あんたの言ってることは難しくて、回りくどくて、わがんね。
五月になっちゃいました。
聖母月です(← わかるひとにわかればいいw)。

ココんちあたりは明け方までかなりの雨。夜が明けても、雲の流れが速いのか雨が降ったり止んだり、その間にしっかり太陽が見え隠れしています。気温は低い。暖房のスイッチをいれました。

さて、仏蘭西共和国次期大統領選挙。
今度の日曜が最終決戦の日です。(ドリカムの「決戦は~」が脳内ジュークボックスにオン)

昨晩なんぞはテレビをどのチャンネルに合わせても大統領戦の話題ばかりで、かんけーねーオレさまはつまんなくて寝ちまったさ。

というかね、まぢ、今度の大統領選挙、つまんねーです。
これがフィヨンvsマクロンだったら、周囲の有名人の応援票がもっと割れて、ワクワクできただろうに、と真面目に思います(おいらのぢっつぁまは生前、某党の選挙参謀w)

ですが、現実は「黙れ、小童!マクロン」vs「おんな党首マリィヌ・ルペン」の一騎打ちです。
おんな党首は極右政党フォン・ナシオナル Front National (略称FN)の創立者の娘ですから、ミギに巻こうがヒダリに巻こうがどっかの北朝鮮を支配する一族と似たようなもんです。「えー、違うよー」はココでは無し。だって、バカには両者がそっくりとまでしかわかんないからです。

そのおんな党首マリィヌですが、以前、父親の御世だとFNはやたらと見本の国として日本国を挙げていたのに、彼女が見本として挙げる国は韓国とスイスです。この鍵語が出ると、小童マクロンが遮るように「ココはフランスだ!」と声を上げるのも毎度で飽きてきた。けれど、近々、ニュウス専門チャンネルが主幹となって選挙直前最後のナマ討論番組が放映されるので、そこでも同じ茶番劇を見れるでありましょう。

もう「決戦は日曜日」まで六日を切り、あの最初の投票日から数えれば折り返し地点を過ぎたので、こうも毎日、クドいくらいテレビでもラジオでも電脳域でも共和国大統領選挙の話題を見聞してわかったことは両者のターゲットが明らかに違うこと。小童マクロンは三角形の頂点につながるひとびとに語り掛け、おんな党首マリィヌは三角形の底辺を狙っている。なんだか、本物の「おんな城主直虎」ちゃんと似て遠からじな「おんな党首まりぃぬ」です。でも、三角形の頂点にどこかでつながっているひとびとにとって「おんな党首マリィヌ」が口から出しているあらゆることは失笑、飽きれてぽっかーんに値しても、三角形の底辺でうごめくひとびとにとって彼女の話は簡単でよくわかる。話の進め方が単純だし、文章やら単語が難しくないから、最後まで聞いていられる。彼女がつく嘘も自分が生まれてなかった時代や国境の外が舞台の作り話だから信じたところでどうってことないのです。

ところが、だ。
黙れ、小童!のエマニュエル・マクロン。
マクロンです。エリートです。そんぢょそこらにいないエリートです。イエズス会のガッコの卒業生です。エナルクです。銀行家で成功しました。閣僚経験もありんす。・・・と、ダチョウの羽背負って燕尾服で正面を向いたまま階段を駆け下りてきそうですけれど、彼の話は難しすぎて、三角形の頂点につながるひとびとにとっては納得が行き、手を取り合うことを決断できても、三角形の底辺のひとびとにとって小童マクロンが自ら話すことは「途中脱落、途中棄権」なのです。言ってることが「難しくって、よぐわがんね」。この弱点を小童マクロンはその知力で既に見抜いていたから、農村部に強いフランソワ・バイルゥを引き込んだ。バイルゥは以前どこかに書き散らかした記憶があるけれど、昭和時代の民社党の春日氏を思い出すというか、なんだろうねぇ、中道なんだろうけれどよくわからない、天秤が細かに動いたまんまだから、どう飛び乗ればいいのか運動神経が良くないとタイミングを掴めないというか。それでも、共和国内の農村部で長年強く支持されているので、バイルゥが小童マクロンを応援すると宣言すれば、それだけで農村部では「バイルゥさまがそうおっしゃるならば」と乗船する気持になってくれる民が出るわけです。これで、小童マクロンにしてみれば農民の票をかなり得ることができた。票数を補えたわけです。バイルゥには足を向けられンだろ。だから、小童マクロンが大統領になったら、バイルゥが首相になるかもしれないという噂も立ったくらいです。小童マクロンがそこまで恩を感じているか。アタマのいい人に薄情、喜怒哀楽がない冷血が多いのも世の常w

