<   2013年 03月 ( 18 )   > この月の画像一覧
良心についての尊重、無知についての尊重
b0070127_1733679.gif

フランソワ・オランド大統領とエロ内閣において、同性同士の市民婚姻を「まりああぢゅ・ぷる・とぅうす Mariage pour tous」と名付けており、これをわかりやすく和訳すると「共和国民すべてのための婚姻」となります。同性愛者であれ、異性愛者であれ、両性愛者であれ、すべての共和国民に婚姻の権利が「等しく与えられる」ようにするのです。そのように共和国が全ての共和国民に平らに等しく門を開き、共和国内の市役所の長上が愛するふたりを祝福し、共和国で定められている婚姻した成人に与えられる権利と義務も同性婚者にも課せられることになります。

まっ、ココまでは成人の二人が自分の意志で決めて婚姻の形を選ぶのですから、二人の自由意志が何よりも尊重されても不思議はないでしょう。が、そこから先が問題で、同性婚の夫婦が子供を欲したら、その家庭に子供を迎えるあらゆる手段も共和国の法律で許そうと現政権は動いているのです。ココ数か月、仏蘭西国内で問題になっているのは成人二人の婚姻より、彼らの願望によって造られる「未成年の共和国民」についてなんです。仏蘭西共和国の現政権が認可しようとしている諸条件の中には人権に触れることも含まれています。

上のポスタアは同性婚支持者が掲げているものです。上段左は同性婚反対者側のスロオガンのひとつで「各自の良心の自由を認めよ」というもの、上段右は同性婚支持者側が作ったパロディスロオガンで「我々の無知の自由を認めよ」というものです。キリスト教生活文化において無知は罪になりません。つまり、同性を愛するようになったのは自らが無知であり、自ら欲した(発した?)「汚れ無き欲求」ということ。彼らが子供を欲することも「純粋な欲求」であり、子供の性別を彼らが選択するのも「純粋な欲求」で、彼らが選ぶ胎や精子も「純粋な欲求」ですし、同性婚であっても子供を養子に迎え共和国の国籍者にするのだから、共和国のための未来の納税者を養うことで、仏蘭西共和国の未来は人口減少することもない。貢献しているのは同性婚の成人たちらしいです。これが「無知」ゆえに出された純粋な答え。良心に汚された発想で彼らの考えを熟考したところでなんら答えは見つからないし、良心ある者と名乗る人間は彼らの欲望を阻む悪者なんです。

以上、いくら成人とは言え、無知による純粋な発想を言の葉にしたのだから、世間は兎も角、宗教者が彼らの考えを裁けないのです。(この点、日本という国では曖昧にされてしまう欠点がある)。

・・・と、そういう反論の余地無の「無知による純粋な主張」のシナリオを作る頭の良いヒトは今の世の中、いくらでもいるだろうなあ・・・・と感服していたら、今回の同性婚法案実現を社会党政権に強く推している裏の団体のひとつが
フリーメイソン Francs Maçonnerie
だという情報をいただきました。ワタクシ、納得でした。はっはっは。
b0070127_1814055.jpg


兎にも角にも、仏蘭西の同性婚法案を反対したり、彼ら同性婚者の養子縁組認可を阻む「知恵のついたヒト」は「無知、無垢で純粋なヒト」にとっては悪魔というこってす。フランソワ・オランド大統領とエロ首相は物心つく前からカトリックとして育てられたけれど、二人とも20歳前後の時、自らの意志でカトリックを捨て、現在は無神論者で生きていますから、自らの意志でカトリックを捨てた時に良心も自分の力で捨てたのでしょう。今の彼らが悪魔である同性婚反対者の意見に目も耳も向けない・・・これもまたロジックなのかもしれません。


ところで、先日3月24日、花の都はお巴里での同性婚法案反対集会時、私の右斜め上空の窓辺から写真を撮り続けていた方。印象的だったけれど、性別不明だわさ。
b0070127_1892594.jpg

