<   2015年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧
皐月半ばを過ぎてようやく、
今年初めてのお庭ご飯です。
b0070127_22405179.jpg

兎にも角にも、今年の五月は寒い、寒い。
例年ならば移動祝祭日とは言え、不思議と復活祭を境に春らしい陽気になるのに、今年はずっと冬のような気候のままです。外出すれば、今もコオトを羽織った人々と出会います。そういう私も春物の薄手のダウンジャケットを羽織っての外出です。
5月17日になり、前日までの銀色の空が青色となり、風も少しおさまったので、思い切ってテーブルとパラソルを出してみました。そして、冷蔵庫にあるものでチャッチャカチャアっとハンバーガー&サラダ。

b0070127_2245739.jpg


久しぶりのお天道様のお目見目で、パラソルにユーカリの陰。
b0070127_22461657.jpg

なかなかでございます。
ところで、このパラソル。TOKIO という名で売られていました。



le 18 mai 2015, Dioscore

[PR]
by ma_cocotte | 2015-05-18 22:48 | 『春』 Rien de spécial | Comments(0)
こんにちは皐月十三日、
ポルトガルはファティマの聖母のお祝い日。
昨年神無月の12日から14日までファティマに自分が居たことを思い出しました。
大雨の中、ファティマに到着し、
b0070127_15113142.jpg


早朝の虹に見送られてファティマを出たことも。
b0070127_15134354.jpg


きょうはファティマの聖母のお祝い日ですので、あの日と同じく多くの巡礼者が自己に厳しい信心業に挑まれていることでせう。
b0070127_15162384.jpg

b0070127_15155953.jpg

b0070127_15164362.jpg

ところで、今年2015年の明日、5月14日の仏蘭西共和国は「キリスト昇天祭」の移動祝祭日でござあます。
ココんち近くの旧市街の朝市も毎週木曜日の大市を一日前倒ししてこんにちに行うとのこと。おまけに、木曜日が祭日なので多くの方が金曜日も休んでしまいますし、幼稚園と小学校の教員さんなどは水曜日が休校日なのできょうから日曜日まで休校・・・・ふぅ、仏蘭西びと、働かないある。

le 13 mai 2015, Fatima

[PR]
by ma_cocotte | 2015-05-13 15:22 | 『?』なKTOりっくん | Comments(0)
トンでもない2015年は皐月の仏蘭西
気がつけば五月に入って7日が過ぎてしまっていました。
何もタイプする気になれないのは四月(←読むにしろ、昔のアクセントでお願いしますよ)の終わりから昨日まで連日の風雨。特に風はそよ風からは程遠い強風で、雷鳴が轟く日もありました。もちろん気温なんぞは冬のごとく、外に出れば今も直、冬のコートをまとった人々が行き交っておりまして。

写真を撮っても、空が銀色だと思うような写真が生まれてくれません。

おまけに4月の終わりから身辺やら身体にトラブル続き・・・ったくね、もう。

そんな自分のトラブルで役所やら病院やら行きたくても、今年の5月は私に優しくはありませんでした。

仏蘭西と言う国の国定祝祭日はカトリックの典礼暦に伴う移動祝祭日と固定祭日で成り立っていますが、今年の復活祭(移動祝祭日)と固定祝祭日を合わせると、なんとまあ、今年の五月に4日も祭日があります。
1日 メーデー(固定祭日)
8日 第二次世界大戦終戦記念日(固定祭日)
14日 キリスト昇天祭(移動祭日)
25日 聖霊降臨翌日の月曜日(移動祭日)
以上です。
ココで、1日と8日がきちんと7日違いなので二週間、同じ曜日が祭日、つまり、仏蘭西という国では会社だけでなくほとんどの商店も休業になりますが、それが今年の場合、金曜日。
金曜日が休みとなると、たいてい前日の午後から休み始めるのが仏蘭西びとであります。電話しても出ないし、自宅訪問工事などもしてくれないなんて当たり前です。おまけに金曜が休みだと土曜日も休業しちゃいます。これを「ポン掛け」と呼びます。ポンは仏蘭西語で橋 pont です。14日のキリスト昇天祭は木曜日ですから、多くの仏蘭西びとは金曜日と土曜日を休んでしまいますのよ。

これを踏まえて今年5月のカレンダーを目の前にし、日曜日、祭日、土曜日とポンがけを休日として数え始めると、なんとまあ、15日休業です。7月、8月のおヴぁかんすを前に仏蘭西びとは5月に15日も休んでいることになります。これが、仏蘭西成人。
仏蘭西共和国内の未成年者は毎年、復活祭直後くらいから春休みに入るので、今年の場合は4月11日から26日まで、4月18日から5月3日まで、4月25日から5月10日までの3グループ分けで春休みが進行しましたから、未成年の子供を持つ親御さんは4月から「休みっぱなし」のひともいないわけではない・・・

こういう仏蘭西びと労働者と関わらなければならないガイジンのミーなどは彼らの生活に振り回されたり、我慢を強いられます。

もちろん私がガイジンで仏蘭西という国に寄留している立場ですから、共和国民のみなみなさまの生活とメンタリティーに頭を下げるのは当然ではありますが、しかし(笑



le 7 mai 2015, Gisèle

[PR]
by ma_cocotte | 2015-05-07 16:12 | 『?』な、お!?仏蘭西 | Comments(2)