昼間にこの三牧童のうち、早逝したフランシスコとヤシンタの兄妹が聖人となりました。兄フランシスコは11歳、妹ヤシンタは10歳で他界したので、昨日の列聖式をもって殉教以外で他界帰天した聖人の最年少が10歳のヤシンタとなりました。

余談、おとといまでの、殉教以外で帰天した聖人の最年少者はドメニコ・サヴィオです。彼は14歳で帰天しました。ドメニコ・サヴィオはサレジオ会に縁ある聖人ですので、日本国内だとサレジオ会の小管轄教会に参りますとドメニコ・サヴィオの聖像やら御絵に出会える確率が高いです。この写真 ↓ は2008年10月6日に、私が調布のサレジオ会神学院の聖堂を訪問した時に撮ったドメサヴィですw
b0070127_17531823.jpg
まあ、ドメサヴィについてはこんにちの話題でどーでもいいことですけれど、私の記憶が確かならばドメサヴィの方がサレジオ会を創立したボスコ丼より先に列聖されたはず~(これにもきちんとした美談が残っています)。2000年の夏、私がイタリアのトリノを訪問した時は扶助者聖母バジリカ聖堂の祭壇向かって左側に、ドメサヴィの遺骨が納められた壺が安置されていましたが、今はどうなのだろう?2000年当時はこの聖堂内にボスコ丼と、昨日5月13日が記念日の聖女マリア・ドメニカ・マザレロの不朽体とドメサヴィの骨壺があったので見応えありましたけれど、確かマリア・マザレロの不朽体はモルネエゼにお引っ越ししたと漏れ聞いた(うろ覚え)。

たまたま私はカトリックの小学校に通っていたので、信者でない児童も義務で「宗教」という授業にあずからねヴぁならず、その授業でファティマについてもかなり細かく習いました。小学校でも習ったし、中高でもおさらいしました。当時は巷で騒がれているファティマ第三予言について世俗はアンタッチャボーとされてはいましたが、その話題に触れなくても、聖母と交流してしまった三牧童のその後の人生についての艱難苦難は子供ごころに同情の涙を流してしまうほどで、良くも悪くも成人しても忘れることはできない記憶になりました。特に昨日列聖された兄妹については死に至る病にかかる運命というのも子供にはそれだけで震えるほどの怖さを覚えたものです。逆に長命だったルシア(三牧童の年長者で、カルメル会の修道女となった)についてはあまりに長命だったので「もしかしてこの方、死ねないお身体になってしまっているのでは?」と超自然な妄想を持ってしまったくらいです。ルシアが帰天したのは今世紀、2005年の2月13日(!)、97歳でしたから、昨日も書きなぐったとおり、ルシアについては未だ列聖にも、その前の列福にさえ至っておらず、ただ今、列福のための調査中とのこと。なんだかねー。それこそ、私が幼い頃受けた宗教の授業では列聖は死後100年でも早いくらいと教えられてきたので、その後の某教皇になってから「例外」が増えたことに違和感覚えなくもないのでアレですが、私個人は三牧童一緒の列聖が良かったな・・・と昨日まで思っていました。でも、昨日の列聖式にはとても感動してしまったので今は「ああ、良かった」という気持になりました。ルシアの列福が早くかないますようにと祈るばかりです。

これ ↓ は昨日のファティマでの列聖式ごミサ全編です。

教皇様が最後の最後に白いハンカチを振り、ファティマの聖母像がいつもの祠に戻るというシーンがあり、その時の教皇さまの表情が今まで拝見したことのないお顔だったので驚きました。こういう表情をなさる方だったのねー。

それにしても、エキブロ、リンク転載がようやく進化してありがたいっす。


le 14 mai 2017, Matthias




[PR]
by ma_cocotte | 2017-05-14 18:15 | 『?』なKTOりっくん | Comments(0)
今にも太陽が踊り出しそう。
ポルトガルはファティマでの、聖母を見た三牧童のうちの二人、フランシスコとヤシンタの列聖式ミサがこんにち、今、ささげられていますけれど、お天気に恵まれて本当に良かったです。