「都会の洗練された無神論者やフリーメーソン会員」の狡猾な論の進め方にさめざめと泣く「田舎のキリスト教徒」はゴマンといるわけでw


le 29 mars 2013, Gladys



昨晩20時から、仏国営放送France 2で1時間強、フランソワ・オランド大統領を迎えてのナマ番組が放映されたけれど、なんとまあ、仏国営放送本局前に同性婚法案反対者が多数つめかけたとのこと。以下、証拠のビデオ。ご笑覧ください。悪魔がいっぱいw 6500もの悪魔が集まったそうだww



[PR]
by ma_cocotte | 2013-03-29 18:18 | 『?』な、お!?仏蘭西 | Comments(0)
目に見えること、目に見えないこと
26日の火曜日から自分は少々ムっとなっています。
その理由はフランシスコ教皇さまが歴代教皇がお住まいだった公邸には引っ越さず、コンクラアヴェ開催時から滞在しているサンタマルタ Santa Martaのお部屋での滞在を続けると発表したことで、やたら日本語のマスコミがこのことについて「新ローマ法王フランシスコは簡素な生活を望む謙虚な姿勢である」と、まるで美談のごとく喧伝しているからです。
そんぢゃ、ナニかい。
今までの教皇さま方が簡素を好まず、謙虚でなかったとでもおっしゃりたいンですかい?
とね、言い返したくなります。
所詮、世界中どこの国であっても、たとえ昔はカトリックが国教だった国であっても、今回のように他人の目に見えることで清貧や謙虚「らしさ」を示さないと美談扱いにはならないのだよね。

以下の写真がフランシスコ教皇様が選ばれたサンタマルタの寝室。
b0070127_0392774.jpg

「自室は一つでベッド、机、椅子、整理ダンスしかない。」という条件だと質素とマスコミに認めていただけるようだけれど、カトリック世界において身分が聖であれ、俗であれ、カトリックの司祭館や修道院、巡礼宿、学生寮いずれの施設も備品は「ベッド、机、椅子、タンス」です。誰もが皆、この備品で生活しています。カトリック環境の生活空間では誰もが教皇さまと同じく質素なの。フランシスコ教皇さまだけが唯一の、滅多にいない「質素、簡素な教皇」ではありません。


さて、以下の写真。
こちらはコンクラアヴェに前後して、新しい教皇のために準備された仮御所の寝室です。
b0070127_0482476.jpg

確かに一見、サンタマルタのベッドよりは見栄えは良いし、立派です。
ならば、マットレスを先の教皇様のお古を用いて、もしすばらしいシャンデリアのような照明が公邸の天井にあるならば、それらを全て裸電球に替えれば、たとえ公邸に住もうとも「質素、簡素を好む清貧の法王」とでも世間で宣伝してもらえるのでしょうか?

...清貧ってそういうことではないと思う。
謙虚さも、質素であり簡素ならば謙虚であるという方程式にはならないでしょうにね。

他にも最近のヴァチカンねたでついうっかりムっとなるウワサは間髪おかずに次々と見聞してしまっていますが、ここまで来ると、私はラッツィンガア名誉教皇さまを弁護したくなります。教皇として装束、習慣含めて遵守し、生涯現役教皇であることを自ら止めたことが唯一の「我を張る様(さま)」であり、引退後は何もかもカトリック世界に既に存在する規定に従われていること。赤いお靴を脱いで、革のサンダルで過ごされる。ラッツィンガア名誉教皇さまの勇気と決断実行について、「新しい法王による改革」ネタというヒトの思惑で、ひとひとりの良心あっての潔い行いに霞をかけてはならないと思います。

ココ数日、唯一癒されている話題は、ラッツィンガア名誉教皇さまの飼い猫が新たに公開されたこと。
b0070127_114845.jpg
お名前は、コンテッシ~ナ Contessina ちゃんでっす。

