小童っ!の傲慢は日々、膨張し続けております。
b0070127_18064475.jpg
昨日までの熱暑が10度も下がって涼しい朝を迎えることができたのにハエに代わり先ほどからテレビも電脳画面も速報、速報、速報と五月蠅くてなりません。その速報の中身はココでひとつ前に掲載した仏陸軍参謀総長のクビが発表されたことです。なんとまあ、金曜日を迎える二日前に小童!マクロンろん、実行しやがりましたです。たいしたもんだ、小童。



今から数年後になって、あの時のクビについて裏で夫人が強く意見したとか占い師の予言に振り回されただの話が飛ばないといいですけれど。・・・とありえないであろうことを裏返して言いたくなるくらい、小童!マクロンがこうしてひけらかした愚かしい決定が今回の仏陸軍参謀総長のクビ決定だと私は思います。

話が吹っ飛びますが、ちょいと前にカトリック教゛会のヲールドにおいて仏国軍教区の長上である司教さまがストラスブール教区の長上に異動が発表されました。仏国軍の長上だと「司教」ですが、ストラスブール教区の長上ならば「大司教」、俗世の尺度で測れば「栄転」という語が当てはまるのかもしれませんが、しかも発表からかなり早急な異動でもあったので、フェイスブックの仏軍教区ページでは悲しみうろたえる方々の様子を拝察することができました。その彼、リュック・ラヴェル Luc Ravel とおっしゃいますが、かなーり格好いい神父様、司教さまでらして、あたしゃ、数年前にポワティエの大聖堂でナマをお見上げ申し上げたことがござる。胸きゅうぅうううん。外見だけでなく、世界の7つの海にちらばる仏蘭西共和国軍を支えるあらゆる柱のうちの一本としてラヴェル師の導き方はまっことすんばらしかったのです(もちろんその導き方は今、ストラスブール教区で生かされているのでありますが)。

フランス共和国軍において精神的な導き手のリーダーがラヴェル師だったとするならば、実務においての導き手はド・ヴィリエ将軍でしたでしょうに、たった数か月の間にお二人が共和国軍の世界から離れてしまうことになります。うぅううん、これは痛いです。まあ、カトリックヲールド方面は既に新しい長上さまが任命されましたけれどね。なんちゅうか、ド・ヴィリエ将軍の後任には小童!マクロンに「御意」しか言えないマクロンに絶対服従のおぢちゃんだかおばちゃんが任命されるのでしょーから、これからの5年はやはり長く感じることになりそうです。

なんでしょうね。
この頃の地球、プゥチンにしろ、トランpにしろ、ヂョンウンにしろ、なんちゃらアサドやマドゥロと時代逆行を好む君主ちゃんが四方八方でパラサイトしていませんかね?

もしかして地球そのものの終わりがそんなに遠くないのかもねぃ。
フアティマに命乞いすっかね。あたしはしないけど。


le 19 juillet 2017, Arsène ←アルセーヌ!

[PR]
# by ma_cocotte | 2017-07-19 18:31 | actualite 現時点の現場から | Comments(0)
小童っ!マクロンの粛清が始まるらしい。
2017年7月17日月曜の朝。
フェイスブックの壁に並んだ報道記事で気になったのが、コレ。



今度の金曜日、今の陸軍参謀総長、仏共和国軍の頂点であるピエール・ド・ヴィリエ将軍がマクロン大統領の「み旨のまま」にならないことでほぼ絶対間違いなくクビになるであろう、という話題でありんす。
ひとつ前の拙エントリィにつながりますが、ココんちあたり、つまり今のヌゥヴェル・アキテエヌ Nouvelle Aquitaine 地方の北西部はヴァンデ県に接しており、地方違えど、電話の局番違えど(註:ヴァンデは02始まり、ヌゥヴェルアキテエヌは05始まり)、ひとびとの往来はすこぶる活発であり、こちらにはヴァンデの出の苗字、あちらにはヌゥヴェルアキテエヌ由来の苗字の家庭が多かったりするほどです。ココんちの苗字もヴァンデの出なんざんす。そーんなココんちあたりでは将軍さまのド・ヴィリエ de Villiers の苗字にぴくーんと反応してしまいます。なぜなら、ココんちあたりでド・ヴィリエと言えば、隣県ヴァンデ一の名門(子爵家)であり、「シシャクってなーに?」と口にする共和国民にも「ほら、ピュイ・デュ・フゥ Puy du Fou のオーナーさんちだよ」と言えば「うぉおお」と歓声があがります。

