カテゴリ:『?』なエイメリカ( 11 )
心底、ヤ。
エイメリカ合衆国の次期大統領がダアナルド・トゥランpに決まってすぐ、ダアナルドが大学のソフォモアまでニュウヨオクシティにあるフォーダム大学(イエズス会)で過ごし、いろんな意味で話題が絶えない長女イヴァンカちゃんがワシントンDC近郊のヂャウヂタウン大学(これまたイエズス会)でソフォモアまでの二年間を過ごしたことを知りました。確かトゥランp家の宗旨はローマ・カトリックではないし、初等中等教育ではなく大学の基礎課程がカトリック校だから聖書学やキリスト教概論を学んでも、カトリックの要理は学ばないから、あんな下品でひどいことを恥ずかしくもなく言えるのだろうと想像していました。

そして、今週になり、トゥランp次期大統領が次々と指名している側近について、スティーヴ・バノン、マイケル・フリンがいずれもアイルランド系エイメリカ人で、ローマ・カトリック育ちっちゅうことがわかってしまいました。なんでまた、次々発表される側近が次々アイルランド系&カトリックんなのだ?と気分を悪くしていたら、次期副大統領のマイケル・ペンスもアイルランド系&カトリックんで、現在は自称「エヴァンヂェリカル・カトリック」と名乗っていることを知りました。

最悪です。


le 20 novembre 2016, Edmond

[PR]
by ma_cocotte | 2016-11-20 21:13 | 『?』なエイメリカ | Comments(0)
トゥランpはサルコぢよりはるかにマシでマトモ
今日の朝一番でこんな記事を読みました。

トランプ氏、同性婚容認や無給奉仕を表明 政権を「怖がらないで」

【AFP=時事】米国の次期大統領に選出されたドナルド・トランプ(Donald Trump)氏は13日放送された米CBSテレビのニュース番組「60ミニッツ(60 Minutes)」のインタビューで、米国で同性婚が合法化されている状況を覆す考えがないことを明らかにした。全米各地で「反トランプ」デモが続いていることに関しては自分の政権を「怖がらないでほしい」と述べ、マイノリティーに対する取り締まりを危惧する国民の不安の払しょくに努めた。▼トランプ氏のテレビインタビューは当選後初めて。その中で「結婚の平等を支持するか」と問われると、「それは法律だ。最高裁で結論が出ている。決着済みだということだ」と回答。「それ(同性婚は合法)で構わないと思う」と続けた。▼一方で、定員9人のうち1人が空席となっている最高裁判事の人事をめぐっては、新たに指名する判事は人工妊娠中絶の制限を支持し、憲法で認められている武器所有の権利を擁護することになると明言した。▼全米各地でトランプ氏の当選に抗議するデモが続いていることに関しては「(トランプ政権を)怖がらないでほしい。国を元に戻していく」と約束。マイノリティーに対する嫌がらせや脅しが急増しているという報道に接して「悲しんでいる」とも語り、こうした行為は「やめなさいと言っておく」と訴えた。▼このほか、年40万ドル(約4300万円)の大統領職の給与を辞退する意向も表明。法律の規定があるため「年1ドルは受け取る」とした。

【翻訳編集】 AFPBB News




私が記事を読み終えて、まず最初にひっかかったのが、最後の話題でトゥランpが大統領職の給与を辞退する意向を表明したというものです。仏共和国前大統領のニコラ・サルコぢという人物は大統領の椅子に座った後、自らの大統領給与をまず引き上げ、住まいとなったエリゼ宮の諸経費も吊り上げましたっけ。(ちなみにサルコぢが吊り上げた大統領給与は現在のフランソワ・オランド大統領の御世になり再び引き下げられました)。サルコぢもトゥランpほどではないけれども共和国では「かなりの富裕層」のひとりだったンですよ。でも、サルコぢは私腹を肥やすことに必死でしたっけね。そのサルコぢが再度、大統領の椅子に座りたくて中道右派統一候補予備選に立候補しており、その彼の支持率が第二位って・・・彼を支持する共和国民に私は首をかしげるばかりです。てか、サルコぢの御世に私腹が肥えたひとびとが当時に戻りたがっていると私は見ています。アホらしい。

次に上の記事でつっかかりを覚えたのが、空席の最高裁判事に「人工妊娠中絶の制限を支持し、憲法で認められている武器所有の権利を擁護する」人物を指名すると公言したことですな。これについてはトゥランp本人というより周囲の参謀の意向だろう?と私は捉えました。たぶん、間違いなく、長女イヴァンカの夫君であるユダヤん方面からのオップレスなお願いなンだと思う。だから、これについては実はおヒラリ・おクリキントンが当選したとしても同じで一人娘の旦那のユダヤん方面からの陳情が「空席の最高裁判事の椅子に座す者」に反映されていた気がします。

と、ココで、トゥランpの長女イヴァンカの旦那がユダヤんなので、婚姻に際し、イヴァンカがユダヤんに改宗していること。おヒラリ・おクリントン女史の唯一の一人子であるチェルシィちゃんがユダヤんとユダヤ教のスタイルで結婚したこと(チェルシィちゃんが改宗したかどうかはあたしゃ知らない)。そして、どこぞのサルコぢの次男がやっぱりユダヤんの超ウルトラお金持ちの女の子と結婚することでユダヤんに改宗していること。国父やら国母候補になる人物には妙な共通点があるもんだなあと改めて。

