<< この印籠さえあれば。 異国で生きていくこと @ふらんす >>
おひさしぶり。マルセイユの小高い丘で。
b0070127_422318.jpg

か・る・ぱっ・ちょ。 ・・・と来たもんだ。



そして,むこうのおしり・・・ぢゃなくてお料理は


ビフテキ にんにくバター添え。
b0070127_4232691.jpg
これらの料理が出て来る前に「待っててね」とサラダの山盛りが出てきました。

メインの付け合せは
■Sarade avec Tomate et Carotte にんじんとトマトのサラダ
■Pommes frites 干したジャガイモを揚げたもの
■Gratin Dauphinois ジャガイモと生クリームのチーズ焼き
マルセイユは三方を岩山に囲まれていますが,山に至るまでの市内は凸凹の丘と谷の繰り返しで急坂だらけの町です。マルセイユ旧港から東に向う坂を上り詰めた所,1区と6区の境にCours Julien (クール・ジュリアン)と呼ばれる広場があり,お昼にもなると10軒近いテラス・レストランが現れます。b0070127_454229.jpg










←Cour Juien から
地中海方面を眺めて。

この道の果ては
ノートルダム・ド・ラ・ギャルド
そびえる丘の麓にぶつかります。
更に東に歩を進めること5分の所にはもうひとつPlace Jean Jaurès (プラス・ジャン・ジョレス)と呼ばれる1,5,6区にまたがる大広場があり,ジャン・ジョレスとクール・ジュリアンを結ぶ一角はなぜか小劇場やライヴハウスと世界中の民族料理レストラン街になっています。エジプト,パキスタン,レバノン,マグレブ・アラブ,マダガスカル,ブラジル,ウクライナ,パレスチナ,ギリシャ,トルコ,ヴェトナム&タイなどなど,面白いですね~♪ワクワクしますね~♪ 

日が暮れてからこの界隈を彷徨うと「ここはどこ?私は誰?」の幻想夢空間です。
[PR]
by ma_cocotte | 2005-07-27 05:05 | The ou Cafe? | Comments(24)
Commented by くろねこ・ママ at 2005-07-27 10:33 x
わおー!!! なんじゃ、このボリュームは!!! (松田優作風)
それもワイン付き?? もしかしてランチ??
そして、このテラス・レストランも坂?? 笑
まだお昼までには時間があるけど、お腹がなっちょります…。
Commented by smiledsweetly at 2005-07-27 11:59
ビフテキ、で、でかっ。
皿がでかいのか、はたまた身体が小さいのか。。。(笑)
かるぱっちょ。いーなー、大好きなのよぉ〜。
レモンが半割りって、日本のせこいレモンとは大違いねっ(笑)
Commented by neco_no_koolon at 2005-07-27 13:37
まさかこれ全部食べたんじゃぁ....?
Commented by kattyan60 at 2005-07-27 15:03
およよよ、何と云うボリューム、これだけあれば3日は喰える。
さすがはでございます。
ノートルダム寺院といえば印象に強いのがジーナ・ロロブリジーダさんにアンソニークィンの[ノートルダム寺院のせむし男]この映画を観たのが思春期だった(僕にもあったんですよ)
ジーナさんは美しかったなぁ〜
Commented by ma_cocotte at 2005-07-27 15:41
■くろねこ・ママさま,ランチです!
でもこの写真の前に山盛りのサラダがすでに!
マルセイユ2日目に遠いのでやめてしまったカルチエです。
かなり独特な雰囲気が漂っていて芸術村のような感じです。
Commented by ma_cocotte at 2005-07-27 15:45
■micoさま,カルパッチョが美味しかったです。
エクサンプロヴァンスのレストランでくろねこ・ママさんが召し上がったカルパッチョが忘れられず・・・私もマルセイユで挑戦してみました!
オリーブオイルがくさくて味がこってりでしたよ。
ビフテキはにんにくバターが手作りで,溶けるとおろしにんにくが登場。翌日でもお口の中が臭いほどのパワーでした。
Commented by ma_cocotte at 2005-07-27 15:47
■neco_no_koolonさま,食べましたけど・・・なにか?(爆笑)
このお皿が出てくる前には山盛りサラダ!
私はデザートを食べませんでしたが,周りのガイジンどもはこのお皿をたいらげその後ドデカいケーキやデザートを食っちょりましたよ。