そのピュイ・デュ・フゥってなーに?とガイジンさんから質問が飛ぶことでしょうけれど、それは一言でゆーならば遊園地。ちょっと詳しく説明するならば仏蘭西歴史遊園地なンであります。


私の記憶が確かならば、お仏蘭西ではディズニーなんちゃらよりピュイ・デュ・フゥに人気があります。おいらも南仏からココ新天地に引っ越してまもなく、神父様に連れて行っていただいたのであったw ロオマにおける迫害時代から中世、近世時代を巡り、〆がミソでヴァンデ戦争なのだな。革命政府に迫害されるひとびとの様子をよぉおおく知ることができるのぢゃった。・・・この遊園地を運営するのはピエール・ド・ヴィリエ将軍さまの兄上であるフイリップ・ド・ヴィリエ子爵氏。フイリップ兄は元政治家で、今世紀の初めには共和国大統領選挙の候補者でもありました。貴族の出であること、フイリップ兄の子息の不祥事も相俟って、政治家フイリップ・ド・ヴィリエの評判はすこぶる共和国全体で悪い。ですが、ヴァンデ県はもちろんココんちあたりでド・ヴィリエ家を悪く言う人は少ないし、この一族を悪く言う人はたいてい中道よりヒダリの限りなく突き当りに近いアタマの持ち主だったりします。この温度差だけでも、知らない人が知らない土地で流すウワサの威力はハンパないとよくわかります。一方聞いて沙汰すンな(於一のママン)ですな。
ココんちあたりでド・ヴィリエ家の評判と言えば、そりゃあ、今は共和国で一番人気の遊園地を運営するオーナー一族で、遊園地のおかげで周囲の多くの民も恩恵にあずかっているという潤滑なお金の循環ゆえの賛美がまず第一。この遊園地の人気が安定したところでド・ヴィリエ家はなんと私学運営に着手したのです。その学校は芸術に力を入れた初等教育校。


・・・で、わたすの大切な友人夫妻が自分の子女をこの学校で学ばせようと引っ越してしまったのさ・・・。友人の家庭はカトリックトラディシオナリスト(伝統主義カトリック)なのに、この学校へ。ド・ヴィリエ家は熱心なカトリック家庭で知られていますが、この学校ではカトリックとのリンクをしていません。このあたりのケジメがド・ヴィリエ家、たいしたもんぢゃないか、と思うところでもあります。熱心過ぎて私学だから創業家の宗旨を持ち込むことの方がこの世の通例でしょうにね。余談、フイリップ・ド・ヴィリエ氏も伝統カトリックヲールドの中に住まう方なので子沢山ですが、あたしが小耳に挟んだ話だとお嬢様お二人が修道女で、おひとりは観想修道女会、もうおひとりはアフリカで宣教女としてイ動かれているとのこと。これまたウワサだけれど、フイリップ氏より上越で奥さまがカト的にすこぶるたいした方なのですと



