タグ:ヴぁちかん ( 44 ) タグの人気記事
振り向かないの。
久しぶりにおヴァチカンねたざます。



ひとつ前のエントリーで話したカトリックの典礼暦につながりますが、今年(正確には昨年11月末の待降節入り以降)の典礼暦では1月10日が「主の洗礼」を記念する主日(日曜日)です。この日をもってクリスマスにもひと段落ですので、おうちのクリスマス飾りも片付けることになります。

そんな「主の洗礼」というお祝い日。
ヴァチカンでは毎年、幼児洗礼式がシスティナ礼拝堂で行われます。
2016年、今年は26人のベイビーがフランシスコ教皇様から洗礼の恵みをいただくことになりました。
その記録ビデオが上に添付したものです。きょうびYouTubeがございますので本当に便利でおますな。

さて、ココからはちょっこしカトねたです。
このビデオをご覧になると、かのシスティナ礼拝堂の祭壇は昔の祭壇なのであります。つまり、壁にくっついたように見える祭壇です。となりますと、慣れ親しんでいるカトリックのごミサのように司祭と会衆が対面できないではありませんか。

このビデオの1時間20分過ぎからご覧になるとわかりますが、教皇様は会衆に背中を向けてブツブツブツと典礼文を唱えられたり、更には聖変化なる所作を背中を向けたままなさっています。

これを見て、興奮気味に「おっ、これは昔の典礼ではあるまいか!?」と想像してしまうかもしれませんが、よーく見聞すると、教皇様が唱えている言葉はラテン語ではなくイタリア語ですし、聖変化のあたりを見れば、複数の司祭による共同司式であることがわかります。(昔の、特別形式の、ヨハネ23世の、ピオVの典礼においては司式司祭はひとりで、共同司式しません)

祭服が今のものであるのは、これは特別形式のミサでもパウロ6世典礼の背面だろうが対面だろうが問題ではありません(つまり、特別形式のミサでも、現在のいつもの祭服でささげています)。

もひとつ、ついでに、ビデオをご覧になると、祭壇の真ん中の磔十字架の左右に三本ずつの蝋燭、そして、これまたよーく見ると真ん中の十字架の上に蝋燭が一本点っています。計7本。これは司教司式だからです。ローマ教皇は司教職の頂点でありますからして。
ビデオ1時間40分あたりから聖体拝領。縦に並んで順番を待っての起立の拝領です。(特別形式ではないっちゅうことですね)。

ヴァチカンのサン・ピエトロでは夕ミサがラテン語のパウロ6世典礼で、これは司式司祭と参列者が対面でささげられる多くの方にとってお馴染みのスタイルですが、典礼文がラテン語(聖書朗読はイタリア語)どす。

それにしても、赤ちゃんや子供たちの声が絶え間なく聞こえ、視聴している者までしあわせになれる記録ですね。でお・ぐらあしあす。

le 12 janvier 2016, Marguerite

[PR]
by ma_cocotte | 2016-01-12 02:18 | 『?』なKTOりっくん | Comments(0)
黒い教皇さんと白い教皇さんが、
b0070127_1241563.jpg
ごっつんこ。
Photo: L'Osservatore Romano


どうやら3月21日、ようやく「黒い教皇」イエズス会総長アドルフォ・ニコラス師と「白い教皇」フランシスコ教皇様が会談の時を持たれたようです。めでたし、めでたし。

赤い教皇さんと国務長官はいったいどなたに・・・。

le 22 mars 2013, Léa


実は今度の土曜日の夜から世界中のカトリックヲールドは聖週間という復活祭前の大切な一週間を迎えることになっていますが、21日、ヴァチカンより今年の聖木曜日(3月28日)、フランシスコ教皇様はこれまでのヴァチカンの大聖堂でのごミサを司式せず、青年刑務所で聖木曜日のごミサをささげ、聖木曜日に行われる洗足式も刑務所で行うことになると発表されました。すっきゃんだーる。
[PR]
by ma_cocotte | 2013-03-22 01:29 | 『?』なKTOりっくん | Comments(0)
万事つつがなく
執り行われました。
b0070127_4354977.jpg
Radio Vatican en français


指輪、パリウム(子羊の毛で織られた帯状の肩被)、バクルス(牧杖)全て無事、教皇さまの御身につけました。
めでたし、めでたし。

b0070127_437586.jpg






数日前にこんにちのご慶事のごミサの福音書朗読はギリシャ語で朗唱されると漏れ伺っていたので、実際に拝聴し、耳慣れない響きに心ときめきもしました。

ミサ中継全編はこちら ↓ で。前半2時間50分は着座式ミサ、後半はVIPとの謁見中継になっています。



さて、フランシスコ教皇さまはこうして2013年3月13日聖ヨゼフの祝日に着座されましたので、お次は国務長官はじめヴァチカン市国の人事に世間の注目の目が集まり始めることになります。

