<< ヒイラギ と ヤドリギ 「死んだらそれでオシマイのひと... >>
そわわわわと良心の呵責を感じたので、チャチャっとね。
今年のクリスマスは何もしないと決めておりましたが、今朝になってなんだか心がざわついたので、先ほどクリスマスツリーとプレセピオを出しました。
b0070127_18565116.jpg
今年はフェイスブックでいずれのお店からも白い飾りつけの写真やイメージが届くので、私もそれらを真似して白と銀色にちょっと青を差し色にして飾ってみました。
玄関先も白の玉っころのみ。そしていつものボリビアのクリスマスツリー飾りと聖家族のお人形さん。

b0070127_19010122.jpg

プレセピオは例年に比べ、手抜きもいいところですが、ま、いいやw
b0070127_19022856.jpg
私の記憶が正しければ、昨日の典礼朗読箇所で大天使ガブリエルのお告げについて読んだはずなので(昨日のことを忘れている私っていったい)、左に天使を置いてしまいました。幼子ヂィざっさんは24日夜まで置かない(つもり)。右の羊飼いさんは置こうか悩みましたけれど、飼い主不在の家畜というのは路頭に迷う(←わかるひとにだけわかる深い意味)ので、置いちゃいました。

それにしても、何だな。
私の記憶が正しければ、おとといの典礼朗読箇所だったか聖母のエリザベト訪問の話題で、聖母と対面したエリザベトは体内に何かが喜び躍る感覚を覚えたとありますが、それが果たして胎内のヨハネくんだったのか、それとも、エリザベトのこころ、良心そのものが喜んだのか。それに比して、きょうの朝のワタクシの場合、良心の呵責をそわわわと感じ、重ったるくクリスマスの飾りを棚の高い所から取り出して、眉間に皺を寄せてこうしてこさえましたが・・・・ああ、疲れた。今は未だ午前中ですのに。

あーあ、お昼ご飯をつくらなくっちゃ。どっこらきむらしょーのすけ。


le 20 décembre 2017, Théophile

[PR]
by ma_cocotte | 2017-12-20 19:10 | 『冬』 Rien de special | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< ヒイラギ と ヤドリギ 「死んだらそれでオシマイのひと... >>