カテゴリ:『冬』 Rien de special( 136 )
BONNE ANNÉE! ぼんなねぇ!
b0070127_1791741.jpg

この写真は昨年、ブルタアニュの「諸聖人の丘」で私が撮った日の出です。

さて、こんにち。
2016年元旦の朝、ココんちあたりはあいにくの深い靄に包まれ、露が滴っています。
午前9時を過ぎてもお天道様は現れず、少々寂しく思いますが、いずれ陽は必ず昇ります。神々しい日の出を
気長に待つとしましょう。


le 1er janvier 2016, Sainte Marie, mère de Dieu

[PR]
by ma_cocotte | 2016-01-01 17:17 | 『冬』 Rien de special | Comments(0)
Joyeux noël! しょわゆ・のえる!
b0070127_013754.jpg
主のご降誕、おめでとさんどす。

今年はなんだかあっと言う間に12月24日日没から始まるご慶事に至ってしまい、心身追いつかない感じです。
もしかしたら、今年の暦だと24日が木曜、25日が国定祝祭日の金曜で、そのまま週末の土日になってしまうせいで忙しく感じるのでしょうか?

おまけに、ココんちあたりは先週から陽気が春、まるで春なのです。
だから、忙しく動くと暑い、暑い。汗をかく、かく。だからと言って、薄着になるとすぐ鼻がぐずり、のどが痛くなり、「もしかして、風邪?」と。クリスマスやら年末年始を控えているのに風邪なんかひいていられません。薬を飲んで、ぼぉおおおお。・・・・こんな悪循環ありますでしょうか。

忘れかけそうになりながらも、空っぽだった飼い葉桶にベイビー・ヂィザスのお人形を置き、そばに羊飼いのお人形も置くことができました。残るは三賢王ぢゃ。

・・・と、なんとか、飲んで食べて、食べて飲んで、クリスマスイヴとクリスマス当日の波を越えたところです。
ううう、次の波が見えまする。



le 25 décembre 2015, noël

[PR]
by ma_cocotte | 2015-12-25 23:59 | 『冬』 Rien de special | Comments(0)
日没の名残り
b0070127_0313937.jpg

おとといの日曜日の午後5時半すぎ、日没直後の名残りの空。
ひさしぶりに美しい空模様を仰ぎました。
それともこの頃の美しい空模様に私が気付くことがなかったのかも・・・

心に余裕がないと空の美しさにも気付けないのかな。
深呼吸。


le 8 décembre 2015, Immaculée Conception

[PR]
by ma_cocotte | 2015-12-08 01:09 | 『冬』 Rien de special | Comments(0)
さ っ ぱ り ぽ ん
ココ新天地に越して来て、来年の7月で丸十年。
はっきりとは思い出せませんが、2006年末だったか2007年の秋冬に植えたしだれ白樺の木がまるでお化けのような醜い大木に化けてしまったので、思い切り切ることにしました。

これ ↓ がココんちのしだれ白樺です。既に屋根より高い大木。
b0070127_205511.jpg

私の素人園芸のせいでこんなに醜い姿になってしまったしだれ白樺の木です。
ほっぽらかすにもほどがあるとはこのことだと反省しています。

さて、流石にココまで成長し、醜く、太い枝が絡み合ってしまっては私では整えることができないので、プロのムッシュウにお願いしました。なんと、ココんちでのランデヴが午前8時半。夜明け前です。
b0070127_2059999.jpg

ムッシュウが木に登り、10分もしないうちにあっという間に上半分がなくなりました。

b0070127_21064.jpg


そして、45分後には、
b0070127_212137.jpg
さっぱりぽん!

もう、本当にありがたや、ありがたや。
この木と向き合うこんぴーた部屋は明るくなるし、木そのものが初心に戻ったかのよう。
これからはほっぽらかしにしないよう気をつけたいと思います。


le 3 décembre 2015, Xavier
[PR]
by ma_cocotte | 2015-12-03 21:05 | 『冬』 Rien de special | Comments(4)
そういえば、
ぼぢょれ・ぬぅヴぉ Beaujolais nouveau
今年のぼぢょれ・ぬぅヴぉですけれども、いつのまにか過ぎ去ってしまった感があります。
今年は11月19日が解禁日、発売初日だったのですよね。
一度、近所のスゥパァマルシェの入口でぼぢょれ・ぬぅヴぉの特設売り場を見ましたが、よそのスゥパァマルシェには特設売り場も出ていませんでした。

なぜだろう?

やはり11月13日にパリであのようなことがあったせいでしょうか。

もともとぼぢょれ・ぬぅヴぉは日本国ほど騒ぐ代物ではないのですが・・・それにしても、今年はあまりに静かでした。

今からでもどこかで見つけられるかしら・・・。

パリの連続テロ事件から14日目の27日にパリのアンヴァリドで政府主催の追悼集会が行われたことで「喪が明けた」形になったので、この週末の街中ではクリスマスの準備のためのお買い物に励むひとびとで賑わい始めましたが・・・今年は今更、ぼぢょれぬぅヴぉ?乗り遅れてしまいました。


le 29 novembre 2015, Sernin

[PR]
by ma_cocotte | 2015-11-29 05:54 | 『冬』 Rien de special | Comments(0)
しばらく、からっぽ。
b0070127_1612082.jpg

西暦2015年の暦において、今度の日曜日、正確には今度の土曜日の日没から待降節(L'avent)に入るので、義務感で重い腰を持ち上げさせて、ココんちの今年のクリスマス飾りを始めました。

