<< 心ゆくまで海水浴。 夏のバーゲン@巴里と極猛暑。・... >>
フランス家庭の食卓で「ご慶事」と言えば

焼き。
b0070127_22221762.jpg
これぞ手抜き料理の決定版でございます。
サラダを作るより簡単です。

こんにち6月25日はSaint Prosper (聖プロスペエル)の祝祭日です。
ココんちの猫プロスペエルと祝う4度目の6月25日!
フランスの暦は366日すべてにカトリックの聖人の名前が冠されており,古くからの習慣で人々は年に2度,自分の誕生日と自分のPrénom 第一名前(=クリスチャンネーム)の日を祝います。というのもつい一昔前までは法律で生まれてくる子供の名前は聖人から取るようにと決められていたのです(ただしイスラム教徒は除く)。

家族がいれば年に人数×2回のお祝いにクリスマス,新年,復活祭のイヴェントが加わります。招き招かれの宴席でたいてい出てくるのは鶏,鴨,七面鳥,うずらなどの丸焼きです。どんな宴席でもアペリティフ,前菜,主菜,デザートの基本を崩さない家庭が多いので,オーブンで焼き,余熱で温めておける肉料理は台所で腕を振るうママンにとってありがたい一品なのであります。

ささみ以外の骨抜き鶏肉を見つけるのは難しいフランスですが,これら鶏肉の丸を見つけるのは簡単。スーパーでは丸焼き用としてすでにきちんとヒモで結ばれたものを廉価で手に入れることができます。(上の写真は3.5ユーロ,約480円)
鶏の丸焼きは本当にあまりにも簡単に作れますが,それさえ面倒な人々には朝市やお肉屋さんで買う手もあります。こんな感じ↓で店頭に出ています。
b0070127_22533416.jpg
南フランスならば安いところで5ユーロ(約680円)くらいからたいてい7~8ユーロで大満足の鶏の丸焼きが買えます。家族二人なら2度食べ,最後に鶏がらスープを取るのも可能です。しっか~もどこのお店も一緒に野菜を付け合せとして焼いており(写真下方に注目!),肉汁と共に焼かれた野菜が美味しいことといったら! ほとんどのお店が鶏の丸焼きを買うとこの野菜をおまけにたっぷり入れてくれます。もし丸焼きの機械でハムやうずら,豚を焼いているようだったらそれもぜひ!
ディジョンのマスタードやケチャップ,マヨネーズと一緒にMiam Miamでございまする。







◎ 近日中に鶏のオーヴン焼きはいかが? ◎

鶏の丸でなくていいンです。
骨付き鶏肉でも,チューリップでも,手羽でも!
豚でも牛でも羊でもエエで。

兎に角オーブンにぶち込んで終わりなのでぜひ。

【用意するもの】
*肉
*オーヴンで焼いて溶けない器
*オリーヴオイル
*ニンニク (好きなだけ)
*塩・ガリガリ胡椒
*手元にあるハーヴ
  (できればエルブ・ド・プロヴァンス,できなかったらオレガノやバジル,ローズマリーなど)
*野菜(じゃがいも,トマト,ピーマン,にんじん,玉ねぎ,など)
*びっくり水とびっくり白ワイン


【作り方】
*まずオーヴンを240℃に温める。

*オーヴンを温めている間に器にまんべんなくオリーヴオイルを敷く
*にんにくを散らばす。(好みでコロでも,輪切りでも,みじん切りでも,おろしでも)
*鶏肉をドン!と置く
*鶏肉の周りを好きな野菜で埋める。
*器の底から1cm程度の水,そして好みで白ワインをチョロチョロリン。
*お肉と野菜の全体に塩,胡椒,ハーブとオリーヴオイルをちょろ~んとね。

*以上の作業を終えた頃,オーヴンは丁度240℃に温まっているはず!
*鶏肉をオーブンにぶち込んで60~70分。

途中焦げが気になるようならばアルミホイルをかぶせて焦げを防ぎます。

んで,できあがり!っときたもんだ。
お肉はもちろんですが野菜がホクホクして本当に美味しいっっ! 白いごはんでも♪パスタでも♪

Bon appétit

et

bon dimanche

[PR]
by ma_cocotte | 2005-06-25 23:27 | Ca etait? | Comments(34)
Commented by unya_suke at 2005-06-25 23:38
いっちばん好きなもんだすーっ!!!!!!!!!!!!!!
Commented by ma_cocotte at 2005-06-25 23:59
■Unya_sukeさまも?
私もディジョンムタールをちょちょいと付けてツーンと食べる。 AH!!!
Commented by kattyan60 at 2005-06-26 00:20
ちょっと待ってよ、1年366日ってどう?