兎に角、残りの日数で小童マクロンが誰にでもわかりやすい話を、落ち着いた声で、ゆっくりと話せば、得票はいっそう増えるでしょう。

おんな党首マリィヌの方は何を早まってか、歴史修正主義だとわかるねつ造話を始めてしまいましたからね(フツーだったら当選してからするでしょーに)。だから、ココ数年でテロの現場に直接間接で関わり、心身に深い傷を負ったひとびとがおんな党首マリィヌに庇護を求めたにも関わらず、歴史を独善修正したことでその支持者層がもろけてしまい。・・・変なの。

いずれにせよ、ココんちではおんな城主については危険な存在としか思えないし、小童マクロンについては貧乏ゆすり過ごそうなんで近づきたくない。けれど、これからの5年はまず間違いなく小童マクロンの御世と断定しているので、ココんちの唯一の投票権を持つ者は自宅ではなく南仏に滞在中を理由に「棄権」。

選挙権のない私ですが、ココんところで小童マクロンがピノキオに見えてならず、一週間後の今頃、月曜朝、テレビに映る小童マクロンの鼻がどんだけ高くなっているのか既に妄想状態です。でもさー、まぢ、マクロンの話っぷりって、途中で「黙れ、コワッパ!」と遮りたくなりますぜ。





le 1er mai 2017, Jérémie








[PR]
# by ma_cocotte | 2017-05-01 17:01 | よっ、大統領!2017 | Comments(0)
カトちゃんたちにとっての、大統領戦
前々からフェイスブックでお仏蘭西の全国紙ラ・クロワ La Croix に「いいね!」を押して情報をいただいておりますが、ココんところ、次期大統領選に関係した記事が届くことが多くなりました。カトリックという宗教につながる全国紙であっても、政治に触れる、触れる。丁度1週間前に次期大統領選挙第1回投票が終わり、最終決戦の二候補が決まってからは日替わりでどこそこの教区の長上さま(俗に司教、大司教と呼ばれる方々)やどこそこの修道会の有名人がどういう考えがあって、誰それに投票する(更には他人さまにもお勧めする)という記事も飛んでくるようになりました。

こういう記事が飛んできて、興味深いのは、記事本文よりコメント欄だったりします。
昨日だったか某修道会の有名司祭が小童エマニュエル・マクロンを支持、投票するという記事が掲載されましたが、コメント欄には本文に賛成の意見もあれば、マリィヌ・ルペンより更にカトリック的ではないマクロンではないか!という意見もあり、そういう意見に対して「あなたはどういうカトリックの位置にいるのですか?という問いかけまでありました。つまり、それは「あなたはルペン家と同じ聖ピオ十世会の礼拝に通っている信者さん?」と深読みできるけど、とどめを刺さない問いかけなんざますね。

でも、いくら小童マクロンが自ら「我はイエズス会の学校で教育を受けた」と繰り返しても、世間では彼はしっかり「実はフリーメーソン8割内閣」の一員だったこともバレているし、マクロンははっきり家族の形を変革する、つまり、家族に父母は必ずしも要らないことを支持しているので、どこがカトリックやねん?と突っ込みを入れる、神学や教会法など難しいことにはまったく関わらない普通のカトちゃんはいくらでもいるンです。(だから、マクロンは自らがイエズス会の学校で教育を出たという事実だけを露わにして、何も知らないカトちゃんを信用させようとしているのです。)

と、ココまでで、実は聖ピオ十世会とつながるマリィヌ・ルペンにしろ、いくらイエズス会の名を出してもカトリックについてよくわかんない小童マクロンにしろ、普通のカトちゃんにしてみれば「どっちにも投票したくないけれど、投票しなくちゃいけないの?」となります。この決選の2候補者のせいで、棄権を決めているカトちゃんも相当数。あんなに聖ピオ十世会に優しかったアラン・ヂュペさえマクロン推しを明らかにして、聖ピオ十世会支持の聖俗信者さんは落胆していると思いますけれどね。政治家と宗教なんてそんなもん。真理なんてない。いずれにせよ、おんな党首も小童も世俗信者として見本となる私生活ではありませんので、それを省いて、見極めて、投票するしかないンでしょう。おんな党首にしろ、小童にしろ、今のところどちらの人生も列聖の対象外w 

le 30 avril 2017, Pie V

↑ この話題で、こんにちの聖人が聖ピオV世教皇というのは偶然とは思えん。天においては必然だな、こりゃw






[PR]
# by ma_cocotte | 2017-04-30 19:07 | よっ、大統領!2017 | Comments(0)
わたしの、おともだち
知り合って半年が過ぎましたか。

b0070127_16493185.jpg
今では私のお友達、「山羊のべぇちゃん」です。
ココんちの犬が好きな散歩道の途中に、山羊のべぇちゃんが住んでいます。
もともと足にハンディキャップがある山羊で、飼い主も隣県ヴァンデにお住まいらしく、山羊のべぇちゃんはほっぽらかされがちで、先の晩冬の長雨を境に栄養失調がいっそうひどくなったように見えました。