お天気が良すぎると言うより、青い空と色とりどりの雲、そしてそよ吹く風と。
なにか、こう、空が呼吸をしている、息をしている感じがして、もしかしてごミサの間に太陽が踊り出すのではないかと思い始めてしまいました。(ファティマの奇跡において特に有名なのが、太陽が踊り出すという超自然現象が発生したことなのです)

それにしても、ごミサはミサVIII(天使ミサ)なのでテレビを通して視聴しているこちらも口ずさめるのがありがたいです。テレビだったので祭壇の教皇さまや式長方の所作もよく拝見できます(ただ今、未だ現在進行形。ちなみにポルトガルは大英帝国と同じ時間帯なので、今、午前11時40分頃になります)
教皇さま司式の荘厳なごミサですから献香も、聖変化でベルが鳴らされるのも当然ですが、私のようにそれらがまったく行われない土地のミサにあずかっている者には感涙ですな。ったく、我が地元と来たら・・・。そして、式長さま方。パウロ6世典礼(ノブスオルド)であっても、きちんとイエズスさまのお名前が出ると同時に頭を下げられる。これもまた、我が地元では「忘れられた所作」だっぺ。天下のヴァティカンの式長方がこうして必ず頭を下げられるのだから、あたしも地道に続けようっと。

以上、ファティマ生中継を見ながらのエントリー。
また視聴に専念いたしまする。

それにしても、この列聖は祝着至極であります。
三牧童のうち最も年長であり、長命であったルシアの列福が一日も早くかないますように。

Le 13 mai 2017, Notre Dame de Fatima

もし自分に女の子の孫がいたら「ヤシンタ」の霊名を選びたいくらい、ヤシンタが好きぃ。


[PR]
by ma_cocotte | 2017-05-13 19:45 | 『?』なKTOりっくん | Comments(0)
これは、まれなこと。
金曜日の朝、France 2の早朝番組を見ていたら、なんでもフランチエスコ教皇様がポルトガルはファティマを訪問するとのこと。(そうゆうことが報道されるンです、仏蘭西のテレビでは)
そういえば、土曜日は5月13日だからファティマの聖母のお祝い日であることを思い出しました。加えて、そのファティマに聖母が現れたのは1917年でしたから、今年でちょうど100周年! ですから、フランチエスコ教皇様が巡礼にお出ましすることになったのでしょう。

私は2014年の10月にファティマに行き、13日の国際大会に参加しましたが、前夜祭がかなりの雨でしたのに、多くの方が夜の勤行に励まれていたことを思い出しました。
b0070127_01263970.jpg
この写真の突き当りに見えるのがファティマの聖域の元祖バジリカ聖堂ですが、私が訪問した時は大改装中で、聖母を見た三牧童の墓所しか訪問することができませんでした。


こちら↓ が三牧童のうち女子のお二人(ヤシンタ、ルシア)のお墓。
b0070127_01334476.jpg


そして、こちら ↓ が三牧童の男子 フランシスコのお墓。
b0070127_01335504.jpg
この時はせっかくファティマに来たのに元祖バジリカ聖堂の聖堂訪問ができず、聖域内の受付のシスターにボヤきもしましたが、なんでもこの改装でこの三牧童のお墓を聖堂内の床にお引っ越しするという話を伺いました。そして、雑談のついでにおそらくこの元祖バジリカ聖堂が再び使われる時に三牧童のうち唯一長命だったルシアが列福されるのではないかしら?と。そして、揃って福者となった三牧童がその数年後にヴァティカンで列聖。その「ルシアの列福」がおそらくこの聖母ご出現100周年の「今でしょ?」なのでしょうけれど、私が聞いたこの予想は大ハズレ。なんとまあ、2017年5月13日にはこのファティマの聖域で、既に列福されているヤシンタとフランシスコが聖人に列せられるとのこと。うっほー、それ、本当?と最初知った時は正直つぶやいた私です。というのも、列福式は列福された方ゆかりの土地で挙式されますが、列聖式っちゅうのはヴァティカンで挙式されることが通例だからでやんす。一方、長命だったルシアは未だ列福調査中なので「主のはしため」または「尊者」が冠せられているのでしょうが、ヤシンタとフランシスコが二馬身リードということですな。いやー、ヴァティカン以外での列聖式が行われる。このストーリー運びにはちょっとヴぃくーりしました。三人一緒に列聖がいいぢゃんねぇ。
b0070127_01461317.jpg
この写真 ↑ の左の像は聖ヨハネ・パウロ2世教皇様で、バジリカ聖堂に跪いて祈っているように見えるのがポイントであります。

