タグ:雑感 ( 275 ) タグの人気記事
なぜノートルダム「寺院」なのだろう?

昨日の午後に発生した、花の都はパリのノートルダム「寺院」前広場での蛮行事件。
一夜明けたきょうはニュウスを見れば必ず現場の周囲に配置された防犯カメラが記録した蛮行と、その直後の警官による容疑者への発砲の様子が繰り返し紹介されておりまして。ぼーっと見ながら、こりゃ、警官に勘違いされたら、こんなにもいとも簡単に発砲されちゃうンだなあと実感しました。私のような落ち着きのない顔が平たい黄色いヒトなんて警官の脳が「チョー危険」と発信した途端のパーン!でしょうねぃ。それと、昨日のこの発砲事件ですが、今まであそこで何もなかったのが不思議なくらいで、正直、「驚いた」という表現より「ああ、やっぱりね」みたいな感情が脳を過りました。昨日の私は外出を繰り返していたので、この事件を知ったのも午後6時前後だったと記憶していますが、ミーのフェイスブックの壁をスクロールしていたら、仏蘭西の司教団からの知らせでノートルダムで毎日行われている夕祷は中止となりました、という報告がありました。これ、毎日、テレビのカトリック専門チャンネルでナマ放送されているので、放映中止のお知らせも兼ねていたようです。こうゆうことがあるととばっちりは世俗にあり、いつもだったら、当たり前に夕方6時にノートルダムに飛び込めば、抹香の薫りとパイプオルガンの調べ、優秀な方々による先唱やら歌唱など心身で察することができ、なんだか清められたようでカトリック信者でなくてもその場に居合わせて運が良かったと思うひとも少なくないのにね。今朝は在仏日本大使館から緊急メールが届いており、

報道等によれば、6月6日午後、パリ中心部のノートルダム寺院前で、男が金づちのような物で複数の警察官に襲いかかったことから、警察官が男に発砲し無害化した事件が発生しました。現在、現場はパリ警視庁の警察官により封鎖されており、捜査が行われている模様です。当分の間、現場付近には近づかないようにお願いします。

2017年6月6日在フランス日本国大使館より



と、記されておりました。せっかく6月の美しい季節、パリを訪問したのに、限られた時間の中で観光名所のノートルダム「寺院」に近づくことも、中に入ることもできないなんて悲しいかもしれません。ですが、ノートルダム「寺院」前のあの広場ってパリ警視庁からそんなに離れていないですよね。容疑者は40歳のアルヂェリア人男性(仏国籍も所有しているのかどうかまだわからない)で、どこぞの大学に留学中だとか。その彼があの広場で観光客を縫って警官に走り寄り、飛び込むようにしてハンマーを警官の脳天あたり目がけて振るったンですね。「シリアのため~」と叫びながら。これを知った時は軽くポカーンとなりました。シリアのためにフランス共和国内の警官を殴ってもシリアの国内情勢はちびっとも変化しないぜ。殴るなら、海軍や空軍の軍人でしょうにね。でも、そういうどこか的外れなところはマグレブからの移民さんにはよくある当たり前。でも、笑える勘違いは良しとしても、笑えない勘違いはよろしくない。しっかし、ラマダンに入ってから欧州のあちらこちらでのイスラム国が関わっているらしきテロが多すぎであります。今年のラマダンは一年で最も日照時間が長い時季にぶつかってしまい、仏蘭西あたりだと外がしっかり暗くなるのが22時あたり、夜が白むのは午前6時ですから、北欧だと23時でも薄明るいだろうし、午前5時には白んでいるでしょうね。(私が夏至の日にエジンバラにいた時は24時でも銀夜でした) だから、世の中が真っ暗の間にいくら腹持ちの良い食事をフルコースで食べても、日中の我慢はかなり厳しいのではないかと想像します。いっくら数珠をつまびいても解消するかどうか。ラマダンの間、信徒は口腔内に出たツバも飲み込んではいけないのだよ。空腹による苛立ちも加わっての蛮行なのかなあ。確かに私が南仏に住んでいた時、ラマダーンの間の市井は要注意で、路上での喧嘩やほうぼうの家庭から聞こえてくる罵声や不穏な音などは当たり前でもありました。当時はたいていイスラームを生活宗旨とする方々の間でのこういう奇行でしたが、イスラム国がその苛立ちを「十字軍に向けてやっちまえ」とそそのかす行いは、彼らが崇拝する神さまが求めていることではないと思うよ、まる

le 7 juin 2017, Gilbert


夕祷(仏語で Vêpres ヴェップル)はミサではなく聖務日課(仏語で Offices )のひとつなので、今回のようなことがあって世俗さんや観光客があの聖堂で参列できなくても、ノートルダムだったら多分、右隣にある司祭館の小聖堂で司祭方がおつとめしたと拝察します。大聖堂を壊せば礼拝できなくなる、と考えるイスラム国は甘いンだよっっ。ミサも聖務日課も野外でできるし。ふん。それにしても、表題に記したけれど、なぜノートルダム「寺院」なんでしょうね。ローマ法王の「法王」と同様に和訳で既に決まった用語なのでしょうね。でも、変なの。


