タグ:非日常 ni comme d'habitude ( 82 ) タグの人気記事
おいしうございました、なのだ。
これは、それは、おいしうございました。 げふ
b0070127_2054193.jpg


もそっと、ちこう寄ってみませう。
b0070127_2073849.jpg

想定外のご馳走でございました。

先の日曜日、母の納骨が、母の生前の性格とそっくりな気まぐれ天気の下で滞りなく行われ、その日の夜からかつて母が元気だった頃のように、就寝時には全室の電気をきちんと消灯するようになりました。母が実家からいなくなって、ひとつ屋根の下のけぢめがついたものの、父の心のうちではまだけじめがついておらず、彼岸のうちに仲人夫妻の墓前に母についての一連のことを無事済ませたことを報告することで夫としてのけぢめがつくと決めていたようでした。母の帰天後、残された父を案じてか、かつての会社の仲間からの誘いにも「妻の納骨が済むまでは控える」と返事していたようで、繰上げで一周忌も済ませたこともあり、この彼岸明けから父は少しずつ老人なりに社会復帰するつもりなのだそうです。

幼少期を親から離れて山奥の豪雪地帯の疎開先で過ごした父は、どうも思いつきでぶらりとどこかに寄ったりするのが苦手なようでしたが、こうして愚娘が戻ってきていることですし、仲人の墓参帰りに寄ったのが東京都内の某デパートで開催中の「秋の大北海道展」でした。その会場で見つけたのがこのお弁当です。

ここに寄ったことで、当初寄るつもりだった線路向こうのデパートに寄るのを止めた父。愚娘がその理由を聞いたら、ライバル店舗の紙袋を見たら気を悪くするだろうと思ったのだそうです。夕食の席で、「うまい、うまい」とこのお弁当をほおばりながら、「ああ、良かった。これで一安心だ」ばかりを父は繰り返しました。母の納骨の日の前日、父は熟睡できないほどだったので、こうして仲人への墓参も済ませて、ある種の達成感みたいなものを感じているのかもしれません。ビールもひさしぶりに美味しく飲めたかもしれません。

一夜明け、きょうはま・ここっつぁんが持ち帰った半生パンにハムとチーズを乗せて焼き、「美味しい、美味しい、おいしかった」と、塩っぱくて重い、かりかりもっちりのパンをほおばった父でありました。もちろん巨人×阪神戦を見ながら、です。父にとって、
巨人軍は永遠です。
なのです。長島さん、命。巨人のみなさん、頑張ってくださーい。

le 27 septembre 2008, Vincent
[PR]
by ma_cocotte | 2008-09-27 20:51 | 『旅』 Rien de spécial | Comments(4)
ヂャウ・ハランバン夫人の「眼々が福々」の巻
さわやかな青空が広がった9月24日、
b0070127_22505346.jpg
ヂャウ・ハランバン夫人は生まれて初めて大相撲なるものを観戦したのでありました。
国技館に入館するため列に並びますと、ブースの中には
b0070127_22514425.jpg
ヂェシィ高見山さま

高見山関はヂャウ・ハランバン夫人が子供の頃のスゥパアスタアでありました。お忙しいでしょうに、満面の笑みで、笑いをさそうようなことをおっしゃり、握手までしていただきました。ヂャウ・ハランバン夫人のすぐ前には赤ちゃんを抱っこした方がおりましたが、親方は赤ちゃんのもみぢの手をとって握手。・・・・・・ぶるん、ぶるんと・・・・赤ちゃんの腕があんなに動くとはヂャウ・ハランバン夫人は知りませんでした。

ヂェシィ親方が教えてくださった場所を抜け、
b0070127_23142479.jpg


ムッシュウの後ろに従って参りますと、
b0070127_23151260.jpg


やがて、目の前に広がるこの世界、
b0070127_23161754.jpg
想像していたより土俵が小さく見え、驚いたヂャウ・ハランバン夫人なのでした。

・・・・さてぇ、
[PR]
by ma_cocotte | 2008-09-24 23:02 | 『旅』 Rien de spécial | Comments(8)