兎にも角にも、きょうの時点の私の私見ではダアナルド・トゥランpの方がニコラ・サルコぢよりはるかにマシだしマトモだわさ。

サルコぢはもう勘弁。
大統領職から去ったサルコぢは米国に移住するのかと想像していたけれど、共和国大統領時代のキンキラキンの生活に戻って自分勝手にお金とヒトを操る快楽に戻りたいのでしょうね。そうはさせるかw

ただ、トゥランpとサルコぢの共通点である
育ちがよく、学歴ある貴殿貴女がわが国にお金を持参し、働いて、税金を納めるならば、私はあなたを喜んで移民として受け入れます。
という考えについて私は嫌悪を覚えます。一国の上つ者による万民の救済ってそういう条件ではないと思うよ。



le 14 novembre 2016, Laurent



それこそ根本どころか抜本的に、国際においてアメリカ合衆国とフランス共和国の大統領職、国父としての影響力は月とスッポン以上のあきらかな違いがあるわけで、そーいや、ニコラ・サルコぢが大統領職についてすぐ我はフランスのケネディになると、エリゼ宮入城やら晩餐会やらどーでもいいことに家族を巻き込んで「我こそはケネディ」ゴッコを楽しんでいたっけとあらためて思い出し苦笑いです。でさあ、サルコぢが院政はってた政党の名前を民主党ではなく共和党に改名なんて、ロジックめちゃくそ。あんだけケネディ礼賛だったのだから民主党だろーが。適当に横取りして自分の箔にし、我々の眼を掠めて表を集めるって最低。まっ、今回も極右含めての極左に至るまでのマニフェストを掠め取って公約にし、万民の表を集めようとする戦略なんだろうな、サルコぢ。

普通、同じ手には乗らないけれど、共和国民って結構同じ手に引っかかるのよね・・・不思議w
[PR]
by ma_cocotte | 2016-11-14 17:18 | 『?』なエイメリカ | Comments(0)
われらがオバ美がいるではないか!
そうだ。
そうだった。
われらがオバ美が次期大統領候補に選ばれますように。
The Internet Really, Really Wants Michelle Obama to Run for President in 2020 @TIME

木曜日の朝、いい目覚めになりました。
まるで闇に一筋の光が差したかのよう。でお・ぐらあしあす。


le 10 novembre 2016, Léon



私はずっと前からオバ美の大ファンなのでした。うふ。
[PR]
by ma_cocotte | 2016-11-10 15:00 | 『?』なエイメリカ | Comments(0)
あの世から大橋巨泉さんや植木等さんが降臨してきそう
な事態ですわよね、奥さん?

そう、エイメリカの大統領選挙の結果です。まぢ、はらほろひれはれ。びっくりしたなーもー。
あんれま、ダアナルド・トゥランp Donald Trump が勝ってしまったでゎないですか。

トゥランpの当選を知ったと同時に私の脳には、トゥランp最初の業はワシントンDCのポトマック河畔のどこかに、過去のいずれの大統領の像よりも大きな自分の像を置くのではないかという妄想でいっぱいになりました。かつてのソヴィエト&コメコン国、イラク、中国そして今の北朝鮮のように。それはいつか首に鎖をつながれたまま倒れ、大地にぶつかり粉々になる運命・・・なんてなw

しばらく前に私のFBヲールに複数の日本人からトゥランp候補がもし大統領になったらばこれまでの米国にはびこっていた学歴偏重の伝統を覆し、多くの機会が万民に与えられることになるという意見が届いていたので、それ(だけ)については「なるほどな」とまず思ったけれど、エイメリカの学費諸々知らなくはないので、トゥランpが大統領になったところですぐに万民に出世の機会が与えられることは夢のまた夢だと私ゃ考えました。

それに、トゥランpの何かがニコラ・サルコぢの何かと合致しているという私の勘違いが拭えないので、私はトゥランpを「毛嫌い」しているに値します。

本当にほうぼうで飛び交っていますが、9歳児でもよくわかる語だけでトゥランpは多くのエイメリカ国籍者を魅了したのも否定できません。今回の選挙結果地図を眺めると、確かにヒラリ・クリントンが勝った州は高学歴者が集う街が点在しているし、世界に名だたる大学がある州でもあります。一方のトゥランpが勝った州は商業よりも農業立国が中心ですな。

私がトゥランpを毛嫌いしたきっかけになったのは、トゥランpのこれまでの女性蔑視やいやらしい話です。あれを見聞してもなお、トゥランpに貴重な一票を投じるヒトの気が知れないとボヤきたいくらいです。変態サルコぢくらいが手を取り合うであろうトゥランpの口から出る下品な話を見聞しても見ない振り、知らない振りができるってどういうことよ?と。
でも、涼やかにエイメリカを眺めれば、それが事実なのだから、ああいう下品な話をなんとも思わないひとが多く住んでいるのだろうな、と想像するしかありません。

今朝は午前1時から午前4時頃までFrance 2 の米大統領選特番を「ながら視聴」していましたが、投票権を持つ移民二世(=つまり米国で生まれた成人)がもしトゥランpが当選したら、選挙権を持たない親は国外追放になり、自分と離れ離れになる、一家離散だと発言していたことにもらい泣きでした。トゥランpのこういう、移民難民に向けての酷な提案もどこかサルコぢにつながるので吐き気がします。

あれだけの夢想としか思えない公約をどれだけ実現するのでしょうかね。
日本から米軍が撤退する。
ロシアと手を結んで、シリアやイラクで「イスラム国」に戦いを挑む。← 外交音痴の域をはるかに超えたパーですわな。エイメリカがアサド支持になるンですか?

