<   2012年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧
サルコぢ帝におかれまして終始一貫していたことは、ただひとつ。
仏大統領:「福島行った」虚言を弁明 「分かりやすい」と

毎日新聞 2012年04月27日 10時10分(最終更新 04月27日 12時32分

【パリ宮川裕章】フランスのニコラ・サルコジ大統領(57)は26日、仏国営テレビの討論番組の中で、今月6日の選挙演説で「フクシマに行った」と事実と異なる発言をしたことについて「(実際に行った)東京と言うより分かりやすいと思った」と弁明した。サルコジ氏は東日本大震災後の昨年3月31日に来日したが、滞在したのは東京だけで、発言を巡り最大野党・社会党から「虚言」と批判されていた。
 サルコジ氏は番組で記者からの質問に答え、「フクシマには行きたかったのだが、実際には規制があり行けなかった」と説明。演説時に「フクシマの(原発事故の)話をするのに、東京に行ったと言うより良いと思った」と語った。
 サルコジ氏は原発推進を訴えており、仏原発の安全性をアピールする文脈の中で、東京電力福島第1原発事故について触れた。訪日時に菅直人首相(当時)から「困った時の友こそ真の友」と歓迎されたという。


http://mainichi.jp/select/news/20120427k0000e030167000c.html





神聖賢愚帝サルコぢ一世のこの5年の御世において、サルコぢ帝が終始一貫、まったく考えを変えなかったことは「中国サマをお見上げし、日本を見下す」ことでしたね。正確にはサルコぢが帝位に就く前、内務大臣時代からこの姿勢、態度、思想は既に彼の中で確固たるものでしたが。

先日の「アルザス地方にはフクシマのように海岸線がないから津波は来ないので原子力発電所を存続する」とお笑い芸人のような話しっぷりで、会場内に下品な笑いを蔓延させたサルコぢ帝ですけれど、この一件でさえ、仏蘭西に寄留させてもらっている一日本びと(=私)の心は傷ついたのに、今また大統領選挙決戦に残ったサルコぢが上の記事のごとき発言をしたことで、私なんぞは「死に体」状態ですよ。私はガイジンだから大統領選挙の投票権はありません。正直申せば、最終決戦に残ったフランソワ・オランド氏もニコラ・サルコぢ氏もカトリックな面から見れば、どちらも「もー、だめぽ」な中年親父です。(フランソワ・オランド氏のかつての恋人だったセゴレエヌ・ロワイヤル女史の方がまだ救われようがあった)

つまり、次期大統領がフランソワ・オランドだろうがニコラ・サルコぢだろうが、仏蘭西という国が「カトリックの長女国」という異名からいっそう遠ざかる生き物になることだけは既に明らかなのです。

サルコぢの公約を見聞したところで、「どうせ前回同様、なーんにも実行しないでしょ?嘘つきだもんね」くらいしか感想はありません。前回、多くの共和国民はサルコぢの公約を信じたからこそ票を投じたのに、彼は公私全てにおいて共和国民を裏切りながら私腹を肥やし、自分の一族と友の名誉のためならば何でもしました。その犠牲になったのは共和国民です。

そう、だから、簡単に見抜けるのです。今回の大統領戦でサルコぢを支持するのはサルコぢのおかげで私腹を肥やした連中ばかりです。彼らは弱っている他者を思いやる気持もなく、サルコぢの御世が継続することで更に自分の心身が肥満することだけを望んでいるのです。

狂ってますね、はい。
彼らと一緒になったら、天国が遠のきますわい。

しっかし、サルコぢ。
現在はまだ国父の立場であるのに、自国の臣民に「日本に行った、東京に行ったでは通じないから、フクシマに行った」ということにした、と平気で言えるなんて、そりゃ、サルコぢさん。ご自国の教育があまりに低いと世界に明らかにしただけではありませんか。前回の大統領最終戦の時、決戦2候補のサルコぢ、セゴ姐いずれも外交音痴と叩かれたけれど、大統領になったところでサルコぢ個人はなんら世界史にも地理にも目を通さないまま、外交を楽しんでいたことになります。「ボクちゃんにお金をくれる国がしゅき~」ですか。

