<< お互いに長生きしましょう。 おひさしぶり。マルセイユの小高... >>
この印籠さえあれば。
これまで何度かAMPE(職安)や職業訓練校について書きました。最低2週間の就業実習を条件に修学手当(就業経験者はSMICの約8割,未経験者は約4割支給)が支給される職業訓練校は以前はダイレクトに入学手続きができましたが,現在はAMPE経由で行うことになっています。外国籍の外国人であり,しかもEU国外人の私がフランス共和国の職業安定所AMPEに登録し,職業訓練校に通う機会がフランス共和国から与えられたのは Titre de Séjour (チトゥル・ドゥ・セヂュウル)と呼ばれる長期滞在許可証を持っているためです。私の場合はフランス国籍所持者との結婚によりこの長期滞在許可証の所持資格者となり就労権利を得ました(でも働いていないけれど(笑)。

こちらが2003年9月ブッシュ・デュ・ローヌ県発行の長期滞在許可証です。

b0070127_19401086.jpgTITRE DE SÉJOUR の右隣には日本のフランス領事館で取得したVISA番号が書かれています。つまり配偶者ヴィザなのにID番号は学生ヴィザ取得時のままです。
そして
■結婚の苗字
■結婚後の苗字
■名前
■カードの効力開始日    
■同 有効期限日
■発行県庁

赤枠の中(↑)ですが備考として,
Toute profession en France métropolitaine dans le cadre de la législation en vigueur. 
現行法の枠組みにおいてフランス共和国内での全ての就業が認められる」
と明記されています。2003年9月の取得当時,ブッシュ・デュ・ローヌ県では55ユーロの印紙支払いでした。


一方,こちらはフランス国籍者のCarte d'Identité(カルト・ディダンティテ,身分証明書)です。 b0070127_19383811.jpg

■苗字
■氏名(出生証明に記載された正式名,夫の場合は3つ)
■性別     ■誕生日
■出生地
(これはフランスでは一生問われます)
■身長 

が書かれています。

こちらは無料です。
共和国民は国家に守られているという違いがくっきりとこの手の手数料に出ます。フランスでは戸籍謄本の発行も遠距離への送料も全て無料です。日本國もこうあって欲しいです。そして長期滞在許可証,フランス国籍者身分証明証の両方とも下段に簡略IDが書かれており,長期滞在許可証の場合ここにもフランス入国日の数字羅列がくっきりはっきりです。


そしてこちらは長期滞在許可証の【裏】でございます。
b0070127_19482320.jpg
■誕生日 ■出生地
■国名
■国籍
■性別   ■フランス入国日
■現住所
■資格者サイン
そして「住所変更時には新住居地で8日以内に宣言しなければならない」と明記されています。

フランス国籍者のIDの裏は現住所,有効期限,発行県庁名のみです。
結婚前は身分証明のたびに日本から戸籍謄本を取り寄せ領事館で法廷翻訳後提出を繰り返しましたが,結婚後はこの長期滞在許可証のみで日常生活に不便はありません。フランスではありとあらゆる機会にID提示を求められますがこのカードで間に合います。ただしカルフールなど大規模店舗で小切手使用の場合はIDを2種類提示が義務付けられていることがあります。その場合はパスポートを利用すると良いでしょう。

日本では結婚すると夫の姓になってしまい旧姓はほぼ忘れ去られた存在になりますが,フランスではnom(ノン,苗字)はあくまでも出生時の苗字を指します。結婚後の苗字はnom marital (夫の苗字)と呼ばれnomよりも重んじられません。例えば結婚手続きでも市民婚後に作成される結婚証明書(Livret de famille)の親の名前を見ると(私の場合)母親は旧姓で明記され現在の苗字(=父の苗字)は何も記載されていません。就職活動でも問われる場合があるし,フランスでは何かと証拠提示を求められるので私は現在も小切手の名前は旧姓のまま,Mademoiselleの身分で残しています。日本では結婚後は「現姓と旧姓」で新を重んじ,戸籍抄本では母の旧姓は明記されていません(ゆえにフランスでは日本の戸籍抄本の翻訳は無効になる場合があります)。一方のフランスで姓と言えばあくまでも出生時のものであり,結婚後は「夫の姓」と旧を重んじるのも興味深い違いです。ちなみに親の離婚が原因で子供の姓は変わりません。