私はトゥランpはあくまでも共和党の踊り子であって、彼を踊らせるブレインズが肝なのだと見ています。彼らがもし存在しないのならば、トゥランpの時代に第三次世界大戦が始まるかもしれないし、寝ぼけたトゥランpがうっかり核のボタンを押すかもしれません。

おそろしい時代が近づいているなあ。


le 9 novembre 2016, Théodore



嘘か真か存じませんが、今朝、こちらのテレビ画面でブッシュ家のみんなが白票を投じたと流れました。大統領選で白票を投じるってどうゆう? 多くの共和党員がもしかして白票を投じたのでしょうか? なんだかな、もう。
[PR]
by ma_cocotte | 2016-11-09 20:10 | 『?』なエイメリカ | Comments(0)
言葉にならない、言葉にできない。 Ted Kennedy : La fin d'un mythe
テッド・ケネディの永眠を、たった今、知りました。
b0070127_19244014.jpg
THE ASSOCIATED PRESS/Karin Cooper

そう、かのケネディ John Fitzgerald "Jack" Kennedy 大統領の末弟エドワード・ムーア・ケネディ Edward Moore Kennedy 氏が77歳にして天に旅立ちました。

これで、本当に、世に言う「ケネディ神話」なるものにピリオドが打たれましたね。

私が中学生の時だったか、授業中でさえ机の下に隠しつつ夢中になって読んだのが、母堂ローズ・ケネディ Rose Elizabeth Kennedy の人生を中心にしたケネディ家物語でした。今となってはなぜあんなにもこの本に私が感動したのか理解できないけれど、当時の私はケネディ家の人々のそれぞれの生き方にものすごい感動を覚えたまま高校を卒業し、その後出会った友人がヂャック・ケネディの演説を原文のまま丸暗記しており、その友人の口から漏れる米文の言の葉でいっそう感動し、その数年後に私は大統領となったケネディ兄弟、ヂャクとボブの墓参という夢も実現できました。墓参なのにあまりのうれしさのせいで満面の笑みの私とお墓のツーショットなんて摩訶不思議な写真もあります。
b0070127_21524258.jpg
↑ ヂョゼフとローズ夫妻、そしてケネディ9兄妹 ↑
A Kennedy family portrait taken in Bronxville, NY. Seated (left to right): Eunice, Jean, Edward, Joseph Sr., Patricia, and Kathleen. Standing: Rosemary, Robert, John, Rose, and Joseph Jr.

ケネディ家 Kennedy family に生まれてしまった9人の兄妹それぞれに、しかもそのお子たちにさえ数奇な運命に値する道が敷かれており、世界中の多くの人が生き残った末弟テッド Ted が「いつ米国大統領になり、どういう形で死ぬのか」という良心においてタブーな遊び心を携えたままでした。その How to ~ の「~」は だったわけで、こうして今、テッドが暗殺ではない形で、ケネディ家ゆかりのハイアニスポート Hyannisport という土地で天に帰ったことだけでも Deo Gratias!テッドがこうして77歳で帰天したならば、彼は天寿を全うしたと言えるでしょう。

こうして、ケネディ家の男兄弟の中で唯一、長生きをしたテッドの人生を振り返ると、長生きの点ではケネディ家の女性たちに比べれば短くてもテッドが女系に倣ったこと、テッドが米国大統領にならなかったことで政治の面では「裏で」活躍した人物であることがどこか彼らの父親と似た立場であったこと、テッドの私生活におけるスキャンダルでは兄ヂャックと似て遠からぢであったこと、そして1969年に父を見送った後、テッドはケネディ家に残った唯一の男子、家長として、古き良きローマン・カトリック家庭の家長の役割に倣い、一族全員の面倒を一手に引き受けたこと、等、エドワード・ケネディはケネディ家の神話を締め括るにふさわしいほどの生き様を見せた人物に思えます。

テッドの姉5人のうち上から三番目の姉ユーニス Eunice Kennedy Shriver が今月11日に帰天したばかりなのですよね。2週間後にテッドが天に招かれたことになります。これはそこはかとなく不思議?な事実でしょうか。

le 26 août 2009, Natacha

b0070127_22184087.jpg
テッドには申し訳ありませんが、私にとって「きょうの一枚」はこれ ↑ です。亡兄ヂャック。
見るなりたまげたけれど、安心したというか、ね?

ヂョゼフ Joseph P. Kennedy, Sr. とローズの間に生まれたケネディ9人兄妹の中で1928年生まれ、八番目のジーン Jean Kennedy Smith が最後のひとりとなります。

*テッド氏の葬儀は29日土曜日午前中、ボストンのOur Lady of Perpetual Help Basilica (絶えざるお助けの聖母大聖堂)にて。調べてみましたら、スタッフ全員のお名前の最後に C.Ss.R. 。つまり、レデンプトール会の管轄の聖堂で、1868年創立されたのだそうです。葬儀後、遺体はワシントンDC に移動し、夕方5時にアーリントン墓地の、二人の兄が眠るそばに埋葬される予定です。詳細は以下のとおり。cf. The funeral will take place at Our Lady of Perpetual Help Basilica, a 19th century church that holds 1,300 people, on Saturday morning. After the funeral in Boston, his body will be flown to Washington, where he will be buried in Arlington National Cemetery, next to his brothers John F. Kennedy and Robert F. Kennedy on the hillside in Virginia overlooking Washington. The burial is scheduled for 5 p.m. Saturday.
[PR]
by ma_cocotte | 2009-08-26 19:04 | 『?』なエイメリカ | Comments(4)
ホワイトハウスが『バラックの家』となり、
或る晴れた一月の昼下がり ホワイトハウスへ向かう道
オバマがゴトゴト 荷馬車に乗って入っていく 
運だけのオバマ どうなるのぉ?emoticon-0159-music.gifemoticon-0159-music.gif
b0070127_18352969.jpg
オバマ家の人々 バラックさん、マライアちゃんにサーシャちゃんとミシェル夫人 Photo par AFP

