<   2007年 05月 ( 16 )   > この月の画像一覧
聖母月の最終日、まにふぃかと。
こんにち、フランスの暦を眺めれば Visitation ヴぃじたしおん の文字。
カトリックでは毎年5月を聖母月と定めており、5月最後の31日は聖霊で身ごもって間もない聖母が、高齢ながらも身重となったエリザベトを訪問した日とされています。
新約聖書ルカ福音第一章の Le cantique de Marie 聖母の雅歌、つまり所謂ひとつの 
Magnificat マニフィカトに目を通してみました。
b0070127_18163527.jpg
Domenico Ghirlandaio "La Visitation" @ Louvre


Magnificat anima mea Dominum,
et exsultavit spiritus meus in Deo salutari meo.
Quia respexit humilitatem ancillae suae.

Mon âme exalte le Seigneur
Et mon esprit exulte en Dieu mon sauveur.
Parce qu'Il a jeté les yeux sur son humble servante


Ecce enim ex hoc beatam me dicent omnes generationes.
Voici que désormais toutes les générations me diront bienheureuse.

Quia fecit mihi magna qui potens est.
Le Tout-Puissant a fait pour moi des merveilles,
Et sanctum nomen ejus.
Et Saint est son nom.
Et misericordia ejus a progenie in progenies timentibus eum.
Sa miséricorde s'étend d'âge en âge sur ceux qui le craignent.
Fecit potentiam in brachio suo.
Il a déployé la force de son bras
Dispersit superbos mente cordis sui.
Il a dispersé les superbes.
Deposuit potentes de sede, et exaltavit humiles.
Il a renversé les puissants de leurs trônes et élevé les humbles.

Esurientes implevit bonis, et divites dimisit inanes.
Suscepit Israël puerum suum, recordatus misericordiae suae.
Sicut locutus est ad patres nostros, Abraham et semini ejus in saecula.

Il a comblé de biens les affamés, et renvoyé les riches les mains vides.
Il se souvient de sa miséricorde envers Israël son enfant,
Comme il l'a promis à nos pères, à Abraham et à sa race à jamais.



+++++++++++++  +++++++++++++


まあ、羅典(らてん)語と仏蘭西語を対比して書くたびに感じ入ることですが、
仏蘭西語のどこが羅典語族なんねん?
と。et と単語が数個似通っているくらいではあありませんか。英語の方が対比しやすいかも、と今回もついうっかり思ってしまいました。

話し戻って、マリアとエリザベト。
マリアが天使のお告げを聞いてすぐエリザベトの家を訪問した時、既にエリザベトは妊娠6か月目で、マリアの挨拶をエリザベトが聞いたと同時に胎の子が動いたとルカ福音書に書いてあります。この絵↓でマリアとエリザベトは互いのお腹に手を当てていますが、まさにその瞬間が伝わってくるような絵ですね。なんとなく井戸端のおばちゃん会話っぽい世界なのだ。
b0070127_18562778.jpg
Roger de la Pasture La Visitation

きょうはマリアとエリザベトの気持を考えながら、ボリビアで快方に向かっている友を想うことにしました。
Bon courage, Sophie-Marie!
がんばれ、そふぃあ・まりあさん!

le 31 mai 2007, Visitation de la Vierge Marie
[PR]
by ma_cocotte | 2007-05-31 18:20 | 『春』 Rien de spécial | Comments(6)
【祈り】 Prions pour Sophie-Marie.
b0070127_4444520.jpg
ボリビアはサンタクルスに住む友人が聖霊降臨前日の夜、くも膜下出血で倒れ、緊急手術。
たった20%の成功確率だったのに手術は成功し、彼女は今、集中治療室にいます。
うつ伏せ寝で、口にもチューブが数本。動くことも話すこともできない彼女がご夫君の呼びかけに手を動かして答え、目から涙を落としたそうです。
がんばって欲しいです。
術後、彼女は今、山を登っています。
どうか峠を無事越えることができますように。