2013年3月13日現在、白い教皇はイエズス会出身のフランシスコ教皇さま、白い教皇さまの左右を支える赤い教皇と黒い教皇のうち黒い教皇はもちろんイエズス会総長、ヴァチカン市国公式新聞であるロッセルバトーレ・ロマーノ L'Osservatore Romano 紙の編集長はイエズス会の神父様、小さな欧州の欧州連合大統領はイエズス会教育で育ち、現在もイエズス会に関わる世俗さん、そして一人当たりの国内総生産世界一の国ルクセンブルク大公国の大司教もイエズス会司祭なので、まさか国務長官や赤い教皇(福音宣教省長官)にイエズス会員が選ばれるなんてことはないでしょう・・・・。え?ありえます?

さてさて、どうなりますことやら。

le 20 mars 2013, Herbert

[PR]
by ma_cocotte | 2013-03-20 05:08 | Vive le pape! | Comments(0)
30分を切りました。
きょうの朝、約30分置きに繰り返される仏国営放送ニュウスのトップニュウスはロオマからの生中継。まもなく午前9時半から先日3月13日に選ばれたフランシスコ教皇様の着座式ごミサがささげられるからです。
b0070127_1718691.jpg
なんとすばらしすぎる晴天でありましょう。
Radio Vatican en français


午前9時直前の仏国営放送 France 2 のニュウスによりますと、フランシスコ教皇さまはパパモビルに乗って広場にお出ましになったものの、すぐに下車してしまいました。動く映像で私もその事実を拝見しましたよ。
b0070127_178334.jpg
今から10分ほど前、パパモビルから降りる直前のフランシスコ教皇さま
Vatican Radio - English Section



ヴァチカンは準備万端。いったいいくつのチボリウムなんだ・・・
b0070127_17105154.jpg
Radio Vatican en français



共同司式者なのでしょう。しあわせ。
b0070127_17132255.jpg
Radio Vatican en français


背後から聞こえるミサ生中継番組によりますと、きょうのご慶事、世界の31か国から国家元首が参列で、仏蘭西共和国からはヂャン・マルク・エロ Jean-Marc Ayrault 首相が代表として送られたとのこと。ああ、エロ首相ってとても真面目なカトリック家庭に生まれ育ったのに、大学の基礎課程時代に社会主義運動家に脳みそを洗われちゃって、現在は無神論者として毎日過ごしているムッシュウなのですよね。(-。-) ボソッ
彼にとってはタイミング悪く、こんなミッションを上長であるフランソワ・オランド大統領さんからもらっちゃったので、バツ悪そうな表情でヴァチカン宮殿内に突っ立っている様子がテレビ画面で紹介されましたけれども、1mm程度でも改心のきっかけになればよいですね。

では、しばし。
b0070127_17263100.jpg
そんぢゃ、あとでね。あ・とぅったろ。
Radio Vatican en français



le 19 mars 2013, Joseph



ところで、日本國政府からはいったいどなたが代表なので?
[PR]
by ma_cocotte | 2013-03-19 17:10 | Vive le pape! | Comments(0)
この紋が目に入らぬか!
IHSの文字がおいらにはまぶしくって...
え!? あなたさまも?(感涙
b0070127_1345175.jpg

IHSは、これまでココで何度もみんなたちとおしゃべりした、あのIHSです。
イエズス会と言えば、あい、えいち、えす emoticon-0169-dance.gifemoticon-0170-ninja.gifemoticon-0169-dance.gif
わたくしたちが教会訪問するとつい探してしまうのが、あい、えいち、えす emoticon-0169-dance.gifemoticon-0170-ninja.gifemoticon-0169-dance.gif

ですから、フランシスコ教皇さまの紋章のど真ん中に、あい、えいち、えす emoticon-0169-dance.gifemoticon-0170-ninja.gifemoticon-0169-dance.gif なんて涙がどばーっっと目から滝なんざます。

既に日本國では3月19日を迎えておりますが、欧州は未だ前日18日。3月19日はフランシスコ教皇様の着座式がヴァチカンで行われ、その式をきっかけに紋章やバクルス、指輪などが初披露されると信じていたのに、なんと前日、紋章についてはこうして披露されてしまった・・・・時代を感じます。

