ああ、つまんないの。
ああ、今年も葉月八月を迎えてしまいました。一年早い・・・。
b0070127_17372383.jpg
先の火曜から日曜までニオール Niort 市主催の夏のサーカス祭りが開催されていました。
今年で何回目なのだろう?
私はココ3年連続で通っています。
b0070127_17393735.jpg

b0070127_17420599.jpg
野外のサーカスや演奏を見聞きしながら、行き交うひとびとを眺めつつ、いただくお酒の美味なこと。
b0070127_17415213.jpg
左は白ワイン、右は地ビール

このサーカス祭り、全ての公演が無料なので限度や限界はありますが、それでも真夏の夜の夢のような世界に浸れます。
わたしゃ、モナコのステファニィ姫(ココで最敬礼)ほどでないにしろ、サーカスが好きなのかもしれません。ワクワクしている自分に驚いたりするもんね。

b0070127_17502458.jpg
b0070127_17471302.jpg
b0070127_17505702.jpg

今年は前半二日、中日(休業日)、後半三日の日程で、私は前半、後半ともテントの中で行われた演目も拝見しましたが、撮影禁止なので写真は撮れず、残念でした。加えて、今年は去年に比べて天候も悪かったせいか「イマイチ」に思えました。サーカスらしいサーカス、マジックらしいマジックの演目が少なかったので爆笑するチャンスがあまりありませんでした。・・・来年に期待しようっと。

サーカス祭りが閉じ、なんだか私の夏はもう終わったよう・・・こんにちは静かな八月の朝を迎えました、まる


le 1er août 2017, Alphonse







[PR]
# by ma_cocotte | 2017-08-01 17:58 | 『夏』 Rien de special | Comments(0)
仏蘭西の超ウルトラスーパーど田舎の「プレミアムフライデイ」
Friday は「フライデー」ぢゃないよ、「フライデイ」

そんなことは横から押し落としての「プレミアムフライデイ」
ちょいと前にこの表現を電脳世界で見聞したわたくしであります。我が母国日本國では毎月最終金曜日には午後3時に就労を終えるとゆうお国からのお勧め。日本国内で勤労経験があると月末の金曜日っちゅうのは残業ほぼ決定で、それは自らが勤務する会社内ではなく世間の銀行などと絡み壮大な流れが根底にあることを知っているので「プレミアムフライデイ」なんぞ勧められたところでそう簡単に実行できンわな、と想像もしました。多分、公務員ではなく一般企業のお給料日が25日から月末にかけてあるので懐事情だけでこういうことを発想、実現したのかもしれない、と思いめぐらしもしましたが、世の中、そういう事情でお金の流れの日程を簡単に替えられるわけでもないし・・・ブツブツブツ。

以上、日本国内の事情ですが、偶然なンだか、ココんち近くのニオール Niort という町(ちょっと詳しく申しますとニオールは県庁所在地である市です)でも毎月最終金曜日の夕刻から市役所から近い市場広場でアペリティフパーリーを開催するようになりました。市報によりますと今年は10月の最終金曜までこのイヴェントを続けるとのこと。へぇ。
知ったからにゃ行くしかありません。昨日は7月の最終金曜日でしたし、前日までの悪天候も去り、好天に恵まれました。
b0070127_15460572.jpg
18時半過ぎに到着したわたくし、とりあえずの一杯はビールではなく手作りの桃入りサングリア(という名前だけれどワインではなくラム酒の味がした)と薄切りのソシソン(数種類がミックス、これはありがたい)にしました。サングリアは2ユーロ、ソシソンは3ユーロと「持ってけ、ドロボ」w
会場はまだ人が少なかったけれど、すでにジャズの演奏が始まっていたし、会場を吹き抜ける風が気持ち良く、しゃーわせでした。
いい気分になったところで、次の一杯に進む。
b0070127_15503796.jpg
よく冷えた辛口の白ワインに、揚げたてあっつあつのアルカスです。
アルカスというのは Arcas と書きます。昨晩はクレオール料理屋台とブラジル料理屋台でアルカスが売られていましたが、わたくしはクレオール料理屋台で買いました。7つで3ユーロ。
b0070127_15541830.jpg
このアルカスは日本人好みだと思います。ニンニクとパセリを加えた鱈のすり身を揚げたもので、私にとってはどこかさつま揚げにつながります。ビールによく合う。パクッパク、行っちゃいますね。でも、このアルカス。南仏時代にお目にかかった記憶があまりありません。大西洋岸で広まったお料理なのかもしれません。私が傍観する限り、大西洋側だとお魚屋さんで味付けされた鱈のすり身が必ず売っており、市井のひとびとはそれを買い、自宅で揚げたり、グラタン皿で焼いたりするようです。兎にも角にも、おいしい。肉食の仏蘭西びとと同居しているとどうしてもお魚を食べる機会が減るのでこういう時に食べなくっちゃね。

