<< お試しあれ。 今からいくつ廻れるか。 >>
あらま、そうだったの。
先日9月14日の明け方、おブルヂョワな保養地として知られるフランス南西部の町 Biarritz ビアリッツで、Jacques Martin ヂャック・マルタンというフランスではつとに有名なテレビ司会者が帰天しました。
b0070127_3345290.jpg
きょう買ったtélépoche てれぽっしゅ、=テレビ番組一覧雑誌の表紙もヂャック・マルタンで、予定の表紙の上にこの臨時表紙をかぶせて止めての販売です。
14日の朝のニュウスから繰り返しヂャック・マルタンの帰天についての報道が流れ、連日、追悼番組が放映されていますが、中でもあのVanessa Paradis ヴァネッサ・パラディが7歳の時に初めてテレビ出演した番組L'Ecole des Fans の司会者がヂャック・マルタンだったことでその時のビデオが何度も流れましたが、
щ(゚Д゚)щ がわええええ、ヴぁねっさ。
YouTube : Vanessa Paradis Emilie Jolie
で、話戻って帰天されたヂャック・マルタン。
テレビではあまり触れられていませんが、ヂャック・マルタンは生前、4度結婚しており、子供が8人いるそうです。その4人の妻のうちのひとりが、
Cecilia Ciganer-Albeniz
というおねいさんなんですが......¢( ・_・) ハテ? どこかで聞いたことがあるやふな名前。 
上の雑誌に載っていたこの写真↓の右上から二番目の写真の右に映っているBrune ブリュンヌ、=黒髪のおねいさんなんですが...
b0070127_358115.jpg
も、もしやこりは、おセシリア・おサルコぢさまでわ?


そう、現在のフランス共和国大統領ニコラ・サルコぢ氏夫人のセシリアさま、つまり現在のフランスの國母さまの元夫がこの度帰天したヂャック・マルタンだったのであります。 セシリアはヂャック・マルタンの三番目の妻で、1984年8月10日に結婚。この時の市民婚の司式者が当時、副市長だったニコラ・サルコぢでした。セシリアはヂャック・マルタンとの間に二女をもうけたものの離婚。その後、不倫関係だったニコラ・サルコぢと1996年10月23日にできちゃった再婚をしました。1984年生まれのJudith と1987年生まれのJeanne-Marieの二人の娘はサルコぢの大統領選挙活動開始後、たびたび「幸せなサルコぢ家」の一員としてやたら 登場 していますね。

2000年に入ってからサルコぢの名前がどんどん知られるようになったことで、彼の妻であるセシリアも脚光を浴び、浴びすぎてそのスポットライトはセシリアが不倫逃避行したニュウヨウクまで伸びたりしましたが、一方、セシリアの元夫であったヂャック・マルタンは1998年に突然脳血管障害を患ったことでテレビ画面から消えざるを得なくなり、2006年11月から静養のために引っ越したフランス南西部、大西洋岸のBiarritz で帰天したのでした。

今世紀に入ってヂャック・マルタンとセシリア・サルコジに向けられたスポットライトの強弱が反比例であり、2007年初夏、セシリアは大統領閣下夫人となり好奇の目の直射日光を日毎強く浴び続け、同年晩夏にヂャック・マルタンは「伝説の司会者」と化しての旅立ち。考えさせられるものがあります。

le 19 septembre 2007, Emilie
[PR]
by ma_cocotte | 2007-09-19 04:19 | 『?』なサルコぢ屋 | Comments(8)
Commented by siojake at 2007-09-19 21:03 x
14日以来次々放送ますねぇ、ジャック・マルタン追悼関連番組。
98年ごろは最初の在仏生活の真っ最中、日曜午後のかのお子様出演番組は我が家のお気に入りでした。何時の間にやら番組終了してたのは、彼が倒れたからだったんだ・・・と今頃になって知りました。
倒れた直後に何かの司会のピンチヒッターを勤めたのが俳優のブリアリー、その様子が流れて「ああ、彼も今年亡くなったんだ」と時の流れを感じましたねぇ。

france2の文字ニュースでは、第一報から「セシリアの最初の夫」と書いてましたよ。
今年は時代の先端を生きた人たちが次々と旅立って行きますね。
フランスっぽくない大統領が誕生したのも、その流れのひとつ?(←コジツケかな)
Commented by ma_cocotte at 2007-09-20 01:53
> siojake さま、france2の文字ニュウスというのはインターネットで
配信されているものですか?私もそれでセシリアとの関係を知りました。
が、テレビのニュウスではこの点に触れませんでしたよね。(私は
14日朝のFrance2のテレマタンでの一報から繰り返し見ましたが、
午後一時過ぎのFrance2ネット版でこの事実を知りました。)