2008年11月4日、バラック・オバマ Barack Hussein Obama, Jr. 氏がエイメリカ合衆国第44代大統領の当選者となりました。何もなければ来年1月に正式に就任となります。
b0070127_1753636.jpg
カトリックは負け犬のために何ができるだろうか、それが問題だ。

いや、余計なお世話でしょうけれど。>マケイヌ陣営
一方、オバマん陣営HPではこのようなもの(↓)を当選直後からオバマ商店 http://store.barackobama.com/ で開始したクリアランスセールで出しておりました。
b0070127_17144794.jpg
何が驚いたって、プリント最下段の最小文字の羅列です。

FAITH.BARACKOBAMA.COM
ふぇいΘ.ばらこばま.こ


щ(゚Д゚)щ 日本語に訳すと 信仰。バラックオバマ。コム ざます。
Catholic for ~ なんていらないぢゃん?そして、この「オバマ信仰com.」のURLに飛んだら「ヴぃっくりウサギさん」どころか「仰け反るウサギさん」ですよ。上のバーに Barack Obama and Joe Biden : The Change We need (バラック・オバマとヂョオ・バイデン:私達が必要とする変化)という英文が現れ、その後ろにはこう続くと来たもんだ。 

People of Faith for Obama
オバマを信仰する人々へ

これ、ウェイタモーメント の レットミーシー ですよ、ミスターフュウチャアプレぢデント。
当選が決まった途端に「CHANGE THE WORLD OBAMA 2008 世界を変える。2008年おばま」とプリントされたTシャツの販売がLimited Edition (限定)で開始され、オバマHPを開けば、
I'm asking you to believe.
君は僕を信じてくれるかい?
ぬぁああんて書いてある。エイメリカ合衆国民は大統領選挙なのに、神はたまた宣教師を選んだのでしょうか?オバマ氏が当選した途端に世界布教宣言とは驚きました。いやー、心理魔術ン中に引っ張る、引っ張る、オバマくん。まずはしばらく、合衆国内改善に力を尽くしてくださいませよ。しかも合衆国大統領に選ばれたところでオバマ氏が突然神さまに変容したわけぢゃあないンだから国民が彼に信仰なんて捧げられないでしょうに。

どうかしてる。

フランスでは夜明け前からFrance 2 の情報番組がエイメリカ大統領選の特番の形で放映されていたけれど、http://info.france2.fr/elections/us-2008/

Barack Obama premier noir à être élu à la présidence des Etats-Unis
バラック・オバマは合衆国大統領に選ばれた初めての黒人だ。


なんて何度も繰り返していました。外見は黒人風のバラック・オバマさんのご両親は父上がケニア出身のアフリカ系、母上は白人なので正しくは黒:白=50:50です。オバマ氏の夫人のツリー・ダイアグラム(系図)が細かく語られていないのでわかりませんが、むしろオバマさんの娘二人が75%の黒人となるわけで。なんか外見だけで世界中の至る所で「合衆国初の黒人大統領」という冠がオバマ氏にかぶされるのは私としては「?」だったりします。だったら、某ホトケ共和国の賢愚な神聖帝王サルコぢ一世なんて国籍だけがフランスであって、彼の中身はハンガリー人(フン族か?)とテサロニケ出身のスファラディ・ユダヤんではありませんか。・・・・実に、くだらん。れいでぃーす・えん・ぢぇんとるめん・いん・ぢ・ゆーないてっどすっていつさんよ、自国のことなんだからしっかりしてくれたまえ。

1776年7月4日に公布された合衆国独立宣言には
人はすべて神によって平等に創られており、
生命、自由、幸福追求の権利を与えられている。
これらの権利を確保するために政府を創る。
と書かれているのです。どこにもバラック・オバマ氏が神になる、なんて預言は書いてありません。バラック・オバマ氏は生命・自由・幸福追求の権利を確保するために先頭に立つヒトに過ぎません。独立宣言は更にこう続きます。
政府がその目的を踏みにじる時は
政府を改廃して新たな政府を設立できる
と。バラック・オバマ氏、これまでの合衆国大統領就任式の慣例どおり聖書に手を置いて宣誓するンでしょうか?

le 5 novembre 2008, Sylvie
[PR]
by ma_cocotte | 2008-11-05 17:07 | 『?』なエイメリカ | Comments(18)
負け犬の、負け犬による、負け犬のための?
四日後だそうで、エイメリカ大統領選挙。
果たしてどちらでありましょう、「お婆魔」か「負け犬」か。
b0070127_5134886.jpg
「カトリックのための負け犬」が本当かどうか知りませんが、
「負け犬のためのカトリック」はまんざら嘘ではないと思ふ、まる

あてくしごとで忘れていました、祭りだ、わっしょい、米大統領選。
米大統領選と言えば、私がせねばならんことは両陣営のグッズ検証。
OBAMA STORE http://store.barackobama.com/
GOP Trunk  http://www.johnmccain.com/storelanding/
うぅうううん、私は負け犬の売店の方が好きかも。
例えば、ピンクギアを揃えて束の間のパー子になってみるなんてどうでしょう。