・・・あ。でも、イスラム原理教条主義者だったら「寺」を襲撃するよね。明らかに拝む先が神ではないからさ。



[PR]
by ma_cocotte | 2017-06-07 15:46 | actualite 現時点の現場から | Comments(0)
無理なこぢつけ
こんなことだから電脳内の日本語世界で「これだからおフランスのカトリックって・・・」と批判されたり、バカにされても仕方ないと思いました。
何が?って、ヴァティカンにおわしますフランチエスコ教皇さまとフランスは花の都パリのエリゼ宮殿にお住まい始めた小童!エマニュエル・マクロン大統領の(5つの)共通点です。第一の鍵事項は「イエズス会」だそう。以下の添付記事が原文ですわ。



なぜ2者の第一の共通点が「イエズス会」なのか。
それは教皇様が着座までイエズス会に奉献した修道司祭であり、小童マクロンが故郷アミアンのイエズス会運営中学・高校に在籍していたからだそう。これ、カトリックについてよく知らないと納得しちゃうのかもしれませんが、ちょいっとしたカトリック通だとこのリンクは「無理なこぢつけ」だったりします。なぜなら、召命あってイエズス会に入会するのと、親やら本人の希望でイエズス会の学校を選ぶのでは次元が違うから。はっきり言って、小童マクロンを中心にしてこの話題にするならば、フランチエスコ教皇さまの中学・高校はアルゼンチンのサレジオ会運営の男子校であって、教皇さまが中高時代に関わった司祭方の多くはサレジオ会員だったのです。イエズス会の司祭が青少年時代の教皇様を導いたのではありません。イエズス会とサレジオ会って今でこそ、ちょびっとは協働していたりもしますが、前世紀終わり、いや、今世紀に入っても「イエズス会はヒダリなら、サレジオ会はミギ」と聖俗信者の笑い話にもなっていました。実際、JR四ツ谷駅の線路上にかかる四谷見附橋から赤坂離宮を眺めつつ、この与太台詞をつぶやくとまさにその通りで、橋のヒダリにイエズス会の管区長館、橋のミギの学習院初等科の裏にサレジオ会の管区長館がござる(ついでに、橋のミギにはパウロ会の管区長館もある)。1980年代初めまでさかのぼってしまうと、この配置に加え、赤坂離宮を眺める我々のヒダリ背後にヴァティカン大使館と(今は潮見に引っ越してしまった)日本司教団のビルヂングがありました。今の雙葉幼稚園の建物のすぐそばね。偶然にしろ、当時のJR四ツ谷駅周辺のカトリック関連施設の配置図はなかなかのムフフな面白さがありました。イエズス会管区長館から上智大学を通り過ぎ、ホテルニューオータニの左手前にはメリノール会の日本管区がありましたっけねぇ。つまり、赤坂離宮のちょいっとヒダリに位置するけれど、イエズス会よりはちょいっとミギ位置ですかね。

まあ、そんな日本国の、それも東京での与太話はほっぽらかしても、元はカトリック国教国だった仏蘭西という国の中で、カトリック系の雑誌が掲げたこの記事の、この無理なこじつけには花の都のどっぷりカトちゃんだけでなく、地方にちらばるカトリックゾンビだって失笑ですわな。この雑誌、どういう編集長と編集スタッフが集ってンだろう。イエズス会運営校の過去にすがっている連中かなあ? 共和国内のイエズス会運営校の現実に目をそむけるな、ですよ。ほとんどつぶれて無くなってますがな(お仏蘭西の場合、大都市圏に数校残っているだけ)。

フランチエスコ教皇様が外遊の前後に必ず、御膝元ロオマのサンタマリアマッヂョーレ教会を訪問し、祈りと沈黙の時間を持つなんて行い(信心業、信心行と言っていいかもしれませんが)はイエズス会というよりサレジオ会が児童、生徒に教え込む習慣とリンクするのも普通のカトちゃんならば簡単に見抜けたりします。イエズス会のガッコ、それもフランスの、マクロンが通った時代のような共学化されて、半私立となったカトリック校では聖像やら聖堂で祈るなんて習慣教えないってヴぁ。そもそも校内に十字架も聖像も置いてあるのかさえ、疑問。それを言っちゃ、フランチエスコ教皇様の青少年時代と年代の差があること、教皇様の初等、中等教育は南米であって、小童マクロンのそれは1968学生革命以降のフランス共和国内だから、フランスのカトリック教育界としては「イタい、イタすぎる」ところを突っついて、比較できないから、こんな無理なこじつけを第一共通項としての記事になるのよね。

