<< 三角形の底辺から頂点まで浮き上... 階級のない国の、特権階級 >>
2018年3月23日に、
この日は金曜日で、共和国南東部の小都市カルカッソンヌ近郊でテロ事件がありました。
同日、共和国の花の都パリ11区のアパルトマンで火災が発生し、現場から85歳になる婦人の焼死体が見つかりました。そのご遺体を解剖したところ、なんと11か所もの刃物による刺し傷が見つかったのです。老婦人宅の火事から放火殺人と事件に定められた翌日、婦人の隣人男性が容疑者として連行。その犯行を幇助したとされる住所不定(仏語だとSDF エスデェエフと称される)の男性も逮捕されました。彼らの犯行理由のひとつが明らかにされ、それはこの老婦人が「ユダヤ人だから」でした。

「ユダヤ人」を理由に犯罪行為が実行されることはフランス共和国においては「あってはならない」ことであり、85歳にもなる老婦人がそれを理由に刺殺され、証拠隠しのために家を焼かれ、自らの身体も燃やされたとなると、ほうぼうから同情の声が次々とあがり、共和国ではしばしば行われる「沈黙の行進」がパリ市内で実施されることになりました。

その「沈黙の行進」が実施されるにあたり、在仏ユダヤ民団、CRIF からこの行進に極右政党と極左政党の党首、党員が参加することを拒むと発表がありました。極右政党についてはアウシュヴィッツやらガス室を否定する歴史修正を現党首というより、彼女の父親が89歳になった今も「宣教布教している」故とすぐわかりますが、極左はなんでぇ?と、しばし。ああ、イスラエルを否定し、パレスチナ「のみ」認めるからか・・・と。

ところが、CRIFからこの発表があってまもなく、85歳の婦人のご子息から母の死を悼む気持、反ユダヤ主義について抗議する気持があるならば極右だろうが極左だろうが沈黙の行進に参加してください、と公に勧誘がありました。

なるほどなあ。

息子さんの気持ちを知ってすぐ、こんなツルツル脳持ちの私でもちょと考えてしまいました。

というか、私個人にとってフランスそのものだけでなく、フランスのユダヤん世界についてヨソ者ですが、この一件でCRIFという組織はヒジョーに政治色の濃い組織であり、その反対に殺害された犠牲者の息子さんは「今ドキの宗教者」っぽいなあ、と色分けできた気になっています。

この事件。
85歳になるユダヤ人婦人はそんなにユダヤ教の生活宗旨に従って生きていたわけでもなかったようです。つまり、常にカツラをかぶっているわけでもなけりゃ、ストッキングをはいているわけでもないし、自宅のお台所の流し場が二つあるわけでもない(← わかるひとにしかわからないネタですわなw)。そして、彼女を殺めた隣人がイスラーム・マジョリティの国を祖国とする移民男性であるとなると、彼女の住まいは市井の普通のアパルトマン(もしかしたら団地 HLM かもしれない)と想像つきます。ユダヤんでも上流だったり、宗旨生活において厳しく守っていればいるほど「ヨソ」とは交わらずにユダヤとしての生活ができる住居やカルティエに住むのが常です。かといって、報道では「庶民のユダヤ人女性」と繰り返し紹介されても、その彼女の写真の彼女の手元にはシャネルと思われるバッグ。私にはシャネルはまったく別世界なので、写真に映るバッグの真贋はわからず。でも、シャネルのバッグを持てるとするなら、フランスだったら日本以上に「階級」がはっきり「上」になるわけで。うぅうううん。そうだとするなら、多国籍が混ざる住環境で隣人に限らず何らかの「嫉妬」が芽を出してしまうのは仕方ないのではないか、誤解が生じることもあるだろうな、と私が思うのも、私が員数外だからだと思います。

いずれにせよ、CRIFという団体について私は今度ハスった見方しかできないかもなあ。
でも、犠牲となった女性の息子さんに限らず、人が決めた国境や身分を取っ払って、故人を悼む気持、慰霊する行いを一緒に!と呼びかけられるひとはすばらしいと思います。そう簡単にそうはなれない私ではありますが。


Le 9 avril 2018, Annonciation

[PR]
by ma_cocotte | 2018-04-09 16:07 | 『?』な、お!?仏蘭西 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 三角形の底辺から頂点まで浮き上... 階級のない国の、特権階級 >>