すぐにでも飛んで行きたいのに、すぐに飛んでいけない私は祈ることしかできません。
b0070127_4585054.jpg
ガンガン、祈りますよ。ガンガン、ガガンと。


跪き台もあるし・・・щ(゚Д゚)щ カッモーン


こうなったら、めざせ、パードレ・ピオだぜ、べいべ!
パードレ・ピオは日にロザリオを200環唱えたそーです。...め、めでたし10000回きゃっ?

le 30 mai 2007, Ferdinand

さて、AM マークをいくつ見つけられましたかな? ふっふっふ。
[PR]
by ma_cocotte | 2007-05-30 04:44 | 『?』なたわ言
カンヌ、モナコ、ローランギャロスで聖霊降臨の三連休
カンヌがきょう27日夜に終わり、Grand Prix は河瀬直美監督の「殯の森」(もがりのもり)に。Bravo!

カンヌが終わるとローランギャロスで全仏オープンテニスが始まるのもいつものこと。
きょうが初日。
朝から晩までテレビではパコーンパコーンの生中継。

今年のF1モナコグランプリはきょう開催。フェルナンド・アロンソの勝利。

しかも今年のきょうは聖霊降臨祭の移動祝祭日で昨日から明日まで三連休。
今年の5月は固定祝祭日の5月1日と8日が火曜日だったため、月曜日を休みにして土曜日から四連休にしてしまった役所や企業や学校が多かったし、先週5月17日木曜日は昇天祭の移動祝祭日だったので金曜日を休みにして4連休にした役所や企業や学校が多かったのです。
なんだか休んでばっかりのフランス人。
6月になれば学年末やら期末であちこちで送別会やら納会。夏至の夜はFêtes de la musique 音楽の祭典で共和国中が一晩中大騒ぎして、10日もすれば2か月の夏休みではありませんか。
働く気があるのか、フランス人。
あるわけありません。ヽ(`Д´)ノ


le 27 mai 2007, Margaret
[PR]
by ma_cocotte | 2007-05-28 04:49 | 『?』なたわ言 | Comments(4)
暑くなってきました。

っく~っっ、うまいっっ!
b0070127_2505887.jpg
葡萄牙の麦酒です。


左はフランボワーズ(=ラズベリー)ビール、右は白ビール。
どちらも辛口の美味美味なりなり。


新天地の旧市街で以前から気になる緑と真紅と黄金の外観のお店があり、朝市に行ったついでに入ってみたのでした。入ってみたらお店の中も緑と赤と黄色。
b0070127_2572693.jpg



も し か し て 、
b0070127_3141721.jpg
フランスの中のポルトガル?

そう、このお店は地元のポルトガル系フランス人の溜まり場なのでした。食べ物だけでなく、店内で飛び交う言葉はポルトガル語、BGMはポルトガル歌謡、テレビ画面はポルトガルからの衛星放送。何もかもがポルトガルでした。

地中海側に近いと異国情緒が漂うお店も地中海沿岸諸国(スペイン、マグレブ三国、エジプト、パレスチナ、イスラエル、レバノン、トルコ、ギリシャ、イタリア)が多いけれど、大西洋側に近くなるとポルトガル、中南米やアフリカ料理を扱うお店が目立つようです。

この日、ビールの友に食べたポルトガル風サンドイッチの美味しかったこと。
b0070127_3234872.jpg
ポルトガル風ステックサンドイッチですと。挽肉ではなく牛肉の薄切りステーキにポルトガルのソース。バゲットにはさんであるのがまさにポルトガルとフランスの友好の象徴ぢゃ。