いろいろ比較するのは楽しいけれど、最終判断は毎度、ベイビィギアで勝負します。
まずはオバマ屋さんちの産着。
b0070127_5242717.jpg
Our Price: $18.00
Sale Price: $12.00
You Save $6.00!
18ドルだけど12ドルにするから、奥さん、6ドルお徳よ!
だそうです。(-。-) ボソッ 
続いて、負け犬屋さんの産着。なんと二種類もござる。
b0070127_5271446.jpg
↑↓ どちらも5ドルぽっきり。↓↑
b0070127_5273673.jpg
6ドルお徳にしてしまうと1ドルもらえるなんてことはありませんけれど。負け犬屋の二種を買うとしても、オバマ屋の一着を買うには2ドル足らないという。一見、プリントが違うだけで似たような服なのですがどこか違うのでしょう。

どちらも白で優等生的雰囲気を醸し出す産着でやんすが、あっと言う間に成長する赤ちゃんを思うと、2着で10ドルな負け犬屋さんの品揃えの方が良心的かもしれません。共和党は毎回、グッズに力を入れていますね。今回も豊富、豊富。民主党は毎度、田舎臭いというか、センスが悪いというか、こんなところにお金をかけないのは堅実と見せかけて予備選での風船にお金をかけているのか。
b0070127_651057.jpg
Copyright © 2008 Reuters

さてさて、次期大統領はどちらになるでしょうね。
賢愚帝サルコぢ一世の媚に嫌な顔をする良心を持った人が良さそうだけど...
お二人ともそうでしょうね、イイひとならば。
11月4日、正義はどちらに。

le 1er novembre 2008, Cassandre
[PR]
by ma_cocotte | 2008-11-01 05:15 | 『?』なエイメリカ | Comments(2)
ヒラリ!と出ますか、クリントン。
ヒラリー・クリントン上院議員が2008年の合衆国大統領候補に立候補するそうで。彼女が立候補するチャンスは前回大統領選であったはずなのにミスキャストでケリーなんか出ちゃったから、今回の立候補話は「機」熟しすぎての決断でしょうか。「機」が腐る前に何とかした方が良いですね。
b0070127_22132616.jpg
1947年10月26日イリノイ州シカゴ生まれのヒラリーさん、本名はHillary Diane Rodham Clintonとおっしゃる。Rodham が旧姓です。彼女の名前ヒラリーですが、Saint Hilary で検索すると St. Hilary of Poitiers が最初に引っかかります。偶然ですが、先日このブログで紹介した Saint Hilaire が彼女の名前の由来に当たる人物です。(よろしかったら→ http://malicieuse.exblog.jp/6328713)聖ヒラリー教会博士は「Patron against snake bites 噛み付くヘビから身を守るための守護聖人」というのも例のモニカ・ルインスキィちゃん事件を思い出しても思わずニヤリな偶然でございますな。

さて、ヒラリー・クリントン女史が2008年合衆国大統領選挙に出馬するであろうと想定して、彼女が合衆国弁護士100傑であることや前大統領夫人であること、現在上院議員であることなどはあまりに知られていることなので、この場ではアメリカ大統領選挙では欠かせない要素である宗教面から傍観してみましょう。
前回大統領選挙では共和党の子ブッシュは表向きが南部メソジスト、裏向きが福音派で、民主党のケリーはローマン・カトリックという対決でした。余談ですが、パパブッシュは南部メソジストに加えてテレビ伝道者で知られるビリー・グラハム信者、弟ブッシュは妻の影響でローマン・カトリックに改宗しちゃったという大英帝國のエリザベス二世女王と遠縁にあたるほどの名家ブッシュ家は宗教においては迷家と化していたのでありました。

ヒラリーさんはメソジストの信者で、生まれてから現在に至るまでメソジストの宗旨に則った生活習慣を守り続けているそうです。
メソジストってぇのはヂョン・ウェスレーが英國国教会から分かれて創設したプロテスタント宗派で、英國では当初労働階級で流行したものの、大きく発展したのはアメリカにメソジスト教徒が移住してからになります。
1789年、アメリカ大陸で初めて上下院が誕生しましたが、この第一期上下院議員(任期1789-1791)の宗旨を調べてみますと、全上院議員29名の内訳は
アングリカンが13名(44.8%)、組合教会が4名(13.8%)、長老派が3名(10.3%)、メソジストが2名(6.9%)、カトリック、オランダ改革派、クエーカーがそれぞれ1名で各3.4%、未確認が5名で17.2%
だったそうです。同様に第一期下院議員の宗旨内訳は全66名のうち、
アングリカンは24名(36.4%)、組合教会が7名(10.6%)、長老派、クエーカー、オランダ改革派がそれぞれ3名(各4.5%)、カトリック、ルター派が各2名(各3%)、ドイツ改革教会、ユグノー、カルヴァン派が各1名ずつ(各1.5%)で、他の20名は未確認(30.3%)
だったそうです。この数は今から218年前のものになりますが、今では「ど、どこにいるの?」なユグノーやピューリタン(カルヴァン派系)の名前があることでも「過去」だということがわかります。
さて、第109期(2005-2006年)の米国上下院議員の宗旨一覧を見てみますと、上院(100名)下院(435名)のうち、
カトリックが上24名/下134名、バプティストが上7名/下68名、メソジストは上11名(ヒラリーさんもその一人)/下50名、長老派が上15名/下37名、国教会が上10名/下32名、ユダヤ教が上11名/下26名、ルター派は上3名/下18名、モルモンが上5名/下11名、組合教会が上6名/下11名、ストーン・キャンベル系が上1名/下6名、クリスチャン・サイエンティストが上0名/下5名、東方正教会が上2名/下2名、アッセンブリィ・オブ・ゴッドが上0名/下4名、ユニテリアンが上1名/下2名、改革派が上0名/下2名、セヴンスデ・アドヴェンチストが上0名/下2名、アフリカンメソジストが上0名/下2名、福音派が上1名/下1名、クエーカー、キリスト共同体、ゴスペル派、ナザレン、キリスト教第団、サイエントロジスト、教会共同体はそれぞれ上0名/下1名、マクリーン聖書教会は上1名/下0名 
だそうです。この第109期の上下院議員のうち、プロテスタントと漠然と答えた者が上1名/下20名、同様に単にクリスチャンと答えた者が上0名/下5名、回答無しが上0名/下4名だったそう。
上下院議員535名からカトリック、ユダヤ教、東方正教会、モルモンやサイエントロジストを引くと「プロテスタント」ではありますが、このリストでわかるようにプロテスタントは細かい宗派にわかれているので一概にプロテスタントの信者数が「力」に例えるのはどうかなあ、と思います。第一期と第109期を比べるとなんとまあ宗派名が増えたことでせう。独立当時は誕生していなかったマスメディアを利用したキリスト教宗派やモルモンやトムたんのサイエントロジストも登場します。この210数年でローマン・カトリックさんは頑張りましたが、組合派や改革派が後退したのは明らかかも、です。

