人気ブログランキング |
<< 日に日に落ち込んで行くばかり、 新年早々、「NHKなンで」なお... >>
空き巣に遭いました。
2019年1月20日 日曜の午後に、です。
仏蘭西という国では基本、日曜日は「何もできない一日」で、午前中は朝市やパン屋さんが開いていても、午後はほとんどの店舗が完全休業しているのが現実です(ただし、大都市や観光地の商業店舗には開店許可が下りてはいます)。

で、あてくし。
そんなおフランスですから、毎週日曜の午後は犬の散歩時間以外、家の中にいます。
ところが、です。
この2019年1月20日。
ニオール Niort という町の旧市街にある小さな映画館で、昨年のカンヌ映画祭でパルムドールを取った日本映画「万引き家族」を字幕で上映する、と。開演は午後2時だそうなので、私は早めに昼食を取り、ココんちの仏人♂と二人、午後1時半にココんちを出ました。私たちにとって3年ぶりの映画鑑賞で、日曜午後の外出ももちろん今年はじめてです。夫婦二人の遠出は昨年9月のパリ日帰り以来で、大雑把に言えば、去年の9月から買い出し、犬の散歩、医者、教会の1~2時間の外出以外、この日まで「していません」。鑑賞を終えても日曜だからどこのお店も開いていないのでまっすぐ自宅へ。ココんちに帰宅は午後4時半頃。

帰宅し、当たり前ですが玄関から家の中に入る。留守番していたココんちの犬が出迎えてくれました。
いつもどおりです。
家の中も、いつもどおり。
私はコートを脱いで、玄関扉近くにそれを収め、ココんちのこんぴーた部屋へ。なぜなら、そこに私の雑貨があるからです。で、ココんちのこんぴーた部屋も、いつもどおり。

外出時に写真を何枚か撮ったので、こんぴーたに取り込もうとしたところで、背後からココんちの仏人♂の大声が聞こえました。「うわあああ! 猫があああ」と。夫Pの雑貨はこんぴーた部屋対面の寝室にあるので、夫Pは室内着に着替えようと寝室に入ってすぐ、こんな大声を出したのです。私はそれを聞いて、また猫がベッドの上にそそうしたのだとまず想像しました。ところが、です。彼がさらにこう叫んだのです。

「窓が大開き、全開になっている!」

えええええええええ? ココんちの猫が窓を開けた??? それは神業です。私が寝室に飛んで行くと、窓が開いていました。そして、目線をベッドに移すと、私の夏の衣類が散らかっている。これらは枕もとにある小タンスの引き出しに入れていたので、猫が引き出しを開けて、中身を出し、くわえてベッドの上に置いたのか?  んなわけあるわけねー。さらにその衣類を凝視すると、私の亡くなった母の古い宝石ケースが開かれ、裏返しになっていました。

これでもまだ私は半分以上、空き巣にやられたことを理解できませんでした。
恐る恐る宝石ケースを手に取り、裏返して、中身が空っぽ。ようやくココで「空き巣にやられた」と理解できました。

ケースに納められた宝石のうち、金またはプラチナを台にしたダイヤモンド、ルビーの指輪6つが盗まれてしまいました。

ところが、です。
同じケースに納められていた真珠(白、黒)の指輪と白い真珠の連玉の本物のネックレスは「盗んでもらえませんでした」。
そして、ココんちの仏人♂の枕もとの引き出しに入っていた現金も盗まれず。

摩訶不思議です。
ダイヤやルビーと金、プラチナ(今となっては犯人さんが果たしてプラチナと理解しているのか怪しいw)には興味があっても、真珠に犯人はまったく興味がないのね。いちおう、犯人さんが盗まなかった真珠の指輪の台はいずれもプラチナで、その指輪の中には真珠の脇にダイヤをあしらっているものもあります)

腰が抜けそうになるし、そんなことより、問題なのが、こういう状況に直面すると私は声が出なくなります。が、なんとか目の前のココんちの仏人♂に「これは空き巣だ! 警察に電話して!」と声を絞り出しましたが、彼はまだ現実がわかってないというかね。なんだか私に大声をあげた記憶がちらっとまだ脳に残っています。

