<< 暑くなってきました。 サルコぢ家は 《 家庭の鑑 》... >>
あれから20年。今宵、ダリダ。
21日夜、France 3 でSPÉCIALE DALIDA スペシアル・ダリダという特番が約2時間に渡って流れました。1987年5月3日にDALIDAが54歳で帰天してから20年、その記念番組でした。国民的大歌手と呼ばれるにふさわしい彼女Dalida ダリダが私たちの前から姿を消して20年経っても、彼女の歌は今も共和国民の間で歌い継がれ忘れられるどころかまだ20歳にも満たないお子たちでさえダリダの歌を口ずさむほどです。一昨年だったか大人気番組のStar Academy 4で Laissez-moi danser がテーマ曲となりリヴァイヴァル大ヒット、セルジュ・ラマは2006年にCGを駆使して Je suis malade を天国にいるはずのダリダと共演しました。

Dalida の歌の多くは日本人に聴きやすい、なぜかどこか馴染みのあるメロディですし、彼女の歌い方もさり気なくこぶしまわしを感じる不思議さ、そしてパーフォーマンスも衣装もこれぞ本物の大スター。帰天して20年経ってもダリダは私たちに非日常の夢を見せ付けてくれるのです。
b0070127_6511845.jpg

私はDalida のどの歌も大好きだけれど、日本國でDalida と言えばもしかしてコレかも。
b0070127_6121058.jpg
パローレ、パロレ、パロ~レェ♪ ぼぢょヴぉじょ

なんだよ、それ・・・ですが、アラン・ドロンとダリダの究極のデュエット『あまい囁き』ですね。
聴いてみます?
http://www.youtube.com/watch?v=7KNPy3PcqP8

ぶらヴぉぉお! \(T▽T)人(T▽T)/ヤッタネ、ダリダ、アシタハホームランダァ!!

この二人が何ブツブツぶしょヴぉしょ言ってんだか知りたい方はこちら↓をだうぞ。爆笑!
http://www.youtube.com/watch?v=eZFs33Eq0-M
てなわけで、今なお共和国民に愛される大歌手Dalida ダリダが帰天して20年ということで、花の都はパリ市庁舎におきまして5月11日から9月8日まで "Dalida une vie" 《ダリダ、その人生》という展覧会が開かれております。
You Tube でのDalida 一覧はコチラ↓
http://www.youtube.com/results?search_query=dalida
こうして聴いて、見ると、あらためていいですね、ダリダ。
まもなく夏ですが、夏になると私はダリダのこの曲を聴きたくなります。
Laissez-moi danser
このビデオ、片腹叩いて笑えるくらい好きかも・・・。1979年の映像のようです。

le 22 mai 2007, Emilie

【おまけ】
セリーヌ・ディオンとアラン・ドロンによる Paroles, paroles を見つけましたよ。渋い。
http://www.youtube.com/watch?v=Wm2Ij5tSO_A&NR=1




✝ 悲しいけれど、20年前 ✝

こちらのビデオは1987年5月3日、Dalida の死を知らせるTF1 のニュウスです。
http://www.youtube.com/watch?v=x0jeN1u8l9c
彼女は自ら自分の人生にピリオドを打ったのでした。
Dalida は今、モンマルトル墓地で眠っています。
[PR]
by ma_cocotte | 2007-05-22 06:12 | 『いいね。』 Chouette! | Comments(13)
Commented by 塩キャラメル at 2007-05-22 13:04 x
こんにちは♪「ココんちの」の方はいつも楽しく、こちらはいつも感心して拝見させてもらっています。

Dalidaいいですねぇ。いろんな歌を唄っていらっしゃいますけれど、私は彼女のSalma ya Salamaが大好きです。

同じく自殺してしまわれた(と聞いています)Nino Ferrerもいいですね。Les Cornichonsの入ったCDは掃除するときかけています。いつも掃除ほっぽらかしで踊っちゃうんですけれど。なんかクレージーキャッツみたいで好きなんです。

これからもma cocotteさんの鋭い視点の日記を楽しみにしています♪
Commented by ma_cocotte at 2007-05-22 17:08
> 塩キャラメルさま、はじめまして。
大好物です、塩キャラメル。うまま~♪
そう! そうです! Salma ya salama ↓ もいいですよね。

http://www.youtube.com/watch?v=mz23_Yw-Mk4

音楽がそこはかとなく哀愁があるメロディなのに明るく元気になれます。

Nino Ferrer 、存じませんでした。
早速調べてみます。教えてくださったことに感謝。知る喜び。

こちらこそおよろしくです。m( _ _ )m
Commented by サエキ at 2007-05-23 01:15 x
アラン・ドロン、おじいちゃんなのに凄い色気ですね。歳をとっても野生的な色気を醸し出すところが凄い。

Paroles, parolesですけど、ミーナって歌手がイタリア語でも歌っているんですが、歌詞が全く違うんですよね。イタリアのほうは女が気があるんだか無いんだかよく判らない(笑)。男は男で(下品なんで詳しくは書けませんが)ダメ男っぷりをこれでもかと歌い込む。やぱフランス語の歌詞がいいなぁ。僕も一度でいいからこういうフラれ方をしてみたかったなw。
il venait d'avoir 18 ansも好きです。歌詞も切ないけどダリダが唄うと色んな意味で切ない。

やばいな~。夜ダリダを聴くと何だか眠れなくなるんですよね。
Commented by ma_cocotte at 2007-05-23 01:41
>お、サエキさまもダリダがお好きでしたのね?
20年経ってもダリダの歌はいいですね。古さを感じません。
パローレ、パローレ はこれを真似する楽曲は作れないのでは?
アラン・ドロンは政治的発言でも影響力ありますね。今もミレーユ・ダルク
とは一番の親友なのだそう。毎日電話で話さないと不安なんですって。
ダリダの声は太いけれど、なぜか繊細に染み入りますね。
ガンガン燃えるにはやっぱヂャニアリデだあっっ!