ヒラリーさんが信仰するメソジストはアメリカ建国後現在まで常に上位3,4位あたりを占めていますが、歴代大統領42名の宗旨となると以下のようになります。
国教会 11名(26.2%)、組合教会 10名(23.8%)、メソジスト 5名(11.9%)、バプティスト4名(9.5%)、ユニテリアン 4名(9.5%)、ディサイプル派 3名(7.1%)、オランダ改革派 2名(4.8%)、クエーカー 2名(4.8%)、組合派 2名(4・8%)、カトリック 1名(2.4%)、エホバの証人 1名(2.4%)
以上っっ!大統領となるとカトリックはダメダメで後にも先にもあのケネディちゃんだけ。ヒラリーさんのメソジストは大統領宗旨においても第三位なので、こりゃ作戦次第では2008年は行けるんぢゃないでしょうかね?急成長の新興系キリスト教をどう扱うかにかかっているかもしれませんが。それにしてもエホバな大統領なんていたの?とヴぃっくり。なんとあのアイゼンハウワー大統領だそうでございますよ。

で、ヒラリー・クリントン女史ですが、夫さんのビル・クリントン氏(彼の本名はWilliam Jefferson Clinton)はメソジストではなくバプティスト信者です。どうも例のルインスキちゃん事件の時に、ヒラリーさんの内心には「根底倫理が夫と違う」という割り切りがあったとか。夫婦であれ、信仰がなんであれ、いずれにせよ、ヒトは弱い者、死ぬまで完全ではないってことなのではないでしょうかねぇ。

ヒラリー女史の家庭のことはヲッチしたところでどうなるわけでもないのでココまでにして、2008年合衆国大統領選。女史がこれからどのような政策を出してくるかが注目どころでしょうが、子ブッシュの出したもんを拭わねばならないという使命はヒラリーさんだけでなく後任大統領になった者は誰でもきれいにするまで苦労されることでしょう。・・・と、考えると、子ブッシュっておむつの取れないベイビィなんだとつくづく・・・(以下、自粛)

le 21 janvier 2007, Agnès

【参考資料】
◆ Religious Affiliation of U.S. Congress
[PR]
by ma_cocotte | 2007-01-21 23:43 | 『?』なエイメリカ | Comments(9)
自然の気紛れは平等です。
かつて私が学生時代専攻したのは英米文学です。英米文学なので「英米文で書かれた文学」を究めることが最終目標になりますが,それを極める上で基礎過程で学んだものに英語史,英米文学史という分野があります。英語史は英語という言語が現在使用されている会話や文法になるまでの歴史であり,英米文学史というのはこの世に残る英米文で書かれた文学や記録の歴史です。

2000年10月,私はエクス-マルセイユ大学の英米文学専攻に登録しました。フランスにおける英米文学科でも各学年で学ぶ文学と共に日本同様,英米文学を究めるための課目がありますが,日本と大きく異なるのが英語史や英米文学史を学ぶ以前にCivilisation (シヴィリザシオン)と呼ばれる生活史を学生の頭に徹底的に叩き込みます。もちろん授業は英国生活史と米国生活史に分かれており,人間が生きていくためにそこでどのように生活改善して行ったのか,その反対に人間が生活する上での英米の自然条件についても分析します。こういう人間の「生」があってこそ言語や文学が培われるということを知るわけです。日本とフランス,英米文学の探究でもはじめの一歩から異なるようですね。


で,8月29日アメリカ合衆国南部を襲ったKatrina カトリーナ台風
フランスでも連日ニュウスで状況が流れていますが,今朝のFrance 2のニュウスでは汚水に浮かぶ遺体が何体も映りました。このニュウスを知った時,まず私の頭に浮かんだのはCivilisation américaine アメリカ生活史で学んだことでした。

アメリカの建国前後の大西洋岸13州の存在は日本における世界史でも学ぶところですが,この13州がすべてボストン周辺のWASPと同じ条件だったのか?と問えば決してそうではありません。同じ英国領であるにもかかわらず,信仰する宗教も南部5州それぞれ別宗派(北部WASPから区別されている宗派)であり,欧州からの入植条件も,いざ入植してからの自治制度も北部ニューイングランドや中部植民地とは全く異なるものでした。

以上は人間が欧州から持ち込んだ文化になります。それでは身分は何であれ異国から移民を迎える17世紀当時のアメリカ南部の自然条件はどうだったのでしょう?