さて、紋章下方にフランシスコ教皇さまのモットー“Miserando atque eligendo”がございますけれど「慈しみと選びによって」と日本語に訳すらしいです。

そんぢゃ、ほなまた。(いきなり~w

le 19 mars 2013, Joseph

[PR]
by ma_cocotte | 2013-03-19 01:45 | Vive le pape! | Comments(0)
いずこの、『フランシスコ』
アベムス・パッパム Habemus Papam の全文にはラテン語でFranciscum、フランシスクムとあります。日本のカトリック教会ではフランシスコ、英米語ではフランシス Francis、イタリア語ではフランチエスコ Franciesco、フランス語ではフランソワ François を公で用いることになったようです(欧州時間で3月14日正午以降)。スペイン語やら独逸語ではどう表記するのか、追ってわかることですから焦らずとも良いです。
cf. 新教皇の名称について
新教皇の名称は、教皇庁大使館の通知を受けて、今後は「教皇フランシスコ」と呼ばれます。(2013.3.15)

さて、2013年3月13日の午後7時10分。あのシスティナ礼拝堂の屋根に設えられた煙突から白い煙がもくもくと出ました。その後、アベムス・パッパム Habemus Papam という新しい教皇さまが聖ピエトロ大聖堂の正面の大バルコニーにお出ましになり、私たち世俗にごあいさつしてくださるという儀式がありますが、ベネディクト16世名誉教皇さまが選ばれた時は白煙から45分後にアベムス・パッパム、ところが、今回、フランシスコ教皇様がバルコニーにお出ましになるまで一時間と数分かかりました。この60数分という時の流れはテレビ画面前の世俗を「あってはならない妄想」に招くワケで、白煙から30分過ぎても何ら動きがない、B16とタイ記録になる45分過ぎても何ら動きがないとなると、ココんちのような下品な男女が集う家では「たぶん前もって用意した3サイズのスータンいずれのサイズにも合わない枢機卿さまが選ばれちゃったんだよ」なんて話になり、同時にテレビ画面からは、ココんちでは24時間ニュウス専門チャンネルのi>teleを視聴していたけれど、ミラノ大司教アンヂェロ・スコラ枢機卿さまが選ばれたのだという話をはじめ、はては招かれた仏人政治家に「スコラ枢機卿はカトリック民主主義(党)を支持している方ですから良かったですね。あなたに都合がよろしくて」なーんて話。こちとら、テレビ局がそういう確定をまことしやかに話すことで、脳内にはアンヂェロ・スコラ枢機卿様の「おぬしもワルよの」ピンナップ写真が走馬灯状態になってしまいました。

・・・・なんてお遊びを数分続けたところで、画面向こうのヴァチカンからの生中継画面は大して変わらず、午後8時丁度になり、ココんちでは私が「もしかしてお名前選択で時間がかかっているんぢゃないの?」という言葉を漏らしてしまったのでした。そして、さらに10分。バルコニー周辺の窓から灯りが漏れたところで、テレビ画面から小声で「Francesco? Francesco Salesio?」というつぶやきが確かに聞こえました。前者はアッシジのフランシスコ、後者はフランシスコ・サレジオという北イタリアと国境を接するフランス側に縁ある聖人です。そのささやきの直後、アベムス・パッパムの儀式が始まり、仏人であるトラン枢機卿の宣言で新しい教皇さまの名前が「フランシスコ(仏語でフランソワ)」であり、その名がイタリア共和国の第二守護聖人であるアッシジのフランシスコから取られたものであるという説明がテレビ画面から聞こえてきました。というわけで、アベムス・パッパムの儀式の最中に既にフランス語圏では新しい教皇さまが選ばれた「フランソワ」という名前はアッシジの聖フランシスコからいただいたものだ、と「唯一の由来」に確定されました。

ところが、面白いものできょうび三次元より信頼されている電脳世界における日本語圏では数日にわたり、フランシスコ教皇さまがイエズス会の修道司祭出身であることから、フランシスコと言う名前はイエズス会と日本に深いかかわりのある「フランシスコ・ザビエル」からいただいたものではないかという推測がいくつも流れました。おまけに、フランシスコ教皇さまは日本を贔屓しているという発言まで日本語で飛び出した。

