もし「この世の楽園」が聖域であるならば。
b0070127_18575.jpgココんち(左の地図で右下の湖岸)からArles アルルへ向かうと地中海岸がわにCamargue カマルグという大湿原地帯が広がっています。フランスの自然保護区域に指定されているので,道路も指定される前にあった獣道を改善した素朴な道(左の地図でオレンジの線)以外ありません。この湿原の向こうの地中海沿岸にSaintes Maries de la Mer(サント・マリィ・ド・ラ・メール)という有名な観光地もありますが,観光バスは一度アルルまで行き,サント・マリィに下るという三角形のサインコースを取ることになります。究極の遠回りです。もちろんスペイン・バルセロナまでつながる高速道路も湿原地帯を避けて大きく曲がって建設されています。美しいフラミンゴが飛び交い,野生の牛馬が群れ,良質の米と塩の産地でもある『大自然の宝庫』カマルグ湿地帯はフランス人にとっては聖域でもあります。

さて,昨年末の大震災から2週間が過ぎました。
昨日テレビを見ていたらインドネシア・アチェでの津波到来から駆け抜けるまでの数分間が放映されました。運良くモスクの屋根に非難した人が撮影したものです。遠くに水の襲来が見え,あっという間に目の前の通りをその水が左から右に駆け抜けていきました。高さは二階の屋根に達していましたから3mくらいでしょうか?水の速さを例えると新幹線のよう。ラテンの国々では闘牛の群れを町に放つ祭を催しますが,迫ってくる迫力はまさに闘牛の群れが押し寄せるような感じです。あの水圧に巻き込まれたら瞬時に呼吸ができなくなりますから即死ですね。

今回の大震災ではインド洋上の多くの観光地が被災しました。フランスでは「この世の楽園」として旅行会社が宣伝している島々です。海抜0m地帯で海と自然と我が身が一体になることで自分が天に持ち上がったような気分を味わえながら,一方で「物価が安い」という優越感にも似た満足感が得られるのも欧州人にはたまらない魅力です。そして異文化と異人と異人がもてなす仏教型ホスピタリティも・・・良くも悪くも・・・です。(特に殿方相手)
でもこれだけの惨状を目の辺りにすると,聖書を知る人々は旧約聖書「ノアの箱舟」の話を思い出します。神が創った地上で行う人間の愚行と怠惰が神の逆鱗に触れ一掃される話です。更には新約聖書最後に載っているヨハネ黙示録の「最期の審判-7つの天災」を思い出し,「この世の終わりがとうとう来たのか!」と言う人もいます。
例えば日本でバブル時代から流行し始めた男性のみを対象としたタイ旅行はバブルがはじけまくっても廃ることなく続きました。アジアのにぎにぎしい景観も手伝って「パンドラの箱を開けたような夜」が繰り広げられています。まさしくそれは快楽の都です。
一方,震災から2週間が経ち,婦女子への暴行,子供の誘拐・売買が既に被災地で始まったと耳に入れば,これはやっぱり聖域で愚行を行う人間へ神が下した逆鱗なのでは?と。人間はこの地域の美しさに惚れ,開発し,限度を知らない商売を始めました。現在のタイはアジアで最も世界中の金が飛び交う観光地です。

おそらく震災の再発を予防するために,地震・津波対策のための最先端技術のもろもろが美しい自然の中に点在するようになるのでしょう。人間への安全を最優先にすると被災前の「この世の楽園」としての景観は拝めなくなります。
もしこの世に神が創りたまうた楽園が存在し,もしそれが今回の被災地であるならば,観光地としての復興よりもまず「自然保護区域」として被災地を復興すべきなのでは?と。もちろんそうすることでどれだけの経済的打撃を被災国が受けるか理解しています。でも津波がその土地に残した「痕」と愚かな人間が被災直後に再開し始めた「弱者の売買」という愚行を知れば知るほど考えてしまう妙案でもあります。
目に見えないとはいえ神さんを怒らしちゃいかんよ。