こんな記事を読んで納得するひとが増えるからさ、司祭の召命の神秘が色褪せて、果ては司祭も職種のひとつで自分が選ぶもの、自分の理想と違えば還俗してウン十倍の給与を得られる職に就けばいいとかワケわからん潮流がどんどん大河に化けて行ってしまうわけ。これからも還俗する司祭やら、陰でコソコソ悪いことする肩書きカトリック司祭が増殖するンぢゃないかなあ。

まあ、そういう秘跡についての何やら薄っぺらたさに危機を感じ取ってらっさるのが歴代の教皇様ですし、先のベネディクト16世教皇様がカトリックのヒエラルキィの上層に向けてかなりの改善を求められた後、現在のフランチエスコ教皇様がヒエラルキィの底辺にうごめく無数の凡信者にもできる「言動の提案」を毎週、一般謁見やら日曜正午のアンヂェラスで続けられているというのも明らかですね。

あくまでも私見ですが、私はフランチエスコ教皇様が家庭とサレジオ会で信仰生活の基礎を徹底的に教えられ、成人後に心身もってイエズス会で奉献生活することに導かれての今があるってぇのは羊飼いの中のリーダーとして「最善のバランス」だったと思います。まあ、枢機卿会もその成育歴含めてホルヘ・マリオ・ベルゴリオに清き一票を投じたのでせう。ベネディクト16世が選出の時、決選投票で負けたのがベルゴリオでしたからにぃ。でも、先にラッツィンガア、続いてベルゴリオという流れはドンピシャで、これがもし逆だったらと思うと意味もなくゾっとしたりもする。カト的な表現を借りるならば「良心の黄信号」ってやつですか? やっぱ、教会人事にも聖霊がしっかり働いているンだねぇ(今月6月はカトリック教゛会では「聖心月」であり、昨日は移動祝祭日なれど聖霊降臨の主日であり、こんにちのおフランスはその翌日ゆえ国定休日でやんす。)

で、も。
少し遠くからフランチエスコ教皇様を眺める、と。
2013年3月13日に教皇座に着座したのですから、既に4年。
未だルルド巡礼を実行なさらないあたりは、彼って、とても、ヴぇりぃ、イエズス会だわよね。← これってミソであり、鍵w

御後よろしいようで。ちゃらら~ん。


le 5 juin 2017, Boniface



【与太つぶやき】

もし、次期教皇が中米生まれのサレジオ会司祭になったら(わかるひとには具体的に思い浮かべられるそのお顔w)、世間の新聞雑誌はいとも簡単にフランチエスコ教皇もサレジオ会出身だったんだぜ、と記事にするのかしらねぇ? なんかイエズス会については良くも悪くも特別な持ち上げやら偏見が世知辛い世の中にはびこっているように思えてならないのですが・・・と気づけたのも、こんな記事の無理なこぢつけ。
ちなみに、イエズス会に入会すると、フランチエスコ教皇様の世代だと叙階(=司祭になる前)の修練期にイエズス会運営の学校に派遣され、教職や寮の舎監として数年過ごす務めが発生していますよね。だ、か、ら、もし小童マクロンがイエズス会の学校の教員だったら、フランチエスコ教皇様と共通項になるけれどさ、どっちかって言うと小童マクロンよりブリジット夫人の方がそのイエズス会のガッコの教員だったんだから、「教え子に苦労しました」なーんて共通項が教皇様との間にあるのではないかしらね。(ウヰキなので信憑性に欠けますが、ブリジット夫人は少なくともイエズス会運営の学校2校で教職を務めておりました)




[PR]
by ma_cocotte | 2017-06-05 15:44 | 『?』なKTOりっくん | Comments(0)
霊的読書(れいてきどくしょ)
霊的読書を(好んで)続けているひとと、知識と教養で極めるひとが発する文章または言の葉。
読んだ後に脳と心に生まれる感想が大きく違うことにようやく気付き始めた私です。
そりゃ、もちろん、読む側が既に霊的読書を経験しているかどうかにもよるのでしょうけれど。

巧く表現できませんが、「霊と肉」の違いかもしれないな、と、まず。
霊はアノ世の域で、霊魂そのものの善次第だから、性別も成育、学、職などのこの世の歴も、身体の個性も関係ない。
ですが、肉はコノ世なので、性別も年齢も、成育歴、学歴、職歴も絡む。