私の2014年のファティマ行は2泊3日でしたので、聖域だけでなく三牧童が通っていた小教区教会、彼らが育った家、そして野外のオリーヴ畑の中にある十字架の道行にも行けました。十字架の道行の道筋には三牧童が天使からご聖体を拝領した場所があります。

b0070127_01532687.jpg
ココ ↑ がその場所。

ほら、天使 ↓ がご聖体を持ってらっさる。
b0070127_01540539.jpg
この十字架の道行、ところどころに三牧童が残した言葉の石碑が点在しており、一番幼かったヤシンタからのメッセージがかなり心に響きました。そして、三牧童が通っていた小教区教会の聖堂訪問もお勧めですよ。三牧童が洗礼を受けた洗礼盤もあれば、幼い彼らが手を合わせていた聖母像やご聖櫃が今も聖堂内にあるし、教会の向かいには墓地があり、そこには彼らの家族が眠っています。
b0070127_02073913.jpg
正直、私はルルドよりファティマが好きかもしれません。
いつかまたファティマに行ければと思います。
なんだか観光案内になってしまいましたが、土曜日のファティマあたり、晴天に恵まれますように。


le 13 mai 2017, Maria Domenica Mazarello






[PR]
by ma_cocotte | 2017-05-13 02:09 | 『?』なKTOりっくん | Comments(0)
マリアさまが知らせたところで、ぢーざっさんは既にすべてご存知でしたとさ。
先週末だったか主日を迎える直前についうっかり見聞したニュウスがあり、それはフランスはリヨン大司教区の教区司祭が結婚を理由に還俗したというものでした。確か、その第一報ではこの司祭が還俗後には終身助祭の役目をもらうと添えられていた記憶がありますが、それはガセだったのかな。「司祭から終身助祭に役目が替わる」というのはなかなかよろしいンぢゃなくて?と私は喜んだのにな。聴罪ができなくなる、聖変化できなくなること以外、終身助祭ならば授洗、婚姻、葬儀を司れるわけで、将来のことは神のみぞ知るですが、もしこの司祭の夫人が先立たれたら、彼は司祭職に戻るなり、修道生活に入るなり、祈って決めればいいのです。我々が知ったこっちゃない。

で、スキャンダル発覚について、ですけれど、「結婚するので還俗する」という事実についてご本人も、上長である教区長(リヨンの場合、最長上はバルバラン枢機卿です)も世間や世俗信者に隠さなかったことがさいわいでした。これが隠し事になってしまうと、そこは「神の不在」になるわけです。正確には「隠そう」と決めたひとびとの間に神がいない。これ、矛盾ですわな。婚姻だって新郎新婦の間に神が存在することで成り立つのですからして。つまり、「神が不在」の場で「隠そう」と決めたっちゅうのは、そこはたとえ目に見える聖堂だろうが司祭館だろうが、どこぞのレストラン、道端でもこの際構いませんけれど、天国でもないし、エデンの園でもない。天国でも、エデンの園でもない外の世界でいくらローマンカラーをはめてようが、頭をすっぽりヴェールで覆っていようが隠し事が成り立つのであればカトリックが口酸っぱく教えている「かみさまといつも一緒、わたしたち、みんな」が崩壊するので、(初聖体を終えたならば)齢一桁のガキだって「わかんなーい。なんで神様はなんでもご存知なのに隠せンの?」と親に質問するでしょ。

と、ココで「初聖体を終えたならば」につっかかってみますが、2007年だったか、ベネディクト16世教皇様がルルドを訪問された時、現地で開催された司教総会の初日にフランス共和国内の教区を治めるすべての司教の前で、司祭減少、洗礼減少、司祭の妻帯、離婚うんぬんフランス司教団が挙げた現在のカトリック諸問題について何事も要理の勉強が不足、怠っていることに問題がある、とおっしゃった。あまりに図星だったので、ベネさまのこの発言に妙に感動した記憶が私にはあります。