でも・・・ココで冒頭のピエール・ド・ヴィリエ将軍さまの話題に戻りますが、自分のゆーことを聞かない将軍のクビを切ってまえ!としか思いつかないエマニュエル・マクロン大統領と、仏国軍頂点の立場であるド・ヴィリエ将軍さまが常に自分の後に続く軍人を思い、熟考して、最善の策を今や上司となった小童!マクロンにはっきりと進言するという現実に共和国民はどう思い、どう捉えるのでしょうかねぇ。日本国には「氏より育ち」と言う表現がありますが、ピエール・ド・ヴィリエ将軍は氏も育ちも良くて、今の彼が「生かされている」←誰に?w ように私ゃ思えて仕方ないンですが。あのさ、今までも、今も、小童!マクロンがイエズス会の中高に通ったことで、イエズス会が「真のエリート」養成校だからマクロンも真のエリートみたいな流れが出来ちゃってるけれど、従軍経験もない39ちゃいのマクロンが自分の思い通りになってくれない、「御意、大統領閣下、ああたのおっしゃるとおりでござあます。」と言ってくれるどころか反論しやがった奴をクビにしちまおうとしていること、どこが「真のエリート」なンですかね? 大統領の権力を悪用しているだけぢゃありませんか。三文ゲームに向き合った初心者が間違ってパワーを使っちゃう感じぃ。

一方のピエール・ド・ヴィリエ将軍さま。
フェイスブックで公開されている以下の内容が共和国民の間で静かに広がっているのでした。


Confiance コンフィアンスは和訳すると「信頼」が良いと思います。この場合においても。
仏蘭西語がよくわかンなくても、出だしが モン・シェエル・カマラド Mon cher camarade だけでもグっときます。「私の愛する同僚よ」と和訳するのが今ドキかなあ。昔だったらカマラドを戦友と訳したかもしれないし、きょうび軍から離れた世界ならばカマラドは学校ならば「同級生」、会社なら同じ部署で一緒に働く仲間たちに充てられると思います。で、天下の欧州一の陸軍と例えられる仏共和国軍陸軍の頂点に立つ人物が自分の孫のような青年兵士に向かって「同僚」と呼びかける。そして、彼らの将来の道しるべとなる言葉で語る。このConfiance 信頼の内容なんて、あーた、どこのミサの説教よ?これを話された神父様に会ってみたーい!と勘違いするほどですぜ。ド・ヴィリエ贔屓のバイアスがかかっているせいですが、私はこんなわかりやすく簡潔な「信頼」についてのお話だけでも、青年兵士たちの顔は聞き終えるまでに輝き、目ヂカラがいっそう強くなったと思いますよ(もちろん、よだれ垂らして熟睡しているだろうひとも数名いたでしょうけれどね)

兎に角、今の大方の予想がその通りになるとしたら、今度の金曜日にピエール・ド・ヴィリエ将軍はクビ、次に選ばれるのは「21世紀のイマドキの皇帝になりたい大統領の掌で転がる犬」の軍人ちゃんなンでしょう。国境取っ払ってどこぞのお露西亜の大統領の目論見と同じぢゃんね。露西亜と仏蘭西の中華思想の対立が浮き彫りになるのも時間の問題ぢゃないかと思いました。どこで浮彫になるってそりゃ、シリアざましょ。プゥチンは小童マクロンを蛇のごとくペロリと飲み込みたいだろうなあ。プゥチンが何を駒にするのか、ちょいと楽しみだったりする。

それにしても、小童!マクロンろんですが、青少年期に「僕は大きくなったらナポレオンになる!」と望んだとして、それをかなえるためにそれはアタマの良いオトナになり、皇帝も王も存在しない今の共和国で大統領の座に就いたにもかかわらず、年上だろうが年下だろうが「このハゲェエエエエ!あんたのアタマの良さは俺様の10分の一ぃいいい♪」と心の中で叫んでいるなら、巨人化した傲慢が良心をねじ伏せ抑え込んでしまっているのではないでしょうか。・・・ま、小童マクロンのそんなところは大統領選挙の予備選の生討論番組で見抜けてたよね。極右のおんな党首マリィヌが大統領の座に就くことを阻止するために投票有権者が小童マクロンに票を投じるしかなかったのも「天においては必然」であり、これから5年の国父マクロンの時代がこの世に必要だったのかもしれませんが、それにしてもこれから39ちゃいの小童マクロン大統領が「粛清まがいゴッコ」を始めるとなると、ガッコあたまの彼にそんな暴力の機会を与えた5年がとてつもなく長いです。ツルツル脳のわれ思うに、アタマが良くてもマクロン大統領は従順と服従の違いをまったく理解していないンではないかなあ。ご自分の周囲には服従する者だけを置きたいのでしょう。それぢゃ、栄華の終わりのダビデ王ぢゃん。小童よ、旧約読み直したら。

