<< ミギもヒダリもわからんぜよ。 テレビ婆さんにとってつまらない日 >>
テレビ婆っつぁまはただただ目を細めるばかり
の週の始まり。

サッカーワールドカップ2018ロシア大会決勝、フランスが20年ぶりに優勝。星二つになりました。


昨日、フランスでは夕方5時から始まった決勝戦。
これまでの私の長い人生、私が応援する何某は必ず敗北するので、私はテレビ試合観戦をせず、テレビのない部屋に閉じこもり、背後から聞こえてくる家人の声でなんとなーく試合運びを妄想することに徹していました。今回のワールドカップ、私が頑として譲らなかった意見は「勝ちたければ必ず、最低でも3点取る」でした。2点先制しても逆転の可能性がありますが、3点先制しても2点差の埋めが可能でも3点に追い付くのはかな~り難しい、奇跡に近いかもしれません。だから、3点。昨日の決勝はフランスが1点先制した時点で私は「はい、目指せ、3点!」。ところが、クロアチアがすぐに1点を取り、試合はニュル(=ゼロ)、振り出しに戻ったのだから、フランスは1+3で四点取らないと我々ヲッチャーは何ら勝利を予感できない、私の脳ではそういうことになります。結果、フランスが4点、クロアチアが2点の2点差で、フランスの勝利。2点差ですから、クロアチアの善戦に敬意を表し、次回4年後のワールドカップでも必ずや決勝リーグにクロアチアの名があるように、と祈りました。

兎にも角にもフランスの「20年ぶりの」優勝です。
20年前の7月、私はパリのモンパルナスにある女子寮のテレビ室でフランスvsブラジルの決勝を観戦していました。私はなんとなーくフランスを応援していましたが、上に書いたとおり、私が応援するすべては負けるのが常だから心底ではブラジルが勝つだろうと思っていたのが正直なところです。同じテレビ室で観戦していた寮生のひとり、トリニダアドトバゴ国籍の女子はブラジルを熱烈に応援していました。当時、同棲していた男性と将来、ブラジルに移住することが彼女の夢、希望だったこともあります。その彼女は20年経った今、トリニダアドトバゴの政府高官。バツいちのシングルマザー。超かっけーですが、今でも底辺でうずくまっている私を気にかけてくれる優しさは20年前と何ら変わらず。
思い返すと、20年前の女子寮のテレビ室で一番はしゃいでいたのが寮の責任者であったシスターで、ヴェールに修道服をお召しでもスキップされたり、翌朝の食堂でもうれしそうにしていましたっけ。今はどうなさっているのだろう。

話戻って20年後。
決勝戦前もテレビでは関連特番しか流れていませんでしたが(ああ、France 2では当然、トゥール・ド・フランス(自転車レース)の生中継が流れていました)、優勝が決まったことでさらに関連特番が延々と放映されていました。パリはシャンゼリゼ通りでの異常な喧騒についての中継を眺めつつ、私は20年前の優勝決定の日をこうして思い出していましたが、手元のタブレットの指を上下させつつ、見てしまったのが、この写真。


フランス共和国の現在の国父であるエマニュエル・マクロン大統領の、ロシアの現場で観戦中のこのポーズです。

若いわ、マクロン・・・

と、口からついこぼれてしまった私。若いわよねぇ、奥さん。マクロンはやっぱりシジューの青年なんですなあ。もうこの時点でわたくし、マクロンについては息子を見るような錯覚に陥りました。そして、試合直後から繰り返される選手たちへの生インタビュウ。はしゃぐ彼らについては「かわいい」と彼らのあどけない様子に私は夏のヴァカンスで目の前で大騒ぎする孫を眺めるおばあちゃんと化しました。こういう感覚、20年前のフランス優勝時には微塵も陥らなかったので、これが最たる私にとっての20年という時の流れなのだと実感しています。

優勝から一夜明けたきょう、16日月曜は夕方にフランスチームがロシアからパリに戻り、シャンゼリゼ通りで優勝凱旋パレードが行われることになっています。チームはその後、大統領府(エリゼ宮殿)で大統領閣下と宴だとか。

んなわけで、きょうも朝からテレビはずぅううううっとこの話題。ニュウス専門チャンネルでもこの話題ばっかり。ということは、フランスというヒトが決めた囲いの中はきょうも平和という証なのだと思います。

私、もっと他のニュウスを知りたいンだけれどなあ・・・・。




le 16 juillet 2018, Carmen




《追 記》


そうそうそう、送信してしまってから思い出した、もうひとつの20年前の今頃のこと。
私のクラスメエトのひとりがクロアチア人の男性で、確かトミスラフという名前。20歳過ぎたばかりであろう彼の夢は将来、スポオツライタアになること。そのためにフランスに、サッカーワールドカップ開催年のパリにやってきたとのこと。彼、今、どこで、どうしているのだろう? 彼の夢がかなっているならば、間違いなく露西亜はモスクワでの決勝戦を直に観戦していたでしょう。おそらくもう彼と私は天国で再会する可能性しか残っていませんが、もし再会できた時はお互い光の玉っころでしょうけれど、2018年7月15日の試合を思い出して光の玉っころなりのハグをしたいです。






[PR]
by ma_cocotte | 2018-07-16 16:29 | 『行け、行くんだ!』 Allez!! | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< ミギもヒダリもわからんぜよ。 テレビ婆さんにとってつまらない日 >>