エイリアス『おいっかっちゃんよ、これって蛙のようだよな』

僕「バカ、そんなこと云うもんじゃないよ、マコ姉さんが食べれなくなるやんか」

エイリアス『だってそう見えるんだもん仕方ねえべや』

許してやってくださいね。
Commented by kattyan60 at 2005-06-26 00:21
追伸、 366日なら僕の61日何処なのでしょう、あったら返してくださいよ〜
Commented by koru2005 at 2005-06-26 00:53
うまそー&簡単そー(爆)。
ところでエルブ・ド・プロヴァンスってそういう名前のハーブがあるんですか?それとも調合のスパイスなのかしらん?
Commented by ma_cocotte at 2005-06-26 03:13
■かっちゃんさま,こちらの中華系レストランではカエルがありますよ。美味しいのかなあ? 鶏肉に似た味だと聞いたことはあるけれど。

Commented by ma_cocotte at 2005-06-26 03:14
■かっちゃんさま,追伸の意味がさっぱりわからない・・・。
今一度説明を。

僕の61日って?????
Commented by ma_cocotte at 2005-06-26 03:16
■koruさま,簡単そうぢゃなくて簡単なのよ。
失敗もまず有り得ないので,テレビを見ながら作ってちょ!
エルブ・ド・プロヴァンスはいろいろ混ぜ合わせたスパイスです。
こちら↓をご覧くださいまし。
http://malicieuse.exblog.jp/1111193
Commented by catseyepower at 2005-06-26 03:25
おいしそうだけど、暑くてオーヴンは使えません。
涼しくなるまで、お預けだ〜。
パソコンでさえ、暑いのに....。
東京は、明日、今日より暑くなるんだって....。
あ、うちにGros sel au Farigouloっていうお塩があるんだけど。え〜とね、海塩とプロヴァンス・ハーブって書いてあるな。これでもいいんだよね。
Commented by ma_cocotte at 2005-06-26 03:54
■catseyepowerさま,そうだね,オーヴンは熱いよね。
でも丸焼きを冷ましてお肉をそいでサンドイッチにすると美味しいのだなあ,これが。大好物なのだ。
丸焼きを作る時は目に入ってしまったものをぶっかけて焼いちゃえ!
それでもなぜか美味しい。うっふーん♡鶏肉。
Commented by chick_pea at 2005-06-26 05:37
TBありがとうございます☆。
てりてり、いい色で焼けているじゃないですか〜。うまそうだあ。
3.5ユーロか、お安いですね。こっちは5、6ユーロはしたような。野菜もおいしそうだし。やっぱり食の国だ〜。でもフランスのママンは大忙しですね。
Commented by ma_cocotte at 2005-06-26 05:45
■chick_peaさま,オーブンだとどうしても水気が飛んでしまうのでビックリ水を差すのがポイントですね。簡単ですが,パサパサにならないようにするのがポイントです。だからchick_peaさんちのチキン・ブリックが欲しい!!!! あれならシットリ焼けまする。

3.5ユーロでも消費税19.5%込みですよ。フランスは食料品の安さだけは大感謝ですね。鶏肉も味が濃くて美味しいですよ。お勧め!
Commented by マカロン at 2005-06-26 08:20 x
よくダ-リンの実家ではご馳走になるのですが、自分ではまだ作ったことがありません。最後は出汁をとれるとなると、ほんとに余すところなしですね。
ちかいうちにやってみたいと思います。
ほんとに料理のヒントたくさんもらってます。ありがとうございます。
サンドイッチもやってみなくちゃ。
Commented by miki at 2005-06-26 12:51 x
鶏の丸焼き、美味しいけど、暑そうだ!!!クーラーのないフランス、とても暑いのでは???窓全開???
ニューヨークもこうから30度を超す暑さ、で、まだクーラーは付けていおりませんが、もう少し暑くなると私はまず除湿器。だからオーブン料理はちょっと・・・でも今はまっている天然酵母、明日あたりパン作らないと、ドライイチジクの天然酵母がぶくぶくしている・・・オーブンで焼くパン・・・暑そう。それにチキン、マスタードサンドにしても良いかな?チキンは近くのみせでローストを買ってきて・・・です。
Commented by ma_cocotte at 2005-06-26 15:43
■マカロンさま,鶏の丸焼きは最後の最後まで楽しめるのでお勧めですよ。宴席の一品ならこれを豚や牛肉に換えてもいいけれど,その場合は下準備が必要です。そのままぶち込むとパサパサになりやすいので気をつけてくださいね。

