<   2016年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧
帰天から三百年
こんにち4月28日。
300年前の同日、ルイ・マリー・グリニオン・ド・モンフォオル Louis-Marie Grignion de Montfort という名の旧教のお坊さまが天に召されたのだそうです。

実はこの方。
ココんちからあんまり遠くない所で天国に帰られたのです。
サン・ロラン・スュル・セェヴル Saint-Laurent-sur-Sèvre というところです。ここには2000年の10月13日に当時のロオマ教皇であらせられた聖ヨハネ・パウロ二世がヘリコプターに乗り、巡礼されたことでも知られています。なんでもヨハネ・パウロ二世が慕う聖人がルイ・ド・モンフォオル(←註:彼の本名が長いため、ココんちあたりではこの名で親しまれています)だったことで巡礼が実現したのだそうです。
b0070127_16392328.jpg
↑ ルイ・ド・モンフォオルの墓前で祈るヨハネ・パウロ二世教皇様 (のナマ写真) ↑


そんなわけで、ココんちあたりのカトリック教゛会では今週が「ルイ・ド・モンフォオル ウヰーク」でありまして、連日、彼ゆかりの土地土地で記念集会が開かれたり、ミサがささげられたり、洗礼式が行われたりしているのであります。今週はじめからパリ市内の公立学校が春休みに入っていることもあり、パリ方面からの巡礼者も多く訪れていることでしょう。

私個人は2009年5月2日にココんちからサン・ロラン・スュル・セェヴルまで日帰り巡礼をしました。
サン・ロラン・スュル・セェヴルに至るまでにいくつもルイ・ド・モンフォオルゆかりの地点があるため、それらに寄りながら彼の帰天地に至る道程でした。この巡礼、日ごろお世話になっている神父様ともん・ここ、私の三人で行いましたが、この神父様は土地のひとなので、ご先祖さまには複数、ルイ・ド・モンフォオルと直に関わった方がおり、そのうちのひとりは山中に隠遁したルイ・ド・モンフォオルに食料を運んだご婦人だったとのこと。ですが、この神父様のご先祖さまだけが後の聖人に関わったのではなく、彼のためにはたらいた先祖を持つひとはこの地方にゴマンといるそうです。

b0070127_1646393.jpg

ルイ・ド・モンフォオルが帰天したサン・ロラン・スュル・セェヴルには彼が創立した3つの修道会の本部があり、そのうちのひとつの女子修道会に彼の遺品(今となっては聖遺物)が展示されています。
b0070127_1649238.jpg

b0070127_16494060.jpg

もちろんルイ・ド・モンフォオルの墓所のあるバジリカ聖堂も町の中心にドッドーンと聳え立っております。帰天300年にあたるこんにちは流石に町中大騒ぎですが、日ごろはそれは静かな町です。ひとり静かに黙想なーんて希望する方にはぴたーりな巡礼地かもしれません。

le 28 avril 2016, Louis de Monfort

[PR]
by ma_cocotte | 2016-04-28 16:55 | 『巡礼』 Rien de spécial | Comments(0)
世間の波に乗り遅れること15年
昨日の朝、愛用のエスプレッソマシーンが突然他界しました。
初代とこの二代目とデロンギ社のクラシックスタイルのものでしたが、ココんちでは三代目にお仏蘭西の多くのご家庭にある センセオ Senseo を選んでみました。
b0070127_073486.jpg

何せ2001年の発売から15年。
新製品が数多あれど、初心者のココんちはあえて基本のクラシックを買いました。
おいしくいただけるといいなあ。

le 27 avril 2016, Amédée
[PR]
by ma_cocotte | 2016-04-27 00:11 | Thé ou Café? | Comments(0)
春を待たずに、
カタツムリの赤ちゃんが次々とうぢゃうぢゃ誕生。
b0070127_20452594.jpg

買ったばかりの花苗のポットの隙間にびっしり。
こうして写真を撮るために太陽を拝ませてしまうと、数分後には全かたつむりが隠れ終えています。
かたつむりの徒歩速度はかなり早いです。

しっかし、4月も20日を過ぎましたのに、ココんちあたりはまだかなり寒く、ダウンコートをしまうことができません。今年は春の訪れを待たずにこうしてかたつむりが次々と誕生しているのか、それとも、ベイビーかたつむりがこうして現れ始めたのだからこんなに寒くても春が来たということなのか・・・うぅうううん、わかんない。

