<   2011年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧
死刑台への階段
b0070127_22331565.jpg

絞首刑台の紐と、遠くに見えるは火葬炉の煙突。

仏蘭西はアルザス地方の、奥深い山中にあるナチスが建設した強制収容所址です。
b0070127_22471639.jpg




絞首刑台は谷の上、谷底に火葬炉の煙突が中心にある建物。
b0070127_22374943.jpg

この谷底の建物の煙突の左右は死刑執行日が決定した人々が待機する牢になっています。
絞首刑台と谷底を結ぶのは石の階段。
b0070127_22402663.jpg

お死刑執行日決定後、人々には食事も水も与えられず、彼らはこの階段の果てにある絞首刑台まで昇らねばなりませんでした。当時、死刑執行宣言された人々の体重は平均25kgほど、階段の途中で息を引き取る人が多かったそうです。もし階段の途中で息を引き取ると、ココに入れられてしまいます。火葬炉。
b0070127_2249365.jpg



そして、もし絞首刑台までたどり着くと、執行後、ここ。解剖室に。
b0070127_225032100.jpg


この強制収容所に送られた人々の国籍は40か国になります。
今でも、ここにたどり着くまでかなり不安になるような山道を通らねばなりません。1940年当時、ここはどれほど孤立した場所だったことでしょう。おそらく山の麓の人々が全て、この強制収容所の存在を知っていたかどうか。

敷地内にはガス室もあり、現在は戦時中に各地の強制収容所で亡くなられた方々の墓地もあります。
b0070127_22584566.jpg

墓石を見ていてつらくなるのは、あまりにも inconnu が多いこと。日本風に訳すならば「無縁仏」でしょうか。というより、身元判別ができない遺骨や遺灰なのだと思います。
欧州の場合、日本とは生活文化も異なり、死生観も違うことから火葬については禁忌に等しく、収容された人々にどれほどの恐怖と、無念を抱かせたことでしょう。

当時は斜面に段々畑のように建てられた17棟の収容施設も、劣化が原因で3棟ほど残るのみです。
b0070127_2344714.jpg

各収容棟にはこのような扉がありました。
何もこんなものを造らなくても、これだけの恐怖を与え続けているならば逃げやしないでしょうに。人間の心に宿った不信がこんな無駄な扉を造ったとしか思えません。

b0070127_2363769.jpg

さび付いた鉄条網もやがて風化するのかもしれませんが、ここであったことは決して風化させてはならないと思います。

b0070127_238791.jpg

Camp de concentration de Natzwiller-Struthof
http://www.struthof.fr/en/home/


le 30 septembre 2011, Jérôme

[PR]
by ma_cocotte | 2011-09-30 22:51 | 『旅』 Rien de special | Comments(0)
無 言 の 実 践
b0070127_17245540.jpg

ココんちの近所の大規模小売店舗の出入口に家庭用風力発電設備のお店が出ていました。
仏蘭西という国は中国や日本を相手に原子力発電関連で嘘をついてでもお金を稼いでいるのに(時に個人のポケットが膨らみもしているのに)、共和国内では原子力発電反対運動も盛んで、新築の住宅の屋根の上には必ずと言っていいほどソーラーシステムの板が備え付けられ、今では家庭用風力発電システムまで売りに出されるほどです。
隣国の獨逸で、原発反対、ピースボート運動とべっとり、同性愛ウェルカムの「緑の党」の勢いが増していることで、来年、大統領選挙を控えた仏蘭西というかサルコぢとしては共和国内では平和と自然を愛するボクちゃんなのよとアピールしたいがために国外では原発推進商売で稼ぎ、国内ではエコロジーグッズ商売をお友達たちに頼んで不動産でも電化製品でも「共和国民のための新製品」を売り出して、ポケットが膨らむようにしているのでしょうね。