会場も午後8時頃には訪問者でいっぱいになりました。
b0070127_16030317.jpg
思うに、ですが、会場は役所に近いし、旧市街の商店街の中にあるので、たいていのお店は午後7時まで開店。ですから、こうして人が集まるのは午後7時を周り午後8時頃になる、と。なるほどね。
私はジャズを楽しみながら、午後9時近くまでココにいました。帰り道には別の広場でコンサートが始まっていました。
b0070127_16055840.jpg
緯度が東京よりはるかに高い欧州だと年間の日照時間の差が大きいので、日照時間の長い夏の間の楽しみ方を住人がよく知っているように思います。
一夜明けたこんにち、7月の最終土曜日は夏のヴァカンスのターニングポイントで前後半の休暇取得者の入れ替え日だそうで、共和国内の有名道路はいずこも渋滞になるとのこと。朝からニュウス専門チャンネルではその情報や、事故にならないよう警告する内容を繰り返し流しています。

さーて、きょうのわたくしはどこでしゃーわせな一杯をいただこう・・・まずはいつもの土曜日にしなければならないことを片付けなけれヴぁ。


le 29 juillet 2017, Marthe et Lazare












[PR]
# by ma_cocotte | 2017-07-29 16:12 | Promenons-nous! | Comments(0)
田舎、ヴぁんざい。
今週は野暮用あって、ヌゥヴェルアキテエヌ北部の小さな町パルトネ Parthenay に二度参りました。
一度目は午前中に訪問したので用を済ましてまもなくお昼ごはんの時間となりました。お腹ぐぅぐぅぐぅ。
ココんちから車で一時間弱とは言え、私にとってよく知らない町。往路で道に迷った時に路順を教えてもらおうと飛び込んだ薬局のそばにあった定食屋さんでお昼をいただくことにしました。

真面目にまったく知らないお店に飛び込みましたが、シェフらしきムッシュウが「うちのステーキ、でかくておいしいよ」と勧めるので、それにしました。とりあえずビールを頼んで、まもなく目の前に現れたのが、こちら。
b0070127_15115081.jpg
本当だ、何もココまでデカくなくても・・・の牛ステエキです。フライドポテトと茹でインゲンを添えていただきましたが、お肉の下にもぎっしり。ソースはエシャロットを頼んだら、手作りのエシャロットのバタアソテェでした。ステエキはよそのお店の倍以上で、3人分近くありました。

実はココ、パルトネですが、牛肉の産地として共和国内で知られており、このステエキもパルトネ牛。そして、パルトネは日本国でとてつもなく有名なバタアの産地エシレと目鼻なンです。だから、エシャロットのバタアの味もポワトゥシャラント地方独特の味でした。うんまーい。

これだけ食べたのに懲りず、初めてのお店だからとデセールも頼みました。カフェ・グルマンを頼めば珈琲もつくし、小分けされたデセールも複数いただけるから初訪問者には都合が良いのです。珈琲のウマさもわかるしね。
b0070127_15191358.jpg
実は内心、デセールについて期待していませんでしたが、なんとまあ、クレームブリュレ、洋ナシのタルト、ティラミスとすべてのデセールが手作りでした。おいしかった。

