<   2013年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧
栄華は衰え
b0070127_22212320.jpg

しばらく前から我が枕元の友がこの本です。
エミル・ゾラの「ボヌール・デ・ダム百貨店」という小説。ボヌール・デ・ダムはBonheur des dames と書き、これを日本語に直訳すると「婦人の幸福」となります。19世紀後半の花の都は巴里が舞台の小説だけれど、登場人物が多いし、話題が男性向きとでも申しましょうか。寝しなに数ページ読めば、天然の睡眠薬となる本です。だから、毎晩必ずしも開いて読む気にもなりません(というか、引き込まれるほどの小説ならば枕の友にもなりませんでしょう)

きょう、お昼過ぎの地方局ニュウスを「ながら視聴」していたら、我が地方最大都市の中心にそびえる百貨店が閉店したことで、かつての店員たちから取ったインタビュウが流れました。店員さんたちはごもっともなことをおっしゃってはいるけれど、仏蘭西の、地方都市の百貨店が次々と閉店に追い込まれても仕方がないのではないかと、こうして仏蘭西という国に寄留している日本人♀は思うわけです。なぜなら、ココんち地元の旧市街にも巴里の有名百貨店の支店があるにはあるけれど、行ったところで品揃えはよくないし、それ以上に店員さんたちに「売る気」がまるでないのです。仏蘭西という国の生活文化背景から「お客様は神様です」という気持が店員の心に宿らないことは確かですが、そこまでの考えが宿らないにしても、もう少し「売る気」や「現在、就労中です」という気が店員さんから発散されていても良いと思うのです。が、そんな店員さんに会ったことはございません。

例えば洋服売場で自分のサイズが見つからないので店員さんに声をかけても面倒臭そうな表情をするし、例えばプレゼント用に包んでくださいとお願いしたところで紙袋に無造作に入れただけの形で渡されたりと、日本国内では考えられないような態度を店員さんたちは私たちに示してくれます。彼らが美しい表情をしているのは、デパート周辺で休憩時間に煙草をくゆらせている時です。彼らの立ち姿といい、煙草を持つ手といい、表情といい、そう簡単にはかもし出せないような雰囲気を漂わせているように日本人には見えるものです。

・・・と、その休憩時間の店員たちのくつろぎ方についてはエミル・ゾラが描く19世紀後半の巴里のデパート業界とは大して変わらないけれども、従業員の働く姿勢は月とすっぽん、別世界。名残なんてまるでない。いったい何を境にすっかり根こそぎ様変わりしたのだろう?としばし考えたけれど、それは社会主義思想の浸透によるものなのかしら?と想像もしてみたり。

いずれにせよ、今の仏蘭西という国でさえデパートという販売スタイルは巴里や主要大都市以外の土地では難しいように感じています。兎に角、デパートだけでなく、他の全国チェーン店の支店であっても、店員さんと向き合ったところで、客であるはずの自分が無駄に悩まされることもある。こんな仏蘭西という国で、インターネット販売が勢力を伸ばすのも無理ありません。

私もこの頃はインターネットでのお買い物ばかりするようになりました。

le 28 janvier 2013, Thomas d'Aquin

[PR]
by ma_cocotte | 2013-01-28 22:48 | 『?』な、お!?仏蘭西 | Comments(2)
神無き国にはびこる「神話」
ココは地の果てアルヂェリアの、リビヤとの国境、チュニジアとの国境に近い、砂漠の中の天然ガス関連施設で起こった事件。
事件の結果はご存知のとおりでありますが、事件の終結らしきものが発表されたことで、さまざまな憶測が電脳域の日本語圏内で飛び交い始めました。