それから9年と半年。
今回のスキャンダルというか報道で騒ぐ世俗の知人を眺めていると、フランスのカトリック教会において要理(カテキズム)の学習位置はベネさまの来仏以前と大して変わっていないのだなあとよくわかりました。ココんちの近隣に住む伝統主義のご家庭の親御さんが「今の教会学校に子供をあずけたところでお菓子をいただいて遊んでオシマイ。ならば通う意味ありません!」とおっしゃるのは、あらためて「ご尤も」ざます。

今回のケース。
リヨン大司教区では有名な司祭だったこともあり、一般全国紙でも記事になったようです。だから、カトリック信者でない多くのフランスびとにとってはワクワクするような下世話さが脳に生み出されますが、もしカトリック信者だったら告解のことやら、上長と彼の間の「深いやりとり、物事の進め方」などが気になってくるので、その結果「隠さないで、めでたし、めでたし」と神父様が今後、家庭召命を善くまっとうされるよう背中を押す気持にもなります。妻子を隠している司祭の隠れ家やら生活の援助という方向に話が持っていかれるのは、ちょっと「あなたはしても、わたしはしない」ですわね。

まあ、元はカトリックが国教だったフランスという国でさえ、今ではカトリックヲールドに住まう生涯独身を守るひとびと(ex 聖職者、修道者)について謎にしか見えない民の方がマヂョリティですが、きょうびフランスでは司祭館にひとり暮らしの司祭が多いですが、ひと昔前まではひとつの司祭館に3人以上の司祭が住み、教会と司祭館の雑務は世俗男性または「世俗の40歳以上の婦人」が関わっていました。
余談:私が通っていた学校の司祭館の雑務はシスター方が行っていました。
なぜシジュウ以上なのかと言うと、昔はシジュウ過ぎた女性は閉経もしくは「子ができない」と決めつけられていたからです(今はそんなことは愚かしい誰もが知っている)。今でもココんちのような超ウルトラスーパーど田舎のカトリック世界では司祭館の用務は世俗男性グループが中心だったり、ひとり住まいの神父様にはほうぼうのマダムが手料理を届けるし、逆に神父様を各家庭に日替わりで招いて食事を共にするなど行っていたりします。神父様によっては近所の女子修道院や修道会運営の高齢者施設の食堂のお世話になっていることも。ういう彼らの生活スタイルについても、私たちが「知る」機会は平等でないので、知らないひとびとには誤解やよからぬ想像になってしまうこともあります。この世は決して天国ではないし、天国の存在を信じないひとびとも多々います。だから、いくらヒトがこさえた塀の中の聖域に住もうとも、女難、男難に贅は常にすべてのひとに襲ってくるし、その中から宝を見つけるひともいる。そして、この世には聖職者や神学生ばかり好きになってしまう男女がいるのも現実なのでねぇ。それについて第三者が聖職者やら彼の恋愛対象者を批判するのも軽率に思えます(省くことの幼児性愛)。だって、そこに掛け替えのない愛が生まれたら、周囲は彼らをしあわせに生きられる方向に送り出すのも「務め」ではないかと思うからです。カトリックの聖職者や修道者が生涯独身なのは「ただひとり、イエスさまへの愛」を貫くためであって、この世でその愛が二分するなら聖域での生活は難しいですよ、はい。

兎に角、愛が芽生えたのに、愛が育まれているのに、それを「隠す」のはあり得ないでしょ。愛を隠すひとからいくら「神を信じてます」とひつこく言われてもアホらしいです。ロジック崩壊w