まぢ、呆れる。
段ボール箱を探すとするか。


le 28 avril 2012, Chanel

[PR]
by ma_cocotte | 2012-04-28 16:27 | よっ、大統領!2012 | Comments(6)
いったいなんなんだね?
この寒さは・・・。
b0070127_18512592.jpg

先日の伊太利亜のロオマから北上する旅でも、連日本当に寒くて、旅の途中で冠雪を拝んだほどでした。
旅に出る前、ロオマはココんちより南だからと一度は旅行鞄に夏の服を詰めたものの、天気予報で翌週の伊太利亜の天気を調べれば連日、低温と悪天候とあり、旅行鞄の中身を冬物に詰め替え、私自身もヒートテックを着用して出発しました。
結果、正解でした。あまりにも寒いので薄い生地なのに身体を温めてくれるヒートテックが役に立ちました。

b0070127_1924098.jpg

日曜夜に伊太利亜から地元に戻るまで、巴里では寒さだけでなく、雹まで空から降って来ました。
そして、ココんちに戻ったからとて、夜が明けても、明けても、強風雨での繰り返しで金曜日になってしまいました。

火曜日、ひょんなことで外出先で来週火曜日から5月が始まると気づかされ、自分がカシミアのマフラーに冬のオーヴァーをはおっている現実もあり、クビを傾げてしまいました。
もう一昔も前になってしまったけれど、南仏蘭西に住んでいた頃は1月も終わりになるとそこいら中にTシャツ一枚で歩く人々がいたほどです。

いったいこの気象は?異常気象と呼べそうですね。
できれば、陽光の下、新緑の美しい五月を迎えたいものです。

le 27 avril 2012, Amédée

[PR]
by ma_cocotte | 2012-04-27 19:00 | 『?』なたわ言 | Comments(0)
は た ら く 。
b0070127_1442761.jpg

夜が明けて間もないのに、駐車違反を取り締まる伊太利亜はアッシジの婦人警官さん。
かわいらしいやねぇ。

le 26 avril 2012, Alda


そして、永遠の都ロオマの午後六時過ぎ。
b0070127_1495016.jpg

ヴァチカン近くのカッフェで働く青年ふたり。
ごみ袋をかついでいるのに、なんだか格好良い後ろ姿です。
[PR]
by ma_cocotte | 2012-04-26 01:52 | 『巡礼』 Rien de spécial | Comments(0)
三年と二十六日ぶりに、
b0070127_0322191.jpg

某所に行ってまいりました、まる


うふっ、うふふ。


le 23 avril 2012, Georges

[PR]
by ma_cocotte | 2012-04-23 23:31 | 『巡礼』 Rien de spécial | Comments(4)
いにしへの
b0070127_15179.jpg

ココんちの近所で。
何の木でしょう?
近くに寄ってみました。

b0070127_1515264.jpg

花は鞠のように愛らしく、
葉は塩漬けにしたら美味しくなりそうに思えたりもします。

まさか仏蘭西のこんな超ウルトラスーパーど田舎で、奈良の都の八重桜が育っていることはなからふ。

が、しかし・・・はて?

le 14 avril 2012, Maxime

[PR]
by ma_cocotte | 2012-04-14 01:55 | 『春』 Rien de spécial | Comments(6)
そして、たふたふ
ちょっと前にお話したことですけれど、私はベルギーのお菓子、スペキュロ Spéculoos が大好きです。
先日、いつもの買出しに出たところ、大規模小売店舗の板チョコ売場でこれを見つけました。
b0070127_2132413.jpg
なんてしあわせなの。


いつもならば板チョコ売場の前に立てば、ミルクチョコレエトを選ぶ自分ですが、今回ばかりは脳で判断する前に既に手が伸びておりました。
スペキュロの味を生かすならばホワイトチョコレエトでしょうね。

