<< 寄る年波に身を任せ ハ ズ カ シ ナ ガ ラ、 >>
これこそ複数国籍の「功罪」ではないのかしらん?
先の日曜日に大相撲九月場所が終わり、一年ほど前からココんちのSFR(=共和国の大手電話通信会社)のチューナー548番でNHK Worldを選んでは連日の大相撲ダイジェストを楽しんでいたワタクシ。今場所は超ウルトラ久しぶりに3横綱が揃ったせいか、全体が引き締まっているというか、単純に力士の勢いが強烈で、興奮する取り組みばかりでした(が、昨日、貴乃花親方の引退発表があり、ちょいと胸中複雑。場所中の親方、美しかった、花があったもんねぇ)。

まあ、それは横に置い・・・いや、置く前に今場所が盛り上がったのは、3横綱の、唯一の日本人横綱である稀勢の里の復帰、復活も盛り上がりの炎をいっそう高く躍らせたのではないかと個人的に思うところ。で、立ち合いの不成立が少なくとも3力士に対してあった横綱白鵬についても彼の贔屓筋とそうでないひとびとの意見が二分したことなども、もう棺桶に片足突っ込んでいる世代の私なんぞは前世紀の大横綱・大鵬やら力士からプロレスラーに転向した力道山や曙などなどにあった批判や誉め言葉諸々がわが脳内フロッピーからひょんに飛び出ても来ました。

そんな脳状態で数日目を迎えた今朝からおフランスの報道を賑わしているのが、かつてフランス社会党のスタアのひとりだったマニュエル・ヴァルスがフランスを去り、祖国スペインに戻り、スペインの政界にデビュウするというスクープ。


記事の中見出しを読んだところでどっちらけの感情しかわかんわな。
彼、マニュエル・ヴァルスについてはココでもかつて何度か話題にしたことがあります。スペイン人の父親とイタリア人の母親との間に誕生し、高校生になる年頃までスペインで育ちました。(もちろんスペイン語、イタリア語は現在もペッラペラ)この彼が確か高校入学をきっかけだったかフランスに移住し、成人を機にフランス共和国の国籍を取得。以前から没頭していた社会党でぴっちぴちと大活躍し、首相の座まで射止めた。で、大統領選に立候補し、なぜだかそン時、ヴァルスは現在の自分は共和国国籍のみであり、スペインやらイタリアの国籍は捨てた、とウワサを広めました。彼が複数国籍者だと知っていたあたしは「ウソ言っちゃいけねーよ」と苦笑いでしたが、彼の陣営が流すその噂を信じたひとびともそりゃ一定数存在しました。まあ、私は先の大統領選の最初っからマニュエル・ヴァルスにはドン引きだったので、冷ややかな目でこの噂を眺めれば、ヴァルス陣営が極右票の一票でもヴァルスに流すための愚策だったのだろうなあ、と思うわけで。

きょう、ココでは当時の話題はそこまで。っちゅうか、大統領選予備選で落選したマニュエル・ヴァルスがそれと同時に雲隠れしたのでした。彼が再びマスコミの前に姿を現したのが、ほれ、スペイン北東部カタルーニャ地方の独立運動というか騒動が欧州連合を巻き込んでようやく沈静したかなあ???と我々が思おうとしたあたりです。私の記憶が確かならば、マニュエル・ヴァルスが立派な顎髭を蓄えて、バルセロナだったか美術館に現れた・・・という、それはvery 文化人となっての「復活」でした。一方、写真週刊誌ではこんにちまで一定のリズムでマニュエル・ヴァルスが大統領候補だった当時のパートナーと別れて新しい愛人とスペインでねっとり蜜月だということが繰り返されてもいました。そういうどうでもいい話と同時進行で、バルセロナ市長選にマニュエル・ヴァルスが立候補するらしいよ、とも既に流れてはいた・・・

けど、本当に(ほぼ確定で)彼はバルセロナ市長選挙に立候補すると今日の朝、報道が飛び交った・・・

大統領選の時にはさ、フランス共和国が第一、唯一です、と繰り返していたマニュエル・ヴァルスが(そんなに心酔していない我々にとっては)あっさりと「今のボカぁ、スペインしかありまっしぇん。カタルーニャ独立なんてさせまっしぇん」ですからね。二枚舌と断定できなくもない。

私は以前、マルセイユの近郊に住んでいたので、イタリア国境からスペイン国境までフランスの地中海海岸沿いを車で6時間あれば十分ということもよく知っているし、近所はフランスオリジナルの苗字よりイタリア、スペイン、ユダヤん、アラブんの苗字の家庭の方がおマヂョリティだったことも現実だったし、彼らがそれぞれの母国の親戚の家庭とあまりにも気軽に行き来しているのも目の当たりにしていたので、今更、ヴァルスがフランス捨ててスペインに戻るのも「よくあること」ではあっても、彼の場合はさー、なんだろね。そんぢゃ、もし、万が一というレベルだけれど、先の大統領選挙でヴァルスが大統領に選ばれ、今、共和国の首長、長上、国父であり、エリゼ宮殿の殿様だったら、ヴァルスは今日、フランスを捨てて母国スペインに戻るンですかね?(今日の時点で共和国大統領のマクロンくんはエイメリカはニュウヨオクの国連で演説中w)

ったく、マニュエル・ヴァルス個人のとてつもない野心が表面で煮えくり返っていて、あたしゃ、すこぶる気分悪いです。

バルセロナ市民も、市長選で当選するためにあっさり「僕の第一の母国おフランスぅ」を捨てた人物に市の長上の座を任せるンですかね? ヤだわあ。

お相撲の世界で力士が親方になるためには日本国籍取得が義務と幼い頃に知り、単純に「大変だなあ」と思ってはいましたし、オトナになってから日本国籍を取得するためには生まれながらの国籍を破棄せねばならないという厳しさも知りました。だから、私はフランスびとと結婚した今も日本国籍者であり、フランスには仏人配偶者としての長期滞在許可証を10年単位で更新する形です。
最近はテニスの大坂さんが複数国籍者で、おそらく21歳時に国籍選択の義務が課せられ始めるので、それもまた他人事とは言え大変だろうと予想しますが、今日になって複数国籍者であるマニュエル・ヴァルスがあまりにも軽々と母国スペインとフランスの間をふーらふらしているので、二重国籍も考え物だなあ、と思った次第。本人のモティベーション次第で優先順位を替えられることはよくわかりました、まる


le 26 septembre 2018, Côme et Damien



[PR]
by ma_cocotte | 2018-09-26 17:45 | 『?』なオイロッパ | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 寄る年波に身を任せ ハ ズ カ シ ナ ガ ラ、 >>