<< おくれなかったことでの呵責 『話の次元が違う』 ヴぁちか... >>
!? ちゅどーん!? 日本時間2009年4月4日午後4時は、
仏蘭西時間2009年4月4日午前9時でした。
仏蘭西でその時間に何があったかと言うと、独逸国境沿いはアルザス地方の都市ストラスブール Strasbourg でNATONorth Atlantic Treaty Organization、仏蘭西語ではOTAN、Organisation du Traité de l' Atlantique Nord)創立60周年記念式典が開催されたのであります。↓ ラッツィを叱れるアンヂェラちゃんはいつも中心円内におります ↓
b0070127_21493951.jpg
Copyright © 2009 AP

仏蘭西は1966年にNATOの軍事機構から離脱したものの、神聖賢愚帝サルたんがきょうの記念すべき日に復帰すると宣言したこともあり、何より賢愚帝の国土での大式典なのでミカドは今朝もはよから病気がバレそうなほどピッチピチしておりました。サル帝はもしかして昨晩は眠れなかったのでは。キーッキッキィっ!
b0070127_19451343.jpg
この式典に参列するため、昨日、エイメリカのオバマ大統領夫妻がパリに到着。4月2日は大英帝國はロンドンのG20 金融サミットでは神聖賢愚帝サルコぢ一世を完全無視したオバマ大統領がパリでようやくサルと目を合わせたことがニュウスになっていました。

今朝から正午直前まで催された北大西洋条約機構60周年記念式典には NATOに加盟する28か国 のスゥパァスタアが集えどベルルスコーニとかベルルスコーニがやたらベルルスコーニで、世界のスーパースタアズはベルルスコーニの後光反射ですっかり逆光の影状態になってしまったのでした。なぜにしるヴぃお、キミはこれほど笑いをもたらすのだ?ぶら~ヴぁ。
なぜってそれは増毛がわかってしまうからだと思ふ。 (` ´)b
b0070127_1943542.jpg
Silvio Berlusconi au téléphone ce samedi matin.
REUTERS/Hannibal Hanschke

そーんな時間に合わせて、ストラスブールから東に10,000kmほどの極東では北朝鮮が「人工衛星」という名前のミサイルを4日午前11時から午後4時(仏蘭西時間4日午前4時~11時)の間に発射すると予告していたことになります。
( ̄~ ̄;) なんだ、そういうことだったのか。
NATO 北大西洋条約機構の結成当初の目的は
ソビエト連邦を中心とする共産圏に対抗するための西側陣営の多国間軍事同盟であり、加盟国は域内いずれかの国が攻撃された場合、共同で応戦・参戦する義務を負う。
北朝鮮は「ソビエト連邦を中心とする共産圏」に属した一国で、親方ソビエト連邦が失せた後の生き残り国でもあります。きょうのよき日に北朝鮮がNATO加盟国のいずれかを脅すと、NATO28か国は共同で北朝鮮に対して応戦、参戦する義務があるんだな。もしかしたら北の将軍さまはNATO60周年式典に世界主要国元首が一同に一箇所に集まっていたから、その場で話題の中心になりたかったのかな?おこサマの大冒険としか思えんぐゎ。

そりゃ難しいわよ、将軍サマ。
何せ、しるヴぃおがベルルスコーニなんだもの。あの電話の様子ぢゃ「ミ・アモーレ」とか「腹減った」とか「今晩は甘い夜にしようぜ、ベイベ」とか「明日の枝はオリーヴでどうだ?」とか・・・まさかしるヴぃおの電話の向こうが北の将軍さまではあるまーに。

仏蘭西がNATO に再加盟することでどうなっていくのでしょう。
今朝の特別番組では共和国内の主な軍港にNATO兵士が常駐する話も出ていました。南仏に住んでいた頃、空軍基地のある町にしばしば行きましたが、街中は交換駐留中の米兵の米語が飛び交う独特な雰囲気が流れていました。一度訪ねた軍港都市トゥーロンも米軍人がGメン75みたいに道に横一列になって歩いており威圧平行移動の空圧がありました(爆笑。欧州だろうとどこだろうと米兵がいれば漂う雰囲気から思い起こすのはなぜかスカなのだ、厚木ぢゃない。NATOという鍵語でもうひとつ思い出すことは南仏時代の我が担任のひとりがNATOベイビーで、父が英國人NATO兵士、母は親がNATO兵士のフランス人で、彼は独逸国内のNATO基地で生まれ育ったのでした。ゆえに欧州言語数ヶ国語がぺらぺ~らでした。再びそういう子が基地内でたくさん生まれることになるのかも、なるわな。果たしてNATO再加入で仏蘭西の平和が遠のいたのか、固まったのか。いと難しあるにだなのだ。

le 4 avril 2009, Isidore

エロイカより愛をこめて」を棚の置くから取り出して読みたくなってきましたね。
[PR]
by ma_cocotte | 2009-04-04 19:47 | 『?』なオイロッパ | Comments(2)
Commented by emilia2005 at 2009-04-05 17:00
お久し振りです。
国内外で失笑を買うベル氏は、役者として生きていったほうが
国民&彼自身が丸ぁ~く収まっていいんじゃないかと思います。

G20では全体写真撮影後、オバマ大統領を背中側から「Mr. Obamaaaaa!」と
高らかに呼びつけて、女王陛下から「んま、何て失礼な方でしょ」と苦笑された逸話は
Youtubeで全世界を駆け巡りました、ププッ。
http://www.youtube.com/watch?v=aFKIjb1uuqE&feature=related

2月のローマG7後に行われた、泥酔状態の中川財務大臣の会見…
あれも凄かったですね。もう税金泥棒な政治家連中は、みんな縛り首っ☆☆☆
と思いませんか?
Commented by ma_cocotte at 2009-04-06 05:04
★ emilia さま、おひさしぶりでございます。
枝、お部屋に飾られましたか?

ベルルスコーニ氏ですが私個人はサルコぢより「見た目」は好感を
持っています。話の中身を見ないなら、ベルルスコーニ氏は悪役に
見えませんけれど、もしかしたら長丁場ですとふとした悪役顔に
凄みがある方でしょうか?あわわわ。
ベルルスコーニさんは歌唱好きなので声が大きい?
YouTubeでも妙に声が朗々としているというか
唄いだすと止まらないという話も聞いたことがありますが本当ですか?
存在そのものが濃ゆいベルさまですね。面白すぎ。これからも
ヲッチを続けたいと思います。

お金の流れの先が「大統領とそのお友達」と明瞭すぎる仏蘭西も時代
逆行のようで情けなくなります。北朝鮮のちゅどーんの件にしても
極東と欧州の距離を感じざるを得ませんけれど、どこでも泥棒が平和を
造れるとは思えないのです。


名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< おくれなかったことでの呵責 『話の次元が違う』 ヴぁちか... >>