やっぱり胃が2つあるのよ,彼らは。
Commented by ma_cocotte at 2005-07-27 15:49
■かっちゃんさま,白い炊きたてごはんにニンニクの利いた牛焼きは美味しい。
夏のお勧めかも。
ジーナ・ロロブリジータさんはこちらではたまにテレビで拝見します。
イタリア語訛りのフランス語がかわいいです。
Commented by ふかつ at 2005-07-27 18:43 x
坂道の景観は,素晴らしいですね。私はフランスはパリしか知りません。でも、この眺めを見ると,何時か,マルセーユに行きたいなという,憧れが、ふつふつと湧いてきます。
Commented by macocotte at 2005-07-27 19:00
■ふかつさま,南仏はフランスではないとパリの人々に言われてしまう都です。パリは紀元後5世紀頃の生まれ,マルセイユはすでに2600歳。そしてエクスは伯爵領だったのでマルセイユと異なった雰囲気です。ぜひぜひ!
ふかつさんはナポレオンや巌窟王にもイメージが結びつくのではありませんか?
Commented by HOOP at 2005-07-27 19:23
ふっふっふ、でっかいステーキというのはとても魅力ですね。
フィンランドで食べた歯ごたえのある肉を、
いつかもう一度食べたいと思っているのですが、
何の肉だったのかは教えてもらえませんでした(笑)
ドイツでも南アフリカでも同じ肉には出合うことができませんでした。
(牛でもないしトナカイでもないらしいのです)
Commented by macocotte at 2005-07-27 19:47
■HOOP先生,鹿か猪あたりでどうでしょう?
猪はおいしいですよ!
あ,馬も有り得ませんか?こちらではステーキ用で売っています。
牛より歯ごたえがあります。あ,馬だ,おそらく。
だからHOOP先生に本当のことを言えなかったのだわ。妙に納得。

私は先日,HOOP先生のエントリーでかわいいシャロレちゃんを拝見したらもう買う気が失せてしまいました。
「ごめんね,シャロレ」ちゃんです。
Commented by HOOP at 2005-07-27 19:56
馬は実家でステーキにして食べたことがある(笑)し、
ヘルシンキ市内の地下にある田舎料理屋さんで
「これはトナカイ?」の質問に「いいえ、もっと牛に近いわ」という返事だったのですよ。
品書きがスオメだったので全く理解できないまま頼んだのでした。

あ、あの子達かわいかったでしょ。
写真写りだけはよかったようですが、左側の子はずんずん迫ってきて、
地面をしきりに引っかいていたんですよ。
Commented by lovinluv at 2005-07-27 20:12
ふぎゃ~。美味しそう!!なんですの。このぼりゅうむ。
カルパッチョもレモン大きいし・・・ステキねぇ~。
にんにくバターって、んもう。最高!!

つけあわせも美味しそう。おふらんすでポテト食べてみたいッ。
Commented by macocotte at 2005-07-27 21:15
■HOOP先生,あんなにかわいいシャロレちゃんを「うんみゃー」と食べている私・・・果たして上のカルパッチョがシャロレちゃんなのか。あまりのおいしさとあまりのかわいさ・・・どっちを選ぶべきか。

猪だったらブタに近いですもんねぇ。でもフランスではビーフシチューと同じ味付けで調理しますね。トナカイと牛の間に鎮座する動物・・・ひづめで想定動物を挙げるのが近道???
Commented by macocotte at 2005-07-27 21:16
■ミイさま,美味しかったよん。
こういう時は客席テーブルからフランス語が聞こえてくるお店に入ること!
ジャガイモはフライドポテトもグラタンも美味∞でした。手作りだったよ!
Commented by 狐火 at 2005-07-27 21:29 x
そうそう、欧米で見かけるのはでっかいプレートにドドーンな料理。
私はフリープランでUEに入り、現地の人の旅行ツアーに参加して回るという事を繰り返しておりました。
周りは人生リタイアしたお爺さんお婆さんばかり。
彼等は、1ポンドはありそうなステーキもチョコレートの塊のようなデザートもペロリと食べてしまうんですよね。
皆さん少々、豊かすぎる体型をしてましたとも。ええ。
私達を見ては「アジアの女の子ってスリムねぇ~。」って繰り返すんですが、日本じゃそんな事一回も言われた事がないって・・・嬉しかったけど(汗)
そういえば、カルロス・ゴーンの奥様も日本でレバノン料理のお店をオープンして頑張っていらっしゃいますよ。