自分もいろいろ読み逃げしておりますが。
「イスラム原理主義のテロリストが日本が富裕国ゆえ
身代金目当てで今後、同様の事件が繰り返されるだろう」
という推測には「そりゃ、ハズレ」としかつぶやけない自分です。
なぜなら、イスラム聖戦の戦士(仏語ではジハディスト Jihadiste とよばれるようになった)の第一の目的はこの世の中すべてがイスラームとなることで、これを実現するために彼らは手段を選ばず地球全体のイスラーム化に励んでいるのですから。今回の事件で私たちは彼らが人質をとり殺人まで「犯した」と見るでしょうが、イスラームの原理主義世界からこの事件を眺めたところで、眺めているものも、最前線で戦った聖戦士も「犯した」なんて微塵も思いついていません。そんぢゃ、私たちが自分の良識をもってイスラーム原理主義世界の中で生きる人々に説教したとしましょう。説教した方が殺されちゃいますよ。単純な話、イスラーム原理主義世界の外の知識が常識扱いになっていることさえ、その世界の中の人間には納得いかないことであり、外の常識を穿ち、自分の世界の常識を世界全体に広めるのが彼らの信じる使命です。

事件の終結らしきものを境に、日本語で「宗教なんか信じるからこんなことが起きるのだ。宗教を失くしてヒトを信じましょうよ」なーんて意見も拾ったけれど、これもまた、イスラーム原理主義の中の一部の過激な世界では通じません。なぜなら、外の世界の「常識」であって、自分達の世界では「非常識極まりない」からです。何が非常識極まりないのかというと「宗教を必要としない人間」の存在です。イスラームというのは、イスラーム世界以外では「宗教」の枠に入れられていますが、イスラームは宗教ではなく習慣、法律も含む人間の「生」そのものだからです。つまり、私たちが「神を信じていません。ユダヤ教徒でもなければ、キリスト教徒でもない」という発言は必ずしも自分の命をテロリストから救済できる台詞ではありません。神を信じない人間は彼らには動物と同じです。具体的な宗教名を出さずとも、「私も神を信じるひとりです」と名乗った方が救われる場合もあるでしょう。

兎にも角にも、犠牲者の数で大騒ぎする日本という国と、生存者がいることで奇跡だと大騒ぎする欧米諸国との間に大きな基礎知識の違いがあることだけは確かですね。

殺すことでひとつの霊魂が肉体を去ろうが、テロ実行中に自らの生命がこの世で終わろうと、どちらの立場であっても、聖戦において殉教した者の霊魂は天国直行であることが約束されているので、これもまた、彼らに「罪」だと言い聞かせても理解に至ることはまずありません。殉教ほど美しく、来世が約束される行いはないわけで。これも私たちには理解不能な非常識であっても、彼らのイスラーム原理主義の中の一部の世界では「理解して当たり前の常識」です。

とまあ、ここ数日、日本語で飛び交うこの事件の意見を眺めつつ、意見文の中に「日本人」という枠組みで救済やら解決、政府批判もろもろ出ていると、限界が見えます。というのも、単純な話、イスラーム原理主義の中の一部の世界において、イスラームとして生きていない人間は、ヒトが決めた国境や国力、身分も、外見も関係なく、「同じ」です。日本という国が富裕国である、日本人は宗教を持たない、ゆえに他国の人間より優遇し、救われる可能性が高いという話は、極東の島国日本における「神話」に過ぎないと思います。

神が不在の日本と言う国にはびこる神話における「神」とは誰なのでしょう?

知りたいところです。

le 23 janvier 2013, Barnard


他にも電脳域の日本語で飛び交うこの事件の推測や意見、記事に首傾げてしまう話が多々あれど・・・


【追 記】
書き忘れましたが、今回の事件がアフリカの、アルジェリアと国境を接するマリと言う国でフランスが戦争を起こしたことが原因である、フランスのせいだ・・・という単純な意見も飛び交っているようだけれど、フランスや他のアフリカ数か国が援軍しているマリ政府軍の軍人さん、兵隊さんもほぼ全員がムスリムである点を忘れないでください。マリ北部を陣取る原理主義のムスリムとムスリムであるマリ国民の間の違いはいったい何なのか、丁寧に知ることが大切です。
[PR]
by ma_cocotte | 2013-01-23 18:01 | 『?』なミュぢゅるマン | Comments(10)
初雪が降りました。
朝、雨戸を開けたら、雪が積もっていました。
b0070127_2271087.jpg