何かひとつのお題でも、霊の域まで高められると解き放たれるけれど、肉に拘るならば読んだところで、聴いたところでこの世のしがらみの中にある、いる。

最初は肉に絡みながら読み手のハツを掴み、読んでいるうちに霊の域にいざなうような進め方をできるひとはたいしたもんだと思います。

肉の域にとどまるひとが描く世界を好むひとは、上に書いたような霊の域について「うへぇ、気持ち悪い。やめてよ」とシャットアウトに務めるひとですね。結局、肉の世界、性別、年齢、成育歴、学歴、職歴に拘っていることになります。

読後感想を分かち合うのは難しい。
この世で傍観するならば、たいてい肉の世界のひとが霊的読書を積んだひとびとを教養で押さえつけて「おしまい」。
でも、例えばカトリックにおける勝利はこの世においては「目に見える敗北」ですからね。

わかるひとにしかわからないつぶやきでした、まる


le 29 mai 2017, Ursule

[PR]
by ma_cocotte | 2017-05-29 18:15 | 『?』なKTOりっくん | Comments(0)
セイクスピアに毒されたひと
お誕生前からお誕生後、今に至るまでエマニュエル・マクロン大統領の演説のスタイルや仕草に違和感を持っていましたが、仕草については「愛してるのサイン」「貴様と俺とは同じ石工組合員w」とうすうすわかったので横に置いても、あの集会での演説と周囲の興奮っぷりがどうにも員数外の私には「キンモー」とつぶやいてしまうほどの「何か」がベースにあるのです。この半月、マクロンの嫁さんが25歳年上で、略奪婚で、とほうぼうから聞こえてきて、マクロン夫妻の出会いの場がイエズス会運営の中等教育校で、当時のマクロン夫人は国語教員であり演劇部の顧問、そして小童マクロンはその学校の生徒であり、演劇部員だということを見聞しました。それが、ウソか真か良く知りません。

でも、演劇部だったとすると、もしウヰリアム・セイクスピアなんざ演じていたなら、大統領戦での小童マクロンのナルシスなパーフォーマンスや演説の仕方、語の選び方など「ああ、だから、なるほど」とストーンと腑に落ちたりします。

おそらくマクロン大統領は15, 6歳当時、セイクスピアにどっぷりだったのだろうけれど、今の奥さんと一緒に頑張り、楽しんだ美しい時だったから、20年以上経っても台詞やト書きを、演じ方を忘れるどころか「りぴーと・いっと・あふたあ・みぃ」なんだ・・・妙に納得。台詞に自分を重ね、涙がこぼれてしょーがなかったンだろうなあ。ナルシストぉおおお。セイクスピアの英語はThy, thou, theeを使いますからね。言い回しやら用いる単語が優美にいざなう時もある。ああ、懐かぴぃ。(でも、あたしはさらに古いカンタベリー物語も好きよ。ちょーさー)

しっかし、ますます「黙れ、小童!」だわね。自分の言葉で語ってよ、あたしたちのために~。
騙されたらあかんで。5年の辛抱。


le 20 mai 2017, Bernardin

[PR]
by ma_cocotte | 2017-05-20 22:02 | 黙れ、小童!マクロンろん | Comments(0)
何、的外れなことを言っているンだ!?
そう、口からこぼすにしろ、手でタイプするにしろ、表現するのはあまりに簡単です。
加えて、きょうび、日本国内の他人との関わり方で推し量ると、こう言ってしまえば、その表現に「上から目線」という対人関係が見え隠れし、宣告された側がたいてい黙るという流れになります。

少し考えてみると「的外れ」という表現の的は自分のおへそですよね。
余談、仏蘭西という国は「欧州のへそ」、「欧州における中華思想国」と例えられることがしばしばあります。
だから、フランス語で自分の意見を表現したところでなぜか「的外れ」とシャッターを下ろされることがない。もし、シャッターを下ろすとしたら、「あなたは私とは違うから相手にしない。時間の無駄。」ということ。そういう、仏蘭西の生活文化の事情を知ったひとは最初から自分の生活空間と別世界のひととは交わらないし、不幸にもその空間に上下関係が発生するなら、下の者は上の者から目を合わせてくださって、声をかけられるまで自分からどんな感情を抱こうとも動きません。こういう現実をほうぼうで見かけるたびに、日本国内の人間関係の方が平らに等しいと思うことがしばしばあります。

