<< 寒さゆえ、ひもじくなれば思い出す 一年前の きょうの夜 >>
おツムが茹だり茹だって、待降節
久しぶりに天井から吊り下げられた電気ストーヴをお見上げ申し上げました。
b0070127_22425591.jpg
写真手前と奥の ☼ お陽さまのような、お花のような丸いものが天井ストーヴです。ニンゲン、おつむから熱せられると自ずとウトウト眠くなるものでございますが、まずは天井を仰ぎつつ、このストーヴが空から落ちてきたら「オペラ座の怪人」どころの騒ぎぢゃないっぺよ、なんてブルブルし、更にウトウトと頭が徐々に床に落ちながら視界に入るご婦人方の御髪に光る白髪などを見つけては「私の頭からも白髪モヤシが生えているのかなああああ」・・・そうして、グー、グー。熟睡です。

私が生まれて初めて天井ストーヴなるものに出会ったのは18歳の時。東京はとある大学のチャペルでした。プロテスタントの大学なのでチャペルで講義も行われるのですが、毎週月曜日午後3時から4時半までの授業がここで、確か英文速読法の授業でした。午後イチの授業が体育だったこともあり、程よい疲労感に天井からの照射は夢の世界への誘いでもありました。当時、スヌーピーの絵が書かれたルーズリーフを愛用していましたが、この授業の紙はスヌーピーが私のよだれでガビガビのヨレヨレになってしまったほどです。

これがきっかけで天井ストーヴが足元を温めるストーヴより深い安眠に誘うことを知りましたが、それから何年も経って初めて訪れた巴里で頭上から温めるストーヴというものに再会しました。カフェの外テーブルの側にまるで電燈のように立っている代物ですが、ガスボンベによる火なので程よく暖かいのです。このストーヴの下で飲むVin chaud ヴァン・ショ、=ホット・ワインはもちろん真冬のビールも超美味です。

師走にもなるとフランスのカフェはビニールテントを出すお店もあります。やはり天井ストーヴが焚かれており、テントの中でほっぺたをリンゴのように染めておしゃべりに興じるヒト、そのテントに入ろうとドアが開いた時に吹き込んでくる冷たい北風など不愉快どころかなぜか心地よかったりなんかします。

はー、師走。
ココ新天地では今日2日からMarché de noël マルシェ・ドゥ・ノエル、=クリスマス市が開かれます。一年で最も日の短いこの時期に夕暮れからキラキラとした賑やかな空間が現れるというのも何か心をウキウキさせてくれるものです。カトリックの暦では2日日没からAvent アヴァン、第一待降節です。きょうの夜から一足早く新年が始まり降誕の準備を各々の家庭で始めます。

みなさま、良いクリスマスの準備ができますように。


le 2 décembre 2006, Viviane

12月3日第一待降節の朝、ココんち近所の教会にて。
b0070127_2164217.jpg
Crèche クレシュ(イタリア語だとプレセビオ)が飾られていました。状況設定が中東っぽいのがいいですね。馬小屋にはまだ牛や羊と3人の羊飼いだけ、いわゆる平常営業中です。まだマリアさまもヨゼフさまも現れておりません。ヨゼフさまは工務店を店じまいしてそろそろエルサレムに出発する準備を始めるのかな。来週、このクレシュに何が増えているのか楽しみです。
[PR]
by ma_cocotte | 2006-12-02 22:45 | 『冬』 Rien de special | Comments(6)
Commented by valvane at 2006-12-03 17:59 x
寒いけど、楽しみな季節がやってきましたね。日1日とクリスマスが近付いてくるのを待つのって、いいですね。クリスマス市は、私の憧れです~。
急激に冷え込んできた、日本より。
Commented by ma_cocotte at 2006-12-03 21:18
■valvaneさま、クリスマス市ですが南仏のサントン市はもちろん、アルザス
地方のクリスマス市も有名です。南仏とはまったく雰囲気が違うらしく
私もいつか行ってみたいです。ヴァン・ショをグイグイやりたいですね♪
きょうはみぞれが降っています。こんな天気、フランスで初めて経験する
ので不安です。
Commented by しぇリ~ at 2006-12-04 02:03 x
12月に入った途端に寒くなりました。ミサへの道中&最中にお風邪など引かないように祈ってますね。
あ~、カードを書かねば~!!!
Commented by ma_cocotte at 2006-12-04 03:42
■しぇリ~さま、きょう、みぞれが降りました。
夕方クリスマス市に行ったら人工アイススケート場が出ていました。
Vin chaud が美味しい季節になりましたね。風邪薬がわりに。うふふ。
Commented by hi-vison_1103 at 2006-12-04 08:48
こういうのを見たら、本場?だなぁ、と思います。
やっぱりクリスマスっていうのはちゃんとした行事なんですね。
私はシンプルなこんなのに、なんだかじ〜ん、としてしまいます。byクロエ
Commented by ma_cocotte at 2006-12-04 17:50
■ hi-visonクロエさま、カトリックでは12月2日の日没(ここから主日
扱いになります)から待降節が始まりました。この日から1月の第一
日曜日まで生誕に関する諸行事がたくさん行われます。
フランスのようにキリスト教がむっかーし国教だったような国だと世俗でも
待降節を皮切りにクリスマス市やクリスマスツリーの販売が大々的に
開始されたりしますし、各家庭もこの日を待って飾り付けを始めます。

面白いですよ~。目の保養。私も昨日はクリスマス市見物に行きました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 寒さゆえ、ひもじくなれば思い出す 一年前の きょうの夜 >>