次回はポルトガル名物の塩鱈に頭から突撃!を決めました。

le 25 mai 2007, Sophie
[PR]
by ma_cocotte | 2007-05-25 02:53 | Thé ou Café? | Comments(8)
あれから20年。今宵、ダリダ。
21日夜、France 3 でSPÉCIALE DALIDA スペシアル・ダリダという特番が約2時間に渡って流れました。1987年5月3日にDALIDAが54歳で帰天してから20年、その記念番組でした。国民的大歌手と呼ばれるにふさわしい彼女Dalida ダリダが私たちの前から姿を消して20年経っても、彼女の歌は今も共和国民の間で歌い継がれ忘れられるどころかまだ20歳にも満たないお子たちでさえダリダの歌を口ずさむほどです。一昨年だったか大人気番組のStar Academy 4で Laissez-moi danser がテーマ曲となりリヴァイヴァル大ヒット、セルジュ・ラマは2006年にCGを駆使して Je suis malade を天国にいるはずのダリダと共演しました。

Dalida の歌の多くは日本人に聴きやすい、なぜかどこか馴染みのあるメロディですし、彼女の歌い方もさり気なくこぶしまわしを感じる不思議さ、そしてパーフォーマンスも衣装もこれぞ本物の大スター。帰天して20年経ってもダリダは私たちに非日常の夢を見せ付けてくれるのです。
b0070127_6511845.jpg

私はDalida のどの歌も大好きだけれど、日本國でDalida と言えばもしかしてコレかも。
b0070127_6121058.jpg
パローレ、パロレ、パロ~レェ♪ ぼぢょヴぉじょ

なんだよ、それ・・・ですが、アラン・ドロンとダリダの究極のデュエット『あまい囁き』ですね。
聴いてみます?
http://www.youtube.com/watch?v=7KNPy3PcqP8

ぶらヴぉぉお! \(T▽T)人(T▽T)/ヤッタネ、ダリダ、アシタハホームランダァ!!

この二人が何ブツブツぶしょヴぉしょ言ってんだか知りたい方はこちら↓をだうぞ。爆笑!
http://www.youtube.com/watch?v=eZFs33Eq0-M
てなわけで、今なお共和国民に愛される大歌手Dalida ダリダが帰天して20年ということで、花の都はパリ市庁舎におきまして5月11日から9月8日まで "Dalida une vie" 《ダリダ、その人生》という展覧会が開かれております。
You Tube でのDalida 一覧はコチラ↓
http://www.youtube.com/results?search_query=dalida
こうして聴いて、見ると、あらためていいですね、ダリダ。
まもなく夏ですが、夏になると私はダリダのこの曲を聴きたくなります。
Laissez-moi danser
このビデオ、片腹叩いて笑えるくらい好きかも・・・。1979年の映像のようです。

le 22 mai 2007, Emilie

【おまけ】
セリーヌ・ディオンとアラン・ドロンによる Paroles, paroles を見つけましたよ。渋い。
http://www.youtube.com/watch?v=Wm2Ij5tSO_A&NR=1


✝ 悲しいけれど、20年前 ✝
[PR]
by ma_cocotte | 2007-05-22 06:12 | 『いいね。』 Chouette! | Comments(13)
サルコぢ家は 《 家庭の鑑 》 だそうで。
先日5月16日はニコラ・サルコぢ大統領就任式が執り行われたのですが、この日を皮切りに国父となられたサルコぢ大統領閣下がエイメリカ型の家族アピールを心がけているのだとやたらテレビのスピーカーから聞こえてくるようになりました。

なんでもセシリア夫人は ジャクリーヌ・ブービエ の再来なんだそうでございます。
b0070127_20451045.jpg
Copyright © AFP JOURNAL INTERNET

ジャクリーヌ・ブービエってどなた?
・・・って、ジャクリーヌ・ケネディあらためジャクリーヌ・オナシスのことであります。フランス系アメリカ人のジャクリーヌはフランスにしてみればヒロインです。

はあ、確かにこの日のセシリアさまの装いは60sに流行したAラインを思い出さなくもありませんが。1957年11月生まれのセシリアさま、お美しゅうございます。大統領就任式においてエリゼ宮で繰り返し流れた室内楽はセシリアさまの曽祖父である音楽家Isaac Albéniz イザアク・アルベニスが作曲したドラマチックな調べでありました。セシリアさまの父上は外交官だったので、確かにセシリアさまはジャクリーヌ・ブービエのごとく華麗なる家系の一員でありましょう。

