<< またもや、金曜日。 どしゃぶりの雨の中 >>
この齢にして「生まれて初めて」なのかも。
暦の上では既に春ですのに、
明後日には弥生三月となりますのに、
b0070127_15382258.png
なんぢゃこりゃあああ????
おそらく添付した図をクリックすると大きくご覧になれると思いますが、これ、きょう2月27日の朝、午前7時現在のフランス共和国本土の気温一覧です。ヌゥヴェル・アキテエヌ地方北部に位置するココんちあたりはマイナス12度。

先週末からシベリア寒気団が欧州を襲い始め、予報では今週はじめにフランス共和国本土もマイナス10度から12度になるでしょう、とは聞いており、このようにそのとおりなのですけれど、この図のちっこい字を拾うと、例えばスペイン国境のピレネー山脈のあたりにはマイナス21度とあります。そこから右方向やや上に目を動かすとイタリアとの国境沿い、アルプス山脈があるあたりなどマイナス38度!ひえええええええ。

私は既に棺桶に片足突っ込んだ齢でありますが、マイナス12度なんて「生まれて初めて」肌にあてる温度です。つやつやになるかなあ?


厳寒ではあっても今日もはれやかに過ごすぞっと。では~。


le 27 février 2017, Honorine


そうそうそう。
思い出したの書き忘れ。
この強烈な寒波のせいで共和国内の電力不足が予想されていますが、もし本当に不足した場合、ドイツ、スイス、スペインの三国から電力供給できることになっているそうです。これについてテレビの報道をぼーっと眺めつつ、私はあらためてフランスは大陸の中の一国で、島国日本とは異なるのだと実感しました。日本は島国だからどうしてもひとりよがりになりやすいし、その気のせいで強がりになってしまう。これは長所というより欠点に扱われることが多いでしょうね。互いに助け合う気持って何より大切だと私は思う。



[PR]
by ma_cocotte | 2018-02-27 15:52 | 『春』 Rien de special | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< またもや、金曜日。 どしゃぶりの雨の中 >>