<   2013年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧
きょうは朝からずっとコレだった。
b0070127_21495227.jpg
https://www.facebook.com/PlaceRoyale


低い国 Pays bas 、いえ、俗に呼ばせていただくならばオランダの王位継承と新国王即位式についてでざます。
国王がいない仏蘭西という国で、なぜか欧州諸国の国王とヴァチカンの法王についてやたら丁寧に騒ぐのは毎度のことですけれど、きょう、興味深かったことは新しい国王(ウヰレム・アレクサンドル Willem Alexandre )の即位式なのになぜか仏蘭西では妃殿下のマキシマ Maxima さんについての話題を繰り返していました。それはマキシマさんがアルゼンチンの出身で旧教徒だから。今年は3月に選ばれたロオマ法王もアルゼンチン出身なので、今はアルゼンチンが旬なのだそうだ。それのどこが仏蘭西までもが大喜びするのだろう?と首を傾げてしまうのも私が欧州から10000kmも離れた国の、顔のっぺりガイジンだからですね。仏蘭西が元はカトリック国教国だったという藁にすがるマスゴミ・・・呆れます。

午前9時半からの生中継でそういう旧教ネタばかり話していた解説者が、午前十時を過ぎて、この写真の場面がテレビ画面に映った途端、「ココからは新教の世界です」とおっさった。噴出してしまいましたよ。
b0070127_0485412.jpg
https://www.facebook.com/PlaceRoyale

カトリック教徒のマキシマさんが今日の主人公のひとりとしてしっかりいらっしゃるのにね。おまけに、背後の絵画は宗教画に見えるけれど宗教画ではないのかしら。

日本國で教育を受けたひとならばオランダ(阿蘭陀)と聞けば鎖国後でもオランダが新教国ゆえに日本との交易が許された国として頭に残っていたりしますが、今のオランダに国教は存在しないのだそうです。確か新国王とマキシマさんの婚姻が決まった時に、マキシマさんは改宗しないけれど、生まれてくる子供の教育はオランダ王家の伝統に従うという誓約があったと漏れ聞いた記憶があります。

さて、オランダという国。
本当に日本国内の日本史や世界史で教えているとおり新教国なのでしょうか?
実は、確かにオランダの王家の宗旨は新教ですが、国教は無し。それでは庶民の宗旨は?となると、意外にも昔からオランダの庶民の宗旨は旧教、カトリックが優勢なのです。日本という国は相手国の長上一族が新教だから交易認可したわけで、もっと広い目で眺めたら国民の生き方はカトリックなので、日本が交易を禁じた諸国の平民さんと同じだったのです。なんだかなー。オランダさん、ラッキーでしたね。

とココまで書いたところで、それでもオランダは新教国だ、とおっしゃる方もいらっしゃると思うので、外務省データを転載しますと、
キリスト教(カトリック27%、プロテスタント16.6%)、イスラム教(5.7%)、ヒンズー教(1.3%)、仏教(1%)、無宗教・その他(48.4%)(2011年 オランダ中央統計局)
と、キリスト教徒の比率は明らかにカトリック優勢の「今のオランダ」なのです。21世紀に生きているのに、鎖国時代の欧州宗教分布をそのままで語ったところで、それは過去。勉強になりました。

そんな話で以下の写真。昨晩(4月29日)の晩餐会の様子です。
b0070127_141774.jpg
https://www.facebook.com/PlaceRoyale

天井の左上に目を合わせると、白い修道服をお召しの人物が描かれています。間違いなく旧教の修道士の肖像でしょうけれど、そういう方面の絵をすべてヘラで削り落とすような新教の宗派でなくて良かったです。あ、オランダという国に国教は「無」。それが「今のオランダ」でした。

le 30 avril 2013, Pie V

[PR]
by ma_cocotte | 2013-04-30 23:13 | 『?』なオイロッパ | Comments(0)
三 寒 四 温
ココは間違いなく欧州の土地でしょうに、どうも今年は三寒四温が繰り返されています。
木曜日に野暮用で旧市街に参りましたら、マフラーを首にまき、冬のジャケットをはおった自分以外、行き交うひとびとは皆、袖なしにショート、サンダルでイキイキと歩いていました。それを目の当たりにし、なんだか自分が野暮で田舎者だと思い知り、恥じ入ったので、帰宅後、冬物のセーターを皆、洗濯しました。ところが、翌朝から冬の戻ったかのように冷え込み、きょう土曜日もかなり寒いです。