市民婚を終えて全ての書類が手元に入ったらすぐ長期滞在許可証取得手続きをすることになります。自分の住む町の管轄県庁または県庁分室で最初の申し込みを行い,仮滞在許可証(3か月有効,水色のB6程度の紙)が発行されると外国籍でもフランス人同様の就職活動ができるようになり,AMPEや派遣会社の登録も可能になります。

フランス国内でEU国でもなく,就労優遇国でもない日本國の国籍を持つ者がフランス人と同様に就労するには噂のとおり厳しいのが現状です。フランス側企業は就労条件に就労許可証の所持を条件にし,就労ヴィザ取得のためには企業の就労許可証がないと発給に至りません。鶏と卵のようなものだそうです。
東欧人やアジア人がささやく偽装結婚や子供を産んでバッくれる等の悪行やら悪業ですが,現在は入国年月日と母国で取得したヴィザ番号が統一されイントラでID検索が可能なので事実上不可能です。が,アジア系レストランにたむろするマフィアは甘い罠を張り,PC音痴の東欧人やアジア人がいまだに「西欧での薔薇色人生」を信じ込んで公言しているのも現実です。ヴィザなしや旅行ヴィザ,学生ヴィザで入国した後のフランス共和国民との市民婚予約の際,職員から辛辣な言葉が投げられることもありますがこれもフランス国内の現状を鑑みると文句を言えない状況です。フィアンセと誠意ある態度で交渉し続けるしかありません。

そして学生ヴィザで入国した場合は時間数制限があるものの就労できます。が,外国人向け語学留学ならともかく正規留学の場合はほぼ就労不可能。・・・というのは個々の能力次第ですが,フランスで生まれ育った学生でさえガリガリ勉で進級するのが大勢で,アルバイトに勤しんでいる学生はイコール成績上位者と言っても過言でないのがフランスです。特に夏休み中にアルバイトを楽しんでいる現役学生は6月の学年末試験で進級を許された者である場合が多く,進級が危ない学生は9月の総括追試験での敗者復活に向けヴァカンス中は猛勉強です。成績次第でヴァカンスの過ごし方の明暗がくっきりはっきり分かれるのは傍観していて気の毒に思いますが,フランス国家としては「学費ほぼ無料で高等教育の勉学の場を与えているのだから当然」というクールさです。

正規留学生の外国人であるならば9月の試験結果が学生ヴィザ更新のための提出成績表になります。受付で成績表を眺めて「あなた勉強するつもりはあるの?」「この成績ぢゃヴィザの発行はできない」など言われることもあるそうです。怖いですね,恐ろしいですね。
一方,フランス国籍者の場合,9月の敗者復活戦で地獄から這い上がれないと一度きりの留年が許されます。一流年後の試験で地獄から抜けられない場合,マグレブ出身者のほとんどは母国の大学に編入します。フランス育ちのお子たちは就職に直結する学位が取れる学校や軍隊に登録する場合がほとんどです。文学部の場合ですと学位を得たところで空席わずかの教師の道に進むしかないせいか,大学での進級を諦める時も「これが私の生きる道」と明るいのも特記すべきことかもしれません。
[PR]
by ma_cocotte | 2005-07-28 17:26 | 『?』な、お!?仏蘭西 | Comments(27)
Commented by tnk_atk at 2005-07-28 18:17
旦那さんの眼帯にはうけました!
うちの旦那の写真も’wanted’な顔です。
ID cardは財布に入りそうな大きさでいいですね。
スイスのはぱかっと見開きで、財布に入りません。灰色でしょぼいです。
昔の小学校の名札ではありませんが、、まちがって洗濯したらぼろぼろになりそうです。
フランスの大学は、外国人留学生は授業料要るんですよね?
外国人料金とか?
Commented by ma_cocotte at 2005-07-28 18:26
■tnk_atkさま,フランスの正規留学生ならば学費というか登録料は同額です。第一学年で30000円未満だと思います。授業料はありません。日本人にとっては年額たった30000円ですが多くの学生が奨学金申請をします。
外国人向け語学学校は税金の還元対象外教育機関なので学費が高くなります。南仏ではエクスの文学部内の語学校が最も学費が安い。それでも半年で20万円弱の授業料です。既婚者で日本で短大卒以上ならば正規留学に登録した方がいいようにも思いますが,基礎教育があまりにも異なるので安易に勧められないかも。