>やばいな~。夜ダリダを聴くと何だか眠れなくなるんですよね。

サエキさんがおっしゃるといいですねぇ、この台詞 ↑ 。
Commented by ma_cocotte at 2007-05-23 01:45
>サエキさま、

Mina 判のパローレ、パロ~レはコチラですね。

http://www.youtube.com/watch?v=ItokDt3Zyk0

こ、濃い。ココまで濃くなくても濃い。ぶらヴぉ。
イタリア語だとs 抜きで Parole, parole なのですね。。___φ( ̄^ ̄ )
Commented by Paris at 2007-05-23 05:33 x
Ma cocotteさま ご無沙汰しております。
Dalida Helwa ya baladiも素敵ですね。

同世代のイタリアドイツ人歌手Milvaをご存知ですか?私の好きな歌は
Youtubeにはありませんでした。残念。日本の谷村伸司の曲をイタリア語で歌っているCDもあるのです。
Milva sings Zusammenleben
http://www.youtube.com/watch?v=Gmn8_qm2m4s&mode=related&search=

以下はMilva以外知らないのですが、なんかおもしろい古いフィルムでした。
Mia Martini/Milva/Fiordaliso
http://www.youtube.com/watch?v=FrAkaXxiioA&mode=related&search=

あとご存知だったらですが、サルコジ就任式に出席されたのは、バチカンからの使者?お3方とユダヤ教の司祭だったのでしょうか?TV中継では
しかとわからなかったのです。
Commented by Paris at 2007-05-23 05:46 x
続き

同じMilvaですが、以下はアラビアンナイト風です。個性的ですね。

Milva Sono nata il 21 a primavera
http://www.youtube.com/watch?v=qzO7FviRWgU&mode=related&search=
Commented by ma_cocotte at 2007-05-23 15:51
> Paris さま、Helwa ya baladi を先ほどYou Tube で拝見。
確かダリダはエジプト生まれなのでアラビア語ののどの鳴らし方が
上手ですね。
サルコぢの就任式にカトリックの司祭が3人いらっしゃいましたか?
となると、フランス司教団長上のボルドー大司教であるリカール枢機卿、
パリ大司教区長であるヴァントワ師、フランス共和国軍区のル・ガル師では?
私はテレビ画面ではリカール師とヴァントワ師を拝見しましたが。
パリの大シナゴーグのラビとパリ・モスクのイマムもいらっしゃいましたね。
Commented by Paris at 2007-05-24 07:23 x
ma cocotteさま、ダリダはミスエジプトになった、エジプト育ちのイタリア人らしいです。最初の頃、 O sole mioを黒髪で歌ってます。
アラビア風のリズムにのった振り付けがぴったりでしたねー。オーソレミオを歌う正統派歌手だったとは知りませんでした。
http://www.youtube.com/watch?v=V_kaMwqURXo&mode=related&search=

司祭は黒い服にショッキングピンクの飾りがついたお召し物でした。黒い小さい帽子の方がラビ?4人しかわかりませんでしたー。閣僚には社会党から入ったのでしょうか?TVで、誰か新大臣?を説明していてセゴレーヌ云々と言っていたのですが、5回聞いても聞き取れない~とほほでした。
Commented by ma_cocotte at 2007-05-24 16:25
> Paris さま、
黒い服(スータン)に赤紫は司教職なのでヴァントワ大司教、赤は
枢機卿職なのでボルドーのリカール枢機卿です。

>閣僚には社会党から入ったのでしょうか?

ベルナール・クシュネ Bernard Kouchnerが外務大臣になりました。
私はこの方が大統領なればいいなあ、と考えていたので外務大臣とは
いえうれしいのでありますけれど。まあ、大統領職に最も近い仕事内容
ですので外交音痴のサルコぢにクシュネは良い知恵を与えてくれる
ことでせう。
Commented by paris at 2007-05-25 00:45 x
ma cocotteさま ありがとうございました。クシュネ氏が親日だといいですね。
Commented by ma_cocotte at 2007-05-25 02:49
>parisさま、シラク氏以上、いえ、同等の親日家の政治家は
滅多にいないと思いますよ。
敢えて引き合いに出すならFNのB.ゴルニッシュ氏でしょうかねぇ。
Commented by Paris at 2007-05-30 22:58 x
ma cocotteさま そうなのですか。シラク大統領夫妻に、凱旋門からシャンゼリゼ通りの桜並木や日本文化への深いご理解について、御礼の手紙をエリゼ宮に出しておいてよかった。お返事は秘書の方からいただきました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 暑くなってきました。 サルコぢ家は 《 家庭の鑑 》... >>