人気ブログランキング |
<< 神の名をみだりに唱えることなかれ。 お話にならないお話 >>
弥生の長雨 « giboulées de mars »
先週半ばまで連日午後には20度近くまで気温が上がり、それは「五月の陽気」だったそうで、ピレネー地方など最高気温が23度と予想された日もありました。が、2月に「5月の陽気」って、そりゃあ、冬を耐え忍んで春をひたすら待つひとびとにとってはうれしいもので、ココんちも連日、軽装で犬の散歩にウキウキ出てもいました。

でも、やっぱりそれは二月の異常気象であり、弥生三月に入ってまもなく天候は冬に逆戻りし、先の週末などココんちあたりはテンペスト、冬の大嵐でした。一度、その冬の大嵐が静まったものの、この週明け4日の夕方から今にも雷がゴロゴロと鳴りそうな空模様と空気の流れになり、以降、毎日、雨、雨、雨に風。ただでさえ、空き巣被害以降、気持が沈んだままなのに、ココ数日の風雨でいっそうどよ~んです。

今朝、耳にしたのは « giboulées de mars » です。ジブゥレ・ド・マアス、三月の長雨とでも訳しましょうか。
いつだったか、どこかで私がこのジブゥレについて長雨を意味する、とコメントしたら、ジブゥレは氷雨で間違いないと意見をいただいたことがありました。私が初めてこのジブゥレという単語を知ったのは、今の土地、ヌゥヴェル・アキテエヌ地方に引っ越してからで、南仏では聞いたことがありませんでした。なぜ現在の土地で「ジブゥレ」を知ったのか。それはたまたま数か月籍を置いた移民向けの語学校で11月を迎え、連日雨が続いたのです。その時、ポワティエからいらした先生がこの長雨をジブゥレと呼ぶと教えてくださったのでした。そして、今、こうして3月に入り、連日の雨。これをジブゥレと呼ぶのではなく、「de mars 三月の」をジブゥレの後に付けるそうです。


調べてみたら、giboulées de mars に対し、11月の長雨は giboulées en novembre と表すそうです。メモメモメモ

で、今年。
先週にはほうぼうのお庭のアーモンドやアンズ、さくらんぼなどの木が花を咲かせてしまいました。おそらく5月並みの気温が数日続いたことで幹が勘違いしてしまったのでしょう。こういう年の果実はおいしく実るのかしら?

ココんちのサクランボの木は朽ちてしまいましたが、二月の終わりから先ずスイセン、続いてクリスマス・ローズ、ヒヤシンス、ムスカリと次々に大地から顔を出し、花を咲かせています。長雨のせいでうつむきがちになりますが、こういう時は讃美歌の「主にまかせよ」の歌詞を思い出して自ら励まし、春を待つ。ん、そだねー。

b0070127_01314433.jpg

le 7 mars 2019, Félicité



by ma_cocotte | 2019-03-07 01:33 | 『春』 Rien de special | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 神の名をみだりに唱えることなかれ。 お話にならないお話 >>