次の大統領選挙にピエール・ド・ヴィリエ将軍さまが出馬してくれないかしら?とフェイスブックに掲載されている彼の「説教集」を斜め読みしつつ、ついうっかり希望してしまいました。実現することはまずない、まる


le 17 juillet 2017, Charlotte


これ ↑ をタイプしながらちょっと思い出しましたが、フランソワ・オランド王の御世にマリアーヂュ・プル・トゥース Mariage pour Tous 同性婚姻法のドタバタがあり、この法案に反対するひとびとが国民投票を提案したのに当時の仏社会党政権はそれをまったく無視して押し切りました。その時に、政治通のマダム(この方、現在は隣村の補佐市長におなりあそばした)が一言「もしサルコぢだったらこういうことはしないわっ!民意をもっと聞かれる」とおっしゃっていたのです。・・・やっぱ、マクロンは仏社会党の流れなんだなあ、とふと。臣民の意見が聞けないまま、権力で片づけるって民主共和に歩み寄るどころか、遠のき始めている気がする。




[PR]
# by ma_cocotte | 2017-07-17 16:49 | 黙れ、小童!マクロンろん | Comments(2)
しらけ鳥が空飛ぶ田舎の7月14日
昨日は7月14日でした。
仏蘭西共和国では国定祝祭日。日本国だと「革命記念日」でピンと来るかもしれません。もそっと突っ込むと「バスティーユ陥落の記念日」でしょうか。確か1789年7月14日に民衆がバスティーユ牢獄を襲撃し、この日を例の仏蘭西大革命初日としたンだと記憶していますが。

今朝になってフェイスブックを覗いたら、ヌーヴェルアキテエヌ地方諸都市で花開いた昨晩の花火映像と、花の都はパリの、昨晩はFrance 2で生中継されたエッフェル塔での打ち上げ花火の映像を見ることができました。が、流石、花の都はパリの花火は違うね。美しすぎる日本の花火が既成概念にある自分にはどうにもフランスの田舎の花火は雑でしょぼいンであります。でも、パリで打ち上げられる花火はエッフェル塔の姿と相俟ってそれは美しい光と影を次々と産み出し、テレビ画面の向こうの映像であっても観るこちらがどこか興奮やら感動を覚えます。

昨晩は確か9時頃からFrance 2がエッフェル塔の足元で行われたクラシックコンサートとそれに続く花火を生中継してはいましたが、脳みそが年々固くなっている私にとって究極の7月14日は今から10年前、同じエッフェル塔の足元で開催されたミシェル・ポルナレフの野外コンサアトであり、毎年7月14を意識し始めると何度となくYouTubeでその映像を探してしまいます。私が好きなのはコレ。

なんだろうなあ。変わっていく空の色と、空を横切るツバメ、そして時折聞こえるそのツバメたちの鳴き声が胸をきゅうううんとさせると言いましょうか。その情景に Lettre à France が妙にあっているような気がします。このビデオが好きなあまり、ココ数年の恒例となったクラシックコンサートがどんなにすばらしくても何か我がこころに物足りなさがある。だから、7月14日にこのポルナレフのビデオを見るのは私ひとりの「7月14日」かもしれません。
が、昨晩、ココんちから南西に60㎞ほどのラ・ロシェルでの野外コンサートがクリストフ・ウヰレム Christoph Willem だったらしく、今朝はほうぼうのニュウスでその様子が紹介されていました。一年前のニースでの惨劇があって、今年の7月14日の共和国内各地でのイヴェントが無事盛大に開催、完了というのがニュウスに取り上げられた理由でもあるかもしれませんが。私はクリストフ・ウヰレムが嫌いぢゃないので現場で見たかったかも・・・残念。