まあ、それから30分後くらいだったか、3人の警察官(男性二人、女性ひとり)がココんちにやってきて、本当に泥棒であると認めた後、リーダーの警官がどこぞに電話し、我々に「これから鑑識が来ますから、そんぢゃ」と去っていきました。しかも、その鑑識がこれから何分後に来るか、自分たちは知らん、と。その3警官が来た時に私が真珠の首飾りが盗まれなかったとブツを見せたら、即座にその警官が「だってオモチャ」って、ハッキリ言いました。
どわああああああ。こいつ、警官なのに本物の真珠を知らないンだあ!とおいらは内心ヴぃっくり。
この重さ、おめーにはわかるめー、ですよ。しかも、あたしゃ、偽の真珠に見えるアクセサリーは別にまとめて置いているのです。

そして、小一時間もして、外が薄暗くなった頃、鑑識さんがひとりぽっちでココんちにやって来ました。
指紋は見つかりませんでした。

もっともっと、話すことはありますが、今回はココらへんで。

と、締めくくる前に、ひとつだけ。
空き巣は寝室の窓から入り、寝室「だけ」を荒らし、寝室の窓から出て行きました。
たぶん、ですが、私共が帰宅した時、犯人さんは寝室にまだいて、慌てて逃げた可能性があります。(だから、真珠と現金は残っていた・・・?)

b0070127_16202730.jpg
寝室の窓に残っている犯人さんの足跡。実はこのプランターの中央部も彼のかかとの踏み込みでくぼみができています。

b0070127_16215074.jpg
これ ↑ は室内から撮った犯人さんの滑った足跡。
昨日(23日)の朝、ようやく掃除する気になれて、5リットル近い水でまず流したのですが・・・
不思議だ。滑った足跡を洗い流せないのです。なぜ? この写真 ↓ ね。
b0070127_16240858.jpg
まぢ、なぜ? 油脂がこびりついた靴底だったのだろうか?

とりあえず、このエントリーではココまで。(とタイプしたところで、今後、この話題の続きを私が書く気になれるかどうか、ちょっとわかりまへん。ごめんなさい)


以上、もしおフランス共和国内の、地方にお住いの方がこのエントリーをご覧になりましたら、重々、十二分にお気をつけください。こんなこと、私だけで十分です。



le 24 janvier 2019, François la Salle



by ma_cocotte | 2019-01-24 16:27 | 『?』な、お!?仏蘭西 | Comments(2)
Commented by al_lamia at 2019-01-27 17:17
まぁ〜〜〜、新年早々 災難でしたね
お見舞い申し上げます。
で、猫ちゃん達は無事でしたか?
それにしても、さぞ驚かれた事でしょう。
真珠は、おフランスではあまり身近に「本物を」ご存知ないのでしょうね

でも、どなたのお怪我なくて幸いでした。
年頭に一年ぶんの厄を これで落としたと? お考えになったら如何でしょうか?
それにしても、さぞ 怖くてお気持ちが悪いでしょうね
早く、気持ちがおつかれますように。
Commented by ma_cocotte at 2019-01-28 21:30
+ al_lamia さま、こんにちは。
猫ですが、現場に一匹いました。
私が帰宅した時、窓が大開になったままで、猫一匹だけ行方不明。ああ、窓から逃げてしまったのだ、と近所を探しましたが見つからず。結果、寝室のベッドの後ろでちぢこまっていました。おそらく犯行の一部始終を見ていたはずで、ああ、この猫がニンゲンだったら貴重な証言者なのに、と思いもしましたが、猫を空き巣をきっかけに失わずに済んだことはさいわいでした。でも、翌日も様子がおかしかったですよ。猫の緊張が伝わってきました。

真珠については本当にal_lamiaさんのおっしゃるとおりです。パリは兎も角、こんな田舎の、しかも庶民が住むカルティエでは真珠の価値がまったくわからないのだと思います。しかも真珠は西洋の石や金銀に比べると売りにくいらしいです。

実は日が経てば経つほど、落ち込みが激しく、困っています。年頭に一年の厄払いと思うことにします! はー、それにしてもねぇ・・・ブツブツブツ
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 日に日に落ち込んで行くばかり、 新年早々、「NHKなンで」なお... >>