<< 寒さ感じて、 Un photographe,... >>
Quis ut Deus! Qui est comme Dieu!
典礼暦によりますと9月29日は三大天使の祝祭日だったりします。
三大天使というのはミカエル、ラファエル、ガブリエル、フランス語で言うところのMichel, Raphaël, Gabriel 。ミカエルは正義の天使、ラファエルは癒しの天使、ガブリエルはお告げの天使と役割分類できたりします。私達がよく知る画家ラファエロ Raffaello の名はそのまま大天使ラファエルのイタリア語表記ですが、天才画家ミケランジェロのミケランジェロ Michelangelo はMichael (ミカエル)とAngelo (天使)を合わせた大天使ミカエルそのものを表す名でありますね。
b0070127_2275650.jpg
悪魔を槍でこんにゃろめするミカエル@Abbaye royale de Celles s/r belle

この三大天使のひとりであるSaint Michel 聖ミカエル ↑ は日本國の守護聖人でもあります。1549年、イエズス会のフランシスコ・ザビエルが来日し、カトリック宣教の許しが出たのが同年9月29日だったのでザビエルが大天使ミカエルを日本國の守護聖人と決めたのだそうです。___φ( ̄^ ̄ )

フランス語で守護聖人を Saint Patron サン・パトロンと呼びますが、大天使ミカエルはフランス共和国の守護聖人のひとりでもあります。共和国全体を守護する聖人は何人いるのかと言いますと7人。筆頭守護聖人はもちろん聖母Notre Dame、お次に左右に控えしはヂャンヌ・ダルク Jeanne d'Arc に小テレーズ Thérèse de l'Enfant-Jésusです。更に後ろに控えしはパリの初代司教だったドゥニ Denis(自分の首を持ってモンマルトルからサン・ドゥニまで歩いたおひと(((゜Д゜;;)))、先日紹介したマルタン Martin、聖王ルイ Louisに大天使ミカエル、以上。最強7人に守られているおフランス?知力体力謙遜とどの面からも最強の担当者が受付に現れるとでもいいましょうか。もちろん共和国内の各地方や各都市にはそれぞれの守護聖人がいます。花の都お巴里はヂュヌヴィエーヴ Geneviève、プロヴァンス地方はもつろんマグダラのマリア Marie Madeleine ざますね。

さて、日本國やらフランスを守るミカエルですが、名前そのものはヘブライ語で「神に似た者」という意味。フランスではそこら中にMichel と言う名の男子もMichèleと言う名の婦女子もゴロゴロいるほど有名で人気ある聖人なのに、聖書にミカエルの名が登場するのはたった三箇所、旧約はダニエル書の10:13、新約はユダの手紙の9節、ヨハネ黙示録の12:7です。旧約ではこの箇所だけ読むとなんのこっちゃかわかりませんが、新約では天で戦いが起こって龍、すなわち悪魔と戦ったり、
Que le Seigneur te réprime!
主がおまえを戒めてくださるように
と、時代劇のヒーローのやうな流し目決め台詞を言ってしまったりするのね。

そんなわけで、いざっ!国家存亡の危機には大天使ミカエルがひらり天から舞い降りて悪魔をグリグリツンツンいたぶってくれると信じている・・・ちゅうか、おフランスのカトリック聖堂に入りますと、おフランスの守護聖人であるヂャンヌ・ダルク、小テレーズそして大天使ミカエルの聖像がたいてい置かれています。(余談だけれど、パドヴァのアントワーヌさまがおフランスの教会のどこにでもいるのはなぜ?紛失物が多いのか?それならわかる気がするけどψ(`∇´)ψ)どこのミカエルも悪魔を踏ん付けながら杖でグリグリだったり、そうでなければ楯を持って構えたり、剣を振りかざしていたりもします。聖堂でのミカエル彫刻比べもなかなか楽しく見物し甲斐あるものです。