これ、想像過多ではありませんかね。

というのも、フランシスコ教皇様のフランシスコはアッシジのフランシスコからいただいたもので、教皇様ご自身が世界の貧困を思うにはアッシジのフランシスコの生前の生き方に倣うことがよいと思いつかれたこと、さらにはアッシジのフランシスコという人物が貧困問題に向き合っただけでなく、神の被造物全てを愛されたことが教皇名を決める決定打だったのです。加えて、確かにイエズス会のフランシスコ・ザビエルは日本の大地に最初に足を踏み入れたカトリック宣教師ではありますが、イエズス会の精神について調べれば「ヒトが作った国境、ヒトが作った身分をとっぱらって我々は神の大いなる栄光のためにはたらく」のですよ。だから、カトリックの最長上、ロオマ教皇となられたイエズス会の神父様が地球のどこぞの一国を贔屓している・・・というのは身勝手な想像です。「えー、そんなぁ」と反論あるかもしれないけれど、イエズス会には「死体のごとき従順」もろもろイエズス会に受け入れられた者が生きるための基本とする言葉の数々があり、建前で眺めるならば、フランシスコ教皇さまは神さまが造られた地球そのものをわけへだてなく愛し、その地球の上にある不平等や格差をなんとかなくすことを大切に考えられていると生前のアッシジのフランシスコの精神と照らし合わせて、私たちが考えると、いろいろなことが見えてきます。

そんな観点を基本とするならば、原子力発電所の問題など地球と自然をいじめ続けている日本という国について、フランシスコ教皇さまはなんらかの意見を持っていらっしゃり、それは世界における上位の富裕国日本への甘い感情ではないこと、容易に想像つきます。





以下、カトリックの聖域になんら関係のない、俗世の婦女子がぶっちゃけ申し上げれば、ホルヘ・マリオ・ベルグリオというイエズス会の神父様は教皇に選ばれたところで、ペトロから先代までの265名の先の教皇方に「倣う人物」がいないので、「フランシスコ」という前例ないお名前を敢えて選ばれたのかしら?と穿った見方をしてしまいました。もしそんな思いをフランシスコ教皇さまが心に置いていらっしゃるならば、おそらくカトリック教会に大きな改革があるでしょうね。
それは、それは、もんのすごぉおおおく大きな改革。
わっはっは。そりゃ、楽しみだ。


le 17 mars 2013, Patrice



【余計な余談】

新しい教皇さまが「フランシスコ」という名前を選んだと見聞した途端、「ああ、イエズス会員だからフランシスコ・ザビエル」と想像する日本人もアレだけれど、「ああ、フランシスコ・サレジオ!」と口にする仏蘭西びともどうかしています。フランシスコ・サレジオは仏語読みでは「フランソワ・ド・サル François de Sales」と変換し、16世紀から17世紀にかけてこの世にいらした聖人ですが、19世紀になり、北イタリアはピエモンテの一司祭、ドン・ヨハネ・ボスコなる人物が修道会を創立し、その名にフランシスコ・サレジオからいただいた「サレジオ会」を選んだのです。そんなわけで、仏蘭西国内でサレジオ会とドン・ボスコの話をすると「ああ、フランスの偉大な聖人を盗んだひとね」と意地悪い返答がたまに戻ってきたりもします。欧州中華思想国フランスならではのイヤな愛国護国表現だったりします。(どーでもいいけれど)
アベムス・パッパムの儀式の翌日から、仏蘭西という国では教皇さまにアッシジのフランシスコを勧めたのはアベムス・パッパムで宣言のお役だったトラン枢機卿だとか、次期国務長官にはパリ大司教アンドレ・ヴァントロワ枢機卿が選ばれるだとか噂を流していますけれど、16日午後の段階でフランシスコ教皇様がアシジのフランシスコの名前を選ぶきっかけを作ったのはブラジルのサンパウロの大司教さまだと教皇様ご自身が説明されていますのでゴミ箱にポイ!のネタですが、次期国務長官については19日の着座式が済むまではわかりませんね。でも、
ヴァントロワ枢機卿さまではないと思うわ。(-。-) ボソッ

[PR]
by ma_cocotte | 2013-03-17 19:52 | 『?』なたわ言 | Comments(0)
黒い靴 
フランシスコ教皇さまのお靴は「教皇さまの赤い靴」ではなく黒い靴なのでした。
b0070127_435469.jpg
Radio Vatican en français