で、7月14日。
ココんちあたりではどうも今ひとつ盛り上がりに欠けているように思います。
それはなぜなのか。それはおそらくヌーヴェルアキテーヌの北西部がヴァンデ県に接していることでもわかるとおり、あの革命の後の革命政府によるカトリック迫害でこの地方で地元民を名乗るひとびとの中には殉教したご先祖さまがいることがあるから。ラ・ロシェルからヴァンデ県を抜けナントあたりまで、革命政府が破壊した教会聖堂や修道院の址が点在しています。現役の聖堂に入れば、当時、革命政府に命じられた棄教を拒んだことで斬首や溺死刑によって殉教したひとびとの名を刻んだ石碑を容易に見つけられたりもします。彼らの中にはすでにカトリック世界において列福された者もいます。日本語世界においてこういう革命の闇の部分に触れない。まるで共和国の万民が革命を賛美しているかのような印象付けが強いように思います。(まあ、そりゃ、7月14日の朝から晩まで軍事パレードやら華やかな茶話会やらコンサート、花火ばっかり紹介されちゃあね)。だから、革命当時の第二身分(貴族階級)のお恨み節とココんちあたりのひとびとの革命への疑問はちょと違います。
もちろんご先祖さまが革命政府の弾圧によって亡くなったことで当時のひとびとや子孫が全員「アンチ革命」になったのではなく、あまりの恐怖を味わったことで根っからの徹底した宗教嫌い、「ヒトは死んだらオシマイ」な現世主義に変貌したひとびとも多々います。つまり、革命政府の過激な粛清によって生まれたのはひとびとの二分、分裂です。このあたりで思い浮かべるのがきょうび「イスラム国」です。恐怖を見せつけて聖戦勝利、この世すべてをイスラームそのものにするという方針が生み出すのはひとびとの二分であって、一致や平和からいっそう遠のくということ。その前例がお仏蘭西の革命政府の過激な粛清だったりするというのがなんとも。


le 15 juillet 2017, Donald


[PR]
# by ma_cocotte | 2017-07-15 18:13 | 『夏』 Rien de special | Comments(0)
太る、太る、太るるるるぅ
7月1日の結婚式がきっかけに、重い夕食をいただくことが増え、昨晩も夕ミサで偶然再会した知人からご自宅に誘われ、あらま、夕飯をご一緒することに。一夜明けたきょうの朝、体重は昨日の朝に比べて900g 増。先週土曜日と月曜日の夜ご飯で増えに増えた体重がようやく昨日の朝、減量したのに・・・・あ゛ぁあああああ、ふりだしに戻るとはこのこと。でも、お夕食をしっかり食べることでいとも簡単に太れると実感もってわかったことには感謝としか言いようがありません。今後、気ぃ引き締めて気を付けねヴぁなりません。よしっ!

と、ココでまた先の結婚式の夜にいただいたお料理についてちょっと。
前回のエントリーでは立食でのアペリティフでいただいたものを紹介しましたが、こんにちは着席してからのお料理。
最初はお魚。

b0070127_16355061.jpg
白身のお魚の薄切りの上にグレープフルーツとオレンジがちりばめられているお料理。
またもナマ! 数日前までの40度近くにまで上昇した気温だったらこの料理は出なかったのではないかと思いましたけれど、ニフォンびとの私としてはひさしぶりの「お刺身」のようなものをいただけてとてもうれしかったです。正直、お醤油が欲しかった・・・。けれども、白身魚とグレープフルーツの苦味、オレンジのさわやかさがこれまた「良いご結婚で~」でした。こちらだと家庭ではナマのお魚をおろしていただくにはかなり勇気が要りますが、ナマのお魚を他の食材に替えて、グレープフルーツとオレンジを使って何かを作るのは試してみたい気持ちになりました。良い勉強になりました。