日本国では近年、「プレセビオ」という表現が浸透し始めているのでしょうか。仏蘭西語ではクレシュ la crèche と呼ばれるイエスさまがお誕生された馬小屋造り。今度の日曜日が第一待降節初日なので、馬小屋にはヨゼフさまとマリアさまに、ロバと牛。真ん中の飼い葉桶は12月24日の夜まで空っぽのまま設えます。イエスさまは不在ね。だって、マリアさまのお胎の中ですもの。

そして、その第一待降節までにこさえなけれヴぁならないのが、日本語では近年、アドヴェントクランツ Adventskranz という名前で広められている4本の蝋燭からなる飾りです。(ちなみに、仏語ではクロンヌ・ドゥ・ラヴァン Couronne de l'Avent )
b0070127_16101370.jpg

今年はスモーキーカラーの蝋燭と実がついたオリーヴの枝だけでつくってみました。
この蝋燭を日曜日(主日)のたびに一本ずつ増やしてともします。第一待降節は「希望」、第二待降節は「愛」、第三待降節は「喜び」、そして聖夜に「喜び」の意味がそれぞれのろうそくの火にこめられます。

ところで、アドヴェントクランツの蝋燭には第三待降節に薔薇色の蝋燭を点すという習慣があるので、よーく見ると一本だけ紅がさしたスモーキーカラーの蝋燭があります。

毎年、12月から1月にかけて毎日の聖書朗読箇所を追っていくと、少しずつ馬小屋周りの登場人物が増えていくことになるので、ココんちもそれを境にお人形さんがぽつんぽつんと置かれていきます。そんなことでもどこか心身が高揚するから不思議です。

できるならば、平和で穏やかな良い聖夜を迎えたいです。


le 26 novembre 2015, Innocent

[PR]
by ma_cocotte | 2015-11-26 16:21 | 『冬』 Rien de special | Comments(2)
13日の金曜日に、
太陽が沈みそうになった時刻に犬の散歩に出ました。
そのお散歩も終わりにさしかかったところで、向かいから杖をついて歩かれる老マダム。
私とすれ違いざまに「これ、さしあげますわ」と。
b0070127_1245978.jpg

なんとまあ、四つ葉のクローバーです。
それも、二つも!

13日の金曜日。
思いがけず、幸運をいただきました。


Le 13 novembre 2015, Brice

[PR]
by ma_cocotte | 2015-11-13 23:59 | 『冬』 Rien de special | Comments(2)
まんまるクレープにかぶりつく日
こんにちは2月2日。
仏蘭西の暦の2月2日にはシャンドルゥル Chandeleur と添えられています。
はい、クレープをいただ(かねヴぁならない)日でありますよ。
b0070127_21324258.jpg


b0070127_21331594.jpg

今年もいつものコンプレ(チーズ、ハム、卵)のそば粉クレープです。
冬のサラダ(=アンディーヴを使ったサラダ)を添えていただきました。

b0070127_21333225.jpg




デセールの小麦粉クレープにはヴァニラとチョコレエトのアイスクリームを乗せて、クランベリーソースを垂らしてみました。
b0070127_21351467.jpg


今年も二月に入って二日が経ちましたけれど、先の土曜日あたりから日差しが春めいています。
今年は春が来るのが早いのかも・・・・


le 2 février 2015, Théophane

[PR]
by ma_cocotte | 2015-02-02 21:37 | 『冬』 Rien de special | Comments(2)
2月2日になる前に、
1月4日から始めた2015年度三賢王訪問記念ゲームの結果発表。
b0070127_17453167.jpg
第一戦 【2015年1月4日】
カトリック典礼暦に従い、今年は1月第一日曜日の4日に初戦。
旧市街の老舗で、基本のアーモンド餡のガレット・デ・ロワを買いました。
三順目に、もん・ここの勝利。


b0070127_17483315.jpg
第二戦 【2015年1月9日】
いつものスゥパアマルシェで。アーモンド餡とフランボワーズコンフィが入ったガレット・デ・ロワ。
二順目に、まここっつぁんの勝利


b0070127_1750361.jpg
第三戦 【2015年1月13日】
第二戦と同じお店で、アーモンド餡×チョコレエト×洋梨のコンフィが入ったガレット・デ・ロワ。
誰が勝利したのか覚えていない・・・(まんねり化ゆえ)


b0070127_1755373.jpg
第四戦 【2015年1月18日】
旧市街の朝市でクロンヌ・デ・ロワを買いました。
二順目に、もん・ここの勝利。




そして、今年度最終戦。
b0070127_17584677.jpg
<
第五戦 【2015年1月23日】
ココんちから最も近いお店でクロンヌ・デ・ロワ。
三順目に、もん・ここの勝利。



と、今年の全スュジェざます。左が第一戦、順に右に続くぅ。
b0070127_185824.jpg

聖誕につながるお人形さんが出てくることは先ずなくなりました。寂しいです。


le 1er février 2015, Brigitte de Kildare

[PR]
by ma_cocotte | 2015-02-01 18:08 | 『冬』 Rien de special | Comments(0)
ありえない事実
b0070127_2253627.jpg

これでは天然の草月流ではあるまいか・・・?

先日行った食堂のテーブルにヒヤシンスの水栽培鉢が置いてあり、とても好ましかったので、私もココんちで真似てみましたが、ご覧のとおり、ヒヤシンスの習性なのか、部屋の照明に向かって茎が動いてしまい、このような姿になってしまいました。

とはいえ、部屋にはヒヤシンスの良い薫りが充満しており、早春を感じられ、しあわせです。

le 21 janvier 2015, Agnès

[PR]
by ma_cocotte | 2015-01-21 22:58 | 『冬』 Rien de special | Comments(2)