十 『ノアの箱舟』のはなし 十
[PR]
# by ma_cocotte | 2005-01-11 00:27 | 『?』なたわ言 | Comments(24)
まここっつぁん『モロッコから船に乗ってインドに着いた』の巻
2005年1月6日のことである。
チャーリィ・まここっつぁんはお湯に浸され桃のごとく甘くさわやかな香りを放つ白茶を楽しんでいた。ふと,チャーリィがふと空を見上げるとミラージュの飛行訓練。ふた筋の飛行機雲が西から東の空へとたなびいているではないか!1月4日に出した名付けて「西に輝くひとつ星指令」にもう到達とは!追いつくのが早すぎるでよ。エンジェルたちがチャーリィの居所を見つけたら,チャーリィはそこにいてはいけないのである。これ,「チャー・エンの鉄則」。
てなわけでチャーリィ・まここっつぁんはキミたちエンジェルに更なる指令を与えよう。
見たまえ,これだ。
b0070127_5145450.jpg
あらまヴぃっくり。『あなた,本当にモロッコご出身なの!?ビーフカレー!名付けてデビ風なのだ。ぶっちゃけて言えば国籍不明カレー。
ちまりね,何度も煮返していたら肉がどこだかわからなくなっちゃったのね。で,指にとってぺろりと舐めたらチャツネの味だったのね。で,インドっぽいカレーにしてみたのね。
しどろもどろのチャーリィはなぜかマギー司郎に化してしまったのであるある。

ぢゃ,諸君。頑張ってくれたまえ。

▲「あたくしを誰だと思ってるの?」な牛デビ・カレーの作り方▲
[PR]
# by ma_cocotte | 2005-01-10 03:01 | Ca etait? | Comments(6)
2005年1月9日午前8時40分,朝靄に包まれるココんちあたり
朝,目を覚ましたら外は真っ白でした。

朝靄が立つ日は空気が澄んでいるのでしょうか?
いつもはまったく耳に届かない飛行機のエンジン音がココんちの東北に位置するマルセイユ国際空港から聞こえてきます。飛行機が飛び立つ前のエンジン音というのは,まるで自分が機長と化したような気分になり,心地よい緊張感が身を引き締めるものです。悪くありません。
b0070127_17353715.jpg
車もそろそろ徐行するような深い朝靄も午前9時前,真っ白から卵色に変わり,更には山吹色と化し・・・・。
b0070127_186858.jpg
やがて朝陽が地中海から光の矢を放ち,ココんちあたりは静かな日曜日の朝を迎えました。

まさに「瑠璃色の地球」のような朝の情景。
幻想が現実に変わり行くまでのほんの数分。
[PR]
# by ma_cocotte | 2005-01-09 17:40 | Promenons-nous! | Comments(2)
悲しい寿司やね。
【1月7日晩ご飯】
 「江戸」という名の寿司:二人前だけどココんちでは一人前。
 温めただけのクノール中華スープ「麺ときくらげ」。
 格安赤ワイン コップ1杯
b0070127_35576.jpg
まずは「スープ」。年末からCMでよく見かけるクノールの中華スープです。
Soupe chinoise du Sichuan Nouillies et champinions noirs
シチュアンの中華スープ (麺ときくらげ)とでも訳しましょうか。