そして、続きましてはお肉料理。
b0070127_16414980.jpg
フィレと新鮮なお野菜ですけれど、何のお肉だろう。誰かが仔牛と言っていた記憶あり。
野菜は蒸したものと思われ、ほどよく芯が残っている歯ごたえが私個人は好みでありました。こちらの方々にはくったくた、お口に入れたらほろりと溶けるようなお野菜を好まれる傾向がありますが、これまたニフォンびとの私には「これよ、これ」でした。お肉もおいしかったけれど、なんせ、アペリティフでいただいたパルトネ牛のタルタアルがあまりにも強烈なおいしさだったので余韻を引き摺ったまま。いけませんねぇ。野菜の方は私だったらビネグレットソースを軽く絡めていただきたい。単純に塩、こしょう、少量のお酢と油でいただくもよろし、と思いました。この付け合わせの野菜については圧力釜でマネできそうなのでそのうちトライしたいであります。

・・・・昨晩は知人がマルティニック生まれなのでお魚中心のお夕食でした。お台所で私もお手伝いしましたが、手際の良さにヴぃっくりしっぱなし。あたしゃ、まだまだでござる。そして、マルティニック産のラム酒をくいっといただき、これまた美ぃ味ぃでした。この日、彼女のご夫君は夏のヴァカンスの第一日目。そんな日に私どもをよんでくださり、本当に恐縮でありました。でも、7月はじめのココんちあたりの日没は午後10時頃で、午後10時だとまだどこか薄明るい感じです。クーラーもありませんから、ほうぼうの窓を開け、家の中を通り抜ける風が肌を快適にさせ、おしゃべりを楽しみながらの食事はこの時季限定です。感謝、感謝だけれど、太ったぜ、べいべ。きょうからまたコントロオルせねヴぁの。


le 9 juillet 2017, Amandine








[PR]
# by ma_cocotte | 2017-07-09 16:54 | Ca etait? | Comments(0)
やめられなかった、とまらなかった
先の結婚式の後のパーリーで久しぶりにおいしいものをいただきました。
コレ。
b0070127_00070259.jpg
牛肉のタルタルです。アペリティフで出たので、こういう感じでの登場。ですから、好きなだけいただけるのです。
なぜだろう?
ココんちあたり、ヌーヴェルアキテーヌ地方の北部では牛肉のタルタルステーキを好む方が多いです。たまにレストランに行くと、必ずタルタルを注文されるお客様がいます。タルタルは生肉ですので、以前の私はなるべく食べないようにしていました。(とかなんとか言ってますが、生カキをちゅる~んといただくのが大好きだったりします) ですが、隣の芝生は青いと同じく隣のテーブルのお料理は美味しそうなので、この頃の私はタルタルも時に注文するようになりました。
さて、この写真の牛肉は地元で有名なパルトネ Parthenay 牛。想像をはるかに超えるおいしさでした。ですから、思わずまた手が伸びてしまう。そして、このタルタルと一緒に出てきたのが、コチラ。
b0070127_00071733.jpg
メロンのなんぢゃらほい? ピュレ?
メロンもヌーヴェルアキテーヌ北部からヴァンデにかけて有名な産地で、7月になるとどこの八百屋さんにもメロンが山盛り、たたき売りされます。今週に入って、ヒト玉2ユーロを切りました。
上の牛のタルタルにはおそらく卵の黄身、ケチャップ、マスタード、ウスターソースなどが混ざっているかと思いますが、このタルタルとメロンの食べ合わせがそれは良い結婚、マリアージュに思えました。また、いつかいただけたら。

先週は後半に強風雨で週末も9月末のような気温でしたが、今週に入り、火曜日あたりから連日の「軽く30度越え」。こうなってしまうと、何もする気になれず、調理ももちろん「できるならばしたくない」。そういう時にメロンと冷蔵庫に置いてあるハムで切り抜けるのも悪くありません。メロンとハムも良い結婚ざます。

はー、暑い。
ですが、犬の散歩に、山羊のべぇちゃんにごはんを届けに行かなくては。


le 7 juillet 2017, Raoul









[PR]
# by ma_cocotte | 2017-07-07 23:05 | Ca etait? | Comments(0)