外国人向け語学校登録での長期学生ヴィザ(1年)でも家賃補助金対象者になりかなりの金額が国から返還されます。ありがたいですよ♪

IDカードはお財布に収まるしパウチされているのがうれしいです。
ったくねぇ,夫がドボチョン時代の顔,どう見ても泥棒!本人は他人に笑われるのが大好きなので大満足写真らしいです。

tnkさんのIDはオランダ発行ではないの?
Commented by tnk_atk at 2005-07-28 19:38
そうなんですか。こちらの外国語語学学校は高くてまいります。。。
5週間で8−9万円くらいでしょうか。
その機関自体は半分州から補助をうけてるみたいなんですけど、’タダ’で来てる人に限って、さぼったり個性が強すぎてわけわかんない人だったりすると、腹立ちますよ。。。。
私もどこかに登録してchômage扱いしてもらったらタダになるのかしら?と考え中なんですが、旦那によると、無理なんじゃないの?って言われました。


私はオランダと関わりがまだ全くないんです。
婚姻証明も今住んでるジュネーブ州の郊外の町です。
それにオランダ人と結婚したといっても、旦那がオランダに戻ったところで、私がオランダにすぐ住める可能性もある訳ではないらしいです。
オランダの移民の法律がころころ変わっていて、旦那自体も把握してないんですが。その上旦那自体自国を離れて10年くらいなのです・・・
Commented by ma_cocotte at 2005-07-28 20:02
■tnk_atkさま,フランスにも外国人語学校で高いところがありますよ。たいてい北欧人にターゲットを定めていますね。私も一度2週間で15万円という学校に登録したことがあります。ノート禁止という会話中心の学校だったので,フランス国内での就職活動には役立たないかもしれません。フランスはなんやかんや言ってフランス語文法力を問われます。これはフランス人でも難解なのでコンクール突破の決め手なんでしょうね。
北欧は国外留学しても学費が100%還元されるそうです。学年末になるとスカンジナヴィア人は書類作成に命をかけていますよ(笑)。羨ましい限りです。

Tnkさんのおっしゃるとおりですよ。私と同じでしょう?
Livret de familleや滞在許可証を持って職安に登録(つまり失業です)し,その後の面接で「フランス語を勉強したい」と話せば私のように給与が出る形で地元の職業訓練校で勉強可能です。ジュネーヴ近郊であれば職安に登録することで日系企業などの求人を探し易いと思います。会社側も労働許可証があればこちらの給与規定で雇えるので大喜びですよ。Bon courage!
Commented at 2005-07-28 22:00 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ma_cocotte at 2005-07-28 23:40
■22H00鍵さま。
普通の人々の普通のカトリックならサレジアンの本はお勧めですよ。
当時の子供達に再会することは難しいのかしら?
きっと楽しい再会になるでしょうに。いつか会えるといいね♪
Commented by madame_kei at 2005-07-29 10:32 x
Ma_cocotteさま、今回もまたとても興味深くためになるお話でした。
私たちもいつかフランスで住むことになるかもしれないので、勉強になります。