東京よりココはかなり北なので、かつては3月1日になったらコオトを着ないようにしていた自分も、ココでは4月1日まで延長してはいるけれど、今年は例年に比べ春の訪れが遅いというか、先の木曜のように半袖やタンクトップでも平気なほどの陽気になったり、昨日今日のように寒くなったり、悪い風邪を引きそうなので気を引き締めねばなりません。

そんな陽気なので、今週はじめに今年初のバーベQを楽しんだものの、金曜日はあまりの寒さゆえ、ウサギの腿肉を使った煮込み料理を作りました。
b0070127_1333496.jpg

ウサギのマスタード&クリーム煮、Lapin sauté à la crème, à la moutarde et aux champignons です。久しぶりにこさえたけれど、うーん、美味しかった。身体も温まりました。

3月31日から夏時間になったことで、外が真っ暗になるのは午後9時過ぎとなりました。来週は5月になるというのに暖房をまだ切ることができません。ああ、あともう少し気温が上がってくれると良いのですが。

le 27 avril 2013, Zita

[PR]
by ma_cocotte | 2013-04-27 23:22 | 『春』 Rien de spécial | Comments(2)
ひとびとを裏や底から操るひとびと
先日23日の午後遅く、仏蘭西国民議会(下院)で同性婚と養子縁組の合法化法案が可決、成立しました。仏蘭西という国にたまたま寄留しているガイジンの私から見ると、なぜ同性婚合法化と同性婚家庭での養子縁組合法化が一緒にされているのか不思議でなりません。

なぜならば、同性の婚姻は成人した二人が決めた自由意志だから。

ですが、同性家庭の養子縁組についてはどうでしょうか?
子供が親を選べるのでしょうか?
今の仏蘭西では未婚女性の人工授精は違法ゆえ、血のつながった子が欲しい女性同性愛者は仏蘭西ではなく国外で人工授精を受けねばならないし、男性同性愛者も国外で代理母を探すことで、彼らの希望、つまり「子持ちの親になる」ことが適うことになります。血はつながっていなくとも養子縁組で「子の親」になるには独身として申請すれば可能だったりするけれど、現法では同性婚の二人が離婚または死別した時、非公式な親側には未成年である子供に関する権利が一切認められていません。これ、日本ではわかりにくいけれど、仏蘭西という国だと例えば幼稚園、小学生の子供について親に送り迎えの義務が発生しますが、今の法律だと非公式な親に学校側は帰宅が理由であっても子供を渡すことができないらしいです。(隣村のおばあちゃまから聞いた話)

加えて、未成年の青少年が心身成長中であると考えると、成人ふたりが決めた同性婚について賛成するひとびとの中から、「子供たちの権利が大切であって、成人した同性愛者二人が望む「子を持つ権利」ではない」という意見が飛び交うのも当然です。
繰り返しますが、なぜ同性婚合法化と同性婚家庭での養子縁組合法化が一緒にされたのでしょう?
b0070127_20465013.jpg


この写真 ↑ は先週、ココんちの地元の県庁前で行われた同性婚姻と同性婚家庭での養子縁組合法反対のマニフェスタシオン(=デモ)の様子です。わが地元は共和国内で有名な社会党帝国ですし、歴史においては旧教より新教勢力が強い土地なので、反対デモの勢いは写真のとおりで、花の都巴里やらリヨン、ボルドーなどのカトリックかつ保守都市での反対デモの勢いとかけはなれています。市内では多くの「同性愛の二人」が既に生活していますが、今のところ、同性婚姻が認可されても、市民婚を司式する側(つまり、市役所の市長)に断る権利が許されているそうなので(堕胎についてと似たような話ですね)、今後、わが地元には結婚するために引っ越してくる同性愛の二人が増えるでありましょう。