例えばこちら ↓ 、ポワチエの司教座聖堂のミカたん。オタカラ、オタカラ。
b0070127_2244170.jpg
時代を感じるミカさまですよね。羽なしだけど、悪魔ぐりぐり。

le 29 septembre 2007, Michel et Gabriel






✝ よろしかったら、ミカエル・ヲッチング、いかがです? 
b0070127_225425100.jpg
こちらはLiguaire リギュエェルという961年から大修道院があった小村の教会のミカエル像。前出のCelles sur Belle (←ここも王立大修道院があったとは思えんド田舎)のミカエルと同じようで同じでない。美男子だと思います。

こちらは以前から気になっている某教会のミカエル像。
b0070127_225594.jpg
剣がなぜか抜き取られたミカエル像で、神からの使いであろうミカエルがこぶしを振り上げているように見えるのがあまり好きになれなかったりしますが、悪魔さんの矢印ベロが面白いです。「信仰」そのものを表す楯は妙に格好いい。

こちらはヴァンデはBenet ブネというこれまた小村のミカエル。え?どこに?
b0070127_23222361.jpg
ミカたん、隠れていないで出てらっさいっっ。

[PR]
by ma_cocotte | 2007-09-29 00:45 | 『?』なKTOりっくん | Comments(10)
Commented by LYS at 2007-09-29 14:04 x
ココットさんのご専門は宗教ですか?

サン ミッシエルが日本の守護神とは知りませんでした。日本に生息するモンスターを退治してくれ。覚醒して世の中を見渡す、真に酷い状況にある。 サン ミッシエルのご加護がりますように。
Commented by ma_cocotte at 2007-09-29 17:07
>LYSさま、
私の場合、専門ではなく単なる趣味です。

聖ミシェルはそれこそモンサンミッシェルの僧院のいと高きところに
いらっしゃいますね。確かリヨンの大聖堂の屋根の頂上も聖ミカエルです。

>日本に生息するモンスターを退治してくれ。

本当に。正義と平和を我らに示したまえ、です。
Commented by ぴよよん at 2007-09-30 18:34 x
うちの三男、名前のつづりがなんとなくMichelに似ているので、フランスの友人たちにはミッシェルと読んでもらおうかなと思っています。
(きっとフランス人、日本語名はうまく発音できないだろうし)
でもなんだかど偉い聖人さんだったんですね。
彩色の像って珍しいですね…そうでもないのかな。
Commented by あぐねす at 2007-09-30 20:10 x
聖ミカちゃん像は、やっぱりカッコええのう。”神に似たもの”だし。
でも、お尻ぺんぺんちっくなのとか、剣が箒っぽいのとか、笑えるのもあっていいわ。ポワチエのが妙に新鮮(笑える)!髪型もリュスチックでええかも。

でも、なんで聖ガブの像ってない(見たことないかも、聖ラファエルちゃんも)んですかーっ!まあ、絵画では超有名だけど。おメダイもあんまりないし。(私は、ガブなの)
あと、大天使3レンジャーのメダイもあればいいのにー!
Commented by ma_cocotte at 2007-09-30 23:44
>ぴよよんさま、Michel の派生はMichael (マイコー(英)、ミヒャエル(独)、
ミゲル(西)、ミハイル(露)などありますね。確かヘブライ語だとミハル
だったと思います。フランスはそこここかしこにMichel やMichèle
だらけの太郎・花子状態ですが、それだけ大天使ミカエルは愛され、
信頼されているキャラクターなんだと思います。

彩色彫刻は教会内にゴロゴロしていたりしますよ。色使いなど面白いし、
おしゃれの勉強になったりして。(^_^)

ぴよよんさん、お産、お疲れさまでした。ゆっくりご自愛くださいね。
どんなかわいらしい愛称でブログに登場するのか今から楽しみです。
Commented by ma_cocotte at 2007-09-30 23:47
>あぐねすさま、おフランスの聖堂内はミカちゃんとジャンヌちゃんで
いかつかったりしますね。小テレーズの薔薇色ほっぺが癒し系でしょうか。
アントワーヌもそこはかとなくお笑い系だけど癒し系の部類かすら?