こうゆうお食事も花の都パリのお食事を知らない私だから大満足なのですよね。
東京でもNYCでも首都には世界中から一流の調理人が集いお店を持っているのですからして。でも、世界のどこであっても食事をおいしくいただけるということが何より大切なことだと思います。

以上、参考にもアテにもならないココんちの「或る日の昼食」でした、まる


le 28 juillet 2017, Samson



[PR]
# by ma_cocotte | 2017-07-28 15:24 | Ca etait? | Comments(0)
親を思い出す日
こんにち7月26日に仏蘭西で手に入る暦をながめますと、Anne, J などと記されています。これ、正確には Anne Joachim で、つまりカトリック教¨会の世界のラテン語発音だと「アンナ ヨアキム」にあたります。このお二人は聖人ですが、もそっと核に触れますとかの聖母マリアさまのご両親で、アンナが母親、ヨアキムが父親です。ココでも過去のどこかでこのお二人について触れたことがあったと記憶しています。婚姻後、長年子供に恵まれなかったヨアキム&アンナ夫妻が祈りに祈って誕生した赤子が聖母マリア。アンナとヨアキムは赤子が女児だったにも関わらず、祈りが聞き届けられたことを感謝してマリア(幼児名はミリアムだったそうですが)を初子の男子と同じように神殿に連れていき、神に生贄と共に捧げたとのこと。以上、聖書にはひとっことも書いてありませんが、外伝で今に残るお話でありんす。これ ↓ がユダヤ教の神殿でマリアちゃんを捧げるヨアキム・パパのご絵です。聖霊の鳩ぽっぽがマリアちゃんの頭上に。このご絵、赤ん坊のマリアちゃんがあまりにかわいらしくて、私のお気に入りなのです。過去に、ほうぼうに何度も掲載しました。
b0070127_14305643.jpg
仏蘭西共和国内の旧教の教会聖堂を訪問するとたいてい聖堂内のご像の中に母アンナと少女マリアの像があります。アンナがマリアに本を見せている像など見つけやすいかもしれません。きょうび教育ママの見本は聖アンナか、はたまた孟母三遷の聖モニカ(かのアウグスティヌスのおっかさん)あたりなのかも。例えば、こんな聖像(聖堂の外だけどさ。)オトナの女性が聖アンナで、少女が未来の聖母マリアさまです。
b0070127_14541576.jpg

その聖アンナですが共和国内だとブルタアニュ地方の守護聖女で、ブルタアニュ地方にはサンタンヌ・ドレェ Sainte Anne d'Auray という巨大巡礼地が存在します。国境を取っ払って仏蘭西と言うと「ルルドの聖母」の出現があまりに有名ですが、ここサンタンヌ・ドレェは17世紀に聖母マリアさまのママンがご出現し、多くのひとびとの根っからの改心、つまり回心に導いたのです(← 断定)。

私はサンタンヌ・ドレェには2015年の9月7日に行きました。お天気が良い日でしたねぃ。
b0070127_14453165.jpg
ブルタアニュ巡礼の初日でしたし、あたしゃ「ブルタアニュ」のBの字も知らないのでいろいろ不安もありましたが、この巡礼地はブルゴオニュの某超ウルトラ有名巡礼地(ヒントは聖心)とは違い、相当なトラッドに思えました。抹香を焚いて司祭が導かれる聖務日課をしっかり守っているし、敷地内には永久聖体礼拝所もある。司祭だけでなく修道女会の修院も隣接しているので、ガイドを頼むと聖職者、修道者が案内してくださいます。敷地内には地元戦没者の慰霊聖堂やブルタアニュ地方固有の美術品を展示した博物館もあるので、聖堂訪問はしなくてもそちらでおべんきょできることもあるのではないかと思いますた。はい。