ひとつのテーマにしても、民衆の声を聴き、民衆の立場になって考察するのか、それとも、あくまでもリーダーとして民衆を自分と同じ域まで引っ張るのかは、それこそ他者に対して「上から目線」できるヒトの思考次第ですし、民衆の立場になるつもりもなく、自分のアイデンティティより下にいる者を引っ張るつもりもなく、「ひとことで片づける」「一掃する」のも「上から目線」できる者に与えられた特権です。だいたい、家族だろうが他人だろうが、他者について「自分より下」という感覚がある点で、「自分の後(あと)に続く者」と捉えるのとまったく違うし、前者の世界は延々に三角形なのに、後者のイメージは三角形の底辺が頂点に引っ張られるので常に形が変化する、広がりも見いだせます。三角錐と三角柱、円錐と円柱の違いみたいなものでしょうかね。

世の中、頂点世界を世に広める人もいれば、底辺世界で広まっていることを見上げたところのより狭い世界に知らせる人もいます。

その「人」がどういう能力を持つのか、それはヒトが決めた国境や身分だけではわかりません。
はっきりしているのは「切り捨てる」のが最も簡単な手段です。

民衆でもわかる文で、民衆に知らせ、興味を持ってもらわなければ、世の中、ずっと停滞のままではないでしょうか。
長い演説や説教で目下に広がるひとびとが次々と船を漕ぎ始めるより、時追うごとに彼らがイキイキ前のめりになるっちゅうのはたいしたワザをタレントとして持っていると思います。メランションなどそういう技を持っていたかもね。私が今住む町での大統領戦第一回投票の結果が一位が小童マクロン、二位がメランションだったのも今になってようやく意味がわかってきた(遅すぎw 


le 20 mai 2017, Bernardin



聖木曜日に行われる洗足式は決して儀式ではありません。
義務だから仕方ないと思う聖俗信者が集うなら儀式に過ぎないのでしょうけれどね。


[PR]
by ma_cocotte | 2017-05-20 16:32 | 『?』なたわ言 | Comments(0)
ヤマザキマリ女史は文章でも興味深い。

読後感、悪くないw

島国日本に住むひとびとにわかりやすい内容の記事にすれば、どうしたって欧米(←と、一緒くたにすることに抵抗が激しくあるミーではあるが)に住む日本人から読むと「怒り心頭」になるのもわからなくはないけれど、正論ぶつけたところで必ずしも日本人すべてには何を不満に思っているのかもわからないし、雑誌そのものが売れなくなるのも目に見えてしまう。雑誌はお教室の授業中に先生あって読むと言うよりひとりで読むもの。今の日本は(大問題でもあるけれど)「誰にでもわかりやすい」が第一ですもんね。だからと言って、マクロンの私生活について紙の悪い雑誌の記事のように紹介するのは、うぅううんと唸らくもありません。おそらくスキャンダルのような記事を読んで疑問を持ったひとが更に探るならある程度の真実も見えるだろうし、記事を読んだところで興味ないひとは踏み込まないのも現実。そうゆうひとは記事のウソを信じてしまうかもしれないけれど、仕方ないよね。ああ、それに読み手の感性に基づく紐解き方というのも大切かも。同じ穴のムジナというか。

マリ先生がお住まいのイタリアとフランスでは隣国であれ、生活慣習の事情や感覚は違う。けれども、周囲を見回すとイタリアからフランスに移民して来た家族が未だにイタリアでの生活慣習や感覚を強く維持してフランスという国で我ぁ張って住んでいたりもします(もちろんスペインやポルトガルもそうだし、アジアでもアフリカでもそんなもんよ)。結局、私生活なんてものはマリ先生がおっしゃる「他者と比較するのはナンセンス」というのがヒトが決めた国境を取っ払っての真理ではないかと思います。同じ屋根の下でも玄関違えば「よそンち」ですしね。同じ玄関を使っているひとびとがそれぞれしあわせならばよろしいのでした。


le 18 mai 2017, Pascal





[PR]
by ma_cocotte | 2017-05-18 16:58 | 『?』なたわ言 | Comments(0)
こうゆう時に「Bof!」とか「っざっけんな」を用いる、まる
小童マクロン、内閣の人選で本性を見せるの巻ぃ。

ヂェラアル・コロンb Gérard Collomb という御人は昨日、仏蘭西共和国の内務大臣に任命された、元はリヨンの市長さん。
共和国は近年、あまりに多くのテロ事件に見舞われてしまっているので、警察組織もろもろに関わる内務大臣に誰がなるのか、は我々、特に私のようなテロにヴぃヴぃりまくっている小心者の共和国滞在者には強い関心であります。ですから、昨日はコロンb氏が任命されたことで、元は大都市リヨンの市長職だった方なので何も知らない我々は「ま、いいンぢゃない」と思っ(てしまった)。