あ、き、れ、た。

さて、先日のアルザス旅行の際、高速道路から原子力発電所を見ました。
b0070127_17361621.jpg

仏蘭西中西部からアルザス地方までの往復路で私が見つけた原子力発電所は1、風力発電所群(たいてい1群に10基ほどの風車)は3でした。南仏蘭西の高速道路や一般道路で原子力発電炉に出っくわすことより低率のように思えました。アルザスへの道は高速道路沿いが放牧地であることもあってか、緑の草原と青い空の間に巨大な風車が独特のスピードで円を描いており、悪寒どころか好感を持てました。

日本國の1.5倍の国土を持ち、人口は日本國の半分の仏蘭西だからこそ風力発電所の建設が容易なのかもしれません。今年3月11日の東日本大震災以降、私は予算や風土、生活文化を考えずに子供のように単純に津波被害があった境から太平洋沿岸についての新たな都市計画は青森から千葉まで太平洋沿岸に風力発電所を建設してはどうだろう?と発想しました。風力発電所の難点は生み出せる電力の少なさだけでなく、騒音もあるのだそうです。だからこそ、被災地を風力発電所にメタモルフォゼできないものかと思いつきました。

先日の旅行でアルザスに到着した初日の宿で見つけたものはこれでした。
b0070127_1745569.jpg

ソーラーパネルです。
宿泊先はカトリックの観想修道女会が運営する宿泊施設でしたが、敷地にこのソーラーパネルと野菜畑、果樹園があり、シスター方だけでなく宿泊者の日常にも役立てられています。周辺の世俗さんがお手伝いを申し出れば、シスター方はいつでも彼らを迎え、共に働いています。自給自足自炊とでも申しましょうか。私が二泊した間にも庭の芝刈りと、夕食の給仕と皿洗いを手伝った男性、お店当番や昼食、夕食の準備と配膳のお手伝いをした婦女子お二人にお目にかかりました。

たった二泊三日だけれど、いろいろ勉強になりました。
もちろんソーラーパネルにしろ、家庭向け風力発電にしろ、畑や果樹園にしろ、互助関係構築にしろ、今の世の中ではお金が必ずかかるので、小さな共同体(=ひとつの家)であればあるほど実現には時間も労力もかかると思います。でも、原子力発電なんかに頼らずにヒトは生きていけるのですよ、たぶん。

le 25 septembre 2011, Aurélie


思い出したことですが、例えば仏蘭西の高速道路には必ずしも電燈がありません。道路際に蛍光テープが貼ったポールが並び、夜間走行する車がライトをトップにすることで蛍光テープが電燈代わりになるのです。つまり、真っ暗闇の高速道路を車が130km、雨天ならば110kmの時速で走行しているのです。そして、信号は旧市街内のみで、旧市街を囲む外観道路より外はロン・ポワン(=ロータリー)で、信号がありません。
身近な日常ではよほどの高層ビルでないかぎり、アパルトマンやビルディングの廊下の電気はスイッチ式で、数分でオートマチックに消灯してしまいます。例えば3、4階に住居があり、階段で階下に下りるとして途中で電気がいきなり消えることは日常茶飯事です。

仏蘭西は日本國より電力資源豊富でしょうに、この節約ぶりです。
確かに日本國だけでなくアジア諸国のネオン文化は特筆すべき文化なので失いたくありませんが、石油資源もある他のアジア諸国は兎も角、日本という国は現実を直視し、電力消費や生活スタイルについてもう一度よく考えなければならないと思います。そうすることで、日本には新たな生活文化が生まれ、時に外国も見習ってくれる日が将来来るのではないのでしょうか。
[PR]
by ma_cocotte | 2011-09-25 17:25 | 『?』なたわ言 | Comments(15)
記念日がいくつも重なったので、
久しぶりにお外でお食事しました。
b0070127_23491663.jpg


b0070127_23495432.jpg


b0070127_23502034.jpg


b0070127_23504345.jpg


b0070127_23512236.jpg


b0070127_23523981.jpg


b0070127_23525965.jpg


b0070127_23534845.jpg


ごちそうさまでした。


・・・・・・と、ココんちに戻ったら、
b0070127_2357831.jpg

巨大な塩キャラメルムースがドドンとな。

le 23 septembre 2011, Constant

[PR]
by ma_cocotte | 2011-09-23 23:58 | The ou Cafe? | Comments(0)
瑠璃色のアルザス
b0070127_059238.jpg