セシリアさまとサルコぢ大統領閣下の間には1997年4月生まれのLouis ルイという10歳の男児がおりますが、セシリアさまとサルコぢ大統領が結婚したのは1996年10月のこと。つまり俗世で言う「できちゃった婚」なのでした。
セシリアさまには前夫との間に1984年生まれのJudith ジュディトと1987年生まれの Jeanne-Marie ヂャンヌ・マリという二人の娘がいます。おそらく単なる偶然だとは思いますが、セシリアさまがこの二人の娘の父親と結婚したのが1984年8月10日で、場所はNeuilly-sur-Seine ヌイィ・スュル・セーヌ市役所、司式は当時の市長ニコラ・サルコぢによるものだったそうです。
・・・・・・・・・へ?
数奇な運命でございますねー。
1989年に既にサルコぢと同居したいがために家出し、1997年までは「忍び愛」を楽しんでいたセシリアさまとサルコ閣下なのでした。・・・ケネディ家とどこか似ていますかね?いっくらサルコぢ閣下がエイメリカ型を目指しているからといって
こぢつけにも無理がありすぎマンモスどすよ。
一方、共和国民のお父さまであるサルコぢ大統領閣下には前夫人との間に1985年生まれのPierre ピエールと1987年生まれのJean ヂャンという二人の息子がおります。
b0070127_21325294.jpg
↑ サルコぢ大統領閣下がアピールする「理想の家族像」だそう。↑
Copyright © AFP JOURNAL INTERNET

移民二世のサルコぢが大統領になったことで「理想の家族像」の喩えがケネディ大統領一族というのはあまりにあまり。2007年の今、1963年に帰天したケネディ大統領の家族とジャストミート?箔は同じ「大統領の愛する家族」でも中身はあまりに違うと思われ。

お写真を拝見する限り、二人の坊ちゃま共、サルコぢとあまりお似ましではないようですね。
わたくし個人としては今後、お二人のヲッチングが楽しみのひとつとなりそうです。
がーぶちょん。

le 18 mai 2007, Eric
[PR]
by ma_cocotte | 2007-05-18 20:55 | 『?』なサルコぢ屋 | Comments(4)
Sarko est horrible.  サルコは怖い。 (・_・)ゞ ハテ?
明日の今頃はサルコぢが大統領なんだなあ、という時間になってしまいました。明日水曜日は朝10時から大統領職引継式の生中継が放映されます。それを前にきょうの夜8時からはヂャック・シラク大統領の「共和国民への最後の語りかけ」が放映されます。Adieu de Jacques Chirac aux français なんて国営放送France 2でタイトルを流していますが、Adieu って「永遠の別れ」に用いる言葉ではありませんか。
ε= (´∞` ) いよいよです。
大統領選挙期間中、何度も「サルコは怖い」と耳にしました。理由を知りたいので「なんで?」と聞くと、決まって誰の口からも「みんながそう言っている」という返答が返ってきました。ココはセゴ姐の所領地ですし、セゴ姐の住まいと同じ県内でもあります。故に私の周りはセゴ姐贔屓が多くて当然。どうやらこの「サルコは怖い」というのはセゴ姐を支持する左傾政党員が流している噂だったようです。

第一次選挙が終り、決勝候補がサルコぢとセゴ姐の二名と決まってからも相変わらず「サルコは怖い」という台詞は何度も耳にしましたが、一方で「セゴ姐の頭は空っぽ」という悪口も耳にするようになりました。ちょと考えてみると隣の県はラファラン前首相のお膝元なので保守より右がこういう噂を流し始めたのかもしれません。このあたり、隣の別の県は左傾のスーパースター、ミッテラン大統領の地盤ですし、その向こうにはヂャック・シラク氏の地盤がござる。
長い歴史を振り返ると中世やら絶対王政の時代からこの大西洋側のあたりはリベラルというかお上に反抗することを繰り返す歴史を抱えている土地なので政治家が多く出るのかな、と思ったりもしますが。