コンテッシ~ナちゃんの右の白いお皿にカリカリが、更に奥の緑の器にお水が入っているのでしょう。コンテッシ~ナちゃんに差し出す前にラッツィンガア名誉教皇さまの右手で器それぞれに十字を切られるのかしら・・・なんてしあわせな猫だこと。

le 29 mars 2013, Gladys

[PR]
by ma_cocotte | 2013-03-29 01:09 | Vive le pape! | Comments(0)
願望も繰り返せば現実になるのかもしれない。
以下、フランシスコ教皇さまが3月13日にロオマ教皇として披露されて以降、仏蘭西国内のマスコミで延々と繰り返している「フランシスコ教皇の御世になったら変更されるであろう項目」と同じです。それは、【離婚、避妊、神父の妻帯は許す可能性がある】というもの。仏蘭西のマスコミによってはフランシスコ教皇の時代に同性婚認可もありえると流していたりもしました。しかも、結びは「だから仏蘭西にとってフランシスコ新教皇は都合の良い存在」とまで公言していました。

新ローマ法王:清貧の原点はスラム…通いつめ十数年

毎日新聞 2013年03月27日 12時14分(最終更新 03月27日 13時24分

(前略)

 神父の性的虐待スキャンダル、バチカンの内紛……課題は山積している。小説「逆さの十字架」でカトリック教会の偽善を暴いた作家のマルコス・アギニス氏は「教会は大改革が必要なことを認識している」と言い、ベルゴリオ枢機卿が法王に選ばれたのは(1)欧州人でない(2)性的虐待問題が火を噴く北米大陸と無関係(3)アフリカの宗教と混在し過ぎたブラジルを除く(4)前法王と違って強いメッセージと存在感を出せる人物−−との観点からと分析。「人当たりは柔らかいが信念は強固。同性愛者の教会婚は認めないが、シビルユニオンと呼ばれる一定の法的保護は認めるだろう。妊娠中絶反対の立場は維持する一方、離婚、避妊、神父の妻帯は許す可能性がある」と推測する。


全文:http://mainichi.jp/select/news/20130327k0000e030211000c.html





なんだかなあ。

フランシスコ教皇さまは「仏蘭西共和国にとって都合の良い思想の教皇」ではなくて、単純にフランソワ・オランド大統領とエロ首相をリーダーとする「仏蘭西社会党政権にとって都合の良い教皇」ではありませんか。もし、この記事に掲載された可能性が本当に実現するのだとすれば。

確かラッツィンガア名誉教皇さまが来仏した時も、まるで仏蘭西司教団が離婚認可や司祭妻帯が実現する可能性があるとほのめかしたような報道ばかりが流れたけれど、実際、司教総会開会の席でのベネディクト16世(現ラッツィンガア名誉教皇)の演説ではまったく逆の意見をはっきりと述べられました。それは現代のカトリック諸問題の原因は要理教育などがおろそかになっているからこそ発生した問題だから、司教たるもの、しっかりよく考え直し実行しなさい、というもので、当時の教皇発言が今年の「信仰年」のベースにもなっているように思えたりもします。

仏国営放送も、民放の雄TF1もサルコぢ前大統領時代に事実上、掌握された形だったので、フランソワ・オランドの御世となり、これら二大放送局はどう自由を取り戻すのだろうかと期待していたけれど、なんだな、偶然にもこうして「王のいない仏蘭西」にとって王のような存在であるロオマ教皇が新たに選出された「事件」によって、現在の仏蘭西のマスコミは社会党の願望が適うようなハナシを連日くどく流すということがよくわかりました。

いくら同じ内容の「フランシスコ教皇の時代に仏蘭西にとって喜ばしい改善事項が実現されるであろう」が連日連夜、繰り返し流されても、騙されるヒトはカトリック信仰生活の外にいるひとびとであって、カトリックで生きているヒトには上に掲げられたような「離婚、避妊、神父の妻帯は許す」可能性については
ないってば。
としかつぶやけません。それとも、新しい教皇さまは強権を振るうのですか。
この手の世俗からの願望は「カトリックの新しい教皇」に無理やり押し付けて重ね合わせるより、七夕の日に短冊に書いて笹に飾ってみてはどうでしょう。かなうといいですね。

le 27 mars 2013, Rupert

[PR]
by ma_cocotte | 2013-03-27 23:03 | actualité 現時点の現場から | Comments(6)
きのう、わたしは、現場におりました。
b0070127_2354336.jpg