サルコは移民二世だからフランスっぽくなるのは難しいのかも?
というか、サルコは何考えてンだか・・・・任期満了できれば凄いかも。
きょうもカナァですっぱ抜かれたみたいです。
Commented by siojake at 2007-09-20 23:42 x
いえ、ネット配信じゃなくて「teletexte」ってやつ。
TVで見られる文字放送です。ウチのテレビのコマンドにtexteだったかな、そういうボタンがあって、それ押すと見られます。
ニュースあり、番組一覧あり、いろいろ。

地上波で一番充実して使いやすいのがfrance2でしょうか。
TF1、アルテ、france3(殆ど2と一緒)は問題なく利用できますが、
france5は大ボケでM6もよーわからん状態。canal+にはありません。
落ち着いてニュースのあらすじを読めるので、重宝しています。

「彼はサルコジと再婚したセシリアの最初の夫だった」ってな文が、おしまいに一行空けて書かれていました。第一報から。

サルコ、ブッシュの次が決まったらどんな行動するかなぁ~と。
今から何気に楽しみです。任期満了出来るのでしょうかねぇ。
Commented by ma_cocotte at 2007-09-21 15:58
> siojake さま、なるほど。
うちは地上波だけなのです。Canal+は無料時間帯のみ。
ギニョルが見れればそれで満足な私です。(あ、私はDenisot ファンです)
なぜ音声だともごもごだったのか不可解と当初思ったけれど、なにせ
サルコにはつい最近妻の問題を隠すためにヴァカンスのパトロンを
おル・モンドさまに話した、という前例がありますもんね。

サルコぢさん経由の内政も(((゜Д゜))) ポカーンが多すぎ。 
Commented by しぇリ~ at 2007-09-21 19:35 x
なんだかしょぼい取引ですよね。それにしても友達を売ってまでも妻を守るとは。。

我夫、貴ブログで初めてセシリアさんの前夫を知ったとか。それまでラジオの葬式へ参列するニュースを聞き、なぜ一プレゼンテイターの葬式へ?と疑問だったとか。。
ちょっと威張ってみました♪
Commented by siojake at 2007-09-21 20:40 x
うちも地上波のみですよ。もちろんcanalも無料のみ(笑)
昨年のW杯直前に底値のTNTデコーダーを付けたので、地上波デジタル放送も無料のだけ見られるようになりました。
んなもんで、夕べは日本チームのお姿見たさに深夜のラグビーダイジェスト@TF1まで頑張ってしまいました・・・。

確かに音声よりも「書く」方が、セシリアとその娘達の話題を見かけましたよね。お葬式に3人で参列する姿はTVに流れたのかしら。(ニュース見損なってしまった)

ところでma_cocotteさん、ギニョルさえ見られればって、うわ、自分と一緒だ。
元々DenisotとLescureで仕切ってたんだっけ、canal+。
Commented by ma_cocotte at 2007-09-22 01:26
> しぇリ~さま、サルコぢがアピールする理想家族像ってこちらが疲労感を
覚えますよね。双方連れ子二人ずつに二人の間の息子ひとり、だけど
大統領の妻は自由恋愛主義に浪費家と特徴をあげ始めたら止まらない。
サルコぢがどんな手段を使っても守らないと奥さんは簡単に飛び出るんでしょう。
なんて情けない一家の主~。・・・と、その家庭の脆さがバレる。

ほんとだ、セシちゃんと2フィーユが映ってます。
http://www.gala.fr/gala_tv/soirees_de_gala/l_oeil_sur_eux/la_ceremonie_d_adieu_a_jacques_martin?xtor=SEC-15
わざわざリヨンまで。
それよりPatrick de Carolisが格好良過ぎぃ、うっとり。
Commented by ma_cocotte at 2007-09-22 01:55
>siojakeさま、上のしぇリ~さま宛のコメントの中にあるURLで聖堂に
入るセシリア母娘が映ります。わたくしはパトリク・ド・カロリスの方に数万倍
釘付けでしたが。
ギニョルは最近ご無沙汰の私です。なんか一時の勢いの良いのに
どこか抜けた面白さが欠けてきたように思います。
Canal+はカール0が出なくなって寂しかったりします。ロランス・フェラーリ
はあんまり好きではないのだ、あてくし。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< お試しあれ。 今からいくつ廻れるか。 >>