しばらく前にもココに書き残したかもしれませんが、今回の同性婚姻合法化法案改正の仕掛け人はフリーメイソン(仏語だとフロン・マソン Franc-Maçon)だということで、仏政治において中道のミギにもヒダリにもフロン・マソン会員はゴロゴロ、いや、フロン・マソン会員だらけだから、間違いなくこの法案は可決成立するよ、という話がガイジンの私の耳にまで届いておりましたので、反対派から請求された違憲審査が行われても、間違いなくこの法案は可決でしょうね。
こんな裏話が既にアタマにあると、法案可決直後のクリスティアヌ・トビラ Christiane Taubira 法務大臣の口から出た「(新法は)新しい権利を付与し、差別に断固とした立場を取り、私たちの国が婚姻制度に対して持つ敬意を立証するものだ」というのも、台詞を準備したのはフロン・マソンだろうと容易に妄想できます。なぜならば仏蘭西に長期滞在していればいるほど、クリスティアヌ・トビラ女史の素をよく知っているからです。ガイジンのアタシには彼女は単に仏蘭西社会党に悪用された踊り子にしか見えません。彼女の笑顔を見れば見るほど気の毒になります、まる


le 25 avril 2013, Marc

[PR]
by ma_cocotte | 2013-04-25 21:39 | 『?』な、お!?仏蘭西 | Comments(6)
まめじどうしゃ
久しぶりに旧市街に参りましたら、市役所前にこのような場所が誕生しておりました。
b0070127_1423950.jpg

路肩の有料駐車場ではございません。
よく見ますと、停まっているかわいらしい白い車は電気自動車で、メーターのようなものはRECHARGE、つまり充電装置なのです。

b0070127_1444128.jpg

さらに目を凝らすと、充電装置の手前は自転車の駐輪場所になっています。場所の無駄遣いを決してしない、おフランスざますね。

そして、充電中のおクルマちゃん。
b0070127_1482749.jpg

小さくてかわいい車を見ていたら、子供の頃に遊んだ豆自動車を思い出しました。あれも確か電気自動車でした。

これらの車、借りることができるみたいです。
既にココんちあたりでは郵便屋さんの車が電気自動車で、かなーりかわいいです。
あっという間に電気自動車が携帯電話のように当たり前のものになるのかしら・・・?

le 19 avril 2013, Emma

[PR]
by ma_cocotte | 2013-04-19 01:50 | 『?』な、お!?仏蘭西 | Comments(2)
雨月ではなく卯月第三週
ようやく さくらんぼ の花が咲きました。
b0070127_2115831.jpg

いつもの年だったならば復活祭と同時に外の水道の元栓を開くのに、今年は復活祭の日、3月31日に仏蘭西の世の中が夏時間に変わったにも関わらず、外の水道の元栓を開くなんて無理、無理でした。なにせ連日の最低気温がゼロ度、いえ、マイナスでしたから。さくらんぼの蕾が開いたので、外の水道の元栓も開きました。

つい二日前の土曜日まで連日の雨、冬のような寒さでオーバーコートも、マフラーも、ブーツも身につけての外出でしたのに、こうしてぐーんと気温が上昇した途端、道行く人は袖なしやらタンクトップやら、仏蘭西びとの変わり身の早さには驚かされることばかりです。自分は未だ冬物で過ごしておりますよ。

ココんちあたりのお子たちは先週土曜日から二週間ほどおヴァカンス・ド・パック les vacances de Pâque 、復活祭休暇だそうで、外はいつもにも増してしーんと静かです。

ああ、それにしても今年の冬は長ぅござあました。
このまま過ごしやすい季節となっていきますように。


le 15 avril 2013, Paterne

[PR]
by ma_cocotte | 2013-04-15 21:13 | 『春』 Rien de spécial | Comments(6)
いっそ、すっぽんぽんになりますか。
なんてね、公衆でヒトがすっぽんぽんでいたら、どこぞにしょっぴかれるのがこの世ですのにね。

新ローマ法王:型破りな言動 好意と注文が交錯

毎日新聞 2013年04月04日 22時38分(最終更新 04月04日 23時56分)