明日は4月最後の日曜日ぢゃ。


le 23 avril 2016, Georges

[PR]
by ma_cocotte | 2016-04-23 20:51 | 『春』 Rien de spécial | Comments(0)
熊本の地震
偶然にも地震直後にその事実を知ったので、NHKのホームページに行き、「テレビニュース同時提供中」をクリックしました。すると、画面上に
このサービスは日本国内専用です。海外からはご利用いただけません。
と出ました。
地震災害は海外には漏らしたくない情報なのでしょうか?
要領よく助けたくても、海外IPアドレスに情報非公開ぢゃ、助けようがないではありませんか。

まぢ、サイテー。
[PR]
by ma_cocotte | 2016-04-14 22:59 | actualité 現時点の現場から | Comments(6)
軽くて、重い。
b0070127_16533397.jpg

近所のスゥパァマルシェで見つけたので、買ってみました。
ヌッテラのお菓子です。
サックサクのウエハアスのような衣の中にドロドロのヌッテラと砕いたノワゼットがちょっと入っています。
軽い歯ごたえのせいで、ついもう一本食べたくなりますけれど、それは個人差があるでしょうけれど、ヒトによっては危険、危険。

しっかし、何だろう?
昭和時代に食べたお菓子を思い出すお菓子です。


le 14 avril 2016, Maxime

[PR]
by ma_cocotte | 2016-04-14 16:58 | Thé ou Café? | Comments(0)
灯台下暗し。
ひとつ前のエントリィ で昨年9月に行ったブルタアニュの小村で見つけた三位一体を表す聖像について、コメント欄にていねいな説明をいただき、この十字架からおろされたばかりのおん子イエスを抱く、聖霊と共にある父なる神を表す聖像には Trône de grâce という名称が冠されていることを知ることができました。(ちなみに十字架からおろされたばかりのおん子を抱く聖母を表したものは「ピエタ」の呼び名で知られています)

あらためて「知る喜び」を実感した私ですが、知る喜びから一夜明け、目を覚ますと同時になぜか我が脳裏をかけめぐるひとつの絵。なぜ一枚の絵と書かないのかと言うと、壁画だからです。その絵はココんちからもっとも近い聖堂にあります。こんな壁画です。
b0070127_15153617.jpg


↑ この写真の上方のかまぼこ型の壁の絵です。
もそっと寄った写真がこちら ↓
b0070127_1517492.jpg

よく見ると、左が父なる神、右が十字架からおろされたばかりのおん子イエス、その二人の間に白鳩の形をした聖霊が描かれています。

おおお、このご絵もまた Trône de grâce トロォヌ・ド・グラァス(身勝手な訳だと「恩寵の聖座」)ではありませんか。なあんだ、意外にも私の身近に同じ表現があったのではないか、と目覚めて一番に気づいたことになりますが、やはりブルタアニュのように3Dの像になると出会いのインパクトが更に増すのかもしれませんね。

などとタイプしつつ、もうひとつ思い出した Trône de grâce があります。
それは、花の都パリはモンマルトルの聖堂内の天井画です。
コレ ↓ 。左がおん父、右がおん子で、間に聖霊です。
b0070127_15284944.jpg


なにしろモンマルトルの聖堂はどデカいので素人の撮影に限界があります。
角度を変えた天井画の写真をもう一枚、ブレブレの一枚がこちら ↓
b0070127_1531956.jpg

上がおん子イエスで、下方(祭壇屋根の背後)がおん父、祭壇屋根の真上に聖霊の鳩ぽっぽ。
ただ~し、このモンマルトルの天井画のイエスさまは白衣をまとい手をあげているので、受難直後ではなく復活後のイエスさまだと思われるので「 Trône de grâce 」のうちなのか外なのか、はて?

と、以上、員数外による妄想でした。
蛍光灯の脳味噌が時間をかけて点灯したとはこういうことだわさ。



どうぞみなさま、善い週末、主日をお過ごしくださいませ。


le 9 avril 2016, Démétrius

[PR]
by ma_cocotte | 2016-04-09 15:36 | 『?』なKTOりっくん | Comments(4)
古今東西南北、ピエタはよく見るけれど、
昨年9月のブルタアニュで見つけたこんな像。
b0070127_16294078.jpg

処刑後のイエスを抱きかかえているのは聖母マリアではなく、父なる神と聖霊(鳩ぽっぽ)です。

私は初めて「父と子と聖霊」のピエタ(?と呼んでいいのかどうかもわかりません)を見つけましたけれど、世界全体では珍しいのか当たり前なのかも存じません。調べる気も知る気力も今のアタシにはないw


le 1er avril 2016, Hugues

[PR]
by ma_cocotte | 2016-04-01 16:32 | 『?』なKTOりっくん | Comments(6)