2013年3月24日午後2時より、仏蘭西は花の都お巴里で行われた同性婚関係法案反対デモが行われました。
今にも雨、いえ、雪が降り出しそうな日曜の午後となり、とても寒かったです。

b0070127_2374323.jpg

今年は同日(2013年3月24日)がカトリックの典礼暦では「枝の主日」と呼ばれるイエズスさまのエルサレム入城を記念する日でもあったので、こうしてスローガンに午前中、教会で祝別されたばかりの枝を添えているヒトも多くいました。

b0070127_23163572.jpg

昨日は演壇に政治家だけでなく、地方行政や裁判所の長上さんや各宗教(カトリック、プロテスタント、イスラーム、他宗教)の家族代表、実際に幼少期に養子縁組で仏蘭西に入国し成人したアジアやアフリカ生まれの方々が立ちました。自ら演壇でご自身がホモセクシュアルだと告白しつつも、だからと言って同性婚や同性婚家庭の養子縁組、彼らが子供を得るために発生する人身売買には反対だと断言した市長さんもいました。イスラームのご夫妻がこの法改正によって二次的孤児を作り出すことになるが、政府がそれを容認してどうするのだ!という主張は本当にごもっともでうなずくばかりでした。
もし法案が通った場合、初等教育における「こどもの誕生」について教育に限界が生じることも改めて問題の深さを悟らされました。



b0070127_23235582.jpg

こういう形での宗教間の(ひととしての良心をもっての)エキュメニカル運動もあるのだなあ・・・と勉強になりましたよ。いずれの宗教も「同性愛である個人」をなんら批判していません。あくまでも「同性の婚姻」と「同性婚の家庭の養子縁組認可」にとてつもなく大きな問題があると繰り返しているのです。
b0070127_23412345.jpg

スローガンの中にはフランソワ・オランド大統領も、エロ内閣も同性婚認可より先に失業者対策に専念しろ!というものがありました。これ、本当に「ごもっとも」としか言いようがないくらい、共和国内の失業現状は深刻です。何か同性婚関係法案を早急に可決、認可しなければならない理由が大統領さんや首相さんだか仏蘭西社会党にあるのでしょうかね。フランソワ・オランドがミッテラン大統領を意識し過ぎるあまりに大統領として何かひとつデカい法改正で名を残したいという野心があり、そのための「同性婚認可」なんだという意見を何度となく見聞しているけれど、きっとたぶんソレなのかもしれません。そんなにこの世の歴史に名前を残したいンですかねぇ。くだらん。


b0070127_23122011.jpg

私は仏蘭西国籍を持たないまま仏蘭西に長期滞在している者なので員数外ではありますが、ずっと同性婚に関係する諸法案改正についての動きを眺め、こうして現場での様子を直に見聞したことで、これ以上、大統領、首相による社会党政権が民の求めを徹底無視して、同性婚を強行で認可するというのは民主共和の精神に反していると見ています。

昨日のこの運動。
警察発表では30万人参加、共和国中から巴里市内にやってきたバスは230台。主催者側発表では140万人参加、バスは450台です。他にも巴里まで遠方の都市からは新幹線チャーターでの上京となりましたし、マイカーで上京した家族もいます。
巴里市内在住者はこうして自宅からアピールしたひとびともいました。
b0070127_2345953.jpg