が、しかし、

その発表からまもなくして、上に添付の記事があたしのフェイスブックの壁に踊り出ました。

え?え? えぇえええ!!!???
ヂェラアル・コロンbってばっりばりのフリーメイソン会員なんだあ・・・

おいら、ヴぃくーりです。
上の記事はカトリック系のサイトだったから記事よりコメント欄が大荒れ状態(昨晩の時点)。

昨晩の初見時に「うわわわわ」と思った私ですが、ちょびっと考えれば、小童マクロンは根本から同性婚制にポジティヴな立場ですし、リヴレ・ド・ファミーユ(市民婚時に発生する手帳で、日本だったら戸籍証明みたいなもの)など登録において新生児の父母の明記を省くことにも賛成しているのだから、ご自分が国父になったことで内務大臣にフリーメイソンのおじ(い)さんを選ぶのは当然必然ですよね。ご自分の希望がいっそう確実に叶うもん。

と、以上、「こんなことになるのは当選前からわかってたぢゃん」な現実でした。
今後もこういうことが続きますね、はい。

ペストかコレラしか選択肢がなかったンだから当然だってヴぁw

ま、信憑性は横に置いても、ウヰキにはしっかりヂェラアル・コロンbが1989年からフリーメイソン会員だって書いてあるよーだ。


ま、私生活はどうでもいいことだけれど、最初の奥さんとの間に一男一女、非婚関係だった女性との間にひとり(名前がAlexandre だから性別がわからんけれど、たぶん男児だろう)、その後再婚した夫人との間に2女子で今に至るらしい。そもそも(←お、出た!)、フリーメイソンは「家族制度の概念をなくす」世界実現を目指してらっさるので、こういう「家族構成」そのものが彼らには「要らない」ンですわ。

しっかし、内閣ナンバー2の位置が正真正銘の頭蓋骨ナデナデ石工屋さんとはね。
小童、やるぢゃん。早くお前自身の本性を見せろw
小童がやたら対面するひとのほっぺた触ったり、握手も「愛してるのサイン~♪」 
何のサインって聞くだけ野暮。員数外の傍目には ガクガクブルブル ざます。


le 18 mai 2017, Pascal







[PR]
by ma_cocotte | 2017-05-18 15:12 | 黙れ、小童!マクロンろん | Comments(0)
高学歴な方と裕福なひとが集うおままごと内閣のお誕生までもうすぐ。
おかあさま、がんばってください。9割がた出ていますよ。
あともうひとふんばり、もう一息です。
2017年5月17日正午、ニュウス専門チャンネルによりますと組閣9割ほぼ内定なンですと。となると、スムースに行けばこんにちの夕方までには新しい内閣人事発表となるのでしょうか。
そんな中、先ほどからどうにもナタリ・コシュスコ・モリゼ Nathalie Kosciusko-Morizet やブルノ・ルメール Bruno Le Maire の名前が繰り返しこちらの耳をつっついて止まりません。なんかいい大人になっても「パリのメトロの乗り方、知りません。ひとりで乗るの、こわーい」な方々が新内閣のお大臣さまになられるンですかねぇ。

そもそもどっちが名前だか苗字だかわかんない首相は親原発だし、これぢゃ、今の日本の政権だけが「余は大満足ぢゃ。ちこう、寄るw」ではありませんか。

あー、どっちらけだわ。

le 17 mai 2017, Pascal



8割がた飛び出た時点での報道、貼っとくわ。


【追 記】

15時頃だったか新しい閣僚の発表。
午前中からやたら聞こえてきたブルノ・ルメールは経済大臣。でも、ナタリ・コシュスコ・モリゼの入閣はありませんでした。
22大臣のうち11名が男性、11名が女性であります。






[PR]
by ma_cocotte | 2017-05-17 19:22 | actualite 現時点の現場から | Comments(0)
端した金は要らねぇ
教会だろうが神社仏閣だろうが、世俗が捧げるものに神仏だか大聖人の名を絡めて条件付けするならば、浄財の意味が失せるのではないだろうか。私は百合や薔薇でなく、野に咲く雑草です、とかなんとかの言葉をほめながら、小銭は要らない!なんて矛盾極まりないと思う。それも、肉体の不自由さから離れた霊魂の「肉体的ハンデ」を笑い話にしてさ。

私は勤労婆さんだった時、同僚から「1円玉を軽んじる人は、いずれその1円で泣きます」と強く言われたことがあるし、無職になってからは「チリも積もれば山になる」を励みに日々、生きていたりもします。そういう人は私だけではないと市井で出会う人々を見て実感するし、だからと言って、自分を安心させてはならず、彼らの為に自分は何ができるだろう?としばし考えたりもします。でも「できることはする」けれど「できないことはしません」。