IDカードってずっと写真が変わらないんですか???
前にいた会社のいDカードはそうでしたけど・・・・・頭の寂しくなったおじさんのIDを見るとふっさふさだったり。

日本でも国際結婚だと偽装結婚を疑われる場合が多いようですが、フランスもそうなんですね。悪いことする人がいるとそのために法律などが厳しくなって、まじめな善い人は迷惑をこうむりますよね。;<
Commented by ma_cocotte at 2005-07-29 14:18
■Mme. keiさま。
私達のIDは10年単位なので途中引越をしなければ期限まで変わりません。
フランス国籍者のIDカード所持は希望者のみで免許証で代用可能です。(が,免許証はなくさない限り一生同じもので紙一枚,IDカードの方がいいと思いますが,私にとってはヨソ者発言になってしまいます(爆笑)。フランス人のIDも10年満期です。
結婚を母国に申請しなかったり,未婚のまま子供を産んでフランス在住権を得たり・・・といろいろこの道を邁進する方々は手段をご存知ですよ。

上の件は多角的に話題があるので今回は就労と結びつけて書きました。ぼちぼち続けますね。
Commented by seven_sea at 2005-07-29 19:17
イギリスは今回のテロでID所持に世論が一気に傾いています。相方は母国ではIDカード制なんですが、写真を見ると、「お前がテロリスト」みたいな人相の悪いツラした写真がはってあります。
名前は面白い話題ですよね~。 イギリスでは、夫の姓に変えるのがいまだ結構普通ですね。 ヴィクトリア・ベッカム見たいな感じでしょうか。ミドルネームはなんと「好きに名乗っていいよ」(実話)だそうです。 パスポートに入れたければ申請すれば入れてくれるとイギリス人は言っていました。

悪行ですが・・・(思い出し笑い) 一度空港で、「妙齢のアジア系女性全部に聞いているのだけどイギリス人男性と結婚したいと思ったことありますか?」と聞かれたことがありました。 笑顔で「NO THANKS!」といったらパスでした・・・あれはなんだったんだろう?? ぐふふ。
Commented by ma_cocotte at 2005-07-29 20:02
■seven_seaさま,これだけイントラが発達した時代に入ったのでIDカードをはじめパスポートや健康保険証など共通番号にして合理化するといいですよね。それでもマフィアなんぞはID番号やらヴィザ番号のごまかしが効くという誘い文句で商売しているようです。
フランスも例えば小切手には「Mr & Mrs 苗字」という作り方も可能だし,夫婦揃っての行動ならば夫の姓で呼ばれます。が,仕事や個人になると旧姓でもなんら差し支えありません。便利ですよ。

偽装結婚の話はどっちもどっちですよね。
金持のアジア女性を騙して結婚,お金ばっかり無心するフランス人男とその家族なんて傍で見ていると馬鹿らしくなります。かと言ってその女性も何が何でもフランスで生活をして箔をつけたい・・・利害関係が一致している場合も多々ありです。
Commented by tnk_atk at 2005-07-29 21:08
こんにちは。
ma_cocotteさん、小切手がいまいちわからないんですよ。。。。とほほ。学校でも銀行のシチュエーションのときに単語として習いましたが、日本でもスイスでも小切手を全く使うことないので。。。。
イギリス人は、「そりゃ、スイスは現金ニコニコ払いだからねぇ!」って言ってました。イギリスではフツーだと。
ここまでデビットカードが普及しているというのに、なんで小切手じゃないとだめなのか、小切手の便利さがわからないんです。。。。
また、機会があったらブログで紹介してください。(厚かましくもリクエストしてしまいました・・・^^;)


Commented by ma_cocotte at 2005-07-29 21:55
■tnk_atkさま,スイスでは小切手を使いません?
フランスでは高額である場合はまだ小切手が好まれています。

