<< ボヂョレヌーヴォ解禁日翌日に、 これこそ複数国籍の「功罪」では... >>
寄る年波に身を任せ
久しぶりにこのブログにログインしました。

こんにちは10月最後の日、31日です。早いもので2018年も残りふたつきであり、平成の御代も残り半年と知りました。もう昭和生まれなんて、わたすがガキの頃の「明治生まれ」の方々とそう大して変わらンのでは。いやあ、昭和に生きる明治生まれの方の場合、明治と昭和の間の大正時代は14年と数か月ですものね。おいら昭和生まれなんざ、平成時代が30年ですぜぃ。

ま、それについては横に置いて、昭和生まれの私。
今年の夏のはじめに左肩が動かなくなりました。腕を前方には目の高さくらいまで持ち上げられますが、ダ・ヴィンチの人体図のように腕を広げると、左は時計の長針4時と5時あたりでもう痛みがひどくてあげられません。そして、以前は背中の後ろで両手で握手できたのに、左腕は腰のあたりまで持っていけたら良い方。ですから、パンツの上げ下げやら、長袖に左腕を通すのが難しい。和装の時代だったら、あたす、帯も結べませんわね。

そんなわけで今年は9月はじめからリハビリに通っています。9月下旬から週二回、ウォーターベッドに横たわりながら、水圧で患部をマッサージするっちゅう治療を受け、これがあまりにも気持ちよすぎでずーっと続けられたら、と心底願っていたのに、既におしまい。今はリハビリの先生の指導でそこはかとなくヨガのような体操を週一回。左腕は前方上に少しずつあがるようになりました。一回リハビリに行くごとに5~10㎝は高くあげられる(と思い込んでいる自分)。ところが、ダヴィンチの人体図のまねだけはまったく改善無し。いったい私の身体、どうなっちゃってンだろう・・・って、そりゃ、あんた、加齢でしょ、加齢。

思えば、去年の夏は口腔に問題が生じ、泣きたくなっていましたが、今年は肩で泣きたくなっています。そんぢゃ、来年はどこのなんとやらで泣きたくなるのだろう。やっぱ、アタマの中身だろうな。覚悟、うん。

もう寄る年波に乗ってサーフィンする筋肉もないし、時の過ぎゆくままにこの身を任せさね。


le 31 octobre 2018, Quentin

[PR]
by ma_cocotte | 2018-10-31 18:36 | 『?』なたわ言 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< ボヂョレヌーヴォ解禁日翌日に、 これこそ複数国籍の「功罪」では... >>