700ccの水を沸騰させ,このスープをいれてしゃかしゃかかき混ぜた後,5分放置。で,できあがり。一袋「二人前」でござる。味はやっぱりクノール味。不思議な甘味のあるにおいがします。
そして南仏の「スーパーマーケット寿司」!
b0070127_363794.jpg
1パックが2人前(つまり写真は2パックなので4人前)。隣町のHypermarcheカルフールで1パックが金曜日価格で5.5ユーロなのである。日本人の私にはどう見ても一人前にしか見えないのだが。鮭が5カンでエビがヒトカン。どうやって分かち合うのヂャ?それにしてもこの寿司はYedo(江戸)という名・・・むむむ,1999年6月30日ベルギーの空港で10時間近く乗換え待ちをした時に食べたお寿司と同じ名前かも。欧州の市場で出回っている「寿司」なのだらうか?実は以前からカルフールの魚売場でお寿司が売っているのを知っていました。が,べらぼう高い。手も足もでない「私はだるま」。先日1月3日は私の誕生日だったのでこのお寿司を買ってみようと意気込んで訪ねたら,いつも置いてある場所に「寿司がない」。店員さんいわく「月曜日と土曜日には仕入れません」とのこと。流通事情が読めたのでこんにち金曜日夕方再度訪ねたら,案の定5.5ユーロに値下げされてました。ですから私,他人が見ると気前良くお寿司を購入してみせましたのよ。ほほほのほ。
が,蓋を開ければこれが二人前!
あーた,私を誰だと思っているのっ?
こんなバタくさい顔でも日本人なのよっっ!
と片腹たたいて,スープをすすり,お寿司を平らげたところが,食後・・・「っげふ。」 
おそろしく炊き加減のよろしくないご飯が機械でぎゅうっと圧縮して握られているので,見た目一人前でも凝縮度は二人前だったわけなのぢゃ。二人前の握りに一人前の魚か!・・・やるな,おぬし。ちなみにマルセイユ5区にある和食レストランでは「日本人ではないアジア人が握る寿司」に20ユーロは軽く払います。
しょーがないよね,
ここは地の果てアルジェリアから一歩ちょっと手前の南仏だもん。
が,先日ある雑誌でマルセイユ6区で寿司店を経営するユダヤんの存在を知りました。
これがその広告です。「Sushi Bar du Keter ケテルの寿司バー
b0070127_3355129.jpg
確かに昨年あたりから花の都パリのおしゃれな方々に,お寿司はアペリティフとして流行しているとは聞いている。ま,おパリは特別ですから。それにしてもなぜ「イスラエリィなユダヤん」が「フランスのマルセイユ」で「日本の寿司」を握るのだろう?
四角い頭を丸くしてもわかる話ではないぞ。
Cacher-sous la stricte surveillance du Rabbinat de Marseille
マルセイユのラビの厳しい監督下にあるカシェール
と広告にはっきり書いてあるのであーる。
となると私がある日ケテル鮨の暖簾をくぐったとする。
まここっつぁん:
けっつぁん,おいしいところ握ってくんべか?
けてるくん: らっしゃい,何がよろしうござんすか?何でも握りますよ!
まっつぁん: んだねぇ,まずはイカがいっか?
けっつぁん: すんませんねぇ,お客さん。ウチにはイカは置いてないんすよ
ま: んだば,エビなんてどうだべ?
け: それがお客さん,おいら,エビも握らないんすね
ま: ・・・んぢゃあ,アナゴの白焼きをわさび醤油でちょいっとね
け: ・・・・・・・アナゴっすかぁ・・・・
ま: けっつぁん,あんた,カダフィ大佐に似てるなんて言われないかい?
け: お,お客さん,きっついっすねぇ・・・(わさび,べっとり塗っちゃうよん)
カシェール規定の寿司屋ぢゃ,この会話は最後の二行を除いてしっかり成り立つのであるある。かに味噌も頼んでみたいくらいぢゃ。果たしてマルセイユの「ケテル鮨」では何が握られるのであらうか?まるでサスペンス劇場の幕開けのような「謎の問いかけ」でもある。

行ってみるしかないべかなあ。
[PR]
# by ma_cocotte | 2005-01-08 03:42 | The ou Cafe? | Comments(13)
2005年新春アラブんの主張「学校給食をハラルに改善せい!」
タジーヌ料理もどきの『モロッコめーめー』(骨付肉の干果物煮)を紹介したのはつい数日前。
わたくしはそれはおいしくいただきましたのよ。
が、しかし、but ばっと、mais め・・・早い話「でも」
ココんちの欧州人♂は「プルーンが入ってるから僕,食べないよ。嫌いだ。」とぼそり。
人間、誰にも嫌いなものはある。食べられないものもある。
ちなみに私の場合はおいしいものが好きで、まずいものが嫌いである。
そーんな話が出たところで2005年1月6日午後1時、わたくしは国営放送France2のニュースを見ておりました。昨年末に模様替えをしたこのニュース番組、最後にLe face à face du 13H(13時の対談)というコーナーがございます。これ、プチ討論番組で私好みのなかなか面白いコーナーなのです。
さて、番組案内HPから1月6日「13時の対談」の内容を写します。
Le face à face du 13H... Faut il introduire de la viande Halal dans les cantines scolaires pour les enfants musulmans ? Face à face, Jean Yves VAYSSIERES, de l’Union des familles laïques et Mouloud AOUNIT, secrétaire général du MRAP...

