<< 梅雨が明けましておめでとう。 【いけない数字マジック】 >>
【コルシカチーズ】に【いちじくジャム】でお口にポン!
ココんちから隣町Vitrolles に向う道途中にはマルセイユ国際空港とカルフールを中心とする大商業地帯,空港や商業地帯に至る高速道路の左右にはZone industrielle(ゾン・アンデュストリエル,工業地帯)があります。この一帯が国際空港はもちろん,地中海とつながる巨大なベール湖畔に位置するのでフランス一巨大な工業地帯が建設されたようです。とは言っても煙モクモクではなく大企業の倉庫街と呼ぶのが相応しいたたずまいです。

フランス一巨大な工業地帯なので当然相当数の勤務者がいます。故にこの一帯は昼食を主力としたレストランが点在しております。
先日ココんちからこの工業地帯に向う道を通った時,上り坂の外側カーブの途中に定食屋を見つけました。ちらりと見えた店内は結構な客入りです。坂道のカーブの途中,駐車し難い場所にレストランなんて日本では滅多にお目にかかれないと思いますが,昼時のこの店前の道の両側は路上駐車の車で一杯です。
「こりゃ,寄ってみる価値ありかも?」
というわけで,先日この店に入ってみました。
坂道途中の入口から店内に入るとまず立ち飲みバーです。そしてレストランスペースは禁煙の坂道側,真ん中の広い喫煙席をはさんで畑に面したテラス席の3種類。その日は風もなく気持ちよい日だったのでテラス席を選んでみました。

頼んだものはお昼の定番メニューで,前菜(サラダかハムの盛り合わせ),主菜(フライドポテトを添えたビフテキ,マスタードソース添え)が順に出てきました。お腹も空いていたので何も考えずに出てきたものをムシャムシャ食べていましたが,主菜を食べ終わるとマダムが「チーズはいかがですか?」と聞いてきました。この手のレストランの昼定食はチーズまたはデザートを選択するように促されるものですが,このお店はチーズ,デザート両方が食せるとのこと。そんなことを聞いたらドけちのまここっつぁんは両方食べるに決まっています。

しばらくして出てきたチーズにはなんとConfiture de Figue (いちじくのジャム)が添えられていました。マダムに尋ねたところ,このレストランはコルシカ島出身の家族経営だそうで「お店の名前はAusterlitz (オステルリッツ)!ナッポレオーンでしょ?だからコ・ル・シ・カ!」とレストラン名も見ず猫背で前菜,主菜をかっくらっていた私にガツンと一発かましてきました。そう聞いて店内をよく見たら壁画がすべてナポレオン・ボナパルトではあ~りませんか! あらららら。

外はカリカリ,中はぎゅーっとモチモチのバゲットを一口サイズにちぎり,まずチーズを乗せ,その上にいちじくのジャムを乗せて口に入れます。かなり塩辛いコルシカチーズといちじくジャムのくせのない甘みとパンの歯ごたえは絶妙。かな~り相当おいしうございます。お・す・す・め。

帰宅後,Fromage corse Confiture figue と検索をしたら出てくる,出てくる。コルシカ特産の硬い山羊チーズにいちじくジャムを添えて食べるのがコルシカ風だそうです。
6年住んでもまだまだ私の知らないことばかり・・・・。
いや,私にはまだまだ「知る喜び」がある・・・大いに反省の一日でもありました。

Corse(コルス,コルシカ島)はフランス人にとって憧れの地中海に浮かぶリゾート島で,南仏からは飛行機もフェリーも頻繁に出ています。が,複雑な歴史背景ゆえ死者を出すほどのテロが頻繁にあり(つまり死者の出ないテロは日常茶飯事),ここ数年はコルシカ系住民とアラブん移民の抗争が激化しています。フランス本土に移住したコルシカ系移民も区別の対象になることが多ございます。コルシカに行った経験のある方々に「素晴らしい!ぜひ!」と言われてもすぐには飛べない「命をかけた怖い事情」・・・。それでもコルシカ島は私にとっていつか行ってみたい「この世の理想郷」のひとつです。


■参考資料■
*コルシカWeb:http://www.corsica.net/corsica/fr/
*Visit-Corsica.com :http://www.visit-corsica.com/grand_public/
*Aller en Corse コルシカに行こう:http://www.allerencorse.com/
*Panier Corse コルシカの籠 :http://www.paniercorse.com/page.php?la=1&pa=accueilcat&cat=5
*La Corse chez vous (あなたの家コルシカ):http://www.lacorsechezvous.fr/index.php
[PR]
by ma_cocotte | 2005-07-17 17:41 | The ou Cafe? | Comments(14)
Commented by harubooo at 2005-07-17 18:08
うわーい、 こういう食べ物のお話大好きです!(能天気)
チーズにジャムかぁ。。。美味しそうだなぁ。
ビフテキもとっても美味しそうです。
そういう家庭料理って 一番美味しいのでしょうね^^
でもテロがあるのか・・・
そういう理由で 素晴らしい土地に足を運べないというのは
とても残念ですね・・・。
Commented by ma_cocotte at 2005-07-17 18:24
■haruboooさま,ジャムとチーズなんて意外な組み合わせだけど口にいれてあらま,びっくり!奥さ~ん,一度試してよ!です(爆笑。

日本ならばブリチーズ(カマンベルよりクセがないと思われます)にジャムで試してみてはいかがでしょう? いちじくのジャムがはちみつに近い酸っぱさのない甘みのみの味なのでチーズにあいますね。

