<< なかなか日の沈まない空の下で とっけんかいきゅう >>
今年の6月24日は土曜日だったのでした。
6月24日は仏蘭西の暦だと Jean-Baptiste のお名前記念日であり、西方教会の典礼暦においては洗礼者ヨハネの祝日です。フランス語のJean-Baptiste を和訳すると「ヨハネ洗礼者」になります。
この6月24日。
長い歴史の中でこの日が土曜日にあたった年はフランス共和国内の多くの市町村で洗礼者ヨハネ祭りが行われます。おそらく少しずつこのお祭りが開催される市町村は少なくなっていると思われますが、それでもまだ完全にその火は消されてはいません。
「その火は消されていない」という日本語の表現がなぜかこのお祭りに関連付けできるのも妙。なぜなら、洗礼者ヨハネのお祭りでは必ず火柱が見えるほどの大きなたき火をたき、その火の周囲を老若男女が火が落ちるまで踊り続けるからです。
私がこのお祭りを実際にこの目で見たのは南仏に住んでいた当時。市役所前にたき火が焚かれ、周囲をひとびとが民謡に乗せて踊り続けていました。それを見ながら思い出したのは幼い頃の林間学校のキャンプファイヤーで燃え上がる火を中心にみんなでフォークダンスを踊ったことです。もしかしてあれはこの洗礼者ヨハネ祭りの決まりにつながっているのかもしれません。

さて、フェイスブック。
6月24日の朝だったか、モナコ公国の公式ページからこの洗礼者ヨハネ祭りについてのお知らせが届いていました。
6月24日が洗礼者ヨハネの祝日なのに前日23日の深夜に投稿で、しかも添付された写真には既にたき火を囲んで踊る臣民の姿が映っている(添付写真の7枚目)というのは上の話と違うではないか!となりますが、これについてはクドクドクド。

ひとつはモナコ公国におかれましては2017年現在の今もカトリック国教国であり、洗礼者ヨハネのお祭りは土曜日にあたらない時でも、つまり毎年必ず行われているのです。と、これが23日と24日のズレのなんら説明になっておりませんが、更にクドクド書き連ねますと、カトリックの典礼暦では23日の夕方に「洗礼者ヨハネの誕生・前晩のミサ」がささげられるのです。正式には6月24日の前夜から祝祭日が始まるのですね。その証拠に上のモナコ公国公式ページの写真の6枚目は王宮内の小聖堂でのごミサの様子。職員さんたちが世俗席に集っています。ついでに4枚目の写真の、左の老人はモナコ教区の司教さまです。確かモナコにおいて大公の次に偉い位置に座す方が現在もモナコ司教で、現在も国教であることもあり、公式のパーティーではどんなに華やかであろうと、最初はモナコ司教の祈りと食事の祝福で始まることになっています。このあたりはフランス共和国とはまったく異なる習慣と伝統であり、モナコの自由とアイデンティティとして認められていることになります。

なんだかモナコの洗礼者ヨハネ祭り、うらやましくもありますね。
24日の様子もまもなく公式ページに掲載されるそうです。楽しみ~。



le 25 juin 2017, Prosper


[PR]
by ma_cocotte | 2017-06-25 17:35 | 『夏』 Rien de special | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< なかなか日の沈まない空の下で とっけんかいきゅう >>