ポワチエの爆笑。私には「金色夜叉なミカエル」です。悪魔がすがってるでしょ?

大天使3レンジャー(大爆笑ing)ですが、どうも正教会では3つ巴の
イコンが多いみたいです。おフランスGoogle でググるとひっかかります。
右上のプロフィールにちょっこら載せますね。ご笑覧ください。
Commented by あぐねす at 2007-10-01 21:17 x
ああっ、大天使3レンジャーですね!
ちゃんと名前が書いてある!やっぱりガブちゃんは左で女役ですか、
ミカちゃんの衣装と同じだけど、色が交互ですね。男役で右、で、ラファ
ちゃんは真中にでも、って感じだったりして。

ほんとは、4レンジャーだったりして、いまいち、ウリ坊の存在って薄いのかしらん。

三位一体の天使のイコン、有名ですね。私の部屋にも、ニセモノが飾ってある。アブラハムに接待されてるやつ。2人の天使が半座りしてるのがいい感じかも。
これこれ→http://www.ne.jp/asahi/jun/icons/
Commented by ma_cocotte at 2007-10-01 21:42
> あぐねすさま、珠の中にはイイスス・ハリストスでんがな。
八犬伝ならぬ三犬伝のようでもある。(^_^)
おフランスはウリ坊は数えられていないみたいですね。29日のカレンダーも
ミカ&ガブでラファたんは ( ・_・)> ドコドコ? だったりします。
明日は「守護天」の祝日だとか?
「てんしゅのみつかいよ、わたしのしゅごしゃよ」 

この三位一体のイコンはマイ・コンピータ部屋にも飾ってますよ。
今やカトでも三位一体というとこのイコンかしら。おフランスはそうですね。
先日行ったベネディクターンの女子修道女会売店では木窓つきの置物
になっているものがありましたよ。ほぢいがも・・・。
 
Commented by Leonie at 2007-10-02 13:36 x
cocotteさまお久しぶりでございます。
この間は「トンスラ頭の修道士さん」のことを教えてくださりありがとうございました。お礼が遅くなりもうしわけございません。
わたしもあの頭を見たとき、「カルメルのヘルマン・コーヘン神父様」のようだわ~~と思いました。もしかしてカルメルだったのかもしれません。

今回のミカエルさまの記事もご馳走様でした。
天使三レンジャーといえば、娘が12月の聖誕劇で「お告げのガブちゃんを演じたい」そうです。「え?ヘロデ王のほうが似合うんとちがうの?」といったら「ウッキ~!」っと怒ってました。
はてさて、配役はどうなることやら、楽しみです。

もし、トンスラ頭のブラザーにお会いすることがありましたら突撃インタビューしてください。(笑)
Commented by ma_cocotte at 2007-10-02 14:58
> Leonie さま、こんにちは。
カルメルのあのオフホワイトのマント、格好いいですよね。
昨晩は地元カルメルの聖堂の夕ミサに行きました。小テレーズの祝祭日
だったせいか満席でした。平日だけれどグロリアを唄いましたよ。(^_^)

パリのカルメルと聞くと、革命時の殉教をどうしても思い出してしまいます。
フランス大革命については知れば知るほど、諸手を挙げてバンバンザイ
な話でもなく、この世には革命がきっかけで死に追いやられた先祖を持つ
人々がワンサカいるというのもこれまた事実。・・・・。

小テレジアは帰天後110年のせいか、どこの教会も似た聖像が多いので
ヲッチし甲斐がありませんが、ヂャンヌとミカちゃんは面白いですね。
このお二方も性を越えた存在みたいな部分がありますから、作り手の
考えで女性っぽかったり、雄雄しかったり。

お告げのガブちゃん、百合の花を持って大きな羽を背負いたいのでしょうね。
私も幼稚園と小一の時、背負いましたよ~。羽を背負って頭に銀の輪を
乗せて。良い思い出です。もう年末まで2か月なんですね。(((゜Д゜;;)))
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 寒さ感じて、 Un photographe,... >>