んー,新境地ぃ。

コルシカのテロはかなり深刻です。
内政になるせいか日本ではまったくニュースにならないようですね。

Commented by harubooo at 2005-07-17 18:29
うふふ、 とっても食べたくなりました^^
ブリチーズって分からないのですが、
クリームチーズにジャムは良く合いますよね!
ブリチーズ、 今度探してみよう。
いちじくのジャムも 高そうなスーパーなら絶対ありそうだ!(笑)
バゲットにチーズにジャム。 
すんごい贅沢な感じで素敵~♪
Commented by ma_cocotte at 2005-07-17 18:50
■haruboooさま,ブリチーズは見た目ほとんどカマンベールと同じです。白カビチーズですね。だいぶ前このブログ内で「チーズにジャム」がコメント話題になったことがあり,どうもオランダ以北のハードチーズにジャムは定番らしいですよ。
こちらのいちじくはナマでも砂糖味のみなのでジャムになってもクセがなくていろいろなものにあわせやすいです。鶏肉にもあいそう!
ぜひぜひ。
Commented by africaespa at 2005-07-17 19:45
こんにちわ~。
ジャムと山羊のチーズ、うーん美味しそうな組み合わせですねぇ。
そういえば、スペインでは乾燥ナツメにブルーチーズを挟んで食べます。
チーズと果物の甘みってあいますもんね。
私も今度ジャムをのっけてみます~。

コルシカ島出身の友達がいます。
すごい褒めちぎり方で、ちょっと憧れあるんですが、恐いんですねえ。

ところで、6月24日の中国人のお話し、リンク貼らせて頂きました。
事後承諾ですみませんっ。
Commented by ma_cocotte at 2005-07-17 19:56
■あふりかえすぱーにゅさま,OooooooHooooWoWoooH!
ダーツにブルーチーズとはリングに昇ったものを成敗するような快感の組み合わせですなあ(爆笑。・・・あ,でも日本でレーズンバターなんて流行って夜の銀座に残ってますもんねぇ。

コルシカ,行ってみたいけどリスクが∞だと思いますよ。
最近は対アラブんで血の流れる抗争が続いていますし。
両者が被害妄想系なので巻き込まれたら大変です。

リンクですか?確認に伺いますでする。ムーチョ・グラッシャス(で,いいのかしら? 夫に聞きました。夫の祖母はカタルーニャ語が母国語ですけん)
Commented by catseyepower at 2005-07-17 22:37
先日、ご招待で(ここ強調)、銀座のとあるレストランに。最後に、5種類のチーズが少しずつ、和食によくあるような細長いお皿にのって出てきました。それぞれジャムやらハチミツやら、オリーヴやらと合わせてあるのよ。たしかロシュフォールもあったような。わたしもカビチーズに甘いものは、と思ってたけど、うんみゃ〜。試してみるもんだわね。
Commented by ma_cocotte at 2005-07-17 23:28
■CATSEYEPOWERさま,なんだか怖くてくせのないチーズにあわせてしまいそうですが,スペインのあふりかえすぱーにゅさんのようにブルーチーズに棗で食すなんて伺うと,クセの強いチーズも冒険の価値ありのようですね。
フランスはクリームチーズとジャムやフルーツの組み合わせは日常食卓に乗るものですがやはりカビのチーズとの組み合わせはおめめまん丸になりました。いやあ,知る喜び。
Commented by catseyepower at 2005-07-17 23:36
あ、ロクフォールの間違い。
で、なんでわたしのHNは大文字なの?
年長さんは大文字とか?
Commented by ma_cocotte at 2005-07-17 23:43
■catseyepowerさまの名前を大文字で打つとPOPEYEみたいですね。おもろい・・・。
ロシュフォールは来年の引越先から近いらしいです。
この町,数年前に「ロシュフォールの双子」というミュージカルの舞台になりました。
ついでにロシュフォールですが海軍学校があり,ムーチョ格好いいおのこがうぢゃうぢゃいるとのこと。もちろん引っ越したらすぐ訪問する予定でおります。
Commented by unya_suke at 2005-07-18 14:48
えーっ!まここっとさんの撮った写真ないのー???(号泣)
Commented by macocotte at 2005-07-18 16:25
■Unya_suke殿,そ,そんな号泣するほどのことでも・・・。
だって,ココの近所の田舎のレストランなので夢もへったくれもない盛り付けだったんだもん。私は帰国したら荒木町のあのレストランに行ってみたいぞなも。
Commented by ayakonyan at 2005-07-19 09:58 x
おはようございます。コルシカのチーズで、生きた蛆虫が入ってるのがありますよね?タイトルを見たとき、もしかしてそのチーズ?って思ってしまいました。
以前、バリバリのコルシカ人と仕事してました。彼はとても短気な人で、すぐ怒るのですが、怒るとコルシカ語を話し出し、周りの誰も理解できなかった!(今の上司の奥さんもコルシカ出身ですが、とても物静かな方です。)Aixに居た学校の友達グループ(ドイツ人)がコルシカにキャンプしに行ってましたけど、写真を見せてもらったら、海の色がとっても綺麗だったな~と思い出しました。一度訪れてみたいですよね。
Commented by ma_cocotte at 2005-07-19 19:12
■ayakonyanさまはコルスに縁があるのですねぇ。
私が食べたのはハード系カビチーズでした。かなーりしょっぱい!
コルスは難しいですよ,いろいろ。
とはいえ,私はパトリック・フィオリが好きです。
レティシア・カスタもコルス出身ですね。
文化面でうまく付き合っていけるといいです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 梅雨が明けましておめでとう。 【いけない数字マジック】 >>