-13時の対談・・・イスラム教徒の子供のために学校給食にハラル肉を導入せねばならないのか?一般信徒家族の会ジャン・イヴ・ヴァイシエール氏とMRAP代表ムゥルゥド・アウニット氏との対談である。
まず上記仏文中のキーワードを説明します。
La viande Halal:イスラム教義に基づいて処理され、かつ、祈祷済みの食肉
Laïque:非聖職者、つまり一般信徒の意。自分の信仰する宗教が何であれ自分が「聖職者」でなければナンピトも「ライック」とフランスでは呼ばれます。つまり私もライック市民です。
MRAP (Movement contre le Racisme et pour l'Amitié entre les Peuples):人種差別に対抗し人類友愛のための運動組織

・・・とでも訳しましょうか。
さて番組ですが、まず現場レポートが流れました。フランスのとある地区の公立幼稚園・小学校でイスラム教徒の父兄数名が「イスラム子弟は学校給食で野菜しか食べられない!ひどい!」と主張し始めました。というわけで現地で数名の関係者への突撃インタビューも撮りました。
アラブんAママン「ウチの子は給食で野菜しか食べられません。何を食べても差し支えない欧州人がイスラムに合わせて下さい。」
アラブんBママン「家庭での食事でハラルを守りますが、子供が通っているのは公立学校ですから・・・」
ここから「13時の対談」のスタジオ生討論です。
ヴァイシエール氏:フランス共和国の公立学校は全ての共和国民(Républicans)に平等のライック学校です。ですから全ての宗教の園児・学童が平等に選択できるメニューを用意すべきです。
私が知る限り,フランス国内の公立校(幼稚園から大学、専門学校全て)の食堂ではいつもメニューが数種類あり選択できるようになっています。幼稚園、小学校の昼食は給仕人がつくフルコース料理ですが、これも前もって申請するとその子供の生活習慣にあったメニューが用意されます。
アウニット氏:私も共和国民です!でもイスラム教徒なのでハラル肉しか食べられません。イスラム教徒の子供もそうです。同じテーブルにいながらイスラム教以外の子供が食べる豚肉を見て、子供たちが家庭で「僕もあれを食べてみたい」と言うのです。そういうものをイスラムの子供に見せないでください

ヴァイシエール氏:公立校はすべての共和国民に平等だからこそ「立」と呼ばれるのではありませんか?
・・・とヴァイシエールさんが言い終わるか終わらないうちに
アウニット氏:イスラム教徒の子供は野菜しか食べていないのに同じ金額の給食費とはどういうことか?このフランス共和国にイスラム教徒は何人いると思っているんだ?イスラムに思いやりを持ってください!
アウニットさん、とっちらかっちゃいました。司会者のHondelatte氏が両手を広げて止めに入り、ほとんど無理やりタイムアウト宣言して番組が終了しました。

フランスは総混血・移民国家ですし、共和国民ひとりひとりの宗教を問うたら大変なことになります。一応カトリックがフランスにおける第一信者数、次にイスラム教、その後プロテスタント,ユダヤ教、エホバちゃん、モルモンもん、仏教、シーク、そーか&まひかり,むにゅむにゅもにょもにょ・・・もいるでよ状態です。それぞれの家庭や個人が信仰に基づいた習慣を持っています。

フランスでは中学以降はセルフサーヴィス式の食堂を利用することになりますが、もちろん自分でメニューを選べますし、帰宅して昼食をとることも、外食することもできます。ちなみにココんちのお気に入りの屋台ピザ屋さんは公立高校と中学校の間の路上で店開きをしていますが、お昼は中高生を目当てにしたサンドイッチ屋に変身します。屋台にはしっかりはっきり「HALAL肉使用」と大きく明記してあります。ですからほとんどの生徒がこだわりなく好きなサンドイッチを食べることができます。公立校に通うカトリックの子供にすれば血のしたたる肉を食べたければ家庭で食べればいいことです。ですから公である学校では自分より厳しい生活をしている仲間の食生活に合わせています。
ココんちの近所の公立学校の門前に掲示されるメニュー表を見ても牛肉・鶏肉・七面鳥・白身魚など・・・(私は何を作ろうか迷った時にはこの掲示板を眺めることにしています)。