ジダンは体調を崩していたらしく、とうとう風邪を引いてしまったそうです。
あんなスケジュールじゃ当然です。選手が可哀想。
レアルはシーズン前に選手を酷使しまくって大丈夫なのかしら?
そちらにいる松井やナカタコ(トルシエに置いてけぼりを食らったけど)に、TVからでも叱咤激励のエールを送ってやって下さいませ。
よろしくお願いします。
Commented at 2005-07-28 00:01 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ma_cocotte at 2005-07-28 02:03
■狐火さま。
私も1999年にスコットランドに行った時はエジンバラで欧米人向けツアーを申し込みミニバスに乗ってスカイ島まで行きました。面白かったです。べったりしないイタリア人カップルとベッタベタのポーランド人カップルという不思議さんがグループの中にいてこの観察も楽しんでしまいました(笑。
フランスでもアジア人は年を取らない,痩せているとよく囁かれますよ。
そういう人もいますが私は違います(爆笑)。

レバノン料理はめっちゃくちゃ美味しいのでぜひ挑戦してください。他のアラブ料理と異なるハーブや隠し味を使います。

トルシエさんはナイジェリアの監督になったとか?
ニジェールぢゃないのかなあ・・・と最初は疑ったりしちゃいました。
Commented by ma_cocotte at 2005-07-28 02:06
■00H01鍵さま。
フランスは日本では政治抜きの観光が第一ですが,生活するとミッテラン時代の影響が色濃く残る仕組です。仕事ができるお金持には「嫌いな」国家だと思いますよ(笑。それでも汚職があいかわらず・・・後進国の証拠かも。

それにしても物凄い数ですねぇ。返事待ちでイライラの方が何度も立ち寄っていたのかしらん?そんなに話題のマンガだとは知りませなんだ。

坂はいいんですけど,オラは簡単に筋肉痛になりますんだ。つらい。
Commented by ツキノワァヌ at 2005-07-28 18:27 x
肉、食べたい。イモ・・・食べたい。ぜ〜〜〜んぶ食べたい。
はぁぁぁ。こないだまではわたすもまだ肩から足・・・と言えたけど
最近は肩から腹が生えてるのかにゃぁという感じです。
Commented by saho1971 at 2005-07-28 18:36
またまた、おひさしぶりですー♪そちらもマルタ並のボリュームですね。
ここも量が多くて多くて・・・。
ま、こちらはフランスとは違って「質より量」って感じがしないでもないんですが・・・・。
カルパッチョ、おいしそうだなぁー。
Commented by ma_cocotte at 2005-07-28 18:40
■ツキノワァヌさま,夏眠中?
お肉美味しいんだけど,HOOP先生のブログでそれはかわいいシャロレちゃんの顔を見てしまうと申し訳ない,罪な私と苛むけふこの頃です。あんなにかわいい顔して中身も美味しいシャロレちゃん♡

クマさんよ,イモは美味いぞ,ガツンと食べに来い。
Commented by ma_cocotte at 2005-07-28 18:42
■sahoさま,おひさしびりです。
連続テロの時期と重なっていたので心配しておりました。無事で何よりです。
上の写真のようなフランス人が集う昼食場だとワインのグラスで一目瞭然で,「質より量」なのかもしれません。でも私には美味しいので満足することにしています(うううう)。
カルパッチョ,美味しかった!タルタルを頼みたかったけど・・・やめた(爆笑
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< この印籠さえあれば。 異国で生きていくこと @ふらんす >>