 【ローマ福島良典】フランシスコ新ローマ法王(76)がキリスト教カトリックの伝統を覆す型破りな言動で、古色蒼然(そうぜん)としたバチカン(ローマ法王庁)に新風を吹き込んでいる。一般の信徒やメディアには「親しみやすい法王」として好意的に受け止められているが、保守系とされるキリスト教関係のインターネットサイトでは「カトリックのトップであることを忘れないで」「大衆迎合は時間の無駄」と注文を付ける声も出始めている。▼キリスト教史が専門のローマ第3大学のロベルト・ルスコニ教授(66)は、フランシスコ法王が選出されて以降「法王」を名乗らず、一貫して「ローマ司教」という呼称を使っている点に注目する。「カトリック界では近年、法王の力が強くなってきた。他の司教と対等な『ローマ司教』の呼称に固執することで、フランシスコ法王は教会改革の姿勢を示そうとしているのではないか」と推測する。▼「法王らしからぬ法王」ぶりを行動でも示している。前任のベネディクト16世(85)の退位後、サンピエトロ広場に面する法王用の豪華な居室の修繕が終わっても引っ越さず、バチカン内の離れの別棟で暮らし、朝晩には他の枢機卿と言葉を交わしているという。ミサの説話では古典言語のラテン語ではなく、一般信徒に理解しやすいイタリア語を使う。▼報道陣との会見(3月16日)では「非カトリック教徒や無神論者に配慮」してカトリック流の祝福をやめ、無言で祈りをささげた。イエス・キリストの最後の晩さんにちなむ宗教儀式の洗足式(3月28日)をバチカンの大聖堂ではなく、ローマ市内の少年院で行い、法王として初めて女性の足を自ら洗い、口づけした。4月3日の一般謁見では「女性の役割」を強調した。▼こうした革新的な振る舞いに対して、「ラテン語によるミサ」というキリスト教サイトは3月27日、「法王用の居室をバチカン博物館に収容しないよう願うばかりだ」と皮肉った。また、フランシスコ法王が3月23日にローマ郊外の離宮にベネディクト16世を訪ねた際、礼拝堂で並んで祈りをささげる写真が公開されたことも物議を醸し、イタリア紙に「誰が法王なのか」との投稿が掲載された。

cf.http://mainichi.jp/select/news/20130405k0000m030083000c.html




地球上の西方教会婦女子よ、
その指から指輪をはずし、その耳からイヤリングをはずせ。
今すぐ、押入れからそれは地味な衣服を出し、身に付けよ。
靴は石畳の上を歩きやすいものを選び、磨きに磨け。
化粧は厳禁とす。
もしこれらを公衆で実行したら、私共は世間で質素、簡素である耶蘇教世俗女性として賛美されるであろう。
されねーよw
だって、私たちは無冠、無名、この世という名の草原に生きる羊の一頭に過ぎませんから。羊がまとうウールは羊の身から出たもので、その質が優良ならばこの世で生かされる。だとするなら、私たちの心の在り方によって私たちの心身をもって表される言動が優良であることが何より大切でしょうにね。
羊の皮をかぶった山羊に騙されるのも私たち人間なんですよ。
日本國限定とは申しませんが、お仏蘭西のマスコ゛ミにしろ、「新しいローマ法王」の存在を借りて、市井の私たちをどう洗脳し、煽りたいのでしょうか。2013年3月13日夜の「新しいローマ法王」のお披露目から半月以上経ったけれど、この手のほとほと気分悪くなる記事がいつまで続くのだろう。史上2000年において前例のない「新しいローマ法王」が誕生し、なぜかその「新しいローマ法王」の言動すべてが「革新」であって、「前例がない」と一見褒めちぎっているけれど、こういう宣伝やら印象操作が過ぎると大英帝國ピューリタン革命の時代の市井のように「眼に見える簡素質素倹約こそが信仰の表れ」という信仰の形骸化が再び始まりそうで気分悪くなります。

しかも、上の記事に
ミサの説話では古典言語のラテン語ではなく、一般信徒に理解しやすいイタリア語を使う。
とありますが、私が知る限り、第二ヴァチカン公会議以降の教皇さまいずれもイタリア国内、ヴァチカンでのお説教はいつもイタリア語ですよ。ヨハネ23世典礼だろうがパウロ6世典礼だろうが、カトリックの典礼がラテン語で行われると、聖書朗読や説教まで全てラテン語で行われているというのは ウソ ですがな。
記事の締めは案の定、カトリックの内で革新派とそうでない派閥に分裂しているかのような話題。記事の内容からして、ミギもヒダリも関係ない次元なのに、分裂しているかのような話にするンですね。マスコ゛ミの真の目的はカトリック分裂と弱体なんでしょ。sigh

