<   2018年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧
朕を「マニュ」と呼ぶべからず。
昨夜から三次元やら電脳域の仏語圏で飛び交っているニュウス。


こうしてココでタイプしている今も、背後のテレヴィヂョンからこれと同じビデオの音声が聞こえています。
「さヴぁ、マニュ?」と、フランス語の世界で大統領のファーストネームであるエマニュエル Emmanuel の愛称は「マニュ」、それにタメ口の「サヴァ」を添えた形でマクロン大統領閣下に握手を求めた青年に対し、マクロン大統領がご自分について「マニュ」ではなく「ムッシュウ」または「ムッシュウ・ル・プレジドン」を添えるよう諭したわけで。マクロン大統領がココは公式の場であることもきちんと理由付けしていたことはたいしたもんです。

この様子は中道より左に行けば行くほど、または自らの居場所が三角形の底辺であればあるほど、喧々囂々と「オートリテールだあっ!」とどよどよと騒がれるのも容易に想像がつきます。きょうび、フランス共和国の公教育では「教育」しか行わないので、もし家庭で行儀作法など教えないといつでもどこでも自分の思うがままにここちよく誰に対しても友達に話す時のように接する未成年がほうぼうにいます。

このビデオを見ていて思い出したのは、共和国内のカトリック教会のヲールドで、今では神父様に対してこのビデオと同じく、市井でポピュラーな愛称で呼び、もちろんTuでの会話をし、神父様より年長の世俗が自分はアンタより年上だから敬語で話せ、とかTuを用いて提案してくるのも当たり前だのクラッカーです。私がココ新天地に越してきてすぐ関わった教会で、世俗の老若男女がミシェルという名の神父様に向かって「ミシュウ」と呼んだり、Tuを用いたタメ口でぺらぺらしゃべる様子に私はヴぃっくらこいた過去があります。それまでは世俗は年を取っていようが口がようやく動く年ごろであろうが、神父様や修道者には敬語を用いることが私には「当然、自然」だったからです。たとえ、神父様や修道者が私たちに親しみをこめて話し続けたとしても、こちらからは「です、ます」で会話する。フランス語だったら彼らは私たちにTuを用いても、私たちは必ずVousで会話する感じ。神父様に敬称(Mr. ~ または Pr. ~など)用いずに家庭や友人に対してと同様の関りを平気で神父様に提案する高齢者はたいてい1968学生革命の強い影響を受けて、それ以前のカトリック慣習に「反吐が出る」と背中を向けているし、若い者は無論、公教育では授業を受けることしか知らないし、家庭においては親または祖父母が68世代、またはそれ以降という慣習の中で自然に日々を過ごしているひとびとです。だ、か、ら、1968以前の環境に背を向けなかったひとに育てられたり、学校教育で関わったひとたちは21世紀から17年過ぎた今でも神父様には敬語で話します。これはたとえ家族、親戚であっても、です。自分の息子がもし司祭になると我が家を離れたら、そこで親兄弟姉妹は「縁が切れた」というか「関係が変わった」ことを自覚します。だから、実の親が出家した息子に Vous を用いて話すようになることもかつては「当たり前」でした。そういう環境で育ち、現在は司祭、修道者になった方々が市井の小教区で世俗と関わるようになり、初対面の世俗さんから「私は年上だから、です、ます、であなたは話しなさいね」と言われても、内心で「ボクのパパもママンも今の僕には「です、ます」で話しているのにな(苦笑)」でしょうけれど、そういう環境で育った方はスマアトだし、事を荒立てたくないので「あなたのおっしゃるとおりにします。ムッシュウ、マッダ~ム」とそれは美しい顔で返答されるのでしょう。うへぇw

こういう幼少期の家庭環境が自らの出家を境に変化する様子は日本国内のカトリック家庭でもよくあることで、たまに神父様方の自叙伝や回顧録で知ることもできます。たいていは親御さんが自らに言い聞かせて子を聖域に送る、という葛藤も描かれていて、涙無しでは読めなかったりします。(余談、そういう慣習のせいで、以前は出家した司祭、修道者は親の死に目、葬儀にも出られないという話も飛び交ってはいました。)

市井での大統領閣下とのやりとりやら教会という今では限られた小世界でのこういう慣習や関わり方を否定するひとびとも今の世の中、それはたくさんいるし、今ではそちらの勢いの方がマジョリティになっているかもしれません。

で、マクロン大統領におかれましては、未だシジュウになるかならないかのお年ごろですのに、最近のガ・・・いや、お子たちのこういうやりとりについて数秒であっても短く、簡潔に作法を教えたことになります。きっと、たぶん、おそらく、この話題は今週末くらいまで尾を引いて、風刺した漫画や人形劇が次々とこさえられるのでしょうね。ヒダリの突き当りからミギの突き当りまで飛び交ういろいろな意見を眺めつつ、「今のフランス共和国」をガイジンのあたしは楽しむことにします。



le 19 juin 2018, Jude







[PR]
by ma_cocotte | 2018-06-19 15:37 | 『?』な、お!?仏蘭西 | Comments(0)