サンドイッチは本当に美味ですよ。
お勧めはマヨ&ムタ。おそらくダーリンさんが詳しくご存知のはず。
Commented by ma_cocotte at 2005-06-26 15:46
■mikiさま,ここ3年の異常猛暑でホテルなどは冷房完備が増えましたよ。来月いらっしゃる時に快適に過ごせるといいですね。
普通の家屋でもクーラーをつける家が増えましたが,うちにはありません。朝晩の涼しさでなんとか涼を得ています。

チキンですが手で割いて,パンに練ったフレンチマスタード,お好みでマヨネーズを塗り,新鮮なレタスやトマトと一緒にサンドイッチにすると美味しいですよ。バゲットでぜひ!
Commented by Marcellin at 2005-06-26 20:05
ぷぅちゃんオメデトウ!
お祝いにチキンっていいですね~。
焼いたもの、いろいろ使えるようで便利みたいですね。
次の日に、クスクスのなかに入っていたこともありました。
それもおいしかったです。
この間のソーセージもそうだけれど、ヨーロッパのお肉料理って
やっぱりおいしそうです~。
Commented by ma_cocotte at 2005-06-26 20:22
■Marcellinさま,鶏の丸焼きは本当にお勧めですよ。
フランスのように一度にテーブルに出せないマナーなら尚更。
食べるまでオーブンの中に置いておけば冷め難いものね。
うちは鶏のガラと野菜でスープにしたりカレーにしたり。煮詰めるとお肉が自然と骨から離れるので楽ちん♪
Commented by lovinluv at 2005-06-27 01:05
あ。これって、ぷぅたんの祝いもの?おおお!!さらにオメデトウ!!
ね、安いのね。。丸で480えん!?日本だと、、あえて見た事ないけど、いくらなのかしら・・・。
あ~。丸焼き美味しそう。。。

でねでね、言おうと思ってて忘れていたけど「エルブ・ド・プロヴァンス」入手したのっ!!
近所のスーパーで売っていたの。なんだ、、あったんじゃない!!って叫びそうになったわ。
GABANのやつね。なので!!ちょっとドレッシングだとか試してみますです!!
これもしてみる!!丸焼きは、、わからないけど、何かで。
Commented by macocotte at 2005-06-27 01:12
■ミイさま,自由が丘でフランス式鶏の丸焼きで成功したフランス国籍の黒人さんがいるそうです。いくらくらいだろう?
二人だったら鶏の丸焼きで2度は楽しめるかなあ。スープもいれれば3度!
エルブドプロヴァンスはどんな料理でも合うのでぜひぜひ。
ミイさんオリジナルを開拓できるといいね♪
Commented by lovinluv at 2005-06-27 02:10
へぇ~。自由が丘?調べてみます!!でも、なんて調べればいいのやら・・・。
ぜひ、、オリジナルを、、と思うけど、、自信ナシです・・・けど。
でも頑張ってみます!!
できれば、ここじゃなくって、、新しい家のキッチンでやりたいな~。(希望)
Commented by miki3lotus at 2005-06-27 06:00
みいさん!!このハーブ(アメリカではアーブですが)はトマトとチキンを一緒に炒めて最後にふってその後白ワインで蒸し焼きとか、夏野菜を炒めて最後にふって・・・これも美味しいです。う〜〜今、お腹がすいているようです。 
マコさんはチキンの他、ダック、ウサギ、ラム、焼いたりします???
ニューヨークも暑くなって、今朝は朝一でパンを焼いたので、暑くて扇風機2つフル回転です。それでももう少し冷房を付けるのを我慢我慢・・
Commented by takusukila at 2005-06-27 13:45
おいしそう。。。断食中のあたしには、目のどくぢゃ~~~! でも一口食べたひぃ~。 
Commented by macocotte at 2005-06-27 16:00
■ミイさま,実は領事館でいただいた広報のひとつに「日本で成功したフランス人」という小冊子があり,そこに載っていた黒人系フランス人の成功談でした。「Poulet Rôti」,プレ・ロチという検索ワードでヒットしたりして?
Commented by macocotte at 2005-06-27 16:05
■mikiさまのレシピ,美味しそうです。
ただ,こちらでは鶏は骨付き肉ばかり,ささみや内臓類でしか炒めモノが難しいのです。ユダヤ系のお肉屋さんにあるかも?と情報をいただいたのですが,ユダヤんでもないのに足を入れるのに勇気がいってしまい・・・。