山羊のべぇちゃんの具合の悪さに気づいたのは私だけでなく、近所の方々もそうで、それぞれが勝手にこの山羊に善意を示すようになりました。私はかなりの後発のワルもんですが、今はココんちの庭の草木の若芽を刈り取ってはほぼ毎日、午後遅くに山羊のべぇちゃんにご飯として持っていくようになりました。

山羊の好物ってイバラなのです。
私は今まで知りませんでした。
たまたまこの散歩道で、教会のごミサでお見かけするマダムに遭い、彼女から山羊の好物がイバラであることを聞きました。ほっほー、そりゃ、感謝。だって、イバラがココんちの庭のあちこちで発生し、大変なことになっているからです。できれば山羊のべぇちゃんがココんちに引っ越してくれたらいいのに・・・と思うくらい。でも、それができないのがちょと悲しいくらい、山羊のべぇちゃんの栄養失調と足の不自由さが進行しているのも現実です。
山羊のべぇちゃんがたったひとりぽっちで飼育されている場所の囲いの外に住む私たちができることしかできません。でも、善意の結集であることは間違いありません。私もべぇちゃんとお友達になったことがきっかけで、山羊について調べるようになりました。胃が四つもあるらしい。ヒトとコンタクトが取れるらしい(これについてはなんとなく私も気づいていました。山羊ってアタマいいよ。)
b0070127_16481916.jpg
で、山羊ですが悪魔のイメージがありますでしょ。
べぇちゃんの角の形なんて、悪魔を描いた絵画や彫像で見たような記憶があります。
その山羊の好物がイバラ。
山羊のべぇちゃんのイバラの食べっぷりはそれは見事で、それはおいしそうにイバラを残さず食べてしまいます。
そのイバラと言えば、ああ、ヂーザっさんが処刑直前に頭に乗せられ、押さえつけられ、おでこから血をダラダラ流したのは「イバラの冠」です。山羊はイバラが大好き、いとも簡単に食べてしまう。妄想を馳せると、悪魔はイバラを乗せた神の子なんていとも簡単に食べてしまう・・・となる。なるほどねぇ、悪魔ってそれくらい最強なんだねぇ・・・と改めて。

ですが、山羊のべぇちゃんは悪魔の精神とはほど遠い。無原罪のアニマルざます。
むしろ、原罪を抱える飼い主にこんなところに閉じ込められてひどい仕打ちにあっているのは天にも地にも明らかなンざます。
ゆるされないよ、まぢ。

山羊のべぇちゃんがイバラを喜んで食べてくれるので、私は毎朝、イバラ刈りを続けていますが、おかげさまで両腕、両掌にはイバラのとげによる蚯蚓腫れだらけ。爪も人差し指と中指の爪が見事、割れました。イバラのとげですが、飛び上がるような痛みが走ります。服にとげが絡んだら丁寧に外さないと布は簡単に破けます。ヂーザっさん、どんだけ痛かったのだろう・・・。ああ、「眠れる森の美女」の王子さまもねぇ。実はお姫様の目の前で血だらけの蚯蚓腫れだらけだったでしょーねぃ。

と、それでもめげずに私は今朝もイバラ刈りして、新たな蚯蚓腫れをこさえちゃいました。

冬に戻ったかのような日が続いていますが、それでも良い週末になるよう努めねば。


le 29 avril 2017, Catherine


山羊のべぇちゃんを見ていると、「囲いの中の飼い殺し」は本当に恐ろしいし、囲いの外から眺める者の心を痛めます。私は二週間近い暴風雨の後、山羊のべぇちゃんの具合がいっそう悪くなったのを目の当たりにして、「ここはアウシュヴィッツだ」と口から言葉がこぼれました。それと同時に山羊のべぇちゃんにご飯を与えることに熱心になりました。ウワサで、上に登場の私が教会でお見かけするマダムが暴風雨の間、車を運転してべぇちゃんに餌を与えていたと聞きました。ああ、私はなんて遅い、恥ずかしくなりました。そして、今、仏蘭西の庶民が次期大統領によっては塀の中の飼い殺し状態に成りかねないと私は危機を感じ取っています。ミギに巻こうがヒダリに巻こうが巻き切れると「鎖国」を好むというのは気持ち悪い現象、現実、事実。こういうことになると、脳内にはクイーンの「手を取り合ってこのまま行こう、愛するひとよ」の一節が流れ始めます。




[PR]
# by ma_cocotte | 2017-04-29 17:13 | Promenons-nous! | Comments(2)
首位:小童マクロン、二位:変人メランション@にふぉーん