1776年合衆国建国当時,大西洋岸に13州が北から南に連なっていましたが南部植民地5州の自然条件は他8州とは全く異なるものでした。とりわけ低地帯は高い気温と湿気で不衛生であり,しばしばマラリアなど疫病が発生,南部5州に入植したのは単身の男性が主でした。この厳しい自然条件で当時から死亡率が高く,南部5州では男女が互いに連れ子の再婚家庭が増えました。そして人口全体を見ると性比は男性に著しく偏り,当時で生涯独身の男性が4人にひとり程度いたそうです。

この時代から400年近く経ち,南部5州には超大国アメリカを象徴するビルが立ち並び世界中の誰もが羨む美しい都市がいくつも造られました。
でも400年経ったところでその都市の土台は何ら変わっていません
それを人間は忘れてはいけないと私は思います。
私の友人はかつてLouisiana 州のBaton Rouge (バトンルージュ)に留学しました。ここは名前で分かるようにバトンルージュもヌーヴェルオルレアン(=New Orleans)同様旧フランス植民地ですが,彼女から届いた手紙に「バトンルージュの道にアリゲイターと呼ばれるワニがよく歩いているし,車に轢かれたアリゲイターを見つけることもしばしば」と書かれていました。もし日本ならば東京や大阪,名古屋の街中でワニが歩いていたら保健所が捕獲するでしょう?今は昔,私がカナダのバンフやカルガリーを尋ねた時は車道を歩くトナカイに遭遇しましたが地元では当たり前のことだそうです。それと同じ感覚でアメリカのバトンルージュではワニが当たり前,捕獲に至らず,なのです。

それほどの湿地帯の上にどんなに美しい街を造っても自然の猛威には勝てないことは今回の台風で改めて証明されたことになります。

このカトリーナ台風に関する日本の報道を眺めていると「黒人」というキーワードばかりが目に入ります。同情すべきも「黒人」であり,現地の犯罪もなぜか「黒人」が強調されています。私が思うにこの台風は人種にかかわらずあの土地に降り注ぎ地盤をゆるめたのであって,被害はその大地の上に住む「生き物」に等しく及んでいる はずです。「黒人」を選んで台風がピンポイント攻撃しているわけありません。確かに富裕層と貧困層では被災後の現状も異なるでしょうが,もう少し「自然災害」という立場で 被災生き物について公平 に報道を流すべきではありませんか。

今日のニュウスで「被災地で伝染病(赤痢)が発生し始めた」とありました。ワニが散歩するほどの湿地帯の土地で被災から1週間経った今も遺体収容が思うように行かず,それ以前に土葬の土地でしょう?・・・今のままでは疫病予防を最優先に活動を進めるべきですぞ。


・・・・なんですけれどもね,職場放棄でばっくれる警官,消防士,軍人が出ているそうです。あっれ~?腰抜けちゃったのね?災害シミュレーション訓練はどーなってるのでしょ?
確かユナイテッド・ステイツ・オブ・アッメリカって世界最強の国なんぢゃないの?ムッシュウ・プレジンデントぉ?

【Trackbacks】
*Excite 国際 : <米ハリケーン>細菌感染で4人死亡 ドームでは集団発生も
*Excite 国際 : <米ハリケーン>遺体収容が本格化 死者は数千人の見通し
*Excite 国際 : ハリケーン被害への政府対応と人種は無関係=米国務長官
*山の彼方の幸せ求め・・・ : 台風が・・・・

【参考資料】
*TF1 : Dossier Katrina 「カトリーナ台風 全記録」
*Yahoo!France : カトリーナ台風写真集
*野村 達朗 / ミネルヴァ書房 : アメリカ合衆国の歴史


*Clifford E.,Jr. Clark Sandra McNair Hawley Joseph F. Kett Neal Salisbury Harvard Sitkoff Nancy Woloc / Houghton Mifflin College Div
The Enduring Vision: A History of the American People, Concise Edition



そういえば ヘミングウェイ博物館の猫たち は無事かしら・・・・。心配。

[PR]
by ma_cocotte | 2005-09-05 18:03 | 『?』なエイメリカ | Comments(20)
【自惚れの箔】 ナガサキから60年
1945年8月9日現地時間午前11時2分,長崎にプルトニウム爆弾が投下され,炸裂時の瞬間温度は3000℃でした。 ・・・と,フランスでは8月9日お昼のニュースで長崎での式典の映像と共にこのように長崎の原爆について語られました。

私ははるか昔,高校の修学旅行で長崎を訪ねました。近年,広島や長崎を学校行事で訪問することを「平和教育」と呼ぶそうです。参加する人の年齢層にもよりますが,学校によっては「日本が悪いから原爆を落とされた」と語ることもあるとか。私が参加した修学旅行ではそういう話は一切語られず,長崎でのキリシタン迫害と原爆の跡を辿って人間の生き方を考えるものでした。もし60年前日本が戦争に勝っていたら,日本はそれでも「悪い」と語られる存在になっていたのでしょうか?「戦争に勝てば善で,戦争に負けると悪」という短絡的考えは今も私には理解できません。売られた喧嘩を買うも買わないも相手の考え次第です。喧嘩を買ってしまったら喧嘩には勝ち負けが必ずあります。でも喧嘩は両成敗ではないでしょうか?