ダックはConfitを焼きますよ。オリーヴオイルとニンニクを利かせて!
なぜか白いごはんに合うのです。
うさぎは売られている姿があまりにもかわいそうで買うことができないのです。でもプロヴァンスはうさぎ料理がスペシャリテですよ。本当に美味しい。
子羊はよく買います。昨日も食べました!本当は暖炉の火で塩&ハーブ焼きですが,うちには暖炉がないのでバーベキューで食べます。私の大好物です。
Commented by macocotte at 2005-06-27 16:07
■雅子さま,マスタークレンジンギング中ですもんね。
でも鶏肉は皮をのぞけば低カロリー,終了後まもなく試せるではありませんか? 夏は鶏の丸焼きのお肉でサラダを作ると本当に美味しいですよん。
Commented by takusukila at 2005-06-28 08:32
でもでもでも!!!私はその焦げた皮が空きなのよぉ~~~。。。バッタンキュー(意識失ふ)
Commented by miki3lotus at 2005-06-28 14:57
蛤、アサリの酒蒸し、時々白ワインで、タマネギ、ネギ、クレソンを沢山入れて、アーブドゥプロヴァンスを入れて蒸すとこれまた美味しいです。
そして鳥は雅子さんではありませんが、やはり皮をちょっと焼いて、かりかりにして・・・そこが美味しいのです!!!
バーベキューは炭ですか?普通の木くずとかもあるのかしら??もちろん買ってくるのですよね???
ちょっと田舎に行くと、そこら辺に木くずが落ちているので、それを拾ってきて、バーベキュー、ここのところしていませんが、木によって煙の味が違って面白いですよね。
Commented by ミイ at 2005-06-28 19:15 x
ふむふむ。。ミキさんのレシピも簡単で美味しそう!!是非にやってみます。
きょうね、美味しいパンかってきたのです~。ドレッシング作ってみる予定なのん。

あ。ココさん検索してみますね~。うう。出なかった。。やけにココがひっかかってくる!!(爆)
Commented by harubooo at 2005-06-28 21:41
あ~これはとっても美味しそうだ!
しかも簡単なんですね!! びっくりだ~。
こういうお料理って とっても憧れます。
フランスでは こんなでっかいお肉が
そんなに安く売ってるんですね!
このレシピはしっかりメモしておこう♪
Commented by ma_cocotte at 2005-06-29 03:37
■雅子さま,今朝,くろねこ・ママさんに雅子さまの「私はその焦げた皮が好きなのよー」というコメントをそのまま伝えたら爆笑していましたよ。
でも丸焼きの香ばしい皮は本当に美味しいものね。わかるので私が雅子さんの代わりに食べておくわね。
Commented by ma_cocotte at 2005-06-29 03:39
■mikiさま,こちらではムール貝で同じ調理法,そして生クリームやチーズを加えることもあります。美味しい!
うちはアパルトマンなので電気でバーベキューですが,スーパーでは専用の炭が売っています。一軒家の人々はたいていそれで焼いているようです。
Commented by ma_cocotte at 2005-06-29 03:40
■ミイさまのドレッシング,楽しみです。エントリーを楽しみにしていますね。
確か自由が丘で成功した!と読んだのだけど・・・もう大金持ちになったので母国に帰っちゃったかもね?
Commented by ma_cocotte at 2005-06-29 03:43
■Haruboooさま,簡単なのでぜひ!早い話油をちょっと引いて肉の塊を乗せ,水をちょっと入れてパサパサ防止をしながら焼くだけです。お客さんがいらした時などにも冷めるのが遅い料理なのでぜひ!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 心ゆくまで海水浴。 夏のバーゲン@巴里と極猛暑。・... >>