ニッキの薫り、ビスキュイの香ばしさと歯ごたえにほんのりホワイトチョコレエトの味が乗っかり・・・
おいしうござあました。


le 9 avril 2012, Maxime d'Alexandrie

[PR]
by ma_cocotte | 2012-04-09 21:37 | Thé ou Café? | Comments(2)
ぶちこんで、ぢわぢわとな。
聖土曜日 samedi saint の朝、
b0070127_18134652.jpg

明日に迎える復活の主日の正餐のため、子羊の腿肉をオーヴンにぶちこみました。
今年は冒険せず、基本に戻って、復活祭には元祖・子羊の腿肉でがんす。

地元の大規模小売店舗でヌゥヴェルヂィランド(ニュウヂィランドのこってす)産が1kgあたり7.8ユーロで出ており、1.85kgをゲット。オリーヴオイルをぶっかけ、レ島の粗塩、粒コショウ、エルブ・ド・プロヴァンスをまぶして、150度のオーヴンで焼くこと、推定4時間。

ぢわぁああああとな、ぢわぁあああと。

le 7 avril 2012, Jean-Baptiste de La Salle

[PR]
by ma_cocotte | 2012-04-07 18:20 | Ça était? | Comments(4)
日没前までに、
何とかしなくちゃね。
b0070127_18545319.jpg

すべて済ませなくっちゃね。


b0070127_1934223.jpg

イエズスさまの霊魂はただ今、陰府(よみ)の国に旅行中。


le 6 avril 2012, Célestin

[PR]
by ma_cocotte | 2012-04-06 16:41 | 『?』なKTOりっくん | Comments(2)
ゴルゴダの午後三時
b0070127_1452482.jpg

昨年9月に参りましたストラスブゥの大聖堂の右奥の奥の光があまり届かない場所にひっそりと磔十字が置かれておりまして、しばし仰ぎ、眺め、思い、うつむく。

b0070127_1454621.jpg

なんだか私、何もわからないまま死ぬことになりそう、とふとそんな予感。

b0070127_1461156.jpg

そう思いながら磔を仰ぎつつイエズスさまを見ても・・・涙。


le 6 avril 2012, Célestin

[PR]
by ma_cocotte | 2012-04-06 15:00 | 『春』 Rien de spécial | Comments(0)
Au milieu de la semaine sainte+聖週間の半ばに
今年は今度の土曜日の日没から復活祭となります。
今週は1日の日曜日からラ・スメヌ・サント La semaine sainte、=聖週間に入り、巷では身も心も復活祭の準備に本格的に入ります。そんなわけ・・・と書いたらこぢつけなのですけれど、聖水曜日 mercredi saint の朝、
b0070127_1731036.jpg
ココんちではじめて抹香を焚いてみました。


モクモクモク。
あっと言う間にちいさなココんちは抹香臭くなりました。
いえ、抹香の薫りが立ちこめ、包まれました。

生きる昭和の化石のま・ここっつぁんには抹香でピンと来ても、平成の世を生きるみんなたちにおかれましては「フランキンセンス」という語でピンと来るでしょう。きょう、ココんちで焚いたフランキンセンスはレバノン産のもので、隣町の女子カルメル会で求めたものです。
b0070127_1773749.jpg
宝石のようでしょ?


ずぼらなま・ここっつぁんがなぜかようなことを始めたのかと申しますと、半月ほど前に日本國から届いた本を読んだからなのです。
b0070127_1795910.jpg


ご本に書かれていることをいろいろ試してみたくなり、フランキンセンスと香炉だけでなく、エッセンシャルオイルや木製の衣紋かけもろもろ探すこの頃のま・ここっつぁんです。
きょうび21世紀、こういう形の福音宣教もあると思いました。

さて、明日から聖木曜日、聖金曜日、復活徹夜祭を経て復活の主日を迎えます。
よい準備をしてまいりましょう。

le 4 avril 2012, Isidore

[PR]
by ma_cocotte | 2012-04-04 17:14 | 『春』 Rien de spécial | Comments(2)