小銭を要らないという教会や神社仏閣なんぞ、こちらが距離を置きますよ。
おそらく貨幣の価値がそういうことを言う世界と私では違うのだろう。
5ユーロの紙幣があればバゲットが5本買える。その5本を2本にすれば、フルーツタルトかフランが買えるかもしれない。スーパーで買い物すれば必ず端数が出るから、こちらが端数(サン(チィム)を出すと、レジのおねいさんが計算間違いしないで済むのでありがたくほほ笑み返してくれる。
教会なんかより市井の方が「端した金」に喜んでくれるなら、そっちで使い、お互いに笑顔になれる方がいいやね。

小銭を献金したり、賽銭箱に投げた途端、睨まれたり、失笑されるとするなら、教会も神社仏閣も天国だか極楽からもっとも遠くに位置しているのだとしか思えないわ。

共産主義の「地上天国」に慰めを覚えるわあ。
やっぱ、ヒダリが民衆の味方だね。
教会も神社仏閣もお金持ちだけが好きなんだ。
ああ、アホらし。

お前ら、1円で泣けw

私は1円を、1サン(チィム)をありがたく思う。
ユニクロのネット販売で10円未満を切り捨てにしてくれるのは嬉しいよね。

ま、教会とか神社仏閣も「端した金はご自分の為に使いなさい」と言ってくれたと信じることにしようっと。
でないと、根本どころか抜本から崩れ落ちて、なんら自分が救われないわw


le 16 mai 2017, Honoré


ああ、思い出した。
ひと昔前、フランが廃止になりユーロに変更された当時、私はまだ南仏に住んでいたので、マルセイユに行くと、ちょっと前まで「1フラン、くれ」とすれ違いざまに言ってくる青少年達が「1ユーロ、くれ」と言うようになりました。マルセイユではこう言う立ち止まらずにすれ違いざまに金をねだる人は当たり前にゴロゴロいますが、「1ユーロ、くれ」とすれ違いながら言われた時、振り返って彼らに「1ユーロは6.55957フランだ!」と言い返したことがあります。7フランでもない、6フランでもない。1ユーロは6.55957フランです。小数点3位以下の小銭は存在しないから、仕方ない。6.56フランかえ? 切り捨てで6.55フランとして一方が1サンチーム得して、一方が1サンチーム損するようにしますか。おそらく彼らならば四捨五入を選ぶよ。1サンチーム多く稼げるから。
[PR]
by ma_cocotte | 2017-05-16 14:07 | 『?』なたわ言 | Comments(0)
ああ、うるわし、若葉揺れて、列聖最年少記録、たふたふ破れたり。
パリのエリゼ宮におかれましては主(あるじ)がフランソワ・オランド王から小童エマニュエル・マクロンに代わる儀式が行われております。そんなことどーでもいいけど、それより。

昨日の午後遅く、いつもどおり土曜の夕ミサに参りましたら、様子が違う。外まで聞こえる歌声と共に御輿に乗せられたファティマの聖母像と、それに続く神父様、侍者、世俗さん方が聖堂外環を一周りするという聖母行列が行われ、その後に主日ミサという流れになっておりました。(我が母校の聖母祭の行列をちょっと思い出した)

ひとつ前にエントリーしたとおり、2017年5月13日はポルトガルのファティマに聖母がご出現してからちょうど100年。昨日の午前中にはファティマの聖域にて聖母と6回に渡って交流した三牧童のうちの二人(フランシスコとヤシンタ)がフランシスコ教皇様によって列聖されるというビッグイヴェントもありましたし、今年の5月13日が土曜日ということもあり、聖堂満席の参列者でミサがささげられました。
b0070127_17314197.jpg
偶然というか、天においては必然なのでしょうけれど(あたしは未だ天に行っていないので真贋はわかりません)、昨夕、私が主日ミサにあずかるために寄った教会聖堂にはポルトガルからの移民が多々おり、この教会は毎週土曜夕方に主日ミサをささげているのです。聖母ご出現から丸100年目が土曜日にあたるなんて「ビンゴ!」ではありませんか。昨夕の「ファティマの聖母の祝日」と「主日ミサ」を兼ねたごミサではフランス語とポルトガル語のチャンポン式次第となりました。上の写真もよく見ると仏蘭西語と葡萄牙語が併記されています。