日本のような政治現状なので、ガイジンの私が意見してもアレだけれど、もし本当に仏蘭西という国が成熟した精神国ならば、昨日の勢いからしても国民投票を行うのが道筋ではないかと考えます。

le 25 mars 2013, Humbert

[PR]
by ma_cocotte | 2013-03-25 23:47 | actualité 現時点の現場から | Comments(5)
この世で二人の、白い教皇
まさか私がこの世にいる間にこのようなことを見聞できるとは思いもしませんでした。
b0070127_2334876.jpg
L'Osservatore Romano





b0070127_23391860.jpg
L'Osservatore Romano


b0070127_23394765.jpg
L'Osservatore Romano


土曜日の午後、カステル・ガンドルフォでの写真が次々と配信されているけれど、並んでお祈りしているお二人の写真が好きです。

土曜日の日没から聖週間に入ります。復活祭まであと七日。

le 23 mars 2013, Victorien

[PR]
by ma_cocotte | 2013-03-23 23:34 | Vive le pape! | Comments(0)
黒い教皇さんと白い教皇さんが、
b0070127_1241563.jpg
ごっつんこ。
Photo: L'Osservatore Romano


どうやら3月21日、ようやく「黒い教皇」イエズス会総長アドルフォ・ニコラス師と「白い教皇」フランシスコ教皇様が会談の時を持たれたようです。めでたし、めでたし。

赤い教皇さんと国務長官はいったいどなたに・・・。

le 22 mars 2013, Léa


実は今度の土曜日の夜から世界中のカトリックヲールドは聖週間という復活祭前の大切な一週間を迎えることになっていますが、21日、ヴァチカンより今年の聖木曜日(3月28日)、フランシスコ教皇様はこれまでのヴァチカンの大聖堂でのごミサを司式せず、青年刑務所で聖木曜日のごミサをささげ、聖木曜日に行われる洗足式も刑務所で行うことになると発表されました。すっきゃんだーる。
[PR]
by ma_cocotte | 2013-03-22 01:29 | 『?』なKTOりっくん | Comments(0)
自らの自由意志で、捨てたひと。
b0070127_471725.jpg
Radio Vatican en français

この写真は2013年3月19日、ヴァチカンでのフランシスコ教皇着座式にご夫妻で出席したフランスのエロ首相です。エロ首相と日本語で書くと誤解されかねませんので、フルネームでもう一度、フランスのヂャン・マルク・エロ Jean-Marc Ayrault 首相であります。


b0070127_431531.jpg
http://www.leparisien.fr

聞いた話ではカトリックの家庭に育ったエロ首相は高校時代からキリスト教青年同盟に参加していたものの、大学入学後、マルクス主義と社会主義の洗礼を受けて脳みそを洗い洗われてしまい、現在は正真正銘の、自他共に認めるアテ athée さん、つまり無神論者さんですと。オトナになったボクが自分で見出して、そう信じたのです。かみさまは人間の自由意志を尊重しますので、どうぞエロさんのご勝手に、なのでした、まる

la 21 mars 2013, Clémence

[PR]
by ma_cocotte | 2013-03-21 04:34 | 『?』な、お!?仏蘭西 | Comments(0)
万事つつがなく
執り行われました。
b0070127_4354977.jpg
Radio Vatican en français


指輪、パリウム(子羊の毛で織られた帯状の肩被)、バクルス(牧杖)全て無事、教皇さまの御身につけました。
めでたし、めでたし。

b0070127_437586.jpg






数日前にこんにちのご慶事のごミサの福音書朗読はギリシャ語で朗唱されると漏れ伺っていたので、実際に拝聴し、耳慣れない響きに心ときめきもしました。

ミサ中継全編はこちら ↓ で。前半2時間50分は着座式ミサ、後半はVIPとの謁見中継になっています。



さて、フランシスコ教皇さまはこうして2013年3月13日聖ヨゼフの祝日に着座されましたので、お次は国務長官はじめヴァチカン市国の人事に世間の注目の目が集まり始めることになります。

2013年3月13日現在、白い教皇はイエズス会出身のフランシスコ教皇さま、白い教皇さまの左右を支える赤い教皇と黒い教皇のうち黒い教皇はもちろんイエズス会総長、ヴァチカン市国公式新聞であるロッセルバトーレ・ロマーノ L'Osservatore Romano 紙の編集長はイエズス会の神父様、小さな欧州の欧州連合大統領はイエズス会教育で育ち、現在もイエズス会に関わる世俗さん、そして一人当たりの国内総生産世界一の国ルクセンブルク大公国の大司教もイエズス会司祭なので、まさか国務長官や赤い教皇(福音宣教省長官)にイエズス会員が選ばれるなんてことはないでしょう・・・・。え?ありえます?

