「ほっ」と。キャンペーン
<   2017年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧
鎖から解き放たれた鴨砲の攻撃は未だ止まず。
はい、こんにち発売のル・カナル・アンシェネ Le Canard Enchaîné 紙の第一面は次期大統領候補であるフランソワ・フィヨン François Fillon と彼の家族による不正についてのスッパ抜きです。
b0070127_17362937.png

先々週、先週に続き第三弾。
ひつこいです。これでは、センテンススプリング砲よりひつこい。
今週も月曜日の午後4時だったか、フランソワ・フィヨン氏が弁明し、立候補者として続行を宣言したので、後は「なるようになれ」なのだろうと思いきや、また火曜日の夕方過ぎから次々と速報でフィヨン夫人に不正給与とボーナスが出ていたと報道が我が目や耳に入ってきたわけで、そしてまた、きょうの朝からはル・カナル・アンシェネ紙の記者がテレビに出てのご説明。うぅうううん、ひつこいというか、他人事の私にとっては「同じパターンが3回続いたら離れ時」なので、私の心の中のオチは「なるようになれ。わしゃ、知らん」ですわね。

こうなっちゃうと「ご武運、祈ります」でさあね。はい。

le 8 février 2017, Joséphine Bakhita


【余 談】
20歳以上年上の妻がいるエマニュエル・マクロン氏に同性愛不倫疑惑が浮上という報道が日本語でも流れていますが、これについては逆風ではなく追い風になるのではないかしら?とちょと想像しています。彼はもともとフランス社会党(ヒダリ)の党員ですし、中道寄りヒダリにはこれまでの(アブラハムを父祖にする)一神教に共通する家族概念の忘却を望んでいる共和国民が多いので、彼らがこぞってマクロンロンに投票するのではないかなあと思うのでした、まる







[PR]
by ma_cocotte | 2017-02-08 17:50 | よっ、大統領!2017 | Comments(1)
鎖に繋がれた鴨、砲弾となって解き放たれた。
中道右派の次期大統領筆頭候補者であるフランソワ・フィヨン François Fillon 氏の命運、ほぼ尽きた感。
原因はペネロオプ夫人(と長女、長男)への公金流用疑惑が先週火曜日から次々と発覚しているからです。

b0070127_14432232.jpg
これ ↑ は、昨日公表されたかの週刊誌シャルリ・エブド Charlie Hebdo 社によるペネロオプ夫人についての風刺画で、点線を切り取って左右に紐を付ければお面になります。今朝からシャルリ・エブドのFB版にはこのお面をかぶったスタッフの写真が掲載されています。

で、事件そのものが発覚したのはこのシャルリ・エブドより幾分マシであろうカナル・アンシェネ Canard enchâné 紙のスッパ抜きがきっかけです。カナル・アンシェネ紙もシャルリ・エブド紙同様、毎週水曜発売なので前日火曜日のお昼過ぎくらいからテレビ・ラジオで騒ぎが始まるのが通例です。今回もそう。先週火曜日にフィヨン家の公金流用疑惑が明らかにされました。
コレ ↓ の右上の見出しがそう。

b0070127_14531526.png
で、騒がれてすかさずフランソワ・フィヨン氏ご本人がTF1の夜8時のニュウスに生出演し「愛する妻を私は守る」と弁明し、今週月曜日だったか事情聴取も終え、無罪放免になった・・・と思いきや、翌日火曜にカナル・アンシェネ紙がフィヨン家公金流用スキャンダル第二弾をブチ込んだのです。コレ ↓ ね。最上段の赤枠でくくられた見出しも、誌名のすぐ下の記事もフィヨン家とペネロオプ夫人、子女についてです。
カナル・アンシェネ は和訳すると「鎖につながれた鴨」になりますが、文春砲ならぬ鴨砲の一発目はフランソワ・フィヨン氏夫人のペネロオプが勤務実態が無きに等しいのに議会アシスタントとして過去10年間に50万ユーロ受け取っていたというものでした。で、月曜日に無罪放免と報道が流れ、翌日までに鴨砲第二弾がフィヨン氏が上院議員だった2005年から07年にかけ、長女、長男に公的予算から84000ユーロを支払っており、ペネロオプ夫人については50万ユーロではなく、勤務実態が無きに等しいのに議会アシスタントとして10年間で90万ユーロもの収入を得ていたのだよ、と。
b0070127_14571505.png
私の悪い耳が拾ったに過ぎませんが、確かフィヨン家の当主であるフランソワ・フィヨン氏は夫人についても、長女・長男についても弁護士であることを挙げ、ご自分のアドヴァイザーであったとTF1にナマ登場した時に説明していた記憶があります。ココんちの仏蘭西びとは中道右派の大統領予備選挙に計4ユーロ出し、フランソワ・フィヨンに投票したこともあり、この月曜日までは「それでもボクはフィヨンに投票する」と意地を張っていましたが、昨日水曜日の午後くらいから「フィヨンはもうおしまいだな」とつぶやくようになりました。

なぜ「おしまい」かと言うと、フランソワ・フィヨンが所属するフランス共和党内の党員からもフィヨンが大統領候補を辞退するよう勧める動きが始まり、フィヨンの代わりは決選で負けたアラン・ヂュペか、いや、ニコラ・サルコぢ(再び)かと予想が飛び交うようになったからです。

ココんちの唯一の投票権を持つ人物♂はどこの党派にも一度も属したことはありませんから、先日の中道左派による次期大統領候補予備選にも計2ユーロ払って「清き一票」を二度投じましたし、私はフランス共和国において単なるガイジン長期滞在者なので投票権を持っていません。だから、こんなスキャンダルが飛び交っても、中道左派から左の壁突き当りまでの人々と一緒に躁状態になりませんし、中道右派の人々と一緒に首をもたげて鬱状態にもなりません。(中道よりミギの右壁つきあたりのひとびとは先々週くらいから極右政党FN党首のマリィヌ・ルペン女史が次期大統領候補人気ナンバーワンなので、フィヨンのこのスキャンダルでいっそうウハウハになっています)。

盛り上がることのない私がこのフィヨン・スキャンダルを眺める今、フィヨン氏の運命はこうだったのだと白々しく割り切る心持にあります。投票権がない私もフィヨン氏がサルコぢの下、首相だった当時から好感を持っていたので、このスキャンダルで(死語を用いて)ドンビキしたのは事実ですし、「騙された感、裏切られた感」がヒジョーに強いです。それは、フィヨン氏がずっと「善人を装っていた」せいだと思います。この感覚はおそらく、多くの方と分かち合える気がしてなりません。

まあ、ズルい発言かもしれませんけれど、中道右派の次期大統領予備選の時、フィヨン氏がロシアのプーチプー大統領と親しいことを強調した時に「こりゃ、ヤバい」という気持は我が心に芽生えてもいました。ロシアと手をつなげば、シリアのアサド氏につながるわけで。おお、イヤだ。ソラおそろしい。自称「欧州最強の軍隊」をフランスがアサドを守るために送る? 悪夢ですわい。
b0070127_15260049.jpg
フランス共和国の次期大統領、いったいどなたになるのでしょう?
なんだか深い靄に突入し、手探りで前によろよろ進んでいるように思えます。

ま、あたしはヲッチャーなんで、もし近未来の仏政府にフランスから国外追放を命じられたら、はい、よろこんで。うふ。


le 2 février 2017, Théophane







[PR]
by ma_cocotte | 2017-02-02 15:31 | よっ、大統領!2017 | Comments(2)