ウソも突き通せば真実になる・・・_| ̄|○
そういうウワサに振り回されるのはシュウキョウなんかを取っ払ってのこの世の羊ということだ、まる
粛清にいざなわれるのは御免蒙る。


le 5 avril 2013, Irène

[PR]
by ma_cocotte | 2013-04-05 18:38 | 『?』なたわ言 | Comments(0)
行き過ぎた清貧改革
いづれの御時(おほんとき)にか、「行き過ぎた典礼改革」といふ言葉が飛び散らかっておりましたが、今、2013年卯月、これまでの二千年に及ぶ基督教の歴史において前例のない「新しいローマ法王」が2013年3月13日にこの世にお誕生れになったことで、近い将来「行き過ぎた清貧改革」なんて言葉が飛び交いそうだと予感できるほどの「新しいローマ法王」の存在を無断で借りての世間の騒ぎっぷり。ただ、ただ、あきれるばかりでございまふ。

「新しいローマ法王」と言うのは、カトリックヲールドでは「教皇フランシスコ」と呼ばれる方で、この世で初めてのイエズス会という修道会出身の「ローマ法王」で、3月13日夜、選ばれた直後からご本人による生活スタイルのお披露目が全て質素、簡素につながると世界中のマスコミが丁寧に大騒ぎし続けています。が、サラっと記事を読んでみますと、質素・簡素なお暮らしぶりがまるで2000年の歴史上で「新しいローマ法王」が唯一の存在のごとき話になっていますけれど、地球上の名も無き聖職者や修道者が守り続けている生活となんら変わらなかったりします。2000年の歴史上で豪勢な生活を送ったから歴史に名を残すほどの有名聖職者、修道者になったわけで、それがキリスト教はたまたカトリックの生き方として正しいのかと問われれば、「正しくありません」と返答するのが・・・えぇええとぉ・・・・(きょうび、「普通」とは書けないので、何と書けばいいのだ?(笑)

おまけに、イエズス会という前世紀に「解放の神学」という鍵語で世界を賑わした修道会から「新しいローマ法王」が出たことで、「新しいローマ法王」はこれまでのカトリックを破壊するほどの勢いを秘めた人物のようにマスコミが私たちを誘導していること。気になりますね。
なぜ「新しいローマ法王」がイエズス会出身で解放の神学を知らなくは無い南米出身者だと、
離婚
避妊
同性婚
司祭の妻帯
女性司祭
が、いずれも
「新しいローマ法王」の強い力で認可され実現する
と予想できるのでしょうか?
以上、条件「新しいローマ法王はイエズス会出身で解放の神学も知る南米人」と、続く結果「離婚、避妊、同性婚、司祭の妻帯、女性司祭の認可、実現」はまったく必要十分条件にさえなっていないのねー。先日もこの場でつぶやいたけれど、「ないってば」。

そんなわけで、日本語だろうが仏語や英語だろうが、3月13日以降、世間に飛び交っているマスコミが流す「希望」が、希望どころか、彼らの願望、欲望を無理やり 今までに例のない「新しいローマ法王」の誕生 にこぢつけて、実現させようとわれわれを誘導しているにすぎないと見えます。繰り返すゾ、「ないってば」。

今週はじめの月曜日、4月1日の仏国営放送France 5のナマ討論番組は「新しい法王」がテーマでしたけれど、視聴者からの質問のひとつに「現在のようにあまりに新しいローマ法王の生活スタイルが清貧だと称えると、これまでのカトリックの清貧が破壊されはしませんか?」というものがあり、鞭打ちになるほどわたくしは大きく頷いてしまいました。この番組に登場した識者も、新しいローマ法王がイエズス会出身だから伝統破壊するだろうという予想をするより、イエズス会出身だから黙想どころか霊操するほどの祈り方を知っているひとなのだ、と世間が見るのが優先だとおっしゃってて、これもまたうなずくばかりでしたわ。

ヒトの目でわかるほどの過度な地味が強まると、ピューリタン革命後の混乱やヤンセニズムによる偽善もろもろ、悪い芽が噴き出すので、こんな世知辛い世の中で生きる私たちには注意が必要だと思います、まる


le 3 avril 2013, Richard

[PR]
by ma_cocotte | 2013-04-03 21:26 | 『?』なKTOりっくん | Comments(0)