この巡礼地の参道のお土産屋さんにもしっかり聖アンヌとマリアさまの、ブルタアニュスタイルの聖像が売っていました。買えば良かった・・・後悔。
b0070127_15023769.jpg

そして、巡礼地内の博物館で見つけた、これまた大昔の、とってーもブルタアニュな聖像。
b0070127_15033493.jpg
この聖像 ↑ 、脳内をほぐして見ないと、気付くまでにちょいと時間がかかることがあります。一番のオトナの本を持つ女性が聖アンナ、母アンナに寄り添う少女が聖母マリア、その少女が抱きかかえる赤子がヂーザスです。おもしろい。

聖母マリアさまの母上に比べ、ヨアキム・パパの存在が薄く思われますが、それもヨアキム・パパの崇敬はかなり後になって始まったのだそうです。でも、聖アンナや聖母についておさらいすればヨアキムに必ず触れますし、不妊に悩んでいたのは洗礼者ヨハネのパパとママンだけではないということも知ることができました。新約聖書によりますと聖母マリアさまはその洗礼者ヨハネのママンであるエリザベトが懐妊してから3か月もの間、エリザベトのお手伝いに出ていますからね。その日々の中でマリアさまはエリザベトに「ほら、私のママンも高齢出産だったでしょう?」と励ましながら話していたのかもしれません。うん。

私の亡き母も難産で私を出産したのだっけ・・・。今日は私が誕生した当時の親についてあれこれ振り返ってみよう。

le 26 juillet 2017, Anne et Joachim



正教会のイコンのようなご絵を見つけた。





[PR]
# by ma_cocotte | 2017-07-26 15:12 | 『巡礼』 Rien de special | Comments(0)
おいしかったですけれど、
b0070127_18091030.jpg
もうやふやふ白くなり始めた今月初日の結婚披露パーリー。
その最後の「イヴェント」で登場しましたデセールがこれ ↑ でござあます。
きょうび日本びとならばひと目でマカロンとわかるかと思います。
でも、この緑色、はて何でしょう?
お店の方に質問したらなんとまあ「お抹茶」ですって。

知ると同時に、私の心の中で「う゛わぁあああああ!こりゃ、入れすぎでしょう!?」の叫び声。
そして、その後に「ま、仏蘭西の田舎だから仕方ないのかな(我が心に、どうどうどう)。

花の都は巴里で活躍される世界の国境を取っ払って有名な菓子職人の方々でしたら、これまた国境取っ払って四次元を飛び交う情けやお報せで抹茶のほんのりとした分量と使い方も知る機会があるのかもしれませんが・・・ココは地の果てアキテエヌですからねぇ。「ほんのり」という感覚も概念にない可能性が高い。

このデセールの中ですが、
b0070127_18223993.jpg
新鮮な果実とチョコレエトクリームで、それをレッドベリー数種のソース(ジュレに近いかも)に乗せてあります。
お口に入れての印象ですが、この色の違いの主張でも想像つくとおり、抹茶もチョコレエトクリームも果実のソースも全部の味がわかりました。噛んで、飲み込む寸前に味が一体化するような感じです。

それにしてもねぇ。
お抹茶をここまで入れずとも、しっかりした主張がお口の中でありますでしょうにねぇ。
この緑の濃さではホウレンソウやミントを想像してしまった私ですが、それは抹茶の存在を既に知っていたからでしょう。

私の周囲の仏蘭西びとたちはこのデセールを「おいしい、おいしい」と食べていました。
それもまた田舎のゾンビだからであってパリの仏蘭西人にどう思われるのか、パリを知らない私にはわかりません。

このデセール。
パーリーの最後のシャンパンセレモニーで登場したのでした。
b0070127_18292035.jpg
b0070127_18305781.jpg
新婚のお二人、坊やとしあわせな夏を過ごしてらっさいます。めでたし、めでたし。



le 25 juillet 2017, Jacques








[PR]
# by ma_cocotte | 2017-07-25 18:32 | The ou Cafe? | Comments(0)