フランスでは戦争経験者の話を聞く日本の児童が居眠りしている映像が何度も流れました。戦後60年が過ぎて子供が知る戦争はなぜかテレビゲームが中心です。戦後60年,日本国内でも戦争の傷跡を残す町はそう簡単に見つかりません。私は子供達が広島や長崎を訪れることはとてもいいことだと思います。流行の「平和教育」という言葉で神経質になるのではなく,その内容に注意を払うのが大人の役目です。親子で小旅行し,一緒に学んで,意見を分かち合うのもいいでしょう。

7月末から戦争特集なる番組をたびたび見ていますが,日本で言う「善」である「勝ったアメリカ」の兵隊さんは発砲もすれば,沖縄の防空壕に手榴弾を投げ入れて爆発させていました。防空壕の中は兵士ではなく女性や子供でした。それでも勝てば善なんだ?

ヒロシマの日はもちろん今日ナガサキの日もテレビでは米国民の主張が繰り返し流れています。
「トルーマン大統領が原爆投下を命じていなかったならば何人の米国人が死んでいたか考えてみるがいい」
ですと。そうして同時に太平洋戦争終結直後のニューヨークでの戦勝パレード風景がテレビ画面に映ります。ニューヨークの町は何の遜色もなく美しく,男性は普段着で,女性はお化粧もしてかわいらしい洋服姿です。同じ頃,東京の町は焼け野原でした。おしゃれなんてできた人は数えるばかりだったでしょう。

アメリカ人が「何人のアメリカ人が死んだと思うのか?」と口にして原爆投下を擁護しますが,正しくは「何人のアメリカ軍人が死んだと思うのか?」と言うべきです。徴兵されて国から給与をもらいアメリカ国内ではなく戦地で犠牲になったアメリカ人と広島や長崎で軍人でない民間人が原爆で無差別に犠牲になったことは比較できません。原爆だけでなく日本各地の空襲の犠牲者も民間人です。当時,合衆国国内で敵の爆弾の犠牲になった民間の女性や子供はいるのでしょうか?「無差別」という言葉に衣を着せてこういう自己都合の良い美論を語る時に,必ず軍人,兵士という身分をはぐらかすアメリカ人の意識には疑問を持たざるを得ません。


さて,長崎の原爆について語るとなると登場するのが永井隆氏です。当時長崎医科大学勤務の医学博士号を持つ医師でした。戦後60年経っても長崎原爆の話題になると永井氏の名が真っ先に登場するのは彼の医学博士としての身分や著書「この子を残して」に代表される文才あってのことです。多くのアメリカ人が米の犠牲者数を原爆投下理由に挙げますが,広島も長崎も原爆の犠牲になったのは博士であろうが商人であろうが労働者であろうが子供であろうが浮浪者であろうがあそこにいた人間です。落下地点から平等に犠牲となったのです。博士だから素封家だから政治家だから神父だから僧侶だから,という肩書のおかげで生き残れたという話はどこにもありません。
本当なら広島や長崎の話をする時にも永井隆博士なる有名人よりも経験者ひとりひとりの話を辿れることが理想です。8月9日毎日新聞には記念式典で被爆者代表坂本フミヱさんが読んだ「平和への誓い」の全文が載っています。その文中に以下のことが述べられています。
住まいが壊れて住めなくなった私たち一家は、8月19日に両親の故郷へ向かいました。そこへ落ち着き、近所の医者に往診を頼みましたが、来てくれた医者は、息絶え絶えの私を覗き込むだけで、「死ぬものにやる薬はない」といったとか。「医は仁術」と聞いていましたが、戦争は医者の人間性までも喪失させるのでしょうか。
永井隆氏も医者でした。二重被爆後の清貧の生活を1951年5月1日に帰天するまで貫きました。彼は放射線医学の発展のために死後の献体を遺言したほどです。一方で坂本さんに「死ぬ者にやる薬はない」と言ったのも医者です。博士だろうが医師だろうがその箔を取り除いて露顕する人間性はこの二人の例を取って見てもあまりにも違います。

どんな高名な肩書きであろうと,その反対に他人にほのめかせるような肩書なんぞなくても,その人の「ヒトとしての生き方」に価値を見出したいものです。自分から自分の箔(肩書)を好んで他人に語るヒトがよくいます。一度聞けばわかるのにずっと口にしているヒト。その類の人々からひとりとして永遠の美しさや魅力を感じ取ったことはいまだにない私です。そしてひけらかされた箔に好んで集る人々はその箔がちょっとでもめくれた途端に消え失せることも私はよく知っています。箔語り好きと箔たかり好きが群がる陳腐な箱庭の世界を笑いながら傍観していると,彼らは箱外の誰もが呆れているのに気付かないままいつまでも箱庭の中で誉め殺しごっこを楽しんでいます。
気の毒。哀れ。

私が育った学び舎の創立者が残した言葉を最後に書きます。
『模範の伴わない教訓はいくら立派でも何の役にも立たない。』
『富、名誉、快楽は私が死ぬとき、いったい何の役に立つのか。』
『世の賞賛を期待して働くものは不幸だ。世は不当な支払い手で、常に忘恩しか払ってくれない。』
理想は不言実行でしょう。有言ならば実行あるのみ。


【Voici, Trackbacks】
Excite : <長崎原爆忌>式典でも被爆体験を継承 核兵器廃絶誓う
*掬ってみれば無数の刹那 : International PIKADON Day


【参考資料】
*浦上小教区変革史 : http://www1.odn.ne.jp/uracathe/henkakusi.htm
*日本経済新聞 : 原爆投下「後悔していない」・エノラ・ゲイ元乗組員が声明
*日本経済新聞 : 米国民の57%「原爆投下は正しかった」・世論調査

[PR]
by ma_cocotte | 2005-08-09 22:57 | 『?』なエイメリカ | Comments(31)