で、決戦寸前まで世論ではセゴ姐もサルコぢもどっちもどっちと言われていました。そしてセゴ姐の頭が空っぽという理由もサルコぢが怖いワケも語る「どっちつかずのニュウトラル」なヒトも出てきました(大抵は第三位のバイルゥ氏に投票した人々)。それによると「セゴ姐の頭が空っぽ」なのは彼女が社会党の「お人形」「踊り子」だからであり、単に党の意向を世間に知らしめるための存在に過ぎないからだそうです。ですから共和国民はセゴ姐本人は何をどう自分で考えているのか不安になるのだそう。確かにセゴ姐のようなきれいな国母さまが共和国民に語り掛ければDSK やファビウス氏が語るよりは信憑性がないことでも真実に思えたりするマジックはあるかもしれません。一方、サルコぢがなぜ怖いのか、というと、彼は自分の頭で考えたことばかりを口にするからだそうです。つまりサルコぢは他人の意見を聞かないのでいずれ独裁になるだろう、だから「サルコは怖い」のだそうです。
。___φ( ̄^ ̄ ) ウム~、ナルホドネー。
どちらが大統領になったとしてもガイジンの私にはあまり関係ないし、フランス政府が「ガイジン、出て行け」と命じて来たら母国に戻るしかないのでありますが、おフランスにいる移民の方々は何が何でもフランスに居続けたいと思われている方が多いようであります。選挙期間中、地元のフランス語講座ではたびたび選挙の話題になりました。土地柄、教員も左傾が多いので、やたら私たちに
サルコになったら移民のためのフランス語講座はなくなるだろう。
私は失業だ。
とか、
セゴ姐になったらあなたたちも地方選挙投票権がもらえるようになる。
来年の市長選はあなたにも投票権があるのだ。
と繰り返していました。ε= (´∞` )・・・bof もちろん寄留するこの国で選挙権がもらえることに喜んでいるクラスメートもいました。サルコになったら自分たちの生活が苦しくなると心配していた方々です。なんだかな。

まあ、結局、共和国民によってサルコぢが第五共和制の六代目大統領に選ばれたのです。彼が独裁かどうかは On verra~ (なるようになるだろう)ですわね。
今から他人を怖がらせて何が面白いんだ? ヽ(`Д´)ノ ッキーッッ!

le 15 mai 2007, Denise
[PR]
by ma_cocotte | 2007-05-15 23:48 | よっ、大統領!2007 | Comments(4)
Tomuya, Un japonais à Paris
5月11日金曜日、France 2 の13時のニュウスの最後に設けられている生トークのコーナーに Tomuya トムヤ という日本人男性が出演しました。歌手だそうなのです。
トムヤさんが生出演したニュウスのビデオです。
http://jt.france2.fr/13h/index-fr.php?jt=1
画面右のSujet欄最後の
Invité des 5 dernières minutes, le chanteur japonais Tomuya 13h38m35s
をクリックすると飛びます。
なんでも花の都はお巴里のOlympia 劇場でのコンサートが完売し大成功を収めたそうなのでトムヤさんはこうして国営放送の生トークコーナーに招かれたのですが、私は田舎者なのでこの番組を拝見するまでトムヤさんについてまったく存じ上げませんでした。フランス語Google でググれば0.05秒で9560も引っかかり、フランス語のWikipédia に載るほどの有名人トムヤさん、番組では最後に日本語でトムヤさんスタイルのシャンソンを歌われましたが、画面の向こうで歌われているにも関わらず、なぜか異国で日本語の歌を聴くとこちらまで其処此処彼処がそこはかとなくムズムズとするものでございますね。
b0070127_49821.jpg
ヨーチュウブでも Tomuya で検索したところ、引っかかりました。だふぞ。
http://www.youtube.com/watch?v=tFHGbwODhO4