漏れ聞いた話によりますと、コンクラアヴェのためロオマに出発する直前、ブエノスアイレスのおともだちたちが(近未来の)フランシスコ教皇さまのお靴があまりにくたびれていたので新しい靴をプレゼントしたらしいです。こうしてお写真を拝見すると、靴底の様子からおそらくおともだちたちからいただいた黒い靴ではないかと思います。

b0070127_4162526.jpg
Vatican Radio - English Section

この黒いお靴がくたびれたら、もしかしたら「教皇さまの赤い靴」におみ足を通してくださるのかもしれません。


b0070127_5304320.jpg
Vatican Radio - English Section

ベネさまがお住まいだったお部屋が片付くまでフランシスコ教皇さまは毎日、こうして石畳の上を歩いての徒歩通勤だそうなので、黒いお靴のかかとが磨り減るのも早いでしょう。


le 17 mars 2013, Patrice


【 覚 書 】
*仏共和国民の82%が新教皇に満足しているそうだ(仏国営放送お昼のニュウスでそう言っていた)
*来週23日、フランシスコ教皇さまはカステルガンドルフォにヘリコプターで訪問。ベネさまとお昼ごはんをご一緒するとのこと。同じテーブルに二人の教皇がいるというのは「滅多に見れない」と仏国営放送夜のニュウスでそう言っていた。確かにw
[PR]
by ma_cocotte | 2013-03-17 04:22 | Vive le pape! | Comments(0)
世界でひとつの、オンリーワン!
何が「たったひとつ」なのかと言うと、フランシスコ教皇様のイカ帽、いえ、ミトラ、=司教冠です。


昨日(2013年3月14日)夕方のフランシスコ教皇さま ↓
b0070127_2133310.jpg




2008年8月15日の、(近未来の)フランシスコ教皇様 ↓
b0070127_21365476.jpg





アルゼンチン時代の、(近未来の)フランシスコ教皇様 ↓
b0070127_2138294.jpg


どうやら、いつでも、どこでも、どんな身分でも、2013年3月13日から二夜が明け、フランシスコ教皇様のミトラは今のところ「ただひとつ」のようであります。(まさかねー?)

le 15 mars 2013, Louise

[PR]
by ma_cocotte | 2013-03-15 21:42 | Vive le pape! | Comments(0)
翌朝一番に、
マリアさまの御前で、お祈り。
b0070127_23592099.jpg
Radio Vatican en français

第266代ロオマ教皇に選び出された翌朝、永遠の都ロオマ市内のサンタ・マリア・マッジョオレ聖堂でのフランシスコ教皇さま。
ウソかマコトか、昨晩の時点で「明日中にどこでも良いからマリアさまにどうしてもお祈りしたい」と生まれたてほやほやの教皇さまが希望されたとか。で、翌朝のご訪問。祭壇にお花を捧げ、黙って祈られる。

さて、やたら「歴史上初めての南米出身のローマ法王」という言葉が地球上を飛び交っておりますが、フランシスコ教皇さまのご両親は北イタリアはピエモンテ育ちであり、お二人の新天地アルゼンチンでホルヘ・マリオ(=フランシスコ教皇様)がお誕生になった。つまり、第一の国籍がアルゼンチンでも、かぎりなーくイタリアーノなフランシスコ教皇さまなのでした。

le 14 mars 2013, Mathilde



[PR]
by ma_cocotte | 2013-03-14 23:57 | Vive le pape! | Comments(0)
Habemus Papam!
テレビ画面とは言え、同時に拝見できてしあわせでした。
b0070127_5524136.jpg

新しい教皇さまは、フランチエスコ一世 François Ier
フランチエスコは「アッシジの聖フランチエスコ」からいただいたそうです。




システィナ礼拝堂の煙突から煙が出始めたのは2013年3月13日午後7時10分すぎでした。
b0070127_624596.jpg




先ほど第266代ロオマ教皇に選ばれたアルゼンチンはブエノスアイレス大司教ホルヘ・マリオ・ベルゴリオ Jorge Mario Bergoglio 枢機卿さまは1936年12月17日生まれの76歳。イタリア移民出身のアルゼンチン人です。イエズス会から初の教皇様誕生となりました。
私の記憶が確かならば前回のコンクラアヴェではラッツィンガアと最終決戦まで残った方であります。その方がこうして教皇さまになられた。とても意味深く思えます。
b0070127_65747.jpg

さて、テレビ画面を通してではありますが、バルコニーにお出ましになる直前のフランチエスコ一世教皇様の後姿を拝見しました。小柄でコロコロとかわいらしい印象で、牛乳瓶の底のようなメガネレンズ、大きなお耳の持ち主。バルコニーに立たれてからもとても静かで、どこか恥かしがり屋の印象を醸し出されてもいましたが、はにかんだ笑顔がとてもすてきでした。

画面を通してだけれど、新しい教皇さまと一緒にお祈りし、祝福もいただけました。
お祈りの後、ストラの首の部分に丁寧に接吻されていた・・・美しかったです。
ああ、しあわせ。


le 13 mars 2013, Rodrigue

[PR]
by ma_cocotte | 2013-03-13 20:55 | Vive le pape! | Comments(0)