死ぬ瞬間までおべんきょ、おべんきょ。


le 24 février 2017, Modeste



「司祭の結婚を理由とする還俗」についてはひと昔前、ココで揉めた記憶がまだかすかに残っているので触れたくなかったンだけれど、ね。ま、いっか。




[PR]
by ma_cocotte | 2017-02-24 19:06 | 『?』なKTOりっくん | Comments(0)
親にもらった権利をありがたく政治利用するw
まったくもって変な話である。
フランスの中道よりヒダリの政治家の多くが自称カトリックまたは自称キリスト教徒と名乗っているけれど、それはその政治家自身の意志や意思ではなく、本人が生まれた当時の世間の生活慣習や親をはじめとする家族の意向でまだ自覚ないであろう赤ん坊の自分がキリスト教の聖堂に連れて行かれて水をぶっかけられて祭壇に乗せてお祓いと祈祷してもらった・・・それから10数年後、自らの意思で社会党や共産党の思想に心酔し、カトリックやキリスト教の生活慣習から離れ、その世界におけるタブーを破っての「今がある」というのが彼ら、フランスの中道よりヒダリの方々の実体です。票を稼ぐために自称カトリックを用いる政治家は多々います。自分は生まれたての赤ん坊だったので親が勝手に決めた洗礼の事実を利用しているわけ。そういう彼ら、決してフランス語で言うところのカトリック・プラティカント、クレティアン・プラティカントではありません。つまり、日曜日に主日礼拝に通ってません。これってキリスト教に限らず、ユダヤ教や稀にイスラームの信者である有名人だって同じですよね。必ずしもユダヤ教やイスラームの生活スタイルを守っているのではなく、成人して独立するまでの青少年期は親の元で割礼に始まり信仰に基づいた厳格な生活を守っていても、たいていは高校入学後の政治運動、大学入学後の一人暮らしをきっかけに「実家のシューキョー」から離れたひとがおフランスの中道より左派の各政党に集っているわけです。中道よりヒダリでカトリックプラティカントだったのはミッテラン大統領くらいぢゃなかろうかね?(そのせいでミッテランさんの本妻は彼と一緒ではなく、宗教色のない葬儀と実家の墓への埋葬を遺言したわけで)

カトリックの慣習について重箱の隅を突っつけば、幼児洗礼は親(少なくとも片親)がカトリック信者でないと受けられないし、その親は教会で婚姻の秘跡にあずかる前の勉強で生まれてくる子供の養育義務についてしっかり教え込まれるわけで、そこには子供の幼児洗礼、初聖体、堅信までは親の責任であるという務めがあります。堅信という秘跡は教会世界においての成人を意味するので、そこから先の堅信を済ませたひとは自分で「生きる道を探求」せねばならず、それに親が強い口出しをするのは「よろしくない」ンですな。(堅信はユダヤ教だとバルミツバの習慣と捉え方に近しいと思います)

というわけで、おフランス中道よりヒダリで、国際的に有名であろう政治家さんたち、例えばオランド現大統領、彼の元パートナーのセゴレエヌ・ロワイヤル女史、次期大統領選に出馬表明したマニュエル・ヴァルス、エンマニュエル・マクロンの成育歴に上にあげたカトリックの決まりごとが当てはまることになります。しかも、オランドさん、セゴ姐、ヴァルス、マクロンなどそれぞれの実家は「熱心(すぎるほどの)カトリック家庭」w 自らの社会党支持運動のせいで実家と絶縁されてしまった左派政治家もいます。ああ、仏社会党を辞め、限りなく共産党に近い思想を掲げているヂャン・リュック・メランション Jean-Luc Mélenchon もそうね。彼もすでに次期大統領選に立候補済み http://www.jlm2017.fr/
ダニエル・シュトラスカーンとブノワ・アモンはユダヤんなのでユダヤ教の慣習(生まれてすぐの割礼からバルミツバ)があてはまりますね。ああ、中道ミギの立ち居地ですがヂャン・フランソワ・コッペ(パン)もユダヤん。忘れちゃいけない、サルコぢは割礼と幼児洗礼を受け、両親の離婚後はユダヤんのママンに育てられたキフキフ(=アラビア語で五分五分)ですが、大統領になってケネディを真似するあまりカトリックっぽさをアピールしながら、重婚ing♪

ですが、彼ら、中道よりヒダリの自称カトリックの政治家さんですが、堅信以降(つまり、高校生になって以降)の教会からの離れっぷりはそれは華々しいものでして、もしフランス語が読めるのでしたら、興味ある政治家の名前を検索すればどんだけカトリックの教義から外れた生き様をそれぞれが証しているかよぉおおくわかります。離婚もしているし、重婚もしているし、未婚のまんま同棲と出産もしている(以上、カトリック教会では「それは、罪ですね」のうちの数例にあたります)。