le 13 mai 2007, Notre Dame de Fatima
[PR]
by ma_cocotte | 2007-05-13 04:09 | 『?』な、お!?仏蘭西 | Comments(10)
Jeanne, mon amour  ヂャンヌが好き。
セゴ姐が社会党公認大統領候補になって以降、世間では「セゴレーヌは21世紀のヂャンヌ・ダルクになれるのか?」という言葉が飛び交っていました。毎年5月1日のフランスはヒダリの翼の方々はメーデー行進を行いますが、対翼のミギ突き当たりの人々はパリのヂャンヌ・ダルク像を基点にやはり大行進を行うのが恒例です。

Jeanne d'Arc ヂャンヌ・ダルクがなぜこんなにもフランスで重んじられるのかと言いますと、ヂャンヌはフランス共和国の守護聖人のひとりだからなのであります。そんなわけでフランス国内のカトリック教会に足を運ぶとほとんどの教会にヂャンヌ・ダルクの聖像が置かれているのですが、教会によってヂャンヌの像の色も形も違うので比較するとなかなか面白楽しかったりします。
b0070127_2551576.jpg
このヂャンヌさんは頭と手以外は甲冑に身を包んでいますが、腰のラインがエレガントです。

b0070127_2583899.jpg
こちらのヂャンヌさんはスカートをお召しですし、お腹あたりなど女性的ですわね。
帷子ってこうやって着るのね、と勉強になりました。(・_・)

b0070127_304141.jpg
このヂャンヌちゃんは上のヂャンヌさんたちに比べると幼さが残っており、紅顔の美少女。
でも腰のくびれは大人です。お腹ぽっこんではありません。

b0070127_341321.jpg
こちらのヂャンヌさんは逆に大人っぽい方です。珍しく兜も携えております。

フランス共和国の守護聖人筆頭は「被昇天の聖母マリア」で8月15日がお祝い日。国定祭日でもありますね。更にこの聖母の下に6人の聖人(聖ドニ、聖マルタン、大天使ミカエル、聖ルイ9世王、聖テレーズ(小)、ヂャンヌ・ダルク)がフランス共和国を守っているとされています。教会でよく見かけるのはヂャンヌの他に大天使ミカエルと聖テレーズですね。他の聖人方はステンド・グラスでキラキラしていることが多いと思います。


ヂャンヌ・ダルクは女性でありながら聖マルタンや大天使ミカエルと共にフランス共和国軍に勝利を導く守護聖人でもあります。勇ましいのぉ。

le 10 mai 2007, Solange
[PR]
by ma_cocotte | 2007-05-10 03:20 | 『巡礼』 Rien de special | Comments(11)
一夜明けて、
コレ ↓ を見て、
b0070127_19153854.jpg
中央山脈近くの Corrèze コレェズ県が桃色、つまりセゴ姐の得票がサルコぢより多かったことがわかりました。
( ゚Д゚)ハァ?
Corrèze コレェズ県と言えば、ヂャック・シラク大統領のお膝元、昨日もヂャックとベルナデットはコレェズの地盤Sarran サランで投票されたはずなんでありますが。
b0070127_19283477.jpg
証拠写真par la Provence

シラク大統領のお膝元でセゴ姐の勝利・・・。Σ(゜ロ゜)ノノ シンジラレマセン。
大統領引退後はサランのシャトーに戻られるはずだったご夫妻がパリのセーヌ河畔のアパルトマンを購入した話が流れたことで支持者がご立腹の三行半という結果でしょうかね。それとも単にヂャック・シラクという一人物が彼らの崇拝対象だったということでしょうか。


le 7 mai 2007, Gisèle
[PR]
by ma_cocotte | 2007-05-07 19:19 | よっ、大統領!2007 | Comments(8)