さてさて、どうなりますことやら。

le 20 mars 2013, Herbert

[PR]
by ma_cocotte | 2013-03-20 05:08 | Vive le pape! | Comments(0)
30分を切りました。
きょうの朝、約30分置きに繰り返される仏国営放送ニュウスのトップニュウスはロオマからの生中継。まもなく午前9時半から先日3月13日に選ばれたフランシスコ教皇様の着座式ごミサがささげられるからです。
b0070127_1718691.jpg
なんとすばらしすぎる晴天でありましょう。
Radio Vatican en français


午前9時直前の仏国営放送 France 2 のニュウスによりますと、フランシスコ教皇さまはパパモビルに乗って広場にお出ましになったものの、すぐに下車してしまいました。動く映像で私もその事実を拝見しましたよ。
b0070127_178334.jpg
今から10分ほど前、パパモビルから降りる直前のフランシスコ教皇さま
Vatican Radio - English Section



ヴァチカンは準備万端。いったいいくつのチボリウムなんだ・・・
b0070127_17105154.jpg
Radio Vatican en français



共同司式者なのでしょう。しあわせ。
b0070127_17132255.jpg
Radio Vatican en français


背後から聞こえるミサ生中継番組によりますと、きょうのご慶事、世界の31か国から国家元首が参列で、仏蘭西共和国からはヂャン・マルク・エロ Jean-Marc Ayrault 首相が代表として送られたとのこと。ああ、エロ首相ってとても真面目なカトリック家庭に生まれ育ったのに、大学の基礎課程時代に社会主義運動家に脳みそを洗われちゃって、現在は無神論者として毎日過ごしているムッシュウなのですよね。(-。-) ボソッ
彼にとってはタイミング悪く、こんなミッションを上長であるフランソワ・オランド大統領さんからもらっちゃったので、バツ悪そうな表情でヴァチカン宮殿内に突っ立っている様子がテレビ画面で紹介されましたけれども、1mm程度でも改心のきっかけになればよいですね。

では、しばし。
b0070127_17263100.jpg
そんぢゃ、あとでね。あ・とぅったろ。
Radio Vatican en français



le 19 mars 2013, Joseph



ところで、日本國政府からはいったいどなたが代表なので?
[PR]
by ma_cocotte | 2013-03-19 17:10 | Vive le pape! | Comments(0)
この紋が目に入らぬか!
IHSの文字がおいらにはまぶしくって...
え!? あなたさまも?(感涙
b0070127_1345175.jpg

IHSは、これまでココで何度もみんなたちとおしゃべりした、あのIHSです。
イエズス会と言えば、あい、えいち、えす 070.gif071.gif070.gif
わたくしたちが教会訪問するとつい探してしまうのが、あい、えいち、えす 070.gif071.gif070.gif

ですから、フランシスコ教皇さまの紋章のど真ん中に、あい、えいち、えす 070.gif071.gif070.gif なんて涙がどばーっっと目から滝なんざます。

既に日本國では3月19日を迎えておりますが、欧州は未だ前日18日。3月19日はフランシスコ教皇様の着座式がヴァチカンで行われ、その式をきっかけに紋章やバクルス、指輪などが初披露されると信じていたのに、なんと前日、紋章についてはこうして披露されてしまった・・・・時代を感じます。

さて、紋章下方にフランシスコ教皇さまのモットー“Miserando atque eligendo”がございますけれど「慈しみと選びによって」と日本語に訳すらしいです。

そんぢゃ、ほなまた。(いきなり~w

le 19 mars 2013, Joseph

[PR]
by ma_cocotte | 2013-03-19 01:45 | Vive le pape! | Comments(0)