写真に映る入祭の歌は日本国だと黒革のカトリック聖歌集の622番ですが、葡萄牙語の歌唱だったので「アヴェ、アヴェ、アヴェ、マリ~ア♪」の部分だけ一緒に唄うことができました(日本語だったら暗唱してンのになあ)。そして、二時間に及ぶごミサの閉祭の聖歌はカトリック聖歌集の305番「みははマリア」でした。これ、お昼間のファティマでの列聖ミサでも唄われていたけれど、ポルトガルにゆかりある聖歌なのかしらね。この聖歌も日本語だったら完璧、暗譜暗唱できるけれど、ポルトガル語だったのでメロディを鼻歌ってました。てか、あたし、「みははマリア」が大好きなのよ。3拍子だし、最後の盛り上がりがたまらん。演歌歌手ごっこができるw

b0070127_17401306.jpg
で、昨夕の主日ミサ。
こうしてファティマの聖母の祝日を兼ねていたので、100年前の三牧童と同じ年頃の女の子と男の子が当時の装束とそっくりな格好をして、ミサの間ずっと、ファティマの聖母像と一緒に祭壇近くにいました。奉納のお手伝いをかわいらしくしていましたね。

昨日のお昼間にこの三牧童のうち、早逝したフランシスコとヤシンタの兄妹が聖人となりました。兄フランシスコは11歳、妹ヤシンタは10歳で他界したので、昨日の列聖式をもって殉教以外で他界帰天した聖人の最年少が10歳のヤシンタとなりました。

余談、おとといまでの、殉教以外で帰天した聖人の最年少者はドメニコ・サヴィオです。彼は14歳で帰天しました。ドメニコ・サヴィオはサレジオ会に縁ある聖人ですので、日本国内だとサレジオ会の小管轄教会に参りますとドメニコ・サヴィオの聖像やら御絵に出会える確率が高いです。この写真 ↓ は2008年10月6日に、私が調布のサレジオ会神学院の聖堂を訪問した時に撮ったドメサヴィですw
b0070127_17531823.jpg
まあ、ドメサヴィについてはこんにちの話題でどーでもいいことですけれど、私の記憶が確かならばドメサヴィの方がサレジオ会を創立したボスコ丼より先に列聖されたはず~(これにもきちんとした美談が残っています)。2000年の夏、私がイタリアのトリノを訪問した時は扶助者聖母バジリカ聖堂の祭壇向かって左側に、ドメサヴィの遺骨が納められた壺が安置されていましたが、今はどうなのだろう?2000年当時はこの聖堂内にボスコ丼と、昨日5月13日が記念日の聖女マリア・ドメニカ・マザレロの不朽体とドメサヴィの骨壺があったので見応えありましたけれど、確かマリア・マザレロの不朽体はモルネエゼにお引っ越ししたと漏れ聞いた(うろ覚え)。

たまたま私はカトリックの小学校に通っていたので、信者でない児童も義務で「宗教」という授業にあずからねヴぁならず、その授業でファティマについてもかなり細かく習いました。小学校でも習ったし、中高でもおさらいしました。当時は巷で騒がれているファティマ第三予言について世俗はアンタッチャボーとされてはいましたが、その話題に触れなくても、聖母と交流してしまった三牧童のその後の人生についての艱難苦難は子供ごころに同情の涙を流してしまうほどで、良くも悪くも成人しても忘れることはできない記憶になりました。特に昨日列聖された兄妹については死に至る病にかかる運命というのも子供にはそれだけで震えるほどの怖さを覚えたものです。逆に長命だったルシア(三牧童の年長者で、カルメル会の修道女となった)についてはあまりに長命だったので「もしかしてこの方、死ねないお身体になってしまっているのでは?」と超自然な妄想を持ってしまったくらいです。ルシアが帰天したのは今世紀、2005年の2月13日(!)、97歳でしたから、昨日も書きなぐったとおり、ルシアについては未だ列聖にも、その前の列福にさえ至っておらず、ただ今、列福のための調査中とのこと。なんだかねー。それこそ、私が幼い頃受けた宗教の授業では列聖は死後100年でも早いくらいと教えられてきたので、その後の某教皇になってから「例外」が増えたことに違和感覚えなくもないのでアレですが、私個人は三牧童一緒の列聖が良かったな・・・と昨日まで思っていました。でも、昨日の列聖式にはとても感動してしまったので今は「ああ、良かった」という気持になりました。ルシアの列福が早くかないますようにと祈るばかりです。

これ ↓ は昨日のファティマでの列聖式ごミサ全編です。

教皇様が最後の最後に白いハンカチを振り、ファティマの聖母像がいつもの祠に戻るというシーンがあり、その時の教皇さまの表情が今まで拝見したことのないお顔だったので驚きました。こういう表情をなさる方だったのねー。

それにしても、エキブロ、リンク転載がようやく進化してありがたいっす。


le 14 mai 2017, Matthias




[PR]
by ma_cocotte | 2017-05-14 18:15 | 『?』なKTOりっくん | Comments(0)