私のブログでは5月に一度エントリーしたのでよろしかったらご笑覧ください。

http://malicieuse.exblog.jp/2744511

デビットカードだと翌日決済ですが,小切手は1週間くらい後の決済になります。普段使っている口座の金額が不安な時なんぞは小切手がいいですよ。とは言え,スーパーなど商店は小切手を受け付けなくなりました。レストランも減ってきましたね。そのうちなくなってしまうのかしらん?寂しい気もします。
Commented by minechan15 at 2005-07-29 23:29
ふ~~む、「素」のおフランスがだんだん見えてまいりました。
ちなみに、私達がアメリカへ渡ったのは駐在ではなく、自分達で勝手に移住。とは言っても相棒がそれなりの資格を取り仕事をゲット、プロフェッショナルなビザで渡米しました。

が、誰も私達の面倒をみてくれるはずもなく、アメリカのID(ソーシャルセキュリティ番号)、車の免許、家探し(あっ、家も買っちゃいました)と大変でしたが、それをやったお蔭で、世界中どこへ行っても住めるっていうぐらいの経験をしましたが、どこの国でも観光ではなく在住となると、又違う顔というか、「素」のその国が見えてくるものですよね。

ちなみに私のSSカードの名前は、「ファーストネイム・旧姓・姓」にしました。そんな我々ですが、く~~っ!こんな近い韓国で苦しんで(大げさ)とは・・・。やはり、アメリカは先進国でありましたわ。
Commented by macocotte at 2005-07-29 23:59
■ミネママさまのおっしゃるとおりで,留学でもこの手のことはわからないまま帰国できますもんね。滞在許可証にまつわる話は結婚手続きを含め一度には書けないのでぼちぼち書けたらいいなと考えてはいるのですが。
思うに国力だけを挙げれば日本より上はUSAとEU連合のみ,フランスは日本よりはるか下なので日本のように行かないことばかりです。胃キリキリしっぱなしです。不要無用な差別やら区別もあるので。
韓国は自称先進国で他国へのアピールが先走ってしまっているのがちょと心配になりますよね。焦りが裏目に出ないといいなあと「わたし,いのってます」(笑)
Commented by tnk_atk at 2005-07-30 18:38
ma_cocotteさん、ありがとうございました。
コメントまで読ませてもらいました。面白かったです。
ふーん。。。。こちらでは見かけない光景です。でも、フランスのカジノに行くと、やたら紙を出してもたもた支払いに時間をかけてる人ばかりいるんですよ・・・(はよせい!と怒っている私^^;)
あれは、カジノのクーポン券を使用しているのかなとおもってたんですが、もしかして小切手だったのか?
50ユーロ使えないんですか。。。。そうですか。。。。
こっちは1000フラン(8万5千円)使ってる人もスーパーでたまにみかけます。さすがにお店の人困ってますけどね。。

こちらはクレジットカードの会員費がすごく高いんです。。。
銀行発行だと、年間8500円とかで驚きです。
フランスも結構なお値段しそうですね。ドイツも5000円とかだったような気がします。
支払いでもクレジットカード手数料とかとられてびっくりです。
アメリカとか日本なんてクレジットカードをお店と提携してばらまいてるような値段なのにね・・・
Commented by ma_cocotte at 2005-07-30 18:48
■tnk_atkさま,50ユーロをレジに出すと軽く20秒くらいかけて確認します。最近パン屋さんなどでは偽札見極めマシーンみたいのがあり,以前私の前の女性が5ユーロ札で引っかかってしまいました。気の毒でしたよ。私も2ユーロコインをつり銭でもらったら自宅でタイ硬貨と気付き真っ青になりました。2ユーロだと約250円強でしょう?