昨日、首相に任命されたベルナアル・カズヌゥヴの場合はカトリックを本人が名乗ったとしても幼児洗礼だけの可能性が高い。少なくとも片親がマルクス主義者で、アルジェリアで1963年生まれのカズさんですからねぇ。そのマルクス主義者の親は当時のアルジェリアでどのような働きをしていたのでしょうね。それの方が興味ありありw もしカズさんがカトリックだとして、アルジェリアのどこかの教会での籍を調べたら初聖体、堅信は未記入だと想像しますが。ちなみに、カズさんは1995年に最初の結婚をし、二人のお子さんのパパですが、2015年に再婚したことで、初婚の相手と離縁です(これもカトリック教会生活ではアウト)。

大雑把に話せば、カトリックという宗教においては幼児洗礼の子が堅信にあずかって以降、死ぬまでの放蕩についてほおっておきっぱなしが基本です。もしご本人が教会に戻って来たい気持ちがあるならば、自分の罪に向き合い、認め、償うという務めが発生し、償いまでが済んだことを聖職者が認めたら、当人はその後、何もなかったように教会生活をすることになります。共産党に傾倒しようが、地上天国万歳と賛美しようが、地下に潜って頭蓋骨を拝んでいる石工さんだろうが、息を引き取る瞬間まで改心を告白し、赦してもらえる機会が与えられているのもカトリックざんす。だから、オランド王やセゴ姐、ヴァルスにカズさんやミギのヂュペも含めて、ご自分が息を引き取る瞬間に人生における罪を赦してもらえなくもない。ご本人が求めれば、が条件です。

こういう細かい事情があるのですから、次期共和国大統領選挙の候補者について「カトリック信者」のレッテルで平らに等しく並べたら、カトリック・プラティカントの、例えばフィヨンさんは内心ムっとなるかもしれません。カトリックと名乗りながら本当は石工なのに平気で聖体拝領している姿くらい、カトリック・プラティカント、すなわち普通のカトちゃんにとって気持ち悪いことはありません。「受洗しているのだから聖体拝領は権利」なんて反論、浅はか過ぎて恐ろしい・・・。ですが、一方で、教会聖堂内の冠婚葬祭の現場での聖体拝領で離婚経験者、重婚者などなどが「聖体拝領できちゃう」ことについてはまったくもって別次元にしっかりした「できてしまう理由」があります。コレについてはココで書きません。

そんなことより、ココで書き忘れてはならないことは、お政治家の自称カトリック宣言と周囲のレッテル貼り。中道よりヒダリではなくミギつきあたり、フランスの極右政党FNの支援団体にカトリック教条伝統主義の団体がくっついていますけれども、その極右政党党首の女性は離婚しているし、再婚もしています(これ、カト的には「重婚」)。なぜヴァチカン本丸との間に距離と溝があるカトリック教条伝統主義の団体が彼女のその点について向き合わないのか、普通のカトちゃんズには不思議すぎて失笑事項だったりします。ヴァチカンは優しくても甘くありません。

でも、政治の世界がこの世の中心ならば、次期共和国大統領選挙の候補者は中道のミギつきあたりからヒダリつきあたりまでほとんどがカトリックかユダヤんですよ。だって、彼らは生まれてすぐ、
洗礼受けてる、割礼受けてますからw
ただ、常日頃、感じ取り、思っている点ですが、中道よりヒダリの政治家さんたちの貧困や労働問題の救済案について同情を覚えられるのは、今はヒダリの彼らも幼少期はキリスト教をベースにした道徳、教育で育っているであろうこと、です。まあ、フランス共和国の近代史において、それまでの過去において教会が行っていた慈善行を完全政教分離した政府が奪い、真似て、病院、初等教育をはじめとする公共施設を次々とこさえていますからね。ああ、フランスの市民婚の儀式なんて、まるでカトリックの婚姻を茶化した「偶像崇拝ショー」ですよ。


le 7 décembre 2016, Ambroise de Milan



余談。
オランド大統領とセゴ姐の間のお子達は幼児洗礼は受けていないけれど、ヴェルサイユにあるイエズス会のガッコで育てられているのよね・・・。ボソボソ
[PR]
by ma_cocotte | 2016-12-07 17:41 | 『?』なKTOりっくん | Comments(2)