たった今、フェイスブックの在日フランス大使館から届いた、日本國内での在日フランスびとの投票結果。
タイトルのとおり、首位が小童、二位が変人・・・
フィヨンぢゃないのね・・・と先ず思うに思ったけれど、ちびっと考えたら、在日仏蘭西びとにおかれましてはニッポンの原発でおんお働きあそばされている方以外は中道よりヒダリが多いので、二位がフィヨンでなくメランションというのも納得です。ちなみに日本国内の投票率は60.8% 仏蘭西共和国では複数国籍所持が認められているので、日本国内でもかなりの数値(有権者が6005名、投票者3653名)。

フェイスブック版では日本国内での投票結果が一目でわかる棒グラフで掲載されています。
よろしかったら、ぷれ~ご。↓ クリックしてみてくださいね。地球儀マークだったので、どなたもご覧になれる(と思う)。
le 27 avril 2017, Zita






[PR]
# by ma_cocotte | 2017-04-27 15:45 | よっ、大統領!2017 | Comments(0)
男は目で惚れ、女は耳で惚れる。
他人についての印象ね。
「男は目で(他人に)惚れ、女は耳で(他人に)惚れる」---えてしてそうらしい。
この話は一昔も、ふた昔も前から聞いていて、なるほど、女性は受話器の向こうから聞こえてくる声に恋に落ちる・・・ということ、一方の男性は写真で第一印象を持ったところで現実でのヴィジュアルで確信するということも。なるほど、なーるなると腑に落ちることが多すぎた。

そんな個人の過去は吹っ飛ばして、昨晩。
偶然、アラース Arras という都市で開催された次期大統領候補エンマニュエル・マクロン小童小僧の演説ナマ中継をテレビで見てしまったワタクシ。ずーっと敵の、それも個人というより組織そのもの(=極右政党FN)の固有名詞を出しての叩きを繰り返し、最後には小童マクロンの絶叫ですよ。以前にも増して新興宗教教祖っぽくなっているので驚いたと言うか、飽きれたと言うか。「あなたにはボクしかいません。あなたを救うのはボクです。だから、あなたはボクを選んでください」ってな導きを連想する誘惑のセリフを叫んだンですよ、カレ。

うへぇ・・・きんもー・・・と現代日本語が脳内滑走しつつ、テレビ画面の焦点を小童小僧マクロンから外した、カレの背後左右にいる支援者が口を開けた無表情で旗を振っていたとゆう・・・なんちゅうか、エイメリカで始まった政治家の背後に支持者を置くというイメージですが、人選を間違えると視聴者の反感や失望をもたらしはしませんかねぇ。昨晩の小童マクロンの背後左右は明らかに中高年の白人さんだけど、お二人とも鼻が悪いのか口が半開きで、笑顔でもないし、そもそも目が死んでいるというか。演説拝聴に飽きたあたりだったのか・・・もちろん、この印象は私個人のバイアスがかかったもんだから、小童マクロンの支援者はあの小童の甲高い絶叫と同時に感涙の滝涙を会場やら画面の前で流していたのでしょう。だって、新興宗教の集会クライマックスもそうぢゃんね。

共和国のガイジンである私は今週月曜以降、小童マクロンを見れば見るほど、平行移動で引いており、最終決戦が十日後とは言え、こちらの引いていく心は十日も持つのかな、途中で壁にぶつかってしまい「拒否、嫌悪」になってしまうのかな、と思い始めている木曜の朝ざます。

小童マクロンは自己暗示をかけて最終決戦に挑んでいるのかもしれませんね。

でも、あんたはナポレオンぢゃないぞw 勘違いしないでくり。

兎にも角にも、巷でもささやき始められておりますが、小童マクロンくんはあのサルコぢの真似を好む二番煎じぢゃないかということ。児童の下手な芝居は一度見れば十分なンですが、世間には「何度見ても飽きない」方々もいることもココんところでよくわかってきました。サルコぢに倣うなら、小童マクロンの再選は「ない」、ポワン!

まあ、敵が極右のおんな党首なので、小童マクロンがすでに当選を確信して浮かれるのも無理はない。どんなに頭が優れ良くても、そこいら辺がまだ「不惑前のにーちゃん」なんでしょうな。私も昨晩は、小童マクロンの左右のヘの字のお口ぽっかーんぢっさまばっさまとは心の機微は違えど、お口ぽっかーんですた。あたちの顎が外れるようなこと、残りの十日間であるのかなあ。

あたちの荷物、どこからまとめるかな。ぼんやり考え始めよう。


le 27 avril 2017, Zita


と、昨晩のこんなようつべを見つけたけれど、ここに映っている小童背後の男女は未だ口がぽかーん状態ではありません。
っくしょー。証拠になんねーぢゃねーかw それでも、あたしが小童嫌いなのは事実現実。まぢ、フィヨンがなぜ残らなかったのか(涙






[PR]
# by ma_cocotte | 2017-04-27 15:16 | よっ、大統領!2017 | Comments(0)