1月の半ばすぎに初雪・・・
ココ新天地に引っ越して来て6年が過ぎましたが、以前は12月に雪が降ったものでした。
仏蘭西も温暖化に動いているのかなあ・・・と、ふと。

le 20 janvier 2013, Sébastien

[PR]
by ma_cocotte | 2013-01-20 22:09 | 『冬』 Rien de spécial | Comments(0)
しゃり、ぢゃりぢゃり
先日、スペキュロ Spéculoos のクランチペーストを見つけることができました。
b0070127_17143694.jpg

ココんちあたりが超ウルトラスーパーど田舎のせいでスペキュロ人気をわかっていないのか、
それともスーパーマルシェがあまり売りたくない商品なのか存じませんが、
陳列棚の最下段に置いてあり、あの場所ではご高齢の方が取るのが難しいです。



さて、封を開けたスペキュロのクランチペースト。
b0070127_17175785.jpg

ペーストの中にかなり細かく砕かれたスペキュロのツブツブが入っているので、スプーンをペーストに入れるとまるで私たちが霜柱を踏んだ時のような感覚を思い出せます。しゃりしゃり、ぢゃりぢゃり~っと。

おいしかったです。
クセになりそうだけれど、クセになったら太りますね。

le 17 janvier 2013, Antoine le Grand

[PR]
by ma_cocotte | 2013-01-17 17:30 | Thé ou Café? | Comments(2)
初日の出で、パン、パン、パン
新年明けて第十一日目にしてようやく
b0070127_20181787.jpg
初 日 の 出

を拝むことができました。
なんだかほっとしたわ・・・。

le 11 janvier 2013, Paulin d'Aquilée

[PR]
by ma_cocotte | 2013-01-11 20:21 | 『冬』 Rien de spécial | Comments(0)
公 現 祭+L'épiphanie
今年もやってきました、エピファニ L'Épiphanie、東方の三賢王が砂漠の小屋で生まれた幼児を礼拝したことを記念する「公現祭」というお祭り日。毎年1月6日に公現祭をお祝いしますが、今年は日曜日にぶつかってしまいました。たとえ日曜日であっても午前中ならばたいていのパン屋さんは開店しています。ココんちでも公現祭のお祝い菓子であるガレット・デ・ロワ galette des rois を買いました。
b0070127_23103366.jpg

毎年、このお菓子を買うにあたり、こだわっていることは、
*量り売りであること
*餡がアーモンドの皮入りのマジパンであること
です。今年は、朝市に出店しているお菓子屋さんで求めましたが、切って大正解。

b0070127_2312541.jpg

中には、アーモンドの皮入りの餡がぎっしり。
そして、口に入れて大正解。本当に美味しいガレット・デ・ロワでした。

さて、中に入っていたお人形。
b0070127_23144233.jpg

ご降誕の聖劇とはまったく関係のない「ベンガルの虎」。
これは、大ハズレ。がっかりであります。
できれば、ご降誕の登場人物、動物のお人形が欲しいであります。
「ベンガルの虎」を裏返してみたら、

b0070127_23164081.jpg

確かに矢印の先はインドです。
教育には良いお人形かもしれません。

le 6 janvier 2013, Epiphane

[PR]
by ma_cocotte | 2013-01-06 23:19 | 『冬』 Rien de spécial | Comments(0)
壽 ことほぎ
b0070127_23375510.jpg


Bonne Année!

Je vous souhaite une heureuse nouvelle année 2013.

謹 賀 新 年

ま・ここっと


le 1er janvier 2013, Sainte Marie, mère de Dieu




・・・と、日出づる國日本に遅れること八時間、こちとら、お台所で猛烈に稼働中。

[PR]
by ma_cocotte | 2013-01-01 00:00 | 『冬』 Rien de spécial | Comments(6)