夜明けの来ない夜はない。

b0070127_103981.jpg

朝日が地平線から光の矢を放ち、

b0070127_155968.jpg


b0070127_161712.jpg

大地を包んでゆく。

b0070127_1123014.jpg

昇る陽に、沈む月。


2011年9月16日。
アルザスはモン・サント・オディヰル Mont Sainte Odile の山頂で迎えた夜明けです。


le 23 septembre 2011, Constant

[PR]
by ma_cocotte | 2011-09-23 01:25 | 『旅』 Rien de special | Comments(2)
L'Alsace me manque. アルザス恋しや、ほぉやれほ。
b0070127_16481011.jpg

いい旅でした。

b0070127_170415.jpg

あまりの生活文化の違いに戸惑うばかり。


b0070127_1725992.jpg

正直、仏蘭西びともこんなに清潔に暮らせるのだと感心してしまいました。



それが獨逸のおかげなのか、せいなのか、ガイジンの私にはわかりませんけれど。
b0070127_1761975.jpg





兎にも角にも、
b0070127_16541449.jpg

空を飛ぶこうのとりに出会えました。


こうのとりが住む村に住むことが私の夢となりました。


le 19 septembre 2011, Emilie

[PR]
by ma_cocotte | 2011-09-19 17:10 | 『旅』 Rien de special | Comments(2)
++相 手 の 気 持++
きょう9月8日を仏蘭西の暦でたどってみると、Nativité de Notre Dame とあります。カトリックの暦で同じ日を見ると Nativité de la Vierge Marie 。いずれにせよ、きょう9月8日は我らが聖母マリアの誕生日なのです。
b0070127_17525642.jpg

カトリックという世界では、毎日、聖書の朗読箇所が決められており、きょう9月8日の新約聖書の朗読箇所はマテオの一章1節から16節まで、18節から23節までです。1節から16節までは16節もあるのに旧約聖書に登場するアブラハムに始まりヂェズ・クリ Jésus Christ の養父ヨゼフまでの系図のみが書かれており、ヨゼフは「マリアの夫」であり、「このマリアから、キリストと呼ばれるイエズスがお生まれになった。」とあります。(バルバロ訳新約聖書、ドンボスコ社、1973、p.9)

18節から23節までは婚前にマリアの妊娠を知ったヨゼフが戸惑い、考えあぐねるヨゼフの前に天使が現われ、使命を伝える様子が述べられています。
正直、「恐れるな」とか「懼れるな」とたとえ天使に言われても、そう簡単に滝つぼに怖れず飛び込める気持になんて心は変わらないよ、と自分なら思いますけれど、そんな滝つぼに飛び込め!なんて大事でなく何事においても一生かけて「おそれ」や「疑い」の気持やら念を軽くする努力もまた(おそらく私だけでなく)ヒトひとりひとりに与えられた勤めで、それには心身の力が必要だから漢字で「努め」と書くのでしょうね。

きょうは夜明け前からまとまった雨が降っており、外出も億劫ですが、努めて務めよう。できるかなー。

le 8 septembre 2011 Nativité de la Vierge Marie

[PR]
by ma_cocotte | 2011-09-08 18:24 | 『?』なKTOりっくん | Comments(0)
けふの実験
b0070127_23321511.jpg

きょうの朝届いたエスプレッソマシーンで、美味しいエスプレッソとホワホワの牛乳を上手に作ること。


le 2 septembre 2011, Ingrid

[PR]
by ma_cocotte | 2011-09-02 23:34 | 『いいね。』 Chouette! | Comments(4)