アウニット氏の意見では公立校でも食品規定のゆるいカトリックがイスラムの習慣だけに合わせ豚もろもろを学校で食すな・・・というわけです。牛を食べない仏教徒やヒンズーの子供たちの気持をアウニットさんは考えているのでしょうか?同じフランス国民である彼らを思えば公立学校で牛肉も食べてはならないはずです。

学校に限らずフランスではレストランでステーキを頼めば「血が入っていてもかまいませんか?もちろん血をきちんと除いた肉も用意しています」と必ず質問してくれます。スーパーや朝市の精肉コーナーでは簡単にHalal肉は手に入ります。個々の客に気を使っています。フランスは十二分に歩み寄りの努力をしていると思うけどなあ・・・。

フランスの公立幼稚園・小学校の給食は教室から校内レストランに移動して食事を取ります。フルコースです。席は人種や宗教によって分けていません。子供はテーブルマナーを身に着けるため着席したままで、成人の給仕人が子供ひとりひとりに料理を出します。ですから同じテーブルで欧州系の子供にハムをつかったサラダ、イスラム教の子供にはツナのサラダという状況もあります。例えば隣の友達の皿に乗っているハムやソシソンが目に入ってしまってそれを食べたいと思うのも子供の素直さ故です。誘惑という大それたものなのでしょうか?もし子供が豚肉を食べたいと家庭で言ったとしても、それは「家庭での躾・教育」の問題であって,親が信仰上の生活指導をするのではありませんか?
果たして公立学校がイスラムだけのためにフランスの食習慣を変える必要があるのでしょうか?イスラム風食生活にあわせるのがフランスの公立学校の役目なのでしょうか?だとしたら公立校に通うユダヤ教徒や仏教徒の食生活もイスラム教徒と平等に考えなければなりません。それとも公立の学校で国民ナンピトにも平等に教育しているのに、食事の時には宗教別のテーブルにするのでしょうか?楽しい食事のひとときなのに国境のような境ができてしまうのでしょうか?これまた変な話です。

アウニットさんは「人種差別に対抗し人類友愛のための運動組織」代表のはずですが、彼の発言を聞いていると人類友愛どころか思いっきりイスラムだけは共和国で「別格」という外壁を作っています。インタビューに登場したアラブんマダムBのように「イスラムの習慣は家庭で守っています。公立学校はです。」とはっきり言う「新種イスラムさん」がフランス国内に多くいるのも事実です。こういう発言をする新種イスラムさんはフランスで教育を受けた世代に多く、母国で教育を受けて移民してきた人々と同じ信仰を持っていても生活面で意見を異にすることが度々あります。彼女の意見のように共和国民の多くが「公」で何かを我慢し、家庭ではそれぞれの出身国の習慣を細々と静かに守っているのにね。この生活姿勢はイスラムに限ったことではありません。同じイスラム教徒でもトルコ、イラン、マグレブ、シリアそれぞれ皆、習慣も味覚も違います。(そして彼らはイスラムの名の下であっても決して仲がいいわけではありません。)
公における平等」についてあらためて考えさせられた数分間の討論でした。
b0070127_2504097.jpg
というわけで,おらが町の高校前の屋台でピザを買うとこの箱(↑)に入っています。
この笑いを誘う絵は私のお気に入り♪
食後の生温かいぬくもりとピザの匂いが残る空き箱はほぼ黒猫イネスのお気に入り♪

上記の「番組案内」HPをクリックし1月6日を選択するとビデオの後半でおそらくこの討論場面もご覧になれるかと思います。フランスのテレビニュースをご覧になりたい方も「ぶっちぎれるアラブん」アウニットおぢさんをご覧になりたい方もぜひクリック!
大地震の被災地についての現場ビデオも開始後すぐ流れるはずです。
[PR]
# by ma_cocotte | 2005-01-07 16:22 | 『?』なミュぢゅるマン | Comments(6)