こういうことがあるとやはり私は中国元の国際通貨にはまだ賛成できません。恐ろしいですよ。

クレジットカードの会費は高いですよね。それに例えば日本で買い物をするととんでもない手数料が引き落とされます。私はそれで後悔してしまい,フランスでのカードは国内専用にしました。失敗しないと気付かないことばかりでそのたびに人相が悪くなっている私です(爆笑。
Commented by sakura_kura at 2005-07-31 01:53
ほほぅぅ 氏のお話といい、大学のお話といい、
まさによだれが出るほど興味深いお話に食い入ってしまいました(^^)
入籍しといてなんなんですが、やっぱりいまだに結婚したら夫婦どちら
の氏をどちらか1つにしなきゃいけないとか、その後も、変更前の氏には
ほとんど触れられることもない、みたいな今の日本の制度には抵抗を
感じちゃうのだなぁ。。。まぁ私一人が感じてても、だから?ってな具合
だと思いますが、フランスのお話を伺い、世界が広がったような気がして
大変うれしかったです!

そうそう、大学について伺いたいのですが、
大学に入る前に自分の「専攻」を決めるというのは、
どうゆうふうな過程で決断されるものなのでしょうか。
ドイツしかり、やはりフランスでも大学での専攻によって
その後の職業の選択肢が、日本よりもさらにはっきり明確
なように感じましたが、みなさんどうやって自分の専攻を
絞り込んでいくのかなぁと知りたくなってしまいました。
よろしかったらお時間に余裕のあります時にお聞かせいただければ
うれしゅうございますぅぅ
Commented by ma_cocotte at 2005-07-31 03:40
■さくらくらさま。最近は会社によっては旧姓のまま働けるようになりましたよね。人事(保険や給与)はもちろん新姓で扱われますが。
日本は旧姓を忘れてしまいそうなほど結婚してしまうと新姓優先。
それがいいのか悪いのかは考えどころです。

大学は英文学専攻なら英文学なのです。つまり仕事に結びつきません。これを極めるかこれを専門とした教師の道が主となります。ですから大学で進級できないと職業直結の専門大学に転学する学生が多いです。
Commented by sakura_kura at 2005-07-31 05:18
まここっとさん、早速のレスありがとうございました!
そうですね、日本でも通称使用が認められていますね。
かくいううちの夫も、職場では旧姓を使っています。
ひとくくりでは考えられない問題ですが、これから日本
でもどうなっていくか見所かなぁと思っています。

そうですか、やはり大学の専攻というのは、
そのまま将来に直結するのですね。日本ですと、
専攻でそれを選んでも、将来必ずしもそこに進まなくてもね、
色々道はあるから、みたいなところがありますが、
フランスの場合は、はっきりと将来を見据えた選択を
していく感じがしますね。自分が本当にやれるか、
やりたいか、ふるいにかけるような感じがします。

ちなみに、フランスでは日本語を学ぶ人と言うのは
多いですか?日本語教師などが教育機関で教えたり
ということもあるのでしょうか。。。。と質問攻めですみません(^^;)
Commented by ma_cocotte at 2005-07-31 05:44
■さくらくらさまには以前話したかもしれないけれど,こちらでは未婚夫婦が多いので子供は苗字を4種類から選べます。1.母親の姓,2.父親の姓,3.母親-父親の姓(ハイフンで結ぶ),4.父親-母親の姓(同)です。ですから郵便受けなんぞ複数の苗字が並ぶことはよくあることです。法律を緩めても苗字にこだわるヒトはこだわるだろうから日本もこれくらい余裕を持ってもいいように思うのですが。親権で苗字が変わる未成年が気の毒です。

仕事ですが例えば私が英文学の免状を持っていたとして職安で「掃除婦になりたい」というと「あなたのための仕事ではない」と却下されます。これがいいのか?悪いのか?ちょっと考えてエントリーできるといいかな。

日本語学科はありますよ。
エクス大学には四谷駅前大学の日本人講師がいらっしゃいました(笑。
Commented by mistymont at 2005-09-02 21:44 x
ma_cocotteさん、はじめまして。sahoさんだったかcocoさんのところだったかでお見かけして以来時々お邪魔していました。

だいぶ前の記事で恐縮ですが、結婚後の苗字について質問があります。私の住む米NY州では夫婦共に妻の旧姓を名乗ることや夫婦別姓が認められているようで、結婚後の双方の苗字を決め、結婚時に役所側に伝える必要がありますが、フランスではどうでしょう?

それから、結婚後にフランスに移住し運転免許証や銀行口座を作る場合は旧姓・結婚後の姓、どちらの苗字を使って申し込んでもいいのでしょうか?
Commented by ma_cocotte at 2005-09-02 22:44
■mistymontさま,はじめまして。
市民婚後に市役所からLivret de Famille という冊子をもらい,それが結婚証明書や諸書類作成時の提出書類の一部にもなります。今,改めて見ましたが,どこにもどちらの苗字を名乗るという証明がなく,夫の両親,私の両親と計4つの苗字が列記されています。役所に届けた記憶もありません。子供の苗字は4種類(父,母,父-母,母-父)から選ぶことができますが。私が現在夫の苗字にMme.がついた形で呼ばれるのもおそらく世帯主が夫だからでしょうか。

私の通帳は独身時代からのものなのでMlle. の旧姓のままです。運転免許証は日本やアメリカのもので書き換えるのなら元となる免許証に書かれている名前で作られるはずです。銀行口座は銀行側が求める提出書類(IDや現住所を証明するものなど)により,その書類に書かれている名前が口座名になります。もし今の私がフランスの免許証を日本の免許証と交換に手に入れるとなると苗字は旧姓のままですね。日本で旧姓のままで婚姻届を出しました。
Commented by mistymont at 2005-09-05 01:14 x
ma_cocotteさん、早速のお返事ありがとうございます。
アメリカでは結婚によって苗字が変わると、日本と同様、公式書類から銀行口座に至るまで全て変更手続きをしなくてはなりません。フランスでは結婚前から持っていた書類や口座は変更の必要がないのですね。これは非常に便利な制度だと思います。

アメリカには、日本戸籍やフランスの出生証明書のように、人生のイベントを記録する書類がない(こちらの出生証明書はその名の通り出生の証明をするだけ)ので、離婚し再婚して苗字が変わった母親と、父親の苗字を持ち続けている子供の関係を証明するのが難しいケースがあるのだそうです。

突然の質問で申し訳ありませんでした。将来フランスに移住するかもしれないので、いろいろ探してる間にこちらのサイトを見つけました。これからもお邪魔させていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします。
Commented at 2005-09-05 01:37
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ma_cocotte at 2005-09-05 02:02
■mistymontさま。アメリカはLivret de familleも発行しないのでしょうか?フランスでは市民婚成立と同時にこの冊子が出され,夫婦と二人の間にできた子供の証明になります。
ただ前述のとおり結婚した証明のみなので夫婦別姓のままの記載になっています。両方の母親も旧姓のみで記されます。
子供の苗字の選び方がIDにおける問題かもしれませんね。
Commented by mistymont at 2005-09-06 02:46
またまた早速のお返事ありがとうございました。こちらにはLivret de Familleに当たるものはありません。それぞれの国で結婚のしくみが違っているのが興味深い反面、子供の苗字の選び方など難しいですね。

いろいろ詳しく教えていただいて感謝しています。
Commented by ma_cocotte at 2005-09-06 03:45
■mistymontさま。
ご夫君がフランス国籍者ならばアメリカ国内の領事館でLivret de famille が作成されるのでは?
苗字はフランス国内ではハイフンで結んだ2苗字はよく見られるのでどちらかが一人っ子だったり,残すべき苗字の場合,あくまでも平等・・・などいろいろ理由があるようですね。


名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< お互いに長生きしましょう。 おひさしぶり。マルセイユの小高... >>