<< コ ノ ゴ ガ ツ 三角形の底辺から頂点まで浮き上... >>
私は信じます。
昨日は午後遅く、ココんちの遠くの方からやたら「I believe~」「I believe~」と聞こえてくるので、背中でその繰り返しを聴いていた私はどこかの番組でキング牧師の特集でも放映されているのかなあ・・・と先ず思い、しばらくして声色がキング牧師とは異なるので「ああ、ケネディの演説か・・・」と想像しました。が、その数分過ぎてもまだ遠くから「I bilieve~」「I believe~」と聞こえてくるので、「しっつこい番組だなあ」と思い始めてしまったあたりで、英語でも米語でもない訛りとどっかで聞いたことがある声色で「・・・・あ、マクロンぢゃーん」と気づきました。サルコぢが大統領に選ばれてまもなく、やたらケネディ家とケネディ大統領を意識していたこと、未だ私の記憶から消えないままですが、
マクロンよ、お前もか?
ですわねぇ。でも、共和党がマヂョリティの今のエイメリカでケネディ大統領の演説に妙に似通った運び方ってどうなのかなあ?と私は思いますが、今回のマクロン大統領の米国訪問英語がしゃべれて、英語が通じていることでチビっ子マクロンくんが妙に御機嫌に見えるのも私の心の中のバイアスのせいであることははっきり。仏語だろうが英語だろうがマクロン大統領の話のテンポは好きになれないワタクシです。



もひとつ、今回のマクロン大統領というかマクロン夫妻の米国訪問で気になったのが、マクロン夫人がやたらマクロン大統領と手をつなごうとすることで、トランp大統領夫人メラニアさんがトランpさんとは手をつながず美しい立ち姿であったことが際立ち、私にはメラニアさんが美しいというより独立したかっこいい女性に見えてしまいました。凛としているというかね。マクロン夫人は「あなた無しでは生きられないわ」と、なよなよしているように見えてしまった・・・。こういう印象についてどちらに好感持つかもヒトそれぞれでしょうけれどね、まる


le 26 avril 2018, Riquier




[PR]
by ma_cocotte | 2018-04-26 20:04 | 黙れ、小童!マクロンろん | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< コ ノ